スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

アルストロメリア百合水仙
アルストロメリアは花の色も豊富でとても美しい花を咲かせ、花は平開せず、花径4cm?8cm程度で、昆虫を誘うための斑点やラインが入っているところに特徴があります。

アルストロメリア

 

科  名 アルストロメリア 属  名 アルストロメリア 原  産 南米
性  状 球根、多年草 樹高・草丈 30cm?1m 開花時期 4月?6月
花  色 花径・房径 4cm?8cm 花 言 葉 持続、エキゾチック、援助
撮影月日   撮影場所 宗像市内



 

  • 茎高は、30cm?1mになり、披針形の葉が互生、茎頂で分枝して散形花序を持ちます。
  • 花披片の斑点や、ラインは、昆虫を誘うためだそうです。
  • 花被片と花披は、ユリ科のスカシユリみたいな構造で、外花被片3枚、内花被片3枚の6弁花。
  • 一般には、内側の内花被(上2枚、下1枚)に斑点や、ラインを持っていますが、
    まれに外花被の3枚にも斑点や、ラインを持っている種類もあるようです。
  • また、園芸品種で、斑点や、ラインを持たない種類も開発されているようです。
  • 色は多彩で、白、黄、桃、橙、赤、さらには複色花もあってたいへんカラフルです。

 

 

アルストロメリア

スポンサーサイト
Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

ラムズイヤー
ラムズイヤーはそのまま直訳すると「子ヒツジの耳」です。
私は、羊を触ったことがありませんので、そうなんだ?程度しか言えませんが、開花した花以外、
葉っぱ、茎、どこを見ても、ふわふわした軟毛で覆われております。

この花は、シソ科の花だけに、シソ科の花に共通した花形をしていますが、他のシソ科の花ほど鮮やかさは感じません。
もっぱら、花よりも、葉っぱの繊毛に魅力がありそうです、
念の為に、葉に触わって見ると、ゆで卵みたいな芯を感じさせない、フワーッとしたスベーッとした、何とも表現しにくい、
柔らかい、繊毛に覆われていますので、触った感触がたまりません。

ラムズイヤー

 

科  名 シソ科 属  名 イヌゴマ属 原  産 南ヨーロッパ
性  状 耐寒性?半耐寒性多年草 樹高・草丈 30cm?80cm 開花時期 6月?9月
花  色 紅紫色 花径・房径 約 5mm 花 言 葉
撮影月日   撮影場所 宗像市内



 

  • 茎も葉も灰緑色の繊毛に覆われています。
  • 葉は大きく厚く、楕円形または長楕円形で、灰緑色。
  • 直立した茎に、紅紫色の花を穂状に咲かせます。
  • 葉にほのかな香りがあり、観賞用として人気。

 

 

別名 : ワタチョロギ

5月末ごろから、開花時期に花茎を直立させて、茎頂に穂状に小さな花をたくさん咲かせます。
花時期以外は花茎はなく、銀灰色で柔らかい感触の葉っぱを、地面に這わせております。
ラムズイヤーは半耐寒性常緑の多年草で、冬でもシルバーグリーンの葉を楽しめ、花壇の縁取りに美しく、
シルバーガーデン、ホワイトガーデンに良く取り入られています。

ラムズイヤー

全身フワフワした繊毛に覆われております。

ラムズイヤー

葉っぱを摘んでみました、ゆで卵みたいに芯を感じさせない、フワーッとしたスベーッとした、何とも表現しにくい、柔らかい、繊毛に覆われています。
全身が繊毛で覆われているせいか、真冬でも強くシルバーグリーンの葉は元気で冬を越しております。

ラムズイヤー

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

立葵
タチアオイの花は、名前のとおり、真っ直ぐ伸びた花茎に一重の五弁花、または八重咲きの花を穂状に多数付け、2m以上にもなり、かなり見栄えのする花です。
初夏の花として庭先などに植えられ、芙蓉、木槿に似た、花径10cm近くの大きな花を咲かせ、よく知られております。

立葵

立葵

 

科  名 アオイ科 属  名 タチアオイ属 原  産 中国
性  状 耐寒性の一年草または多年草 樹高・草丈 1m?2m 開花時期 6月?8月
花  色 白、黄、桃、赤、濃赤、紫、
黄緑等多彩
花径・房径 約 10cm 花 言 葉 大望、野心、単純な愛、
熱烈な恋など
撮影月日   撮影場所 宗像市内



 

  • タチアオイ(立葵)は鑑賞用。
  • 花は芙蓉、木槿、ハイビスカスに似た、大型の花。
  • 根は蜀葵根(ショクキコン)という漢方薬の原料。
  • 花は、ハイビスカスと同様ハイビスカスティーとして利用。
  • 天然の着色料として利用されます。

 

 

同じ葵科の花で、芙蓉、木槿、黄槿等、皆よく似ており、美しい花で知られております。

立葵

立葵

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ジギタリスは、鐘型の花が長い穂状に咲きます。
花弁の内側に斑点が見られるのがこの花のもう一つの特徴です。
6月から9月ごろに白色やピンク、それに薄紫色の大変美しい釣鐘状の特徴のある花を咲かせます。
美しい花を咲かせる反面、葉には強心成分を含んでおり、うっかり間違えて食べると、身体の弱いお年寄りなどは、命を落とす事もある毒草です。
葉を温風乾燥したものを原料とした、強心利尿の薬草ですが、劇薬ゆえ取り扱いには、十分注意が必要な花です。

ジギタリス

 

科  名 ゴマノハグサ科 属  名 ジギタリス 原  産 ヨーロッパ原産
性  状 耐寒性、二年草、多年草 樹高・草丈 0.6m?1.5m 開花時期 5月?7月
花  色 紫、白、桃色など 花径・房径 約2?4cm 花 言 葉 熱愛、胸の思い
撮影月日 2008.6.7 撮影場所 宗像市内
特  記
  • 紫や赤、白などの釣鐘状の花を斜め下向きにいっぱいつける。
  • 1年目は葉が展開するだけですが、2年目には大きく伸びます。
  • 花は、6?7月頃に大型鐘形の総状花序(そうじょうかじょ)を、
    茎頂に穂状に下から順にびっしりと咲きます。
  • 花は、紅紫色?白色、萼は5浅裂、合弁、2個の雄ずい、花柱は2つに分かれています。
  • 果実は広卵形、除騾ヘ腺毛におおわれて、細かい種子が多数付きます。
  • 茎高は、0.5m?1.5m、直立して全体に短い軟毛があります。
  • 上の写真のジギタリスは、大型で私の身長より遙かに大きく2mは越していました。

 

別名 : 狐の手袋(きつねのてぶくろ)、英名 : フォックスグローブ

ジギタリス

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

クラスペディア
クラブハウス前の花壇は色とりどりの花で賑わっております。
下の写真の、黄色の小さなボール状の花、紫色の大きなボール状の花、共に個性的な花です。
黄色のまん丸いボール状の花、これがクラスペディアの花です。
参考までに紫のボール状の花は、花径15cm近くある、ギガンチウム(アリウム)です。

真っ直ぐに伸びた堅い茎の先に、黄色のまん丸いボール状の小花、クラスペディアの花。
キク科の花だけに舌状花を持たず、筒状花のみです。
通称ゴールドスティックと呼ばれています。

クラスペディア

 

科  名 キク科 属  名 クラスペディア 原  産 オーストラリア
性  状 秋播き一年草、宿根草 樹高・草丈 Max 1m 開花時期 5月?7月
花  色 黄・オレンジ 花径・房径 花序径 Max 3cm 花 言 葉 個性的
撮影月日 2008.6.6 撮影場所 宗像市内
特  記

 

  • オーストラリア原産。
  • 茎がすくっと伸び、茎高 1m前後。
  • 茎、葉は銀白色の綿毛で覆われており、銀緑色に見えます。
  • 葉っぱは株の根元だけなので、花姿が太鼓をたたくバチのような形に見えます。
  • 花茎を伸ばしてボール状の花序を付け、鮮やかな黄色い花を咲かせます。
  • キク科の花だけに舌状花を持たず、筒状花のみで
    直径3cmほどのボール状のまん丸く珍しい花序姿です。
  • 花後も花色や花姿に変化が無いため、ドライフラワーに好んで使われます。
  • 写真の種類は、クラスペディア・グロボーサです。

 

 

別名 : クラスペディア・グロボーサ、ゴールドスティック、ビリーボタン、ドラムスティック

クラスペディア

3cmほどのボール状の玉も、よく見てみると、1?2mmの小さな花の集合体でした。

クラスペディア

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ギガンチウムアリウム
ギガンチウムアリウム)は、花葱(はなねぎ)という和名のとおり、ネギ、タマネギ、ニラなどの仲間です。
この時期、個性的な姿で花壇を賑わしております、花は紅紫色の小花が集まって大きなボール状になり、
まん丸の大きな花序が目立つネギの仲間です。

ギガンチウム(アリウム)

 

科  名 百合(ゆり)科 属  名 ネギ属 原  産 ヨーロッパ、北アメリカ、アジア
広く北半球に分布
性  状 球根、多年草 樹高・草丈 1m?1.5m 開花時期 4月?6月
花  色 紫、ピンク、白
黄色、青など様々
花径・房径 実測 5?8mm花序14.5cm
6cm?15cmで巨大です。
花 言 葉 正しい主張
撮影月日 2008.6.6 撮影場所 宗像市内



 

  • 花茎も高さ1mを越します。
  • 花径は実測し5?8mm前後花序15cm前後はあり、ソフトボール大の、大きさで巨大です。
  • ネギの仲間は、ニンニク、タマネギなどの食用植物がありますが、観賞種も結構多く、
    本種は花が巨大で、特に花の美しい品種で知られています。

 

 

別名 : 花葱(はなねぎ)

下、茎頂に、小さな花が、多数集まってまん丸いボール状に散形花序をつけます。

ギガンチウム(アリウム)

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

白蝶草ガウラ
ガウラ(別名 : 白蝶草)は、風が吹くと、小さな白い花が、蝶が舞う様に、見えると言う事が、名前の由来になり、白蝶花(ハクチョウバナ)とも呼ばれます。

ガウラ(別名 : 白蝶草)は、鷺草や、トキ草のように、鳥の名前と思ってしまいますが、
鳥ではなく、蝶が羽根を広げたような姿に、由来致します。

白蝶草(ガウラ)

 

科  名 赤花(あかばな)科 属  名 ガウラ 原  産 北アメリカ
性  状 多年草、耐寒性 樹高・草丈 0.6m?1m 開花時期 6月?10月
花  色 白、ピンク 花径・房径 1.5cm?2cm 花 言 葉 清楚
撮影月日 2008.5.31 撮影場所 宗像市内
特  記

 

  • 草丈は、せいぜい1m止まり。
  • 草茎も細く、コスモスのイメージで、風に良くなびいて揺れてます。
  • 長くたれ下がる雄しべの姿が、蝶を連想さる優雅な姿です。

 

 

白蝶草(ガウラ)

白蝶草(ガウラ)

四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

金宝樹(キンポウジュ)/ブラシの木
花は光沢があり、花が、ビンを洗う、ブラシに似ています。
遠くからでも大変目立つ、個性的な、雰囲気の庭木で、ワンポイントとして良く映え、縁起の良い名前の木だと思えます。

オーストラリア原産の金宝樹の花は、日本的な花の、イメージとは、随分かけ離れた、姿で、目を引きます。
紅色の金宝樹ですが、白い花の咲く、品種もある様です。

キンポウジュ(金宝樹)/ブラシの木

 

科  名 フトモモ科 属  名 カリステモン属 原  産 オーストラリア
性  状 耐寒性常緑小高木 樹高・草丈 1m?4m 開花時期 5月?7月
花  色 赤、白 花径・花序 5cm?10cm 花 言 葉
撮影月日 2008.5.31 撮影場所 宗像市内
特  記

 

  • 枝に赤い、ブラシのような花が、穂状に付きます。
  • 一個の花は小さく、花びらはなく、長い花糸が特徴で、枝先に赤い花序を形成します。
  • ブラシのように見える花には、多数の雄しべと、雌しべです。
  • 枝が花房の先端で伸び続け、枝の途中に、花が取り巻いたような姿になります。
  • 花穂の長さは10cm前後ほどあり、大変目立ち特徴があります。
  • 開花は、初夏及び秋にも咲きます。

 

 

花には、花柄はなく、花托が直接枝に付いており、枝の周囲に花托が五個付き萼片の先に長い雄しべが伸びて、襟巻き状に花房を形成しております。
この花の特徴は、この花房の先端から、又枝が伸びてきます、あまり見かけない性質に見えます。

キンポウジュ(金宝樹)/ブラシの木

キンポウジュ(金宝樹)

キンポウジュ(金宝樹)の、枝先にびっしり付いた花芽。

キンポウジュ(金宝樹)、花芽

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ニゲラ黒種子草(くろたねそう)
庭のニゲラ、細い葉を茂らせ、花冠のシベの構造が、ニョキニョキ何ともユニークで、賑やかなたたずまい。
細い草茎の頭頂の花冠が、風に吹かれて、ゆ?らゆら、この季節にお似合いの花です。

ニゲラ/黒種草

 

科  名 キンポウゲ科 属  名 ニゲラ 原  産 地中海沿岸
性  状 耐寒性一年草 樹高・草丈 40cm?80cm 開花時期 5月?6月
花  色 青、白、桃色など 花径・房径 4cm?5cm 花 言 葉 とまどい、困惑、不屈の精神
撮影月日 2008.5.30 撮影場所 宗像市内
特  記
  • 4?5cmの花冠、白、桃、紫、青の八重。
  • 花弁のように 見えるのは萼片。
  • 松葉というか、長いトゲ状の羽状複葉で、小葉は糸状に細裂しています。
  • 大きな実は、種に光沢が有り、真っ黒なところから、和名を「クロタネソウ(黒種草)」、
    揮発性の芳香を持ちます。

 

ニゲラ/黒種草

ニゲラ/黒種草

Blog Community:ガーデニング - 趣味・実用 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

時計草チェリーセージ・茄子 (なす)の花・ジャガ芋 (じゃがいも)の花

時計草

時計草

チェリーセージ

チェリーセージ

茄子 (なす)の花

茄子 (なす)

ジャガ芋 (じゃがいも)の花

ジャガ芋 (じゃがいも)の花

  • 撮影場所 宗像市庄助ふるさと村園内 花ハウス及び市民農園
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。