スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

清水寺境内の紅葉

下の駐車場より800mに位置する山門、16:00少し前で、山影に遮られ薄暗く、手持ち限界手ぶれご容赦を!

清水寺山門

山腹ではある物の、ここ迄上ると夕日が当たり気兼ねなくシャッター押せる状態、紅葉が目に眩い!
記念資料館休憩所、夕日の角度が低く、カメラの角度によりハレーションを起こす状態、全てコンデジ撮影。

清水寺紅葉

清水寺紅葉

清水寺紅葉

本堂近くの三重の塔、この辺りの紅葉は終盤なのか痛みが目に付きます。

清水寺紅葉

苔生した参道の落ち葉、濃い緑に紅葉が良くマッチしています。

清水寺紅葉

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:8 | TRACKBACK:0| edit

当地にもぼつぼつ紅葉の季節到来です、銀杏、楓、楓等晩秋を迎え紅葉が進んで来ました。

紅葉

紅葉

紅葉

イチョウ

水仙の芽吹きも見られます。

イチョウ

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

公園の花壇には、観賞用ナスの仲間であるフォックスフェースが面白い形の実を付け始めました。
草丈は1.5m?2m程度、花径25mm程度、紫色の5弁花。
この花の特徴はなんと言っても、秋に入り実を付ける、面白い形状の果実でしょう。
最初は緑色ですが、やがて熟してくると光沢を持った黄色になります。
果実の付け根に角のような5本の突起があり、別名 角茄子(ツノナス)とも呼ばれます。

ナス科の花だけに茄子の花に大変似ています、花弁の裏面、花柄、茎と全身産毛が生えています。

フォックスフェース

花芯部、ナス科の花の造りです、花芯深部の薄緑色が雌しべ、周りを取り囲んでいる黄色い柱が雄しべ。
雄しべはツルンとしていて、花粉らしき花粉粒がほとんど見あたりません。
これでは実付きが良くないかも知れません、資料によると花が咲いても実付きは良い植物ではないらしいです。

写真では判りにくいですが、角は5本あり、何でこんな難しい格好が必要なのか不思議になります、
花を良く観察してみると、雄しべに囲まれた花芯奥部に雌しべがあり、
更に、雌しべの付け根に5個の小さな雌しべがあり、これが成長すると5つの角になるみたい。

フォックスフェース

 科   名  茄子(なす)科
  • ナス科の植物としては超大型、倒れやすい
  • 葉は広楕円形、縁に産毛
  • 葉柄には刺
  • 果実は黄色の卵形、角状の突起を持つ
  • 開花時期は夏季、主に観賞用として栽培
  • 果実がキツネの顔のように見える
  • 細長い顔と耳を持った狐の顔に見立てたらしい
  • 花は星形、5弁花
  • 黄色に見えるのが雄しべ、5本
  • 漫画チックな実の形状が特徴
  • ツヤやかな果皮と基部に5つの乳頭状のツノ(突起)
  • レモンイエローに色づく頃はとても魅力的
  • 果実は毒性が有り、食用には不可
  • 別名 角茄子(つのなす)/狐茄子(きつねなす)
 属   名  ナス属
 原 産 地  ブラジル原産
 植物分類  1年草
 樹高・草丈  1.5m?2m
 開花時期  10月?11月
 花   色  紫色
 花径・花序  20mm?25mm
 花 言 葉  私の想い
 撮影月日  2009.11.28
 撮影場所  宗像市 

フォックスフェースの実、何とも言い難い形状で、一寸漫画チックです。

フォックスフェース

これは、別の場所の別の日の撮影、大部色づいて来ています。

フォックスフェース

少し引いてみます、樹高1.8mくらい、しかも茎が細く弱そうで、添え木がないせいか数本が倒れ掛けています。

フォックスフェース

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

山薄荷(ヤマハッカ)は、山野の道ばたや、林縁に生える、シソ科の多年草です。
山野草でハッカに似ているので、ヤマハッカ(山薄荷)と呼ばれますが、ハッカの香りはなくまったく無臭です。

茎上部の枝先に、青紫色の、小さな唇形花を穂状につけ、数個ずつ、数段に咲きます。
唇形花花冠は長さ7mm?8mm、花は唇形花で、上唇弁は、立ち上がり、内面に、濃い青紫線状と斑紋があります。
下唇弁は、舟形で、前方に突き出し、雄しべや雌しべはこの中に隠れた格好になっています。

山薄荷(ヤマハッカ)

 科   名  シソ科
  • 青紫色の小さな、唇形花を、数個ずつ、数段につける
  • 四裂した上唇弁には、濃い青紫線状と斑紋
  • 下唇弁は、舟形で前方に突き出し、
    花弁の縁を、内側に丸く巻き込み、
    雄しべや、雌しべを、この中に包み込んだ、格好
    で隠れる様な構造になっている
  • 臭いを嗅いで見ましたが、薄荷の香りは全く有りません
 属   名  ヤマハッカ属
 原 産 地  日本各地
 植物分類  多年生草本
 樹高・草丈  30cm?60cm
 開花時期  9月?10月
 花   色  青紫
 花径・花序  7mm?Max10mm
 花 言 葉  思いやり
 撮影月日  2009.11.14
 撮影場所  宗像市 
 備
 
 考

よく似た花で、シソ科ヤマハッカ属の仲間の、イヌヤマハッカは、四裂した上唇弁に、
濃い青紫線状と斑紋がない事で判別します。

下唇弁が、内側に巻き込み、中のシベを保護しています、花心部の一部が、わずかに見えています。

山薄荷(ヤマハッカ)

ここは、宗像市庄助ふるさと村園内、藤棚回りの周回道路傾斜地、秋の山野草が沢山見掛けられます。

山薄荷(ヤマハッカ)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:16 | TRACKBACK:0| edit

公園の花壇にナスタチウムの花が咲いています。
草丈は30cmほど、よく伸びるので、行灯仕立て、ハンギングにしてもよく似合います、
春から秋に掛けて、黄、橙などの鮮やかな、花径5cmほどの花を咲かせます。

園芸用の花としてお馴染みですが、ハーブ、薬用、食用としても用いられる花です。
葉っぱが丸くて蓮のようなので、金蓮花(きんれんか)の別名があり、
又、凌霄葉蓮(ノウゼンハレン)は、花が凌霄花(ノウゼンカズラ)に、葉が蓮に似ている事に由来しています
花も色鮮やかで綺麗ですが、葉、花、実とも食用にでき、ハーブに分類されます。
花や若葉は、味も少しぴりっとした辛みがあり、サラダ等のアクセントに利用されているそうです。

ナスタチューム

 科   名  ノウゼンハレン科
  • 葉はハスに似た円形、中央付近に葉柄
  • 葉が斑入りのものなども有り
  • 葉の中央から白い葉脈が四方に広る
  • 一重咲き・半八重咲き・八重咲き
  • 花は左右相称、花弁 5枚、後ろに細長い漏斗状の距
  • 子房は3心皮、果実は分果で3個に分かれ各1個の種子を持つ
  • 花や若葉はサラダなどに入れて食用可、
    わずかにクレソンを思わせる辛味、ほどよい酸味
  • 未熟の種子を塩漬けにしてケッパーの代りに使うこともあ
  • 葉はビタミンC、鉄分を多く含み、抗菌作用を有す
  • 熱湯に葉の搾り汁か千切りし煎じて飲むと
    風邪、貧血、肌荒れ、血液の洗浄に薬効
  • 貧血改善などに期待できるハーブ
  • 別名 凌霄葉蓮(ノウゼンハレン)
 属   名  ノウゼンハレン属
 原 産 地  南アフリカ
 植物分類  半耐寒性一年草
 樹高・草丈  20cm?40cm
 開花時期  6月?7月
 9月?11月
 花   色  橙、黄、赤、ピンク
 花径・花序  5cm?6cm
 花 言 葉  愛国心、勝利、恋の火
 撮影月日  2009.11.23
 撮影場所  宗像市 

初夏から晩秋にかけ、微香を漂わせ、色鮮やかな花を咲かせます。

ナスタチューム

特徴の一つが、花弁爪部が長く、爪部と舌片の付け根に密集する毛も特徴、
花弁片花芯の爪部の上部には、シベを保護する目的か、昆虫を誘引する目的か、
シベを囲むような配置で、長い毛が沢山生えています。

ナスタチューム

これも特徴の葉っぱ、蓮の葉を小型化したイメージで、茎部から放射状に伸びる葉脈が目立ちます。

ナスタチューム

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

白みがかった、葉色が、きれいな植物です、
へら状の葉は、春?夏の高温期には、灰に緑を帯び、
秋?冬の低温期には白銀を帯び、ことのほか美しい葉っぱを持ちます。
全体に灰色の軟毛に覆われ、もっぱら観葉植物として知られ、
花は、お世辞にも綺麗とは言い難く、あまり目立ちませんが、初冬には、黄色い花が咲きます。

木白虹

 科   名  キク科
  • 春から夏にかけては、灰緑色
  • 秋?初冬に掛け、へら状の葉は白味の強い灰色の軟毛に覆われる
  • 園芸品種か?葉の縁が3?4裂している品種も見掛けます
  • 茎頂に総状花序
  • 花は淡黄色
  • 強い花臭
  • 独特の香りがあり、沖縄では泡盛に入れて薬酒にするとか
  • 葉の美しさを観賞する花として知られている
  • 白妙菊、朝霧草に似た、感じの葉です。
 属   名  モクビャッコウ属
 原 産 地  沖縄(南西諸島)
 ?中国
 植物分類  半耐寒性常緑低木
 樹高・草丈  30cm?80cm
 開花時期  10月?12月
 花   色  黄色
 花径・花序  2mm?3mm
 花序2cm?3cm
 花 言 葉  
 撮影月日  2009.11.23
 撮影場所  宗像市 

木白虹

観葉植物で知られ、花は、お世辞にも綺麗とは言い難く、辺りには軽い独特の臭いを漂わせています。

木白虹

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:14 | TRACKBACK:0| edit

菊科、ダリア属、メキシコ地方原産の、皇帝ダリアが見頃です。
草丈が、3m?4mにもなる超大型種で、ダリア属の仲間でも、格段に大型の皇帝ダリア
大型種で有りながら、色合いも良く、当地では民家でも栽培を多く見られ、人気も高い花です。
11 月以降に開花し、結構長い間開花しています。

皇帝ダリアは、ダリアの原種の一つで、草丈が3?4mにもなる超大型種です。
花はピンクで日照時間が短くなると咲くという短日植物で、
木々が紅葉し始める頃、大きな茎を伸ばし、つっかい棒が必要なくらい高く、大きな花を咲かせます。

皇帝ダリアは、茎を花後に、地際5?10cmほどを残して切ってしまいますが、
一夏でグングン伸び、成長は早く、巨大が故に大きさに耐えきれず、茎が倒れているのを良く見掛けます、
皇帝ダリアは、木ではなく草の仲間故に茎は折れ易く、支柱で支えて補強した方が見映えを助けます。
又、八重咲きの品種も有るようですが、未だ巡り会えていません。

皇帝ダリア/木立ダリア

 科   名  菊(きく)科
  • 皇帝ダリアはダリアの原種の一つ
  • 草丈 2m以上4m近くにも成る大型種
  • 茎は太く、直径凡そ 8cm、竹みたいな節、茎は中空で木質化する
  • 日照時間が短くなる11月頃に花を咲かせる短日植物
  • 葉は2?3回羽状複葉
  • 10cm?15cmの大きなピンク色の花
  • 比較的長い開花期間、12月まで開花
  • 別名 インペリアルダリア
 属   名  ダリア属
 原 産 地  メキシコ
 植物分類  半耐寒性球根植物
 樹高・草丈  2m?4m
 開花時期  11月?12月
 花   色  ピンク
 花径・花序  10cm?15cm
 花 言 葉  華麗、優雅、
 撮影月日  2009.11.23
 撮影場所  宗像市 

皇帝ダリア/木立ダリア

こちらは、別の日のダム湖周辺の畑の中の皇帝ダリア、この日は久しぶりの好天、青空に良く映えていました。

皇帝ダリア

毎年花後に、茎元近くで剪定されておりますが、一夏越えて屋根の高さ以上に大きくなります。

皇帝ダリア/木立ダリア

暫くお休みを戴きました。
急に連休中の予定が持ち上がり、名古屋市まで集合が掛かり出掛けていました。
親戚へのハシゴ、温泉の梯子をして、少し贅沢をさせていただいておりました。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

この磯菊は、花に花弁がなく、葉の表面は緑色で腺点があり、白い縁取りの有るのが特徴、
葉の裏面は、丁字状毛が密生し銀白色状。
茎の頭頂に、黄色の頭花を密生させて開花させ、菊特有の菊臭を発します。

撮影が早すぎ、蕾が開き始めた状態です、花が開くと菊の中央部の筒状花のみで舌状花弁はありません、
筒状花の花冠の先端は5裂、5枚の花弁が合成された歯を構成し、菊科の花の特徴を持ち合わせます。

磯菊

 科   名  キク科
  • この花には、舌状花弁を持ちません
  • 頭花は、直径5mm?10mm筒状花
  • 葉には白い縁取り
  • 倒披針形、倒卵形、先端部でやや浅く裂け、基部は、くさび形
  • 葉だけでも見映えがする
  • 菊特有の芳臭、一般の菊に比べても、強い臭い
 属   名  イソギク属
 原 産 地  日本
 植物分類  多年草、耐寒性
 樹高・草丈  30cm?40cm
 開花時期  10月?11月
 花   色  黄色
 花径・花序  凡そ 10mm
 花 言 葉  感謝
 撮影月日  2009.11.15
 撮影場所  宗像市 

これがこの花の特徴、葉っぱの縁に、白色の縁取りが見られアクセントに成っており、花が無くとも鑑賞されます。

磯菊の葉っぱの特徴

蕾が一杯、数日中に開花の様子です。

磯菊

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

宗像市 庄助ふるさと村園内 駐車場階段側、一般に良く見掛け、何気なく見ている花です、
薄荷の種類には違い有りませんが何という花か、はっきりしません、
薄荷の仲間だと思いましたが、アップルミント (丸葉薄荷)、長葉薄荷、調べてみましたが、
ミントの仲間は皆良く似ており、判別は至難です、
葉っぱの形、付き方が、少し違っていたり、イメージが何かしら違い確定できません。
葉っぱが丸くはありません、長楕円被針形で鋭い鋸歯があり、この花はどうも長葉薄荷と思えます。

長葉薄荷

 科   名  シソ科

  • 草丈、30cmくらい、
  • 花穂の長さ 5?10cm前後、花穂径 10mm位、花径 2?3mm
  • 花茎に、何段にもなって穂状に、茎軸に円周上に花を付ける
  • 雑草ですが、シベが長いのが目立ちます。

 属   名  ハッカ属
 原 産 地  ヨーロッパ、アジア大陸
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  30cm?70cm
 開花時期  8月?10月
 花   色  白色、淡紅色
 花径・花序  2?3mm
 花序10cm位
 花 言 葉  
 撮影月日  2009.10.24
 撮影場所  宗像市 庄助ふるさと村苑内

長葉薄荷


アップルミント? 撮影中ミントの香りが辺りに漂っていました。

スペアミント

スペアミント この花の名はタグが下がっていました。

スペアミント

ミントの仲間は数が多く、違いが掴めません、名前の判別は至難であやふやです、
思いこみだけに、はなはだ疑心暗鬼ですのでご容赦下さい。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

朝鮮朝顔には、50種類近くの仲間があるそうです。
花冠のラッパ形の花弁が2段状もしくは、フリルの八重咲きと、なんとも目立つ変わった姿の、八重朝鮮朝顔です。
朝鮮朝顔は薬草として、珍重されています。

江戸時代に、華岡青州先生が、外科手術全身麻酔薬として最初に使ったことで有名、
八重朝鮮朝顔は花びらの姿が、フレアースカートみたいで華やかです、
色が、綺麗なことで、園芸用としても栽培されています、
口にしたら死に至るほどの猛毒を持ち、日本各地に自生しているので、注意が必要です。
アサガオと名がつきますが、ヒルガオ科のアサガオ類と違い、ナス科の植物です。

朝鮮朝顔の仲間には、アメリカ朝鮮朝顔、木立朝鮮朝顔、八重朝鮮朝顔が有ります。
今回はその中の、八重朝鮮朝顔で下記のように分かれます。

  • 白花の、シロバナチョウセンアサガオ、
  • 八重咲きで紫色の、ヤエチョウセンアサガオ、
  • 黄色の、黄花ヤエチョウセンアサガオ があります。

外見は、ナスの色の目立つ紫色、内面は白色、花径10cm?15cm、長さ30cmくらいの大きな花です。

八重朝鮮朝顔

 科   名  ナス科
  • 有毒部位 全草、種子、根、茎、葉、花、汁液等
  • 全草に生薬成分が含まれ、量次第では、毒にもなり、
    取り扱いに注意がいります
  • スコポラミン、アトロピン、ヒヨスチン、ヒヨスチアミン、スコポレチン、を含有
  • 成分は、妄幻聴、頭痛、めまい、意識喪失、呼吸停止、
    興奮、錯乱、炎症、悪夢を、引き起こします
  • 別名・英名 マンダラゲ(曼陀羅華)
 属   名  チョウセンアサガオ属
 原 産 地  熱帯アメリカ
 インド等の熱帯アジア
 植物分類  一年草
 樹高・草丈  80cm?1m
 開花時期  8月?11月
 花   色  白・紫・黄色
 花径・花序  10cm?15cm前後
 花 言 葉  愛敬、変装
 偽りの魅力
 撮影月日  2009.11.15
 撮影場所  宗像市 

こちらは黄花八重朝鮮朝顔

八重朝鮮朝顔

花が成長するにしたがい花深部が見えて来ます、副花冠弁部が伸びて、全体にフリルが拡がった状態が、開花状態
有毒・危険植物成分を多量に含有するとは言え、
八重朝鮮朝顔の花は、観賞用の花として、十分な華やかさがあります、
しかし取り扱いには十分の注意が必要な花です。

八重朝鮮朝顔

花後に出来る、種子には、デコボコがあり、中に小さな、黒い種が育っております。
熟すと、裂けて三角状の平たいゴマ状の、種子が出来ます。
この種が、興奮剤、幻覚剤にもなるそうで、大変危険な部位で、取り扱いに注意を要します。

八重朝鮮朝顔

少し引いてみます、遠目では茄子の株に見えます。
写真撮影中、何とも異様な声が聞こえます、聞いた事のない獣っぽいうなり声で、
気味が悪く周りを見回しましたが、どうも直ぐ側の鶏小屋かららしく覗いて見ると、
そこにはイノシシが居るではありませんか、どうも私を怪しいと見て威嚇しているみたいでした。
初めて見る大きなイノシシ、市街地から随分離れた四塚連山の麓とは言え驚きました。

八重朝鮮朝顔

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

大犬蓼(おおいぬたで)は、犬蓼より更に大きく、2mを越す物も珍しく無く、巨大な背丈に成ります。
大毛蓼(おおけたで)に区別が付かないくらいの花穂ですが、全体的に僅かに小振りで茎が紅い。
色も鮮やかな、紅紫系の濃ピンク色で、公共施設の花壇、公園の一角、河原や、空き地でも見かけます。
花穂の長さも、この時期は10cm?20cmくらいまで伸びます。

この時期になると、タデ科の仲間が、映えて美しく、目立つ時期です、
紅紫系の、濃ピンクの花で、稲穂状に、米粒大の、小花を、ビッシリと付け、花穂を垂下させます。

大犬蓼(おおいぬたで)

 科   名  蓼(たで)科
  • 茎は太く紅色を帯び暗紫色の細点
  • 節は膨らんでいる
  • 托葉鞘は筒形
  • 葉っぱが大きく、穂状の花が派手で、目立つ
  • 葉は披針形、長さは15cm前後、先端が尖り、互生
  • 葉や、茎には、産毛が多数
  • 弓なりに下垂する花穂
  • 花穂の長さ10cm?20cm位
  • 小花の花弁に見えるのは3mm程の萼片
  • 花被は4?5裂
  • 種子繁殖
 属   名  タデ属
 原 産 地  北半球の温帯地域
 植物分類  一年草
 樹高・草丈  Max 2m
 開花時期  7月?11月
 花   色  淡紅色、白色
 花径・花序  5mm前後
 穂長 10cm前後
 花 言 葉  おもいやり、節操
 ひかえめ、粋、健康
 撮影月日  2009.11.15
 撮影場所  宗像市 

花穂には、米粒ほどの花径 5mm前後の花がびっしり稲穂みたいに付いています。
小さな花を、覗いて見るとこんな感じ、花径 5mm前後、五弁花、五本の雄しべ、柱頭部は2裂、
小さい花はシベも長く案外可愛い造り。

大犬蓼(おおいぬたで)

草丈2m以上、大きな葉っぱ、紅く長く垂れ下がった花は少しどぎつい感じ、茎は紅を帯び大変目立ちます。

大犬蓼(おおいぬたで)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

神郡宗像に、菊の季節が到来です。
毎年開催されている、西日本菊花大会も、第39回を数え、九州各県を中心に、
全国の、菊花愛好家が、 丹精こめて作り上げた、銘花、約3000鉢が、境内、所狭しと展示されます。
この大会には、最高賞が、内閣総理大臣賞、その他に、各大臣賞が、11本授与され事になっており、
その他、県知事賞、大社賞、その他、たくさんの、賞が準備されております。

別名 「菊作り九州ナンバーワン決戦大会」 と呼ばれ、名誉の受賞を目指し、丹精込めた作品が多数出品されております。
期間中は、観菊者、七五三詣での、家族連れなどで、賑わい、華やぎます!!

下 同時開催中の 七五三詣用、記念写真撮影コーナー
菊の花の開花は十分ではありませんが、このコーナーは見ているだけでアットホームな雰囲気で楽しい。
親の一生懸命さに比べ、お子さんは今ひとつ、でも女の子の着物姿は可愛い。

菊花展 七五三記念写真舞台

第39回 西日本菊花大会

  • 会場 宗像大社 境内 手水舎、御祓い舎周辺
  • 住所 福岡県宗像市大字田島2331
  • TEL 0940-62-1311
  • 駐車場 1200台大駐車場、その他第2駐車場、第3駐車場有り
  • 最寄り駅 JR鹿児島本線、 赤間駅、又は、東郷駅 より、西鉄バス、20分
  • 日時 11月1日(土)?11月23日(日、祝) 昼夜終日
  • 入場料 無料
  • 問い合わせ先 宗像大社社務所 0940-62-1311

また菊苗・菊鉢・一般植木の販売は、参道及び会場販売ブースで植木屋さんが、たくさん出店されています。
宗像市観光協会の運営する豪華景品が当たる、「菊みくじ」、「茶屋」なども、開催されます。

下 内閣総理大臣受賞作品

菊花展 盆栽展等も併設されており、ボランティアの無料案内もありますので結構楽しめます。

菊花展 部門賞特等

第39回 西日本菊花大会

第39回 西日本菊花大会

第39回 西日本菊花大会

第39回 西日本菊花大会

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

宗像市 宗生寺へ向かう途中の、こんもりした丘陵地帯の藪が全体に白く何か被っている感じです。
車から降りて確認すると、仙人草が藪の木々に覆い被さっていました。
被さられている下木、下草には偉い迷惑な光景です、

同じセンニンソウ属の、牡丹蔓と同じように他の植物にからみつき大繁殖し、びっしりと花を咲かせます。
仙人草は、つる性の山野草で、実が熟す頃、実の先端に白い羽毛状の長い髭を持ちます、
この髭を仙人の髭に見立てられた様です。
牡丹蔓、草牡丹と同じセンニンソウ属の特有の種の特徴のようです。

下は雨上がり後の写真、未だ十分熟して無く髭も少し貧弱。

仙人草の実

下は別の日の熟成した実、髭も立派に展開して魅せてくれます。

仙人草の実

 科   名  キンポウゲ科
  • 漢方では威靈仙(イレイセン)と呼ばれる消炎用の生薬に用いられる
  • この威靈仙は テッセン 、 カザグルマ 、 クガイソウ からも作られる
  • 同じ仲間に紀伊仙人草、クレマチス・ウンシナータという種類もあります
  • 花は立体感が強く、すっきりした花
  • 花は繊細ですが、家畜も近づかない毒性がある
  • この事から、別名 馬食わず(うまくわず)
  • 実が熟すと実の先端に白い繊毛をなびかせる
 属   名  センニンソウ属
 原 産 地  日本、中国
 植物分類  耐寒性蔓性落葉多年草
 樹高・草丈  つる性
 開花時期  8月?9月
 花   色  白
 花径・花序  約 2.5cm
 花 言 葉  
 撮影月日  2009.10.24
 撮影場所  宗像市 

これが仙人草の花、撮影 2009.9.12

仙人草


薔薇

薔薇

サルビア・ウルギノーザ

サルビア・ウルギノーザ

ローズマリー

ローズマリー

デュランタ

デュランタ

週末の取材を予定していましたが、家庭サービスに付き合わされる羽目になり、
そう勝ってばかりさせてもらえず、未取材のため先月分で埋め合わさせていただきます。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:7 | TRACKBACK:0| edit

当地釣り川沿い堤防の傾斜地は、小栴檀草の群生を目にします、
栴檀草と言ういう小栴檀草より少し大型の種類がありますが、
現在では、小栴檀草の方が主流になり、よく見かけますので、栴檀草と言えば、この小栴檀草を指すそうです。
種を、人の衣服や動物の毛に、くっついて拡散、繁殖する、栴檀草の小型の種類です。
オナモミなどと同じように、「くっつき虫」とか「ひっつき草」とか言われて知られています。

子供の頃、うっかり草むらに入り、5?6mm位の黒っぽい、くっつき虫が、ズボンの裾に一杯くっついて、
後で一個一個取り除くのに、なかなか取れずに、厄介な思いをした思いは誰しも有ると思います。

菊科、センダングサ属、筒状花 総苞片は短い、
小栴檀草の花は、えらく貧相です、お世辞にも綺麗な花とは言えません。
普通は中央部の黄色く見える筒状花のみですが、まれに周辺に白色の舌状花を持つ場合があります

小栴檀草(こせんだんぐさ)

 科   名  菊科
  • 葉は三全裂又は、羽状に全裂
  • 茎先頭頂部に、目立たない黄色い花
  • 筒状花 総苞片は短い
  • 通常、舌状花を持たず、まれに白色の舌状花を持つ
  • 花は、お世辞にも綺麗な花とは言えない
  • 花後の痩果の先端に、2?4個の鈎のついた種子
  • 衣服や動物の毛に絡まって種子をが散布する、これが厄介
  • 「くっつき虫」、「ひっつき草」とか言われて知られている
 属   名  センダングサ属
 原 産 地  暖帯から温帯
 植物分類  一年草
 樹高・草丈  50cm?1m
 開花時期  9月?11月
 花   色  黄色
 花径・花序  15mm前後
 花 言 葉  
 撮影月日  2009.10.24
 撮影場所  宗像市 釣り川堤防傾斜地

小栴檀草(こせんだんぐさ)の実、直径15mm?20mmくらい。

小栴檀草(こせんだんぐさ)

種は、一本が、5mm?10mm位、先端にトゲトゲを持ち、人の衣服や動物の毛に、くっついて繁殖します。
種の先端は二又で、先端の矢じりには、釣り針の戻しみたいな、戻しが付いています。
ズボンの裾にくっついたら、これではなかなか取れないのが、構造的に良く解ります。
自然界に生き残るための、広く拡散する工夫がここに有るようです。

小栴檀草(こせんだんぐさ)の種

近くの釣り川堤防の傾斜地です、現在は、この小栴檀草の群落が、一番目立ちますが、
車だと見落とす野草も、歩いてみると思わぬ種類の野草が発見出来、この季節には珍しい紫鷺苔を発見しました、
この季節は天気も良いし、コンデジをポケットに歩くに限ります。

小栴檀草(こせんだんぐさ)

写真はコンデジ、手持ち撮影の為、マクロでの手ぶれはご容赦を。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:9 | TRACKBACK:0| edit

ウコンと言えば薬用、食用に使われる「春ウコン」や「秋ウコン」をイメージしますが、
その仲間で観賞用の代表種が、この「クルクマ・シャローム」です、
頭頂の花びらのように見えるものは、葉の変形した苞葉で、苞葉が大きいのが観賞用のシャロームの特徴です、
苞葉の中間あたりに、チラッ、チラッと見えている小さい花が花です。
クルクマ・シャロームは観賞用のウコンで、単にクルクマと言えば、この品種を指すほど有名な品種です。

明るいピンク色の花(苞葉)色と、紫色の小花のコントラストが良く目立ちます、
観賞用として切り花に使われたりと人気ですが、
根っこ(根茎)をカレー粉の材料に使われたり、薬用として用いられのは普通の鬱金と同じです。

クルクマ・シャローム

 科   名  生姜(しょうが)科
  • 山地の緩い傾斜地などに生育
  • 短い円柱状の花序
  • 花に見えるのは、苞葉、白色及び淡青色有り
  • 苞葉が大きいのが特徴
  • 花茎の先端に数枚の緑色の包葉、その上部に数枚のピンク色の包葉
  • 晩夏から秋に包葉の中程に紫色の花
  • 別名 クルクマ・アリスマティフォリア
 属   名  クルクマ属
 原 産 地  熱帯アジア
 植物分類  非耐寒性球根植物
 樹高・草丈  40cm?80cm
 開花時期  7月?10月
 花   色  花 紫
 苞 ピンク、白
 花径・花序  約 1.5cm
 苞は5cm?8cm
 花 言 葉  忍耐
 あなたの姿に酔いしれる
 撮影月日  2009.10.24
 撮影場所  宗像市 
 備
 
 考

長い花茎とローズピンクの包葉をもつクルクマ・シャローム
発芽後、葉を2?3枚展後、花茎が中央部からすくっと伸びます、
夏期の生長期の包葉数は10枚以上、
秋期の生長が緩慢になると包葉数は減少し、
やがて株は黄化し、開花しなくなり、秋の深まりと共に地上部は休眠に入る準備に入ります。

下2枚、頭頂の花に見えるのが苞葉、シャローム種はこの苞葉が大きいのが特徴、遠目でも大変美しい種類です、
実際の花は、10枚ほどの苞葉の中程にちらっと見えているのが花で、唇形の花姿を持ちます。

クルクマ・シャローム

クルクマ・シャローム

少し引いてみます、普通の鬱金に比べても、花姿は随分違います、すくっと伸びた頭頂の包葉、
細めの葉っぱは、せいぜい茎長程度、大きな葉っぱが被い被さらないだけ、いかにもスッキリしてスマートです、
花壇には秋の花が賑やか、ゼラニューム、コスモス、秋明菊、初恋草等色々、手前の白い葉っぱは白妙菊です。

クルクマ・シャローム

ご挨拶
ご無沙汰いたしておりま?す!帰って参りました、
折角なので、ついでに観光していましたので、少し帰りが遅れました、
留守中に暖かい心使い戴きまして有り難う御座いました、
ぼつぼつ更新して参りますので、また宜しくお願いいたします。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:12 | TRACKBACK:0| edit

宗像市 ホタルの里公園 側の民家の花壇の黄花千日紅の花。

黄花千日紅

黄花千日紅

黄花千日紅

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

宗像市内 庄助ふるさと村 ショップ「にんじん」前の花壇の紐鶏頭、
園内の数カ所で見掛けますが、何れも未だ成長して無く、成長すると、1m以上地面まで届くくらい長く成長します。

紐鶏頭(ひもげいとう)

紐鶏頭(ひもげいとう)

紐鶏頭(ひもげいとう)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

宗像市内 近所の公園の花壇の一角のアメジストセージ
草丈 1m前後、葉の手触りがふんわり、別名 ベルベット・セージ、
赤紫に見える部分は、萼で、その中から白い小花が見えます、これが花です。
英名 メキシカン・ブッシュ・セージ

アメジストセージ

アメジストセージ

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

ストロベリーツリーと呼ばれる苺の木、秋本番を迎え早くも咲いています、
夏には紅い実を付けますが、未だ熟し切れない実を付けながら、早くも花が見られます、
ドウダンツツジの花にそっくりの花です。

苺の木

苺の木の実

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

宗像市内 近所の公園の花壇の一角の木立朝鮮朝顔、
葉は大きな卵形、花はトランペット形、下に垂れ下がった、長さ30cmにも成る大きな花です。
初夏に咲いていた花が又咲き始めました、寒くなるまで咲き続けます、
花冠は5裂、先端が反り返えり、白、黄色、ピンク色の花色、
夜間に芳香を放ちますが、有毒成分を持ち、取り扱い注意です。
別名 大花朝鮮朝顔、エンジェルズトランペット。

木立朝鮮朝顔

木立朝鮮朝顔

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。