スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

「下」 花に想いを!! サルビア・ウルギノーザ(英名 : ボッグセージ )

サルビア・ウルギノーザは、ハーブとして栽培され、ラベンダーセージに、似ていますが、花は、一回り小振りで繊細。

涼しげなスカイブルーの花は、サルビア特有の、唇形をしており、下唇部の花心部より伸びて見える白い線は、
受粉の為、虫を導く、蜜標の役割りを、担っていると言われます。

比較的浅い、ロート花筒を持つ、青い花の、サルビアに多く見られ、昆虫は、これを目印に、花粉や蜜を、探しに来ると言われます。

サルビア・ウルギノーザ

写真は、コントラストが強い、被写体のため、大部アンダー気味で撮っていますので、色が濃く見えますが、見た目は、もう少し、軽いブルーの色です。

 

科  名 シソ科 属  名 サルビア属 原  産 南米
性  状 多年草(半耐寒性) 樹高・草丈 1.2m?1.5m 開花時期 8月?10月
花  色 薄青・スカイブルー 花径・房径 15mm?20mm 花 言 葉 永遠の友
撮影月日 2007.9.26 撮影場所 宗像市内 

 

別名 : ボッグセージ 流通名で、こちらの方が知られています。

サルビア・ウルギノーザの花の草丈は、意外と高く、1.5m弱有り、弱い風でも、ユ?ラユラ、風に揺れ、涼しげなスカイブルーの花が、優雅に揺れて呉れます、撮るには困った風でも、見ている分には、なかなかの風情をもたらせてくれます。

サルビア・ウルギノーザ

これが、良く知られている、ラベンダーセージの花。

ラベンダーセージ

ラベンダーセージ

スポンサーサイト
Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

「下」 風船唐綿(フウセントウワタ) 繊毛旅立ち

花よりも、実の方で、知られている、フウセントウワタ(風船唐綿)が、熟れるて来ました。
実が熟れると、パチンとはじけ、中の白い繊毛状の、羽をつけた、黒い種が弾け、優雅に風に乗って、
トウワタ、タンポポと同じ様に、楽しい光景を見せて呉れます。
球状で、袋状の表面に、柔らかい、トゲトゲを持った、変わった形の、風船唐綿の実の、繊毛が盛りです。

2007.8.5に投稿しております、===>  フウセントウワタ(風船唐綿)の記事 も、良かったらご覧下さい。

風船唐綿

この繊毛が、風に乗って、フワフワ飛んでいきます。

風船唐綿

和名 : ふうせんだまのき、 フウセンのように、膨らむ植物として、フウセンカズラと共に、知られております。

 

科  名 ガガイモ科 属  名 フウセントウワタ属 原  産 南アフリカ
性  状 常緑低木、半耐寒性 樹高・草丈 1m?2m 開花時期 8月?9月
花  色 花径・房径 約 1.5cm 花 言 葉 隠された能力、
いっぱいの夢
撮影月日 2007.9.27 撮影場所 宗像市内 原町

 

本日の写真は、2007.9.27に撮影の物で、
花の開花、開花直後の幼い実、実が熟して、種の状態が、全て見られる時期です。

花の後の実、この実は、凡そ2cmくらいの小さな物で、実が熟れるに従って、7cm?8cmの、大きなトゲトゲを持った、風船の実に成長します。

風船唐綿

白色の花、凡そ、1.5cm位で、目立たない花です。

風船唐綿の花は、唐綿の花と同じ形をしています、但し、唐綿は、真上を向いて赤と黄色の派手な色の花ですが、
この風船唐綿の場合、大きさはほぼ同じですが、下を向いて咲き、白色で目立ちません。
花が同じ形状なので、同じ唐綿と付けられた見たいです。

風船唐綿

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

「下」 蝦蛄葉サボテン (しゃこばサボテン)

蝦蛄葉サボテンは、サボテンとは、言っても、刺の有る、一般的なサボテンとは、随分違う姿をしています。
多肉質の、扁平な茎節の縁に、ギザギザの突起があり、寿司屋さんの、メニューにある、蝦蛄(しゃこ)に、似ている所から付いた名前です。

花は、紅やピンク、白などの、艶やかな色彩で、おしべ群の束と、赤紫色の、雌しべの、コントラストに、華やぎを生み、独特の華麗さが、大空を翔る鳳凰のような印象を与える、素晴らしく綺麗な花です。

 

  • 茎は扁平な緑色で、シャコ海老や、蟹の爪に良く似ている節があり、よく分技して垂れ下がります。
  • 節片は、長さ2cm?5cm、幅2cm?3cmの楕円形で、縁には鋸歯状のギザギザの突起があります。
  • 茎の先に、長さ5cm?10cm位の、淡紅色の漏斗状花を付けます。

 

蝦蛄葉サボテン

 

科  名 サボテン科 属  名 ジゴカクタス属 原  産 ブラジル
性  状 常緑多肉性植物 樹高・草丈 20cm?30cm 開花時期 10月?翌3月
花  色 赤、桃、白、黄色等多彩 花径・房径 5cm?8cm 花 言 葉 一時の美
撮影月日 2007.9.26 撮影場所 宗像市内 

 

別名 : クリスマス・カクタス、クリスマス時期に出回るので、付けられたようです。

花弁の縁、花弁の先端に行くほど紅紫、花心部は純白、花芯に向かっての、ピンクのグラデーションが綺麗。

蝦蛄葉サボテン

この種は、雌しべ及び、花弁の花心部の合着部分が、紅紫の純白種です。

蝦蛄葉サボテン

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

「下」 ロベリア

ロベリアの花は、蝶の様な小さな花を、株一杯に、賑わしく咲かせてくれ、魅力的な花です。
園芸品種も多く、色合いも楽しめます、スカイブルーの種類は、サントリーが開発したロベリアらしいです。
草丈が低く10cm?15cm程度で、鉢や、プランターで、栽培するのに向いています。

ロベリア

 

科  名 キキョウ科 属  名 ロベリア 原  産 南アフリカ
性  状 一年草、半耐寒性 樹高・草丈 10cm?25cm 開花時期 4月?9月
花  色 青、紫、ピンク、白 花径・房径 凡そ 15mm?20mm 花 言 葉 謙遜、譲る心
撮影月日 2007.9.25 撮影場所 宗像市内 

 

別名 : ルリチョウソウ瑠璃蝶草

ロベリアは、別名、ルリチョウソウと呼ぶように、小さな、蝶のような雰囲気で、上の2本の、ウサギの耳みたいな感じの、花弁が目立ち、花を沢山咲かせます。
花径 1.5cm程度で、花色は青、紫、ピンク、白などで、開花期間が長いので、十分楽しめる花です。

ロベリア

「下」 横顔を、とくと見つめると、こんな感じです。

ロベリア

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

全国的に、高温傾向が続いていますが、当地も平均気温が5℃以上高い日が続いておりました。
昨日は、久しぶりに、気温26.5度、湿度も低く、からっとした秋晴れの一日でした。

「下」 紫色の優美な美しさ、紫式部の実
ご近所さんの庭に、紫式部の鮮やかな実が目立ち始めました、お願いして、撮らせていただきました。
紫式部小紫(コムラサキ)と、聞かれて、連想するのは、紫色に、艶やかに光る、高貴な、雰囲気を漂わせる、
優美な、実の美しさで知られ、その、紫の実の、優雅さは、万人が認めるところです。

一般に、庭などに、植えられているのは、紫式部と言われていても、実際は、本当の、紫式部ではなく、小紫(コムラサキ)と言われております。
この、小紫(コムラサキ)の方が、鑑賞価値が高く、こちらを紫式部と呼ぶ場合が、現在では、普通になっていると言われます。

紫式部と、小紫(コムラサキ)の、区別は難しいですが、次のように言われています。

  • 紫式部 ・・・やや大型(樹高が高い)、実は大きめで、比較的バラバラにつける。
  • 小紫 ・・・・・やや小型(樹高が低い)、実は小さめで、枝に沿って、ビッシリつけます。

また、紫式部と言う、優雅な名前は、秋に、熟する、紫色の果実から来ており、
花は、淡紫色ですが、あまり目立たない為、もっぱら、この美しい果実の方が喜ばれています。

 

紫式部の実

 

科  名 クマツヅラ科 属  名 ムラサキシキブ属 原  産 日本、中国、朝鮮
性  状 落葉広葉低木 樹高・草丈 2m?3m 開花時期 花 6月 実9月?10月
花色・実色 淡紫 花径・実径 2mm?3mm 花 言 葉 愛され上手、上品、聡明な女性
撮影月日 2007.9.25 撮影場所 宗像市内 

 

庭木として栽培される、紫式部は、実際は、小紫(コムラサキ)であり、山野に生える落葉低木です。
秋になると、紫式部にたとえられる、紫色の、優美な実は、どちらも、見分けが付かない位の、優美な、色合いの実を付けます。

紫式部の実

上品な、紫の実、この実に限り、雰囲気を壊すみたいで、アップはしない方が、良かった感じです。

紫式部の実

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:5 | TRACKBACK:0| edit

「下」 黄花コスモス

9月も月末近くに成るも、相変わらず、高温傾向は変わらず、平年気温より、凡そ5度以上の高温で有ると、
放送していました。
しかし、朝方は、20度近くに下がるようになり、秋の趣を感じるようになってきました。
彼岸花の便りも耳にするようになり、初秋の便りは、当地にも、確実に近づいて来ております。
公園の、駐車場の斜面では、黄花コスモスが、満開に見えます。

黄花コスモス

キク科コスモス属、メキシコ原産、草丈60cm?Max1.5m、花径は4cm?5cm、
花色は、オレンジ色・黄色・クリーム色・緋紅色などがあり、一重・八重咲きがあります、
葉っぱが菊(特に春菊)に似ています。

黄花コスモス

花はコスモスに似ていますが、コスモス属の「秋桜」とは、別の仲間です。

黄花コスモス

ご案内。

ニックネーム(Digital_Photo 花遊悠)は、記事に似合った名前にしました。
Digital_Photo 花遊悠、もしくは、花遊悠で、呼んで下さい、何れでも構いません。
従前同様お付き合い下さいます様お願いいたします。

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

「下」 キンポウジュ(金宝樹)

ご近所さんの庭に、以前から気にしていた、紅いブラシ状の花が、目立ってきました。
布団干しをしている、奥さんの姿を見つけ、了解を戴き撮らせていただきました。

花の主は、金宝樹(キンポウジュ)、花は光沢があり、花が、ビンを洗う、ブラシに似ています。
遠くからでも大変目立つ、個性的な、雰囲気の庭木で、ワンポイントとして良く映え、縁起の良い名前の木だと思えます。

 

  • 赤い、ブラシのような花が、枝に着きます。
  • 枝先に花房が形成される
  • 枝が花房の先端で伸び続け、枝の途中に、花が取り巻いたような姿になります。
  • 花には、多数の雄しべが目立ちます。
  • 雄しべの、花糸の色が赤いので、全体が赤い花に見えます。
  • 花穂の長さは10cm?20cmほどあり、大変目立ちます。

 

オーストラリア原産の金宝樹の花は、日本的な花の、イメージとは、随分かけ離れた、姿で、目を引きます。
このお宅には、紅色の金宝樹ですが、白い花の咲く、品種もある様です。

キンポウジュ(金宝樹)

 

科  名 フトモモ科 属  名 カリステモン属 原  産 オーストラリア
性  状 常緑広葉低木 樹高・草丈 2m?4m 開花時期 春 : 4月  秋 : 9月?10月
花  色 赤、白 花径・房径 花序 10cm?20cm 花 言 葉 はかない恋
撮影月日 2007.9.221 撮影場所 宗像市内 

 

別名 : ブラシの木、カリステモン

成木になると、樹冠一杯に、紅い、ブラシ状の花を咲かせ、豪勢に見えますが、この木は、未だ幼木で、2mにも満たない小さな木です。
この木一本に、咲いている花は、せいぜい10個?15個程度で、全体の豪華さは、数年先になりそうです。

この花の付き方の特徴が、下のように、花の先端から、又枝が伸びます。
枝の回りに、花の腕章を付けたような感じで、枝の一周に花が付いております。
花と表現いたしましたが、一般的な花の形はなく、花柄・萼片・花弁等が見えません。
雄しべの、花糸だけで構成されている様に見える、一寸変わった花です。

キンポウジュ(金宝樹)

春と、初秋に、年に2?3回開花するそうです、ブラシの、毛のように見えるのは、長く突き出た雄しべです。

キンポウジュ(金宝樹)

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

「下」 紅葉葵 (もみじあおい)

ご近所のYさん宅、個人で温室を持っておられる、時々花の撮影に、お邪魔させて戴き、お世話になっています。
庭の一角に、モミジ葵の花が咲いているので、又お邪魔させて戴き、撮らせて戴きました。

 

  • アオイ科特有の花を、咲かせる大型の宿根草です。
  • 比較的多く栽培されており、良く見かけることが多い花です。
  • 一見したところ木に見えますが、宿根草です。
  • モミジのような、5裂の大きな切れ込みのある葉に特徴があり、葵科の仲間で、紅葉葵の名前に由来し、ハイビスカスの仲間です。
  • 良く成長し2mを越える場合もあります。
  • 鮮紅色の一重の花で、花径15cm前後の、大きな花を咲かせます。
  • 花は1日花ですが、次々と咲いてくれます

 

紅葉葵 (もみじあおい)

 

科  名 葵(あおい)科 属  名 フヨウ(ハイビスカス)属 原  産 北アメリカ
性  状 耐寒性宿根草 樹高・草丈 1m?2m 開花時期 7月中旬?9月
花  色 花径・房径 15cm?20cm 花 言 葉 温和
撮影月日 2007.9.22 撮影場所 宗像市内 

 

別名 : 「紅蜀葵」(こうしょくき)

ハイビスカスや、フヨウの仲間で、良く似ています、花弁は平らに開ききり、合着した雄シベと、雌しべは、ハイビスカスと良く似ており、花弁が少し細く、萼がはっきり見える構造です。
葉が互生して、深く切れ込み、紅葉の葉に、似ているのでこの名前になったようです。

紅葉葵 (もみじあおい)

長く突きだした構造のシベの構造、ハイビスカスとそっくりで、葵科の他の仲間の構造と特徴を共有しております。

紅葉葵 (もみじあおい)

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

水引 (みずひき)の花は、上から見ると赤く見え、下から見ると白く見えます、
そこを、祝儀袋の紅白の水引に見立て、水引の花の名前の由来になっております。

この、水引 (みずひき)の花は、独特の細い茎に、米粒に満たない、小さな花を付ける花ですが、
あまりにも、小さい花なので、花に、余程近寄って、確認しないと、花を見つける事が出来ない、
そんな花ですが、良く見ると、花は紅白、なんとも、お目出度い花です。

水引 (みずひき)は、日本各地に自生する野草、公園、河原、野原、林の川沿いのあちこちに自生します。

  • 白花種は ギンミズヒキ と呼ばれる。
  • 黄色の花の、キンミズヒキは、バラ科の植物で、このタデ科のミズヒキとは別物です。
  • 近縁種の、シンミズヒキは、葉に黒斑がなく、細長い。

 

この水引 (みずひき)の根を、金綫草根と呼び、漢方薬に用いられております。
打撲骨折、吐血、腹痛や、下痢に効果があるといわれています。

水引 (みずひき)

 

科  名 蓼(たで)科 属  名 タデ属 原  産 ヒマラヤから中国の高山帯
性  状 宿根草 樹高・草丈 40cm?80cm 開花時期 8月?10月
花  色 花弁外側 紅 内側 白 花径・房径 2mm?3mm 花 言 葉 慶事、祭礼
撮影月日 2007.9.13 撮影場所 宗像市内 

 

別名 : 水引草(みずひきそう)

「下」 花の大きさは、米粒の半分位です、円筒状、あるいは、卵状の、総状花序に、明るい紅(ピンク)色の花が、斜め下を向いて咲きます。
見る角度により、上から見ると、紅く、下から見ると白色に見えます。
花弁は4枚、5本の雄シベ、2本の花柱を持っております。

水引 (みずひき)

「下」 水引の花の、種
水引の、花弁は4枚、5本の雄シベ、2本の花柱を持っており、そう果は、花被片に包まれて熟します、
果実が熟すに従って、この花柱が、花後も残って成長し、先端がカギ状になって、果実の先端から突出します。
このカギが動物や衣服に、ひっかかり遠方に運ばれる役目をします。

水引 (みずひき)

水引としていますが、シンミズヒキ(新水引)のようです。

同じ様な植物で、オナモミの仲間が知られています、一般に、ひっつきむし、くっつきむし、の名前で知られています。

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

露草 (つゆくさ)は、雑草っぽいが、何とも、魅力的な、美しい青紫色の花を咲かせる、逆光に、透かして見ると、花弁の美しさは、この上も無い、爽やかな美しさがあります。
朝露を、受けて咲き始める、露草ですが、午後になると、萎んでしまう一日花です。

露草 は、単子葉植物ですので、花の各部は、3をベースにした、倍数のはずですが、どうみても、花弁は、2枚にしか見えません。
良く見ると、もう1枚、下部に、小さく白透明な色で、包葉の中に、隠れてしまいそうな造りです。

 

  • 花弁は、3枚あり、上部の2枚は、濃い青紫色で、ミッキーマウスの、大きな、耳を想像させます、
  • 残り1枚は、白透明で小さく、 下側に付いています。
  • 雄しべ、雌しべとも、他の花にない、形状と、性質を持っております。

 

大きな耳の、「ミッキーマウス」を、思わせる、 風情を感じます、イメージにぴったりの良い名前で、早朝、まだ露が、残っているうちが、写真の狙い目です。

露草 (つゆくさ)

 

科  名 露草(つゆくさ)科 属  名 ツユクサ属 原  産 日本、中国、シベリアなど
性  状 一年草、非耐寒性 樹高・草丈 20cm?50cm 開花時期 7月?9月
花  色 青紫、白 花径・房径 1.5cm?2cm 花 言 葉 尊敬
撮影月日 2007.9.2 撮影場所 宗像市内、自然水辺公園

 

ミッキーマウスの耳に似た、青紫の上部2枚の花弁、下の白透明の花弁、そして、雄しべ、雌しべの配置関係、バックの、豆袋の、立体感を出したかったのですが、今ひとつでした。

早朝に開花し、午後には萎む、一日花の宿命で、昆虫による受粉が期待できないため、受粉には、特別の才能を持っているようです。

開花中は、雄しべは、花糸を自分で、カールさせて、先端の葯を、雌しべに、受粉させる能力があると言います。
確かに、雄しべが、カールしているのが、見えます。
また、花は、午後には萎みます、この時、花柱も、雄しべも、螺旋状に巻き込まれ、綴じ込まれる動作の中で、柱頭が、雄しべの葯に触れ、自家受粉が行われる仕組みです、自然の、能力ってすごいです、あらためて驚いています。

露草 (つゆくさ)

昆虫の助けを必要としないためか、花の造りは、特異です。
花弁3枚、 青紫の上部二枚、下部の、小さめの白透明の花弁一枚。
雄しべ6個 花糸が長い2本(花粉が有る)、中ぐらいの花糸の分が一本、短い花糸の分が三本 雌しべ一個。

露草 (つゆくさ)

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

アベリアは、白ツクバネウツギとアベリア・ユニフローラの交配種と記述されています。
性質強健で、排気ガスにも強く、都市緑化樹として、広く利用されています。

最近は、国道の、中央分離帯、測道の生け垣、公園の垣根に、よく利用されている、お馴染みの花木で、
花は小形ですが、非常によく咲き、初夏から晩秋まで、何時までも、何時までも、長く咲き続ける、大変目立つ、美しい花木です。

名前の由来は、
実の形が、お正月の、「追羽根」の羽根に似ており、枝の茂る様子が「空木」に、似ていることから来ています。

  • 夏から秋まで長く咲き続ける。
  • 公園の生け垣・国道の中央分離帯、測道によく植えられています、
  • 小さい花を、樹木一杯に、次から次へ欠かすことなく、良く咲かせる、美しい花木です。
  • 白花が一般的ですが、淡桃色の品種もあります。
  • かすかな甘い香りを発します。

 

アベリア

 

科  名 吸葛(すいかずら)科 属  名 ツクバネウツギ属 原  産 中国
性  状 半常緑低木、耐寒性 樹高・草丈 1m?2m 開花時期 6月?10月
花  色 白、ピンク 花径・房径 10mm?15mm 花 言 葉 謙譲
撮影月日 2007.9.10 撮影場所 宗像市内

 

別名 花園衝羽根空木 (はなぞのつくばねうつぎ)

初夏から、秋の終わりまで、細い枝木から分枝した枝先に、釣鐘状の小さな、白花を多数つけます。
小さな葉は、光沢のある緑色をしており、秋には、わずかな紅葉を呈します。
花が落下しても、衝羽根(つくばね)型の、紅い萼片を残しており、一見花のようにも見えます。

アベリア

余りにも馴染みの花ですが、良く見ると。。。こんな感じの花です、産毛が一杯生えています。

アベリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。