スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

ホトトギスの花は、よく知られていますが、純白で斑点を持たない白花杜鵑草です。
普通に見掛けるホトトギスの色合いはありませんので、見落としそうです。

杜鵑草(白ほととぎす)

杜鵑草(白ほととぎす)

杜鵑草(白ほととぎす)

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

市内 庄助ふるさと村園内、早々と御柳梅のお目見えです、この時期花桃の花も咲いていました、
細長く伸びた枝に、10?15mmほどの小さな花をたくさん付けますが今は疎ら、
一重咲き、八重咲き、花色は、白、ピンク、赤が見られます。

御柳梅

御柳梅

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

近所の某新聞集配所の花壇の一角の瑠璃茉莉、
初夏から秋にかけて、細長く伸びた、枝先に薄青色の小さな花を沢山付けます。
この花は何とも言えない涼しげな色が魅力ですね、一鉢欲しくなる花です。

瑠璃茉莉(るりまつり)

瑠璃茉莉(るりまつり)

瑠璃茉莉(るりまつり)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

数mmの小さな花が、ボール状に固まって咲く姫蔓蕎麦、市道の石垣の下に固まって咲いています、
同じ蓼(たで)科の溝蕎麦に似ていますが、一回り小さく、
花序径1?ほどの小さなピンクの花、金平糖のような形の可愛い花です

姫蔓蕎麦(ひめつるそば)

陽当たりの場所を好むとは言え、ここはアスフアルトの上、土が浅く堆積している場所で、
石垣と、アスフアルトの間から生えてきていると思われ、窮屈には見えませんが匍匐して成長しています。

姫蔓蕎麦(ひめつるそば)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

花の付き方に特徴の段菊、菊と名前が付いていますが、菊科ではなく熊葛(くまつづら)科の花です。
草丈は、7?80cm、茎は直立するのですが、くにゃくにゃ別の花姿に見えます。

段菊

陽当たりの良い場所で、花冠のシベが陽に映えています。

段菊

段菊

ここは、市道の石垣の下、誰かが育てているような場所ではありませんが、元気に育っている段菊
雑草に混じって疎らに咲いています。

段菊

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

本日から暫く留守にします、
ずぼらになりますが、最近の撮影分の写真のみ、予約投稿させていただきます。

大文字草

大文字草

大文字草

大文字草

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

ご近所のBさん宅の藤袴(ふじばかま)、公園の花には大部遅れましたが良く咲いています、
撮影中奥さんが出ておいでになり、ここ数日蝶々が沢山来ていると言っておられました、
秋の七草のひとつで、芳香があり、昔から日本人に親しまれてきた草花です。

名前の由来は、花色が藤色で、花弁の姿を袴に見立てたもので、
良く似た花に、丸葉藤袴、鵯花(ひよどりばな)、四葉鵯(よつばひよどり)、澤鵯(さわひよどり)が有ります。

藤袴(ふじばかま)

 科   名  菊(きく)科
  • 秋の七草
  • 川の堤防など生える
  • 根茎は長く横に這う
  • 葉が深く3裂、対生、表面に光沢
  • 茎頂に散房花序、淡い紅紫色の花
  • 5mmくらいの小花、長いシベ
  • 袴を帯び、花の色が藤色から、フジバカマ
  • 乾燥させ芳香を活用、衣料の薫蔵等に使われた
  • 生乾燥時の芳香は顕著
  • 芳香剤として身につけたり、入浴剤として利用された
  • 別名 香り草
 属   名  フジバカマ属
 原 産 地  日本、朝鮮半島、中国
 植物分類  耐寒性宿根草
 開花時期  8月?10月
 樹高・草丈  1m?1.5m
 花径・花序  5mm前後
 花序 5cm?10cm
 花   色  藤色、白
 花 言 葉  ためらい、遅延、躊躇
 あの日を思い出す、優しい思い出
 撮影月日  2009.10.24
 撮影場所  宗像市内

藤袴(ふじばかま)

花は大変小さな筒状花、花冠先端に特徴的な、長いシベを突き出している、
筒状花の花芯は、濃紫の雌しべの花柱を長々と突き出し、柱頭は先端で2裂し真っ白、もじゃもじゃに見えます。

藤袴(ふじばかま)

少し引いてみます、随分成長し、1.8m位はありそうです。
ここは野原ではありません、民家に併設の花畑、ホトトギス、小紫、ジンジャー、コスモスと花一杯。

藤袴(ふじばかま)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:12 | TRACKBACK:0| edit

近所の公園の花壇の一角、青紫の小花を穂状につけ、涼し気な風情を醸す西洋人参木
葉は深い切れ込みを持ち、初秋の頃から涼しげな花を咲かせています、
花穂を次々と咲かせ、全体に微かな芳香を漂わせ、香料として用いられるほか、
女性ホルモンを整える薬用として、古くから利用されて来ているとのこと。
花の名前も、仲間の中国原産の人参木が、朝鮮人参の葉の形に似ている事からきています。

西洋人参木

 科   名  クマツヅラ科
  • 葉は表面は緑色、裏面は灰白色
  • 5?7つの披針形の小葉、裂けた掌状複葉、対生
  • 花茎の先端に10cmほどの円錐花序
  • 唇形花、7?8mmの小花
  • 花色 淡紫、白花
  • 葉・果実を利尿薬、また感冒などに効能
  • 全体にかすかな芳香
  • ヨーロッパでは果実を香料にしたり、
    生理不順や更年期障害などの治療薬として利用
 属   名  ハマゴウ属
 原 産 地  南ヨーロッパ
 植物分類  落葉低木
 開花時期  8月?10月
 樹高・草丈  2m?3m
 花序・花径  7mm?8mm
 花序 10cm
 花   色  薄紫色、白色
 花 言 葉  
 撮影月日  2009.10.18
 撮影場所  宗像市内

西洋人参木

西洋人参木

樹高はMax 3m位、枝先に円錐花序、唇形花で淡い紫色の小花を沢山付け、花の後には球形の実を付けます。

西洋人参木

お断り

以前から、どうも回って来そうだった、お鉢が予想通り回って来ました。
10月26(月)から11月10日過ぎ迄、社用で出掛けることになりました、
暫く留守にしますので、仲良くしていただいている、皆様には失礼を致します。
尚数日分の原稿は、用意していますので、投稿だけは予約投稿しておきますので、宜しくお願いいたします。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:8 | TRACKBACK:0| edit

蝶のような佇まい、淡いブルーの花が魅力的な西アフリカ原産の、
ブルー・バタフライ・ブッシュ、青い蝶の茂み、とでも訳すのでしょうか?青い小さな蝶のような花をつけます。

ブルー・バタフライ・ブッシュ

 科   名  クマツヅラ科
  • 花の形はカリガネソウに似ている
  • 葉は楕円形から狭倒卵形、対生
  • 葉の縁には粗い鋸歯
  • 葉の脇に円錐状、集散花序
  • 花径20mmくらいの青紫色の花
  • 花冠は5枚
  • 脇に付く4枚の裂片の色は淡青紫色
  • 真ん中の裂片は濃い青紫色、内側に巻いて袋状
  • 別名 ブルー・エルフィン
 属   名  クレロデンドルム
 原 産 地  熱帯アフリカ
 植物分類  非耐寒性半つる性低木
 開花時期  7月?10月
 樹高・草丈  Max 1m
 花径・花序  15mm?20mm
 花   色  青
 花 言 葉  大きな希望
 撮影月日  2009.10.17
 撮影場所  宗像市内

蝶の触覚に似た、雄しべ、雌しべの曲線美、シベの美しさを狙ってみました。

ブルー・バタフライ・ブッシュ

一寸引いてみます、清楚な雰囲の青い蝶のような花姿、一寸エレガントにも見えます。
鉢で育てていますので、蔓性の感じはありません。

ブルー・バタフライ・ブッシュ

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

いつもの取材スポットの公園の小川周辺、この時期には釣舟草を撮影できる時期ですが、
先のゲリラ豪雨で、川底まで流され心配して何度も見回っていますが全く見掛けられません、
公園の外の下流まで見て歩きましたが駄目で全滅したのか心配です。
なのにこの溝蕎麦(みぞそば)は、当時と変わらず、群生しています、釣舟草は何処へ?です。

溝蕎麦(みぞそば)は、水田地帯の用水路、小川の縁など、湿気の多い地帯に群生します、
ピンク色の、米粒のような小さな花は、 花の先端が、淡紅色に縁どられ、中心部が、純白色で愛らしい。
根元から、枝分かれして枝先に繁茂し、節から根を出して、群落を作る生命力旺盛な一年生草本です。

和名は、溝に成育し、葉がソバに似ているからに由来し、
蕾の頃の群れて咲く姿は、子供の頃の思い出、金平糖を思い出します。
白と薄ピンク色の、 グラデーションが、なんとも美しく可愛い花です。

溝蕎麦(みぞそば)

 科   名  蓼(たで)科
  • 葉は卵状鉾形、互生、基部は耳状に張り出す
  • 枝先に球状の花序、小さな花を数個から10個くらい付ける
  • 溝蕎麦の花は、花弁に見える部分は萼
  • これはタデ科植物の、特徴の一つ
  • 枝の先で咲く花は、花の先端が淡紅色で縁どられ、中心部が純白
  • 花の色、濃さは様々、ほとんど、白色に見える物から、全体が淡紅色まで色々
  • 花経10mm弱
  • 金平糖に見え、白と薄ピンク色の、グラデーションが、可愛い
  • 別名 うしのひたい
 属   名  タデ属
 原 産 地  沖縄を除く全国
 植物分類  1年草
 開花時期  7月?10月
 樹高・草丈  30cm?1m
 花径・花序  8mm?10mm
 花   色  純白に薄ピンクの
 グラデーション
 花 言 葉  純情
 撮影月日  2009.10.18
 撮影場所  宗像市内

ミゾソバ(溝蕎麦)の花は、花弁に見える部分は、萼で花弁はありません、
これはタデ科植物の、特徴の一つです。
枝の先に、集まって咲く、小さな花は、花の先端が、淡紅色で、縁どられ、中心部が、純白色で愛らしい、
花の色や、濃さには様々で、ほとんど白色に見える物から、全体が淡紅色の物まで色々多彩です。
花の大きさは10mm弱と小さく、踏んづけてしまいそうですが、
近くで見ると、白と薄ピンク色の、グラデーションが、 とっても可愛い花です。

溝蕎麦(みぞそば)

溝蕎麦(みぞそば)

溝蕎麦(みぞそば)

少し引いてみます、溝蕎麦は小川の縁など、湿気の多い地帯に好んで生育します、
公園の中を流れる小川の、砂床質の川幅一杯に群生しています、小さな小川も覆い被され川幅が判らないくらい。

溝蕎麦(みぞそば)


釣舟草 (つりふねそう)

心配の余り昨年の10月8日撮影の釣舟草をUPしてみます。

釣舟草

2枚上の写真と同じ場所の様子、紅く見えるのが釣舟草、白く見えるのが溝蕎麦、
石垣の上から見ても、足の踏み場がないくらい咲いている場所で、咲くのが当たり前の光景が今年は見られません。
この場所の200m位の範囲に4?5カ所の群落がありました、
私が心配してもどうにも成りませんが、悲痛な叫びが聞こえる、、、スポットです。

釣舟草

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:8 | TRACKBACK:0| edit

近所の児童公園の傾斜地には、大きな三つ葉のローズピンクの色鮮やかな、オキザリスの花が所狭しと咲いてます。
この色鮮やかな花は、オキザリス・ボーウィー、カタバミの園芸品種の一種で、花が大型で美しい花です。

カタバミの仲間は、繁殖が旺盛で管理に手が回らない等で、庭の厄介者扱いされますが、
園芸種は種類がたくさんあり、何れも個性豊かで、とても美しい花を咲かせます。

一般に酢漿草(カタバミ)と言うと、野生種のカタバミを指し、
酢漿草(カタバミ)、
赤片喰(アカカタバミ)、
紫片喰(ムラサキカタバミ)、
芋片喰(イモカタバミ)、、、等がこれに当たります、
一方、園芸品種をオキザリスと呼び、その園芸品種のオキザリスには、多くの品種が開発され栽培されています。

中でもこの、オキザリス・ボーウィーは、厄介者のカタバミと異なり、花がとても綺麗で葉も大きく人気品種です。

オキザリス・ボーウィー

 科   名  酢漿草(かたばみ)科
  • 葉っぱは大型、クローバーに似て、小葉は3枚、倒心臓形、長さ凡そ4cm
  • 三枚の葉の直径は、花の直径に近い大きさ
  • 葉の間から花茎を伸ばし、散形花序
  • 花序は数個から10個くらいの花
  • 花色は濃桃色、中心部は黄色
  • オキザリスの仲間と同様、日照不足では花は開きません
  • 9月から11月頃まで長い花期
  • 種が砂粒の様に細かい
  • 別名 花酢漿草(はなかたばみ)
 属   名  カタバミ属
 原 産 地  南アフリカ
 植物分類  多年草(耐寒性球根)
 開花時期  10月?11月
 樹高・草丈  5cm?15cm
 花径・花序  4cm?5cm
 花   色  ローズピンク
 花 言 葉  喜び、母親の優しさ
 撮影月日  2009.10.18
 撮影場所  宗像市内

ボーウィー種の大きな葉っぱは、クローバー似、ローズピンクの一重咲きの花は、丸みを帯び美人系花姿。

オキザリス・ボーウィー

少し引いてみます、ここは児童公園の傾斜地、ローズピンクの花が所狭しと咲いています。

オキザリス・ボーウィー

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:8 | TRACKBACK:0| edit

山野に自生する薬用植物の、身近な代表として、知られている、現の証拠(げんのしょうこ)の花、
近所の公園に行くたびに、種の生長を観察していました。
葉は掌状に、3?5裂、花柄が長く、茎は斜上して、凡そ40cm程、
葉腋から出た花柄の先に、白紫色又は、紅紫色の、小5弁花を二個咲かせます。

日本古来からの、民間薬の代表として、知られており、
乾燥させた葉を、煎じて飲むと、下痢止め・健胃薬として、20?30分位の短い時間で、直ぐ効き目が現れることから、
「現に良く効く証」、と言う意味合いで、名付けられました。

花期は未だ続いていますが、種が実ってきました、この種の能力は必見です、
現の証拠の種が熟すと、子房の種子は花柱が裂けるにつれ、花床部の台座から、写真の様に持ち上げられます、
この構造はバネそのもの、種に何かの拍子で仔細な振動が加わると、高反発力を持ったバネの反動で、
種を遠くへ跳ね飛ばし、種の拡散を計り、子孫繁栄を図る、思いもよらぬ能力の持ち主なのです。
同じ、風露草科、フウロソウ属の、アメリカ風露も同じ種の構造をしています。

この種子のバネみたいな形が、御神輿の屋根の装飾用に用いられている装飾金具に似ている事から、
別名 神輿草(みこしぐさ)の由来になっております。

現の証拠

 科   名  風露草(ふうろそう)科
  • 葉は対生、上部では3裂、下部では5裂
  • 葉腋から、2本の花柄、花柄の先に5弁花、2個咲かせる
  • 花弁、葉っぱ以外全身に、短い産毛をたくさん持っている
  • 萼片は、花弁の切れ目に位置し、萼片の先端に数mmの突起棒を持つ
  • 花の大きさに比べ、大きな萼
  • 花は、5数性で、萼片、花弁、心皮は5個、雄しべは10個
  • 別名 みこし草 種の形が祭りの御神輿の屋根の装飾用金具に似ている事から
  • 白色の花を、現の証拠
    紅紫色の花を、紅花現の証拠と呼ばれます
  • 別名 神輿草(みこしぐさ)
 属   名  フウロソウ属
 原 産 地  日本
 植物分類  多年草、耐寒性
 開花時期  7月?10月
 樹高・草丈  30cm?50cm
 花序・花径  1cm?1.5cm
 花   色  ピンク、白
 花 言 葉  憂いを忘れて
 心の強さ
 撮影月日  2009.10.12
 撮影場所  宗像市内

種を弾く準備完了のバネ状のパーツ、質感も金属のバネに見えます、
種に何かの拍子で仔細な振動が加わると、高反発力を持ったバネの反動で、種を遠くへ跳ね飛ばし、
子孫の繁栄を行う能力を見せます、

構成する繊維が形造られる過程で、細胞内の圧力差が蓄えら、バネの反発力が形成されます、
植物の構造物の立派さは言うに及びませんが、底知れぬ能力です。

現の証拠

花は、5数性で、萼片、花弁、心皮はそれぞれ5個、
花芯部は、10本の雄シベ、葯が黒紫色、雌しべの花柱、柱頭は赤っぽく先端で5裂しています。

下2枚の写真は、- 2009/09/17(Thu) -投稿分を流用

紅花現の証拠

花は、花弁、葉っぱ以外全身に、短い産毛を、たくさん持っています。
萼片は、花弁の切れ目に位置し、萼片の先端に数mmの突起棒を持ち、花の大きさに比べ、大きな萼です。
花は、5数性で、萼片、花弁、心皮は5個、雄しべは10個です。

紅花現の証拠
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:5 | TRACKBACK:0| edit

ここのヒマワリ園は、7種類、3万本が植わっております、
背丈が3メートル以上に成る、巨大種、花の直径が3?40cmもある巨大ヒマワリも有り、
毎年ヒマワリ迷路を作るほどの規模で、小学校の生徒さんを始め、地元住民の皆さん250名の、
ボランテイアーの協力で、例年に続き秋のヒマワリに挑戦です、
毎年好評のヒマワリ迷路も計画していましたが、鳥害、毛虫の害で、本数が半減、規模を縮小しているそうです。
未だ咲きそろっておらず、3分咲き程度で疎らです、全体に咲きそろうと壮観です。

サンオペラ種、ロシア種、ルビーエプリクス種、ブラドレッド種、リングオブフアイアー種、
ココア種、太陽種等が、区画別に栽培されています、
夏時期のヒマワリに比べても、負けず劣らず、背丈2m以上、平均的花径30cm以上で、豪華な大ヒマワリ園です。
ここ数年、説明看板が設置されていません、数年前の説明板の説明を流用しましたが、咲きそろっていないせいか、
種類は以前ほど多くないように見えます。

「ヒマワリ」は、花が、太陽の動きにつられて回ると言われますが、夫れは、蕾の時及び、花の幼少期の、
花茎の柔らかい時期に、太陽の動きに合わせて、花の向きを変えることは良く知られています、
この「日廻り」が元になり、「向日葵」と付けられている様です、
成長して花茎が堅くなった後は、首振りは出来ません、一般的には東、南方向に向いているのがほとんどです。

向日葵(ひまわり)

 科   名  菊(きく)科
  • 向日葵には園芸品種も多い
  • 草丈は品種によって異なる
  • ヒマワリは菊科の花の造りを代表しています
  • 背丈、花の大きさ、花弁の色、八重咲きのもの色々
  • 花は外周の黄金色の花弁の、舌状花
    中心部の黄、黒或いは茶褐色の筒状花とから構成
  • 舌状花は花弁1枚に見えますが、花冠の一方だけが伸び、
    この1枚の花弁の先端が五裂した歯を持つ5弁花です
  • 中央部の筒状花は筒に見えますが、小さく見難いだけで、
    筒の先端が五裂した5弁花です
  • 園芸品種が多く、基準に沿わない種類も見掛けます、
    あくまでも花の構成の一例として見てください
  • 油料用ヒマワリ 油を多く採るために品種改良、
    畑の肥料や家畜のエサ用に改良された種類
  • 食用ヒマワリ 油質が少なく、タンパク質が多い種類、
    お菓子やスナックに利用
  • 園芸用ヒマワリ 鑑賞を目的に品種改良された種類、
    花の大きさ、八重咲きと種類多い
  • 別名 日輪草(ニチリンソウ)、日車(ヒグルマ)
 属   名  ヒマワリ属
 原 産 地  北米
 植物分類  一年草
 開花時期  7月?9月
 樹高・草丈  30cm?3m
 花径・花序  10cm?30cm
 花   色  黄色他色々
 花 言 葉  あなたは素晴らしい、光輝
 撮影月日  2009.10.17
 撮影場所  福津市内 西郷川花園

ヒマワリの密、花の中央部に、密らしき透明の薄青い液が、噴き出し、垂れているのが見えます。
その薄青く噴き出し、垂れている密に蝶や蜂が忙しげに集まっています。
この花で、直径 実測 27cm、平均的な大きさでした。
密が盛り上がり陽に反射していましたが、撮ってみると3つの白い点だけ、数枚撮っておけば良かった思いです。

向日葵(ひまわり)

向日葵(ひまわり)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:8 | TRACKBACK:0| edit

コスモスが漸く7分咲きくらいに、咲きそろってきました、ここ暫くが見頃の様です、
コスモスは、秋を代表する花、
福岡には1000万本を越す、有名なコスモスのスポットが、何カ所か有りますが、
ここ西郷川花園は小中学校の運動場くらいの広さ2面に、
地元小学生と地元町内会のボランテイアにより、
100万本以上のコスモスを咲かせており、「コスモス祭り」も開催されます。

秋桜(コスモス)

 科   名  菊(きく)科
  • 秋を代表する草花
  • 日が短くなると開花する短日植物
  • 花径 6?程度が標準
  • 花の周囲には8枚の舌状花
  • 中心には管状花、菊科の花に共通する花姿
  • 花色は多彩
  • 和名 秋 桜(アキザクラ)
 属   名  コスモス属
 原 産 地  メキシコ
 植物分類  半耐寒性一年草
 開花時期  7月?11月
 樹高・草丈  1m?2m
 花径・花序  3?6cm
 花   色  赤、ピンク、白など多彩
 花 言 葉  乙女の真心
 撮影月日  2009.10.17
 撮影場所  福津市内

秋桜(コスモス)

秋桜(コスモス)

花弁の華やかさに対し、繊細な花芯部、種類が違うと造りも様々

秋桜(コスモス)

秋桜(コスモス)

秋桜(コスモス)

コスモスの種類は改良が進み園芸品種も多いですが、大雑把に分けると、

  • 秋桜(コスモス)
  • 黄花コスモス
  • チョコレートコスモス
に分かれ同じ属の花です、
コスモスと名前が付いていますが、別のセンダングサ属のウインターコスモスもよく知られています。

コスモスは秋桜とも書くように、日本原産と勘違いしてしまいますが、メキシコ原産なんですね、
そう思わせるほど、日本人には身近で親しまれている、秋を代表する花です、
花は、遅咲き、早咲きがありますが、群生して咲いているその景観は、正に壮観です。

西郷川花園 秋桜(コスモス)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

一週間くらい前から金木犀の香りが漂い、近所の人と挨拶の中にも、金木犀の話題が上がる季節となりました。
開花初期の頃は、香りを特別強力に漂わせ、部屋の中まで香ってきます、
金木犀の、甘?い香り、良い季節、花は小さくも、樹冠一杯に濃橙色の花を咲かせています。

甘?い香りに、誘われ、、、金木犀 (きんもくせい)の、季節到来です。

金木犀(きんもくせい)

 科   名  木犀(もくせい)科
  • 花弁は花冠全体が、蝋細工の質感、
    分厚く、合弁花冠で花冠が四裂
  • 花の花心部が一般の花の構造とは違い
    多数の雄しべ群が有りません
  • 2本の雄しべ、花糸らしき物はなく葯だけに見える
  • 雌しべは不完全で退化しており、結実することは有りません
  • 雌雄異株、国内の木は全て雄株のため結実は有りません
  • 増殖は挿し木による
 属   名  モクセイ属
 原 産 地  中国
 植物分類  常緑小高木、耐寒性
 開花時期  9月下旬?10月
 樹高・草丈  4m?5m
 花径・花序  約 5mm
 花   色  橙色
 花 言 葉  謙遜、真実
 撮影月日  2009.10.16
 撮影場所  宗像市内

花は、小さく、オレンジ色の花を、穂状に無数に咲かせ、芳香を放ちます、
開花時期は、町内周辺に、いい香りを漂わせ、甘?い香りは酔いそうな感じがします。
花は、取り立てて、綺麗という花ではありませんが、香りでは、

  • 春の沈丁花、
  • 夏の梔子(クチナシ)、
  • 秋の金木犀
と言われ、この香りは、香りの代表木と、称されるだけあって流石です。
かつてトイレ用の芳香剤に、キンモクセイの香りが主流の時代もありましたが、
現在では、各種色々販売されている事で、好みの芳香剤をさがす事が出来ます。
花には長い花柄が有ります。

金木犀(きんもくせい)

金木犀の花は、構造的に、一風変わっています、
花弁は、花冠全体が、蝋細工の質感、分厚く、合弁花冠で花冠が四裂、
花の花心部には一般的に、多数の雄しべ群が有りますが、金木犀にはそれらの構造が特異です。

葯におぼしき、2本の雄しべは確認できますが、花糸等はなく、
花の主役の一つである華やかな雄しべ群が見あたりません、
雌しべは不完全で退化しており、その為に実が生ることはなく、
又、金木犀は雌雄異株であり、我が国で栽培されている木は全て雄木の為、
結実は有りません、もっぱら繁殖は挿し木によります。

金木犀(きんもくせい)

花期が終わる頃には、足下周辺には、橙色の花が一面に落ち散らばり、いよいよ秋本番突入です。

金木犀(きんもくせい)

訂正

2009.10.17 16:00 舌足らずで説明不足でしたので一部修正しました。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:9 | TRACKBACK:0| edit

近所の公園の千日紅

千日紅

花が咲き始めています、2?3mmの小さな花の集合花、白く開き掛けているのが花です。

千日紅

この花は、夏の暑い時期から、11月末頃まで花を咲かせ、花期も長く花を楽しめます。
密植させ群生させると大変見映えいたします。

千日紅


朝顔 

市内八所宮の、池の周りの芝生の中で唯一輪、朝顔
茎根から花を咲かせており、朝顔の咲き方ではありませんが、葉っぱも花も朝顔だと思うのですが
茎が伸びず、蔓にならない矮性品種の園芸品種かも知れません、草丈 15cm程度、緑葉に薄緑の斑入りに見えます。

朝顔

朝顔

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:9 | TRACKBACK:0| edit

蝶の様な小さなロベリアの花が、株一杯に球状の草姿で、株を覆うように多数の小花を咲かせています、
ロベリアは園芸品種も多く色合いも楽しめます、
スカイブルーの種類は、サントリーが開発したロベリアです。
草丈が低く10cm?15cm程度、鉢や、プランター栽培に向いており、
蝶の様な可愛い花を、賑やかに咲かせてくれ、すがすがしい花姿が魅力です。

ロベリア

 科   名  キキョウ科
  • 茎は直立あるいは匍匐し、細かい茎をよく分枝する
  • 草丈は、10?30?程度
  • 花径は1.5?程度
  • 花色は紺青、赤紫、白色など
  • 花期は5?9月
  • 別名 瑠璃蝶草(ルリチョウソウ)
 属   名  ロベリア属
 原 産 地  南アフリカ
 植物分類  一年草、半耐寒性
 開花時期  5月?9月
 樹高・草丈  10cm?25cm
 花径・花序  15mm?20mm
 花   色  青、紫、ピンク、白
 花 言 葉  謙遜、譲る心
 撮影月日  2009.10.12
 撮影場所  宗像市内

ロベリアは、別名、瑠璃蝶草(ルリチョウソウ)と呼ぶように、小さな蝶のような形をした花を沢山咲かせます。
上の2枚の、ウサギの耳みたいな感じの、花弁が目立ち、花を沢山咲かせ、開花期間が長いので十分楽しめる花です。
この花は他のスカイブルーの花に比べ、色が濃く5?6個咲いています。

ロベリア

鉢から大きく垂れ下がり、スカイブルーの小花が揺れ、秋空に映えています。

ロベリア


ジニア/百日草

ジニアはキク科、百日草属の総称、
草丈 7?80cm、
花色 赤・橙・黄・桃・白・紫・緑
花径 4?10cm
開花期 5?10月
花形 一重・八重・絞り咲き・ダリア咲き・ボンボン咲き等華やか、
初夏?晩秋の長い期間、花を咲かせ続ける所から百日草(ヒャクニチソウ)とも呼ばれ親しまれています。

ジニア

ジニア

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

近所の公園園内の小川の傾斜地に、端正な花姿の玉簾(たますだれ)が沢山咲いております。
白花を次々と長期間咲かせ続ける白い花姿、この蕾の時の様子を「玉」にたとえ、
群生している時の、直立している茎、及び、細葉の姿を、「簾」に見立てた様です。

雨のあと、一斉に咲きはじめるところから、別名 「レインリリー」。
昔懐かしい花で、実家の門から、玄関まで父親が世話をしていたのを思い出します。

玉簾(たますだれ)

 科   名  彼岸花(ひがんばな)科
  • 葉は細く多肉質
  • 6弁花、上向きに白く、美しい花、葉は細長い
  • 花は次々と咲かせ、花期が長い
  • 茎には有毒成分アルカロイドが含まれ、
    誤って食べると嘔吐や痙攣の恐れ要注意
  • 花壇や、道路の縁どり等に良く見掛けます
  • 別名 ゼフィランサス
 属   名  ゼフィランサス属
 原 産 地  南米
 植物分類  常緑球根植物
 開花時期  7月?10月
 樹高・草丈  15cm?20cm
 花序・花径  3cm前後
 花   色  白、桃色
 花 言 葉  期待、潔白な愛
 撮影月日  2009.10.11
 撮影場所  宗像市内

端正な花姿

玉簾(たますだれ)

公園の小川の側の傾斜地に咲く玉簾(たますだれ)、細い茎、葉っぱが簾に見えたのでしょう。

玉簾(たますだれ)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

ショッピングセンター通りの市道沿いの民家の庭の酔芙蓉
この木は、花が終わると、毎年決まって株元30cm位の所で、ばっさり切られてしまいます、
酔芙蓉の木はこれで大丈夫なのですね、心配していましたが、春先から又生長して、この大きさになっています。

一見して、芙蓉の花と、見分けが付かない花です。
早朝時間は、純白で、時間が経つにつれ、花弁の周辺より、淡ピンク色で、色付き始め、
お昼過ぎには薄ピンク色に色付きます、
夕刻には、全体に、濃い紅色になる、葵(あおい)科、フヨウ属 の花です。

一日のうちに、時間が経つ毎に色を変える酔芙蓉は、
お酒を飲んで、顔がだんだん赤くなってくることに例えて、「酔う芙蓉」から、酔芙蓉と呼ばれる愛らしい花です。
花は一日で終わりですが、次々に、花を咲かせますので、花の観賞できる期間は、大変長いです。

酔芙蓉

 科   名  葵(あおい)科
  • 芙蓉の園芸品種
  • 朝咲いたと花は、純白
  • 午後 ピンク
  • 夕方 濃紅色に変わります
  • 花色の変化を酒飲みの顔に喩えたもの
  • お酒を飲んで、顔がだんだん赤くなってくることに例えて酔芙蓉
  • 八重咲きが主、時に一重咲き有り(2枚目の写真)
 属   名  フヨウ属
 原 産 地  日本(四国、九州、沖縄)
 中国
 植物分類  落葉低木、半耐寒性
 開花時期  7月?10月
 樹高・草丈  Max 3m
 花径・花序  8cm?12cm
 花   色  桃色、白など
 花 言 葉  繊細美、しとやかな恋人
 撮影月日  2009.10.12
 撮影場所  宗像市内

一重咲き種、一重咲きの場合芙蓉と区別が付かない、回りに紅い萎んだ花が有れば酔芙蓉と区別できます。

酔芙蓉

別の場所の酔芙蓉(八重咲き)
午後13:00頃の撮影の花、大部、ピンク掛かった色に、色付きました。

酔芙蓉

少し引いてみます、芙蓉の木ほどの樹形で3m位の大きさになります。

午後17:00頃の写真がありませんが、夕方には濃紅色に色づきます、
写真中に色の濃い萎んだ花が幾つか写っていますが、これが前日咲き、萎んだ花でこの色になります。

酔芙蓉

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

近所のお年寄りさんが、趣味で手掛けている畑のフエンスに、蔓を伸ばしている植物を発見。
運良く手入れ中のお年寄りさんがおられたので尋ねるとツルムラサキと教えていただきました。

ツルムラサキの茎の色合いは、赤紫色っぽい色合いが主ですが、
緑色の種もあるようで、写真の種は葉っぱも印象が違うように見えますが緑色の種のようです。
とは言え、花は間違いなさそうなので、蔓紫で良さそうです。

蔓紫

 科   名  ツルムラサキ科
  • 葉、茎は緑または赤紫色
  • 茎は蔓性で2?以上
  • 花期は7月から10月ごろ白色の小花を穂状に付ける
  • 花には花弁がなく、花弁に見えるのは萼片
  • 花は全部は開きません
  • カロチンが大変多く含み健康食品として一時期利用された
  • 若い茎葉をおひたしや和えもの、また炒めものや汁の身にも利用可
  • 熟すると黒紫色の果実をつける
 属   名  ツルムラサキ属
 原 産 地  熱帯アジア
 植物分類  蔓性二年草
 開花時期  7月?10月
 樹高・草丈  蔓性
 花序・花径  5mm前後
 花   色  白色
 花 言 葉  頼りすぎ
 撮影月日  2009.10.10
 撮影場所  宗像市内

花には花弁を持たず、花弁に見えるのは萼片、しかも全開するような事がないそうで、ミゾソバに似ています。

蔓紫

フエンスに巻き付き蔓を伸ばし果実をつけています、熟した紫黒色の実も見えます。

蔓紫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。