スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

春を告げる山菜の代表、蕗の薹(フキノトウ)が見られるようになりました。
初春の郊外や山野に自生する、日本原産の山菜で知られています、
地下茎から花茎を出し、花を咲かせる、お馴染みのフキノトウです、
花後、雌株は花茎を伸ばして成実し、地下茎から葉柄が伸びてフキとなります。

取材でロケが出来ないので、今年は諦めていましたが、定食屋さんの叔母さんとの雑談の中で、
案外近くで栽培している事を教えてもらい、早速撮らせてもらいに立ち寄ってきました。

開花時の蕗の薹は、草丈 5?10cm、雌雄異花で、
雌花は受粉後、花茎を伸ばしツワブキ、タンポポのような花を付けます。
また、繁殖は地下茎を伸ばしますが、地下茎は有毒で食べられません。
家畜がアセビ(馬酔木)を食べないように、動物は本能的に毒であることを察知するようで、
馬など家畜達は、このフキを食べないそうです。

蕗の薹は山菜の例にもれず、アクが強いので、アク抜きしてから食されます、
独特の香りとほろ苦さが、春の味覚として知られ、
TV、ラジオでも良く話題に上がり、天ぷらや、佃煮などに好まれる魅力の山菜です。

蕗の薹(フキノトウ)

 科   名  菊(きく)科
  • 日本原産の山菜、野菜
  • 全国の山野に自生、日陰気味で湿気の多い所を好む
  • フキノトウはフキの花のつぼみ、花芽を苞で包んだ茎に相当
  • 葉が出る前にフキノトウだけが独立して地上に出て来る
  • 寒さに耐えるように、ツボミを何重にも苞(ほう)が取り巻いている
  • 雌株と雄株が有る
  • 開花し始めの状態で小さな花の先端に派生する白いものが雄蕊
  • 雌株は白い毛の様な物が出ているが小さくて見難い
  • 雌花は受粉後、花茎を伸ばしタンポポの様な花を咲かせ綿毛をつけた種子を飛ばす
  • 採らずに放置するとあっという間に茎が伸びで花が咲く
  • 根生葉は花が終わる頃から地下茎でつながっている葉が地上に現れる
  • 葉柄色 薄緑、葉形 ハート形(腎臓形)
 属   名  フキ属
 原 産 地  日本、朝鮮半島、中国
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  30cm
 開花時期  3?5月
 花   色  白(雌株)、黄(雄株)
 花径・花序  10mmくらい
 花序 凡そ10cmほど
 花 言 葉  待望、愛嬌
 真実は一つ、仲間
 撮影月日  2010.3.7
 撮影場所  宗像市 

蕗の董(ふきのとう)、小さな花が集まっている。

蕗の薹(フキノトウ)

堆積した落ち葉を突き破って顔を出す蕗の董、この状態で摘まんでみて柔らかければ雌株、硬ければ雄株。

蕗の薹(107386 byte)

こちらは傾斜地で見つけた蕗の董。

蕗の薹(フキノトウ)

こちらは、民家の畑の一角で芽を出している蕗の董。

蕗の薹(119318 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。