スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:11 | TRACKBACK:0| edit

寒い大晦日になりましたね、
暴風雪警報が出て、今朝から雪が降っており、一面真っ白です、
この一年お世話になりました、来年も宜しくお願いいたします、
どうぞ良いお年をお迎え下さい!

シャコ葉サボテン

シャコ葉サボテン(31371 byte)

オキザリス・バーシーカラー
パラソルのような、蕾の縞模様が人気のオキザリス。

オキザリス・バーシーカラー(43687 byte)

グレビレア
花も葉も、オーストラリア原産の、植物という感じがピッタリの、とっても目立つ四季咲きのエレガントな花です!。

グレビレア(78033 byte)

ブリエッタ ペチュニアの園芸品種です。

ブリエッタ(22863 byte)

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:15 | TRACKBACK:0| edit

いよいよ年末も押し迫って参りました、皆様、気忙しい年末をお迎えだと思います、
さぁー、写真撮影と意気込んでみた物の、我が家は、そう上手く問屋がおろしてくれない、
昨日、今日と、朝から年末の大掃除の分担を押しつけられ、やれやれ一休みと思いきや、
先程まで買い物の、荷物持ちをやらされ、何処にも行けず、仕事に行っていた方が楽だと愚痴っています。
先に言い訳染みましたが、近場の変わり映えしない、花ハウス内の花で水を濁させて戴く年末になっています。
撮影 宗像市 庄助ふるさと村園内及び 花ハウス。

ミニバラ

ミニバラ091224k-034p.jpg(47211 byte)

ミニバラ

ミニバラ091224k-100p.jpg(37883 byte)

サザンクロス

サザンクロス(32412 byte)

デージー

デージー(37533 byte)

パンジー

パンジー(44592 byte)

皆様、良いお年をお迎え下さい。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

プリムラ(西洋桜草)は、色も形も桜の花びらに似ています、
又、プリムラと桜草は、葉の形が多少異なっていますが、これもなかなか区別は付きにくい、
プリムラ・ポリアンサとプリムラ・ジュリアンの花も、大きさが違うだけで、とてもよく似ています。

  • 花が大きい方がポリアンサ、
  • 小さい方がジュリアン、
と見分ける様ですが、
実際は花の大きさには、それ程大きな差違もなく、私には、単体の花を見て判別するのは至難です、
とは言え、プリムラ・ポリアンサは、プリムラの代表的存在と言っても良いようです。

プリムラポリアンサは原種ではなく、プリムラ・ベリスとプリムラ・ブルガリスとの交配種といわれ、
この寒い時期、窓辺に手軽に楽しめる花として、とても手軽な花で知られています。
寒さに強く、色鮮やかで、花期が非常に長く、そのうえ値段も手頃と、言うこと無しの花です。

プリムラ・ポリアンサ(46333 byte)

 科   名  桜草(さくらそう)科
  • 鉢、プランターで育てるのに最適
  • 卵状楕円形の葉が根生
  • 葉の先は丸く柄が無く網状の葉脈が目立つ
  • いずれの花も、非常に明るい色彩
  • 花色は多彩、黒以外はほとんどある程豊富
  • 花茎の先に散形花序
  • 耐寒性がある反面、わが国での夏越えは難しく一年草扱い
  • プリムラの中間でも花は一番大振り
  • 別名 ポリアンサス、ポリアンタ、クリンザクラ
 属   名  サクラソウ属
 原 産 地  ヨーロッパ
?コーカサスの園芸種
 植物分類  半耐寒性多年草
 樹高・草丈  10cm?15cm
 開花時期  11月?4月
 花   色  赤、桃色、黄色、白など
 花径・花序  5cm?8cm
 花 言 葉  可憐
 撮影月日  2009.12.27
 撮影場所  宗像市 

プリムラ・ポリアンサ(43552 byte)

プリムラ・ポリアンサ(44738 byte)

p>プリムラ・ポリアンサ(42355 byte)

プリムラ・ポリアンサ(56286 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:7 | TRACKBACK:0| edit

近くの神社の境内の、参道の縁石際に木瓜の花が、何を勘違いしたのか、5輪程もう咲いています、
木瓜(ぼけ)の花は、日本原産のクサボケと、中国原産の数種との交配種や自然交雑種で、種類も多く、
花径は20mm?30mmで、花色は朱紅、緋紅色が主になりますが、花色、花姿等多彩です。
丸く愛らしい、蕾も可愛らしく、人気の高い花木です。
樹高はせいぜい2m位止まり、枝には多くの長い棘があり、
葉は有柄、長楕円または卵形、縁に細い鋸歯があります。

木瓜(ぼけ)(39357 byte)

 科   名  薔薇(ばら)科
  • 葉は有柄、長楕円または卵形、縁に細い鋸歯
  • 小枝には長い刺を持つ
  • 3月?4月頃に葉より先に花を付ける
  • 短枝の脇に緋紅の花を数個付ける
  • 花の可愛らしさで、盆栽にも人気
  • 実を果実酒に利用可
 属   名  ボケ属
 原 産 地  中国
 植物分類  落葉低木
 樹高・草丈  1m?2m
 開花時期  春咲きタイプ(4月?5月)
 寒咲きタイプ(12月?2月)
 花   色  白、桃、朱紅、緋紅色 他色々
 花径・花序  2cm?3cm
 花 言 葉  退屈
 撮影月日  2009.12.27
 撮影場所  宗像市 

木瓜の花には、微かな香りが有り、花の感じは梅に似ています。

木瓜(ぼけ)(30665 byte)

木瓜の実
梅の実は有皮毛ですが、木瓜の実には毛は無く、瓜のような形状をしています。
木瓜の果実は、卵形か球形で、長さ約5cm位、黄緑色に熟し、果実酒(ボケ酒)とし疲労回復に人気があり、
他に芳香剤や鎮痛剤としても利用され魅力がいっぱいです。
写真は別の場所 2009.9.2撮影

木瓜(ぼけ)の実

今日は1年の仕事納め、この一年大過なくお勤め出来、感謝感謝です、
朝のミーティングの後、恒例の、お寿司の出前が届けられ、御神酒におつまみ、デザ?トが並び、
ご苦労さん会で締めくくりました。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

近くのスーパーの側のバス通り、
車窓から紫の花が見え、こんな所にそんな花があったかなっと思い確認に行って見ました。
紫の花と思っていたのは、小紫だと一瞬思いましたが、どうも様子が少し違う。
樹高も私よりも遙かに大きく、小紫みたいに枝が下垂していません、
小紫の実みたいに、実がびっしりと付く感じでなく、疎らとまではないが、少し疎らだけれど大きい。
紫式部だったのです、久しぶりに見つけた紫式部、今日はなんか良い日になりそうな予感です。

紫式部には、こんな仲間があり、

  • 紫式部 紫式部よりも大きな果実をつける、
  • 紫式部 樹高 2m?3m、小紫に比べ実付きが疎ら、果粒が僅かに大きい、
  • 小紫 樹高 1m?1.5mで、紫式部より小型、実つきがよく、紫色の果実をつける、
  • 白式部 文字どおり白い実をつける
直ぐ近くに存在しながら、今まで全く気が付かず、良い収穫の日だと喜んでいます、
花では発見は難しく、紫の実が発見につながりました。

紫式部という優雅な名前は、初冬に熟する紫色の果実から来ています、
紫色の実の清楚な美しさを、平安美女の「紫式部」に例えたと言う事は良く知られています、
紫式部の木は、園芸種の小紫と比べ、大きくなると5m近く人の背丈より大きくなり、
花や実は同間隔にまとまった実をつける小紫と比べ、実のつき方が疎らの特徴があり、
小紫に比べ、花期も結実も少し遅れ、山野で成長します。

紫式部の紫の実は、実測で3mm、ボール状の実の直径 40mm。

紫式部(50833 byte)

 科   名  熊葛(くまつづら)科
  • 北海道南部以南の各地に分布
  • 低い山地に生え樹高 Max 3m
  • 葉は対生、腋から集散花序
  • 小さな淡紫色の花は、目立たない
  • 極小の花は、雄しべが突出、葯は黄色
  • 球形の果実、紫色に熟す、もっぱら美しい果実が主役
  • この果実を紫式部に見立てたもの
  • 花期も結実も小紫より少し遅い
  • 別名 実紫(みむらさき)
  • 英名 ビューティーベリー
 属   名  ムラサキシキブ属
 原 産 地  日本、中国、朝鮮
 植物分類  落葉広葉低木
 樹高・草丈  2m?3m
 開花時期  6月?8月
 結実 10月?12月
 花   色  淡紫色
 花径・花序  3mm?5mm
 花 言 葉  聡明・上品・愛され上手
 聡明な女性
 撮影月日  2009.12.26
 撮影場所  宗像市 

紫色の果実が団子状に丸く付いています、艶々の実の直径 実測 3mm。

紫式部(34262 byte)

民家の庭のフエンス越しに立ち上がり、真っ直ぐ直立しています。

紫式部(85214 byte)

ここはバス通りから、工事現場に入る取り付け道路、坂道の傾斜地から撮っています。

紫式部(108090 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

初冬の頃から、真っ白い花を咲かせ、可愛い手鞠のような花を咲かせる八つ手の花。
昔から邪鬼の侵入を防ぐ呪力があると信じられ、縁起を担いで庭によく植えられています。

5月の連休の頃、植木屋さんに、垣根、植木の剪定を強めにやってもらったのが、影響したのかどうか、
今年の我が家の八つ手の花は、一輪とも咲いておらず花芽さえ存在が判らないくらいです、
植えた記憶が全くない我が家の庭には、毎年どこからか、八つ手が生えてきます、
樹勢の旺盛さに手を煩わされるのが嫌で、気が付いたら直ぐに抜いています、
これに反旗を翻したわけでもないでしょうが、全く見られません、
今年は駄目かと思うと、どうにも気になります、
ご近所さんの、八つ手が満開の状態でしたので、撮らせていただきました。

八つ手の、葉は民間薬に登用されており、葉を入れた浴湯はリウマチに効能があり、
植物全体に含まれている、ファチンと言うサポニンに去痰作用があり、内服すると咳に良いと言われています。

八手(やつで)(50063 byte)

 科   名  五加(うこぎ)科
  • 葉っぱは、掌状に7?11裂、7裂又は9裂が多い
  • ヤツデの「八」は、数が多いという意味
  • ヤツデの実 実の直径、実測3mm、実の房直径 凡そ 4cm
  • 3月から4月に掛け果実は、黒く熟す
  • 民間では葉を入れた浴湯はリウマチに効能
  • 植物全体に含まれているファチンというサポニンに
    去痰作用があり、内服すると咳に効能
  • 別名 「天狗の羽団扇」(てんぐのはうちわ)
 属   名  ヤツデ属
 原 産 地  日本
 植物分類  常緑低木、耐寒性
 樹高・草丈  1m?3m
 開花時期  10月?12
 結実時期 1月?4月
 花   色  白
 花径・花序  約 5mm
 花序直径 凡そ 4cm
 実の直径、実測3mm
 花 言 葉  分別、おだやか
 撮影月日  2009.12.26
 撮影場所  宗像市 

良く見ると、密みたいなのが噴き出しております、
臭は、嗅いでみましたが、かすかな草っぽい臭いだけで、ほとんど有りません。
ヤツデの実 実の直径、実測3mm、実の房直径4cm、3月から4月に掛け果実は黒く熟します。

八手(やつで)091224k-056p.jpg(44337 byte)

少し引いてみます、我が家の八つ手の花は真っ白、
こちらの花は、少し黄色っぽく、違う種類かも知れません。

八手(やつで)091224k-013p.jpg(95033 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit
サイネリアシネラリア

冬のこの時期、プランター、鉢植えとして代表的なサイネリアが色鮮やかです、
株を覆うように、色んな色の花を咲かせ、色鮮やな表現ぴったりの、大変美しい花です。
12月?4月が開花時期で、菊科、茎は直立、茎高 Max 20cm、葉は心形、縁は波打ち鋸歯が目立ち花色は豊富です。
この花は、花期が長く、色鮮やかで、窓辺を飾る花としても良さそうです。

サイネリア(45770 byte)

 科   名  菊(きく)科
  • キク科の園芸植物
  • 本来多年草、暑さに弱いため、我が国では一年草扱い
  • 冬場の鉢花として人気
  • 茎は直立、よく分枝する
  • 葉は互生、大型のハート形、縁は波状に切れ込み
  • 花色は多彩
  • 花径は3cm程度の小輪系?8cm位の大輪系迄豊富
  • 和名 富貴菊(フウキギク)
 属   名  ペリカリス属
 原 産 地  アフリカのカナリア諸島
 植物分類  非耐寒性一年草(5度以上)
 樹高・草丈  15cm?20cm
 開花時期  12月?4月
 花   色  紫、桃色、青など
 花径・花序  2.5cm?7cm
 花 言 葉  全体 元気、常に快活
 紫(悩める思い出、喜び)
 青(恋の悩み)
 ■白(望みある悩み)
 青紫(元気)
 撮影月日  2009.12.23
 撮影場所  宗像市 

サイネリア(46867 byte)

サイネリア(51012 byte)



ファッションオレンジアイ

マーガレットの花をイメージする、大輪の鮮やかなオレンジ色が鮮やかな、金盞花(きんせんか)の園芸品種。

ファッションオレンジアイ(38987 byte)

ファッションオレンジアイ(40114 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

スーパーの側のバス通りに面した民家の庭に、紫色の花らしい物が見え、見覚えがない為、確認に寄りますと、
小紫の実が生っていました、同じ物を、、、と思いつつ目を横にそらすと、
2月頃に咲くはずの、濃紅紫色の派手な色の、ケストルム・エレガンスが咲いています、
時期が早すぎ全く疎らでしたが、誘惑に逆らえず撮ってきました。

花は、壺形花冠で、花冠の先端が壺状にくびれ、小さな五裂片が開出し、濃紅紫色で艶々した花が咲きます、
長さ30mm前後の、壺形花冠の花が、総状に花を付け、下垂している状態が見えます。
ドウダンツツジもしくは、アセビの花を少し大型にした感じの愛らしい花です。

ケストルム・ニューエリー(31697 byte)

 科   名  茄子(なす)科
  • 高さは1m?2m
  • 枝は垂れ下がる
  • 葉は輪生
  • 葉柄 2cm?3cmの葉
  • 葉は、披針形 長さ10cm?15cm、幅 2cm?4cmで先が尖り綿毛
  • 枝先に総状花序
  • 長さ3cm?4cm前後の筒状、花冠径 7mm?8mm、濃紅紫色の花
  • 濃い赤色の実
  • 和名 紅花夜香花(べにばなやこうか)、紅丁子
 属   名  キチョウジ属
 原 産 地  メキシコ
 植物分類  常緑低木
 樹高・草丈  1m?2m
 開花時期  2月?5月
 花   色  濃紅紫色
 花径・花序  花冠 凡そ 7?8mm
 長さ 25mm
 花 言 葉  
 撮影月日  2009.12.23
 撮影場所  宗像市 

ケストルム・ニューエリー(26904 byte)

ケストルム・ニューエリー(42903 byte)

蕾 20ヶ前後のつぼみがボール状に付いています。

ケストルム・ニューエリー(35461 byte)

Merry Christmas!!

皆様、幸運なクリスマスイブをお迎え下さい!

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

サルビアの仲間でサルビア・ミクロフィラ、花色からチェリーセージレッド
一般にチェリーセージと呼ばれ良く知られている花です。

花色は赤だけでなく、黄色、白色や、葉が斑入りのものも有り、どれも唇形花の花で非常に個性的です。
開花時期が、4月?11月迄と大変長く、勢いは下がりますが、ほとんど周年見掛けます、
この為、花が少なく為ってくるこの時期になると、赤いこの花が、目立ってくる様になり魅力的な花です。
葉や花には甘いフルーツの香りを持っています。

チェリーセージレッド

 科   名  紫蘇(しそ)科
  • ハーブの一種
  • 葉は緑色で小さく、卵形
  • 枝は細く赤茶色
  • 花期は長く4月?11月、寒い現在でも咲き続ける
  • 暑い夏時期は花の勢いが一休み気味
  • 秋のお彼岸の頃から濃い赤色が増す
  • 葉や花には強いチェリーの芳香
  • 丸く唇形をした(チェリーレッドの小花
  • 花は唇形で、花径2cm程度の紅色、紫色もあり
  • 花を摘んで吸ってみるととても甘い蜜の味
  • 別名 サルビア・ミクロフィラ
 属   名  サルビア属
 原 産 地  メキシコ
 植物分類  半耐寒性宿根多年草
 樹高・草丈  50cm?1m
 開花時期  4月?7月
 9月?11月
 四季咲き
 花   色  赤
 花径・花序  約 2cm
 花 言 葉  家庭の幸福
 家庭の徳
 家庭的
 撮影月日  2009.12.13
 撮影場所  宗像市 

チェリーセージのレッド花、丸く唇形をしたチェリーレッドの小花を咲かせるハーブです。

チェリーセージレッド

成長中は常に花芽が生じ、長時間にわたって、次から次に咲き続けるのが、この花の特徴です。

チェリーセージレッド

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit
リーガースベゴニア

鉢花としてほぼ周年開花している、エラチオールベゴニアは、
「球根ベゴニア」と、球根性ベゴニアの「ソコトラーナ」との交配から改良された園芸品種の総称です。
西ドイツのオットー・リーガー氏の手により、病気や暑さに強い、品種改良が加えられ、
リーガース・ベゴニアが生まれました。

性質も強健で、花姿が良く、花壇、プランター植などで多く見掛けます、
花の色は、赤、白、ピンクなどが主体で、八重咲きの品種なども人気です、
葉が部厚く、四季咲きと思えるほど何時も開花しています。

リーガースベゴニア(38754 byte)

 科   名  秋海棠(しゅうかいどう)科
  • 短日性植物 冬咲き
  • 花色は白、黄、ピンク、赤、などで覆輪
  • 花付きがよく、たいへん豪華
  • 一重、八重咲き有り
  • 別名 エラチオール・ベゴニア
 属   名  ベゴニア属
 原 産 地  南米
 植物分類  非耐寒性多年草
 樹高・草丈  30cm?40cm
 開花時期  11月?3月
 花   色  白、黄、橙、桃、赤など
 花径・花序  5?6cm
 花 言 葉  幸福な日々
 撮影月日  2009.12.19
 撮影場所  宗像市 

花が大変豪華で開花期間も長いので、花が少なくなったこの時期には貴重な花です。

リーガースベゴニア(34874 byte)

リーガースベゴニア(37284 byte)

少し引いてみます、数日続いた寒波が一息ついて、久しぶりの良い天気。

リーガースベゴニア(74857 byte)



木立ベゴニア

下は別の日の別の木立ベゴニア
写真は、ベゴニアの雌花の特徴を表しています、
花の花床と、花柄の付け根に、淡紅色の三角錐が見えます、この三角錐を背負った花が雌花です、
雄花にはこの三角錐が有りませんので直ぐに判ります。

ベゴニアの花は、自家受粉を避けるため、
雄花が先に開花、少し遅れて雌花が開花する、他家受粉を行う花で、
雄花、雌花いずれかの花が集中して咲き、同じ株で、雄花、雌花が同時に咲くことはありません。

木立ベゴニア(44049 byte)

少し引いてみます、木立ベゴニアは茎が立ち上がるタイプのベゴニアです。
草丈50cm?60cm程になりますが、時に1mを越す場合も見掛けます。
葉の形や、色合いが変化に富み、観葉植物としても愛用されています。

木立ベゴニア(94352 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:5 | TRACKBACK:0| edit
千日小坊

近くの、ホテルの玄関先の花壇の一角に、千日小坊の花が見られます。
花は、茎の葉腋から出た枝に、赤紫色の小花を集合させて咲き、花は1cm程度、草丈は25cm?60cm、
千日紅を小型化した様な、千日紅と吾亦紅の、中間的な花姿を持った小型の花です、
千日小坊と言う名前は、千日紅の小型版という意味の小坊と付けられたようですが、
千日紅はセンニチコウ属で別属種ですが、千日紅に負けないくらい、長期間咲いて呉れますので、
花が少なくなる初冬には貴重な花で、コンテナや、ハンギングバスケットの寄せ植えが映えそうです。

千日小坊」は、アンデスの山中に咲く原種の、アルテルナンテラ・ポリゲンスの園芸品種として、
愛知県一宮市の角田ナーセリーで作出されたと言う記事を見ます。

千日小坊

 科   名  ヒユ科
  • 短日性、10月以降に小さな花
  • 茎の葉腋から出た枝に、赤紫色の小花
  • 和名は花の色合いや姿が千日紅に似ている事から
  • 別名 アルテルナンテラ・ポリゲンス
 属   名  アルテルナンテラ属
 原 産 地  ペルー、エクアドル
 植物分類  耐寒性亜低木
 常緑多年草
 樹高・草丈  25cm?60cm
 開花時期  10月?12月
 花   色  赤紫色
 花径・花序  約 1cm
 花 言 葉  不老長寿
 撮影月日  2009.12.19
 撮影場所  宗像市 

千日小坊



アリッサム

近くのJR駅までの市道の沿線の民家の塀に掛かっている、ウォールバスケットのアリッサムの花、
ハンギングバスケット栽培を幾つか見られ、何時も良く管理されています。

アリッサム(36107 byte)

花径 凡そ4mm?5mmの小さな花ですが、深紅のこの色は珍しい。

アリッサム(30047 byte)

これは普通のアリッサム

アリッサム(44792 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

近所のホテルの、花ガーデンでは、サンパラソルが、目を引きます。
花の大きさは大輪系、中輪系があり、花の色は、大輪系は純白のホワイト、ソフトで明るいピンク、
中輪系では真紅のレッド 、光沢感のある美しいピンクがあります。

サンパラソル」はサントリーが開発したマンデビラ(旧学名:ディプロデニア)の品種名、
キョウチクトウ科の植物で、熱帯アメリカに約100種が分布する、マンデビラの一種にあたります、
亜熱帯性の植物の為、日本の気候では、戸外での越冬は少々無理な様で、
霜が降りる頃には、ハウス内とか、陽の当たる室内で管理が必要になる植物です。

サンパラソル

 科   名  きょうちくとう科
  • 蔓性
  • 根の回りが遅い
  • 蔓が伸びないからと慌てない、根が回れば蔓も伸びる
  • 朝顔みたいなラッパ状、五弁花
  • マンデビラの改良種
  • マンデビラの仲間には、流通名として、
    ビンカ、ローズジャイアント、サンパラソルなどが有る
 属   名  マンデビラ属
 原 産 地  南米
 (ボリビア、エクアドル)
 植物分類  ツル性
 樹高・草丈  ツル性、2m前後
 開花時期  7?10月
 花   色  ホワイト、ピンク、真紅
 花径・花序  凡そ 7cm?10cm
 花 言 葉  
 撮影月日  2009.12.6
 撮影場所  宗像市 

サンパラソル


エリカ

エリカ

エリカ

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

小さい葉、細長い茎に、星型の小さな花を沢山咲かせる、オーストラリア原産のサザンクロスの花。
この花は、ミカン科の花で、葉を揉むと柑橘系の香りがする、オーストラリア南部に自生する常緑樹です。
星形の花を咲かせることから、南半球の代表的な星座 南十字星(サザンクロス)の名がついています。
花径は1cm足らずですが、ピンクで上品な色合いの花が魅力です。

サザンクロス(41563 byte)

 科   名  蜜柑(みかん)科
  • 葉形は狭長楕円形、互生
  • 葉はヘラ状で、長さ1.5?5cm程度
  • 花径 10?15mm、花茎の下から順に上へ、葉腋に付く
  • 花色は、白或いは濃桃色。
  • ミカン科の植物なので、葉を揉むと柑橘類独特の香り
  • 花弁数 5枚の星形の花
  • 非耐寒性、冬は5度以下に置かない事
  • 園芸品種も多く、大輪種から小輪種、花色も濃桃色から白花色々
  • オーストラリア原産の星形の花「南十字星」で流通
  • 別名 クロウエア
 属   名  クロウエア属
 原 産 地  オーストラリア
 植物分類  非耐寒性常緑低木(3度以上)
 樹高・草丈  60cm?1m
 開花時期  4月?7月
 9月?11月
 花   色  ピンク、白
 花径・花序  凡そ 10mm?15mm
 花 言 葉  願いをかなえて
 撮影月日  2009.12.6
 撮影場所  宗像市 

サザンクロス(43080 byte)

サザンクロス(39817 byte)

サザンクロス(34859 byte)

ここは近くのホテルの花壇の一角、アリッサムの花と寄せ植えで、プランターで栽培されています。

サザンクロス(63715 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

全国的に寒波の襲来で冷え込んでいる様です、当地も朝から断続して雪が降り続き冷え込んでいます、
峠は、早くもチエーン、タイヤ規制が出たり、規制箇所が増えて来ました、いよいよ本格的に冬の到来です。
寒い週末になりますが、皆様には良い週末をお迎え下さる様願っております。

写真は九州の大動脈、国道3号線での、美味い店で知られている、英ちゃんうどんの駐車場の山茶花
このドライブインは九州管内でも有数の7500軒の大型団地に隣接しており、
団地との境界に、森を思わせるような山茶花の植樹を見ます、
この一角は、大型トラック用の駐車スペース、アイドリングストップ、エンジン停止を呼びかけています。

山茶花(115803 byte)

 科   名  椿(つばき)科
  • ツバキの仲間
  • ツバキが春咲くのに対して、サザンカは秋から初冬に掛けて咲く
  • 枝先に径5?7センチの5弁花を単生
  • サザンカとツバキの大きな違いは葉縁の鋸歯と、花の散り方で判断出来る
  • サザンカは葉縁は鋸歯を持ちギザギザしている
  • サザンカは一枚一枚花びらを落す
  • ツバキは花が丸ごとポトリと根元から落ちる
  • 原種のサザンカの花色は、本来白花
  • 現在は園芸品種も多く様々な色調の品種が登場
  • 椿に比べると子房に蜜毛を持つ
  • 花弁の蕊は広がり、花柱が長い
  • 樹皮は灰褐色で滑らか
  • 楕円形の葉は部厚く短柄を持ち、光沢あり互生、縁に短い鋸歯
  • 若枝や葉柄に細毛を密生
  • 材は細工物に利用、種子の油を食用、髪油などに利用
  • 別名 姫椿(ヒメツバキ)
 属   名  ツバキ属
 原 産 地  日本
 植物分類  耐寒性常緑小高木
 樹高・草丈  1m?10m
 開花時期  11月?2月
 花   色  桃色、赤、白など
 花径・花序  5cm?7cm
 花 言 葉  謙譲、愛嬌
 理想の恋
 撮影月日  2009.12.13
 撮影場所  宗像市 

山茶花(52491 byte)

山茶花(36722 byte)

一寸見は、極端に大きな木に見えますが、団地との間の傾斜地に幾重にも植わっていますので、
とんでもない巨木に見えるだけで、実は、とても良い香りを漂わせる、地域環境対策の為の優しい山茶花の花達です。

山茶花(98800 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

アブチロンは、熱帯や、亜熱帯原産で、トロピカルな花色、花姿が印象的な植物です。
アブチロンには、つる状のものと、立ち性のものがあり、花形も全く別の花に見え、魅惑に駆られます。

「下」 アブチロン・ヒブリドゥム (アブチロンレッドアップル)
赤、黄、白、橙、紅紫と、様々な色があり、花弁に濃い葉脈が目立つ特徴が有ります。
何れも、下向きに花を咲かせますので、 花心部を覗くのは、窮屈な姿勢になります。

アブチロン・ヒブリドゥムは、葵(あおい)科の花で、芙蓉の花を小型化された花姿をしています、
このアブチロン・ヒブリドゥムは、いつ見ても、花弁を、一杯に開いた状態を見たことがありません。
お椀を下向きに伏せ、半開きのように見える、開き方をしております。

アブチロン・ヒブリドゥム/アブチロンレッドアップル(33871 byte)

 科   名  葵(あおい)科
  • 葉は裂けない種類から3?5裂する種類がある
  • 葉っぱの色は緑色または斑入り
  • 葉腋からランタンのような花
  • 花は一重咲き、うつむき加減で開花するのが特徴
  • メシベを囲んで多数の雄しべ
  • 花糸が基部で合着して筒状
  • 園芸品種が多く花色も豊富
 属   名  アブチロン属
 原 産 地  中南米?熱帯アジ ア
 植物分類  常緑小低木
 常緑半つる性低木
 樹高・草丈  2m程度
 開花時期  6月?12月
 花   色  白、黄、ピンク、赤
 花は黄色、赤い筒状の萼
 花径・花序  3cm?5cm程度
 花 言 葉  憶測
 撮影月日  2009.12.13
 撮影場所  宗像市 

この場所は、アブチロン・ヒブリドゥム(アブチロン レッドアップル、 アブチロン イエロー)、
アプチロン浮釣木(うきつりぼく)の、3種類のアブチロンの木が植わっており、
このエリアだけでも、どれ位の数でしょうか、斜面一杯に混在して咲いており、貴重なエリアです。

朝方まで降っていた雨の水滴が残っており、目で見たときの輝きが、上手には撮れていません。

アブチロン・ヒブリドゥム/アブチロンレッドアップル(29119 byte)

アブチロン・ヒブリドゥム/アブチロンレッドアップル(34693 byte)

「下」 アブチロン・ヒブリドゥム (アブチロン イエロー) これは別の日、同じ場所の撮影
花芯部は、 葵(あおい)科の花の特徴を良く持ち合わせています、
葵科の中でも、どちらかと言えば、小型の花に属しますが、なかなか綺麗な花です。

アブチロン・ヒブリドゥム/アブチロン イエロー(68014 byte)

「下」 アプチロン浮釣木(うきつりぼく)/チロリアンランプ
同じ葵(あおい)科、アブチロン属のチロリアンランプです、同属のアプチロンですが花姿は全く別物です。

葉は長さ7cm前後、縁に鋸歯、釣り鐘型花で下垂、五弁花、長さ5cm程度、
雄蘂が合着して筒状、花柱を包み雌蘂は先端で分岐しています。
チロリアンランプは、開花期は5月?10月ですが、勢いは陰りますがほとんど周年花を付けております。

アプチロン浮釣木(うきつりぼく)/チロリアンランプ(83753 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

宗像市 庄助ふるさと村園内、新立山登山道口に掛けて山野草を色々見掛けます、
山肌傾斜地に、艶やかな真っ赤な、冬苺(ふゆいちご)が、斜面に沿って沢山見掛けます。

冬苺(46098 byte)

 科   名  薔薇(ばら)科
  • キイチゴの仲間
  • 初冬に果実が赤く熟し食べられるが、すっぱいらしい
  • 果実酒、ジャムなどに利用可
  • 常緑樹の林内や林床、林縁、道端に生育
  • 茎には棘があり
  • 葉は互生、長い柄、ハート形、縁は浅く5裂、鋸歯有り裏面に毛
  • 9月?11月に集散花序、白い花
  • 果実は、薬効有り、果実酒として滋養強壮、強精に人気有り
  • 名前は、果実が冬に熟すイチゴに由来します
  • 別名 カンイチゴ(寒苺)
 属   名  キイチゴ属
 原 産 地  日本(北海道を除く)
 台湾、中国
 植物分類  常緑小低木、蔓性
 樹高・草丈  20cm?30cm
 開花時期  9月?10月
 花   色  白
 冬期 10mm位の赤い実
 花径・花序  凡そ 15mm
 花 言 葉  真心の愛
 未来の予感
 尊敬と愛情
 撮影月日  2009.12.12
 撮影場所  宗像市 

冬いちご(63552 byte)

果実は、12月?1月に、赤く熟し、実は食べられますが、実際は酸っぱいらしいです、実の径凡そ10mm
真っ赤で、艶々して美味そうに見え、卑しい私は口に入れたい誘惑に駆られますが、流石に勇気はありません。

冬苺(ふゆいちご)(64599 byte)

泊まりの出張で留守していました、
福岡も今日は、山間部では積雪があり、週末に掛け雪の予報が出ています、
全国的に寒波が下りてきて寒い週末に為りそうですね、
皆様には、風邪など引かれません様に、ご自愛願っております。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:9 | TRACKBACK:0| edit

長い間、玄関先を賑わしてくれている、姫蔓蕎麦もすっかり紅葉して来ました、
福岡の当地でも、霜が降り、氷点下の朝が出現するようになりました、
写真の記録で、昨年は11月末と、12月6日に雪が降った様ですが、
今年は朝晩、寒くなったとは言え、昼間はまだまだ小春日和ですが、週末に掛け寒くなりそうな予報です。

姫蔓蕎麦(117453 byte)

姫蔓蕎麦(82645 byte)

柾(まさき)の実

錦木(にしきぎ)科、ニシキギ属の植物で、葉は革質で部厚く、初冬の頃からオレンジ色の実をつけます。
花は6月中旬に黄緑色の小さな花輪咲かせ、庭木や生け垣によく使われています。

柾(まさき)(47281 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

庭のピラカンサス(ピラカンサ)の実が、小春日和の陽に輝いています。
毎朝、鳥が数羽で餌を啄んでおり、ヒヨドリ、ツグミ、そのほか、名前の知らない鳥たちで賑やかです、
中でもヒヨドリはうるさいくらいです、まだまだ暫くは良い餌場になりそうです。

5月初旬に白い花を咲かせるピラカンサスですが、
初冬になると真っ赤な実を付け、大変目立つ存在となります。
秋以降に沢山つける赤い実を楽しむ植物で、花を楽しむより実の方が、知名度が高く良く知られております。

ピラカンサス(113276 byte)

 科   名  バラ科
  • ピラカンサスは花より、実の方が良く知られています
  • 初冬以降の、赤と黄色の実は、とても美しい
  • 果期 10月?1月
  • 真っ赤な実の生るトキワサンザシが主役
  • 別名 トキワサンザシ
 属   名  トキワサンザシ属
 原 産 地  中国、ヨーロッパ
 植物分類  耐寒性常緑低木
 開花時期  4月?5月
 樹高・草丈  Max 3m
 花序・花径  凡そ 5mm
 花   色  白
 花 言 葉  燃ゆる想い、快活
 傷つけないで・慈悲
 撮影月日  2009.12.6
 撮影場所  宗像市内

ピラカンサス(73203 byte)

ピラカンサス(115745 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

久しぶりに、のんびりした週末を迎えています、コンデジをポケットにあてもなく散策です、
釣り川の堤防沿いを暫く散歩していると、結構山野草が目に入ります、傾斜地から一歩降りるとそこは一面に田圃、
田圃の畦道で、紫鷺苔(むらさきさぎごけ)が今頃花を咲かせています、
普通に生える雑草で、青紫色の唇型の可愛い花を咲かせます。
とは言えこの12月に、紫鷺苔?とは想いながら、念のために撮っておきました。

山野の斜面のような、やや湿気の有る場所を好み、
苔と言う名前から、湿気の多い場所で、岩を覆う緑の苔を連想しますが、全く別物で、
花を白鷺に、葉が地を這う姿を苔に見立てたものです。
紫色の花は、常盤ハゼにそっくり似た花ですが、
常盤ハゼは背が高く、地面を這う枝がなくすっくと直立します。

地面を這って咲いている花故に、窮屈な姿勢で撮っています、
稲刈りの済んだ田圃の畦道、変な格好で写真撮っているので、コサギ数羽が、こちらの様子を伺っています、
窮屈な姿勢は大変、シャッターを押した瞬間、実に満たされた気持ちになります。

 

紫鷺苔(44770 byte)

 

 科   名  胡麻葉草
 (ごまのはぐさ)科
  • 畦などの湿地で見られる野草
  • 鳥のサギ(鷺)に似た形の小花
  • 通常は、紫色の花、時に白花も有り
  • 白花は、単に鷺苔と呼ばれる
  • 根本から匍匐する茎を出し、節から根を出して増殖
  • 葉は小さく楕円形、互生
  • 紅紫色で唇形花
  • 上下2唇に分かれる
  • 上唇は2裂、下唇は3裂
  • 下唇は横に広がり、内側に膨らみを持つ
  • 全体的に軟毛を有し黄褐色の斑点紋様
  • 雄しべは4本、2本は長い
  • 雌しべ花柱の柱頭は2裂、裂けた片は丸く、触ると閉じる
  • 常盤ハゼの花に似ています
 属   名  サギゴケ属
 原 産 地  日本、中国、台湾
 植物分類  耐湿性耐寒性多年草
 樹高・草丈  10cm?15cm
 開花時期  4月?5月
 花   色  青紫
 花径・花序  10mm?15mm
 花 言 葉  忍耐強い
 撮影月日  2009.12.6
 撮影場所  宗像市 

 

一時の寒さから一転、良い天気で小春日和、開花時期を間違ったのか、ぽかぽか陽気です。

 

紫鷺苔(51937 byte)

ウィンターコスモス

ウィンターコスモス

ウィンターコスモス

ウィンターコスモス

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

公園の寒牡丹の冬支度が進行しています、作業が終わった箇所を撮らせた戴きました。
昨年は11月下旬、12月6日に雪が降ったことから、今年の降雪は今まで0日、暖冬なのでしょう、
予報では来週中頃から雪の予報も出されており、寒くなりそうです。
当地は九州でも最北部、玄界灘に面しているのでそこそこ雪は降ります。

公園管理の人から、寒牡丹は、剪定の方法が普通の牡丹とは違うと聞きました。
育っている株の葉は、この時期には未だ緑色を残しています、
寒牡丹の場合は、花芽の付いている枝の葉をハサミで取り除きます、
葉が枯れている場合は葉柄を下に折り下げれば、付け根から簡単にポロリと取れるとのことです、
この作業を『葉刈り』と言い、葉刈りを行うと花芽が急速に成長し開花するのだそうです。

稲わらの藁ボウシの取り付け作業を午前中やっていました。
黒の寒冷紗で囲った光景も見掛けますが、やはり藁ボウシの風情にはかなわないですね、
南側を開いておくのがコツだそうです。

紅葉(110122 byte)

園内周回道路も、落ち葉が積もっています、道路も落ち葉色一色。

紅葉091208k-005p.jpg(106435 byte)

紅葉も終盤期。

灯台躑躅091208k-038p.jpg(97148 byte)

楓091208k-033p.jpg(67687 byte)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。