FC2ブログ

スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:7 | TRACKBACK:0| edit

春を代表する土筆(つくし)は、地面からニョキっと伸びた姿が、どことなく愛嬌があります。
この時期、田圃のあぜ道や、河原、土手で、ツクシ採りの光景を良く目にします。
多分油炒めで、今晩の夕食の食卓に上がるのでしょう。

初春の頃から春の風物詩でお馴染みの、土筆採り風景、のどかな光景、気になりながら撮影する機会が無く、
たまたま撮影していた場所に、沢山の土筆を発見、土筆の今年初撮りなので早速撮ってみました。
一面土筆だらけ、堤防などで山菜撮りをされている光景を良く見ますが、
皆さんに教えてあげたいくらいの好条件の場所でした。

土筆(つくし)(72265 byte)

 科   名  木賊(とくさ)科

  • 草丈 20cm?40cm
  • 茶色の胞子茎を土筆(つくし)
  • 緑色の細い葉(栄養茎)を杉菜(すぎな)
  • 成熟すると茎の頭部から胞子を飛散させる
  • 卵とじや、お浸し、みそ汁等に人気

=== 胞子 ===
土筆の穂(胞子体)が成熟すると、緑色を帯びた胞子が放出されます、
実際にその光景を見たことがありませんが、花粉のようなものと思えます。

 属   名  トクサ属
 原 産 地  北半球
 植物分類  多年草、耐寒性
 樹高・草丈  約10cm?20cm
 開花時期  3月?4月
 花   色  
 花径・花序  
 花 言 葉  向上心、努力、意外、驚き
 撮影月日  20103.21
 撮影場所  宗像市 

春を代表する土筆、この姿を良く目にします、地面からニョキ、ニョキと伸びた姿は、どことなくユーモラス、
ハニカム構造の六角の胞子傘が規則正しく並んでいます。
良く見てみると色々の顔があり、これは若い土筆です。

土筆(つくし)090316-057pp.jpg(35542 byte)

少し成熟した胞子傘、少し浮き上がり気味で、六角の各辺にヒダみたいな物が見え始めています。
胞子傘が生長し成熟すると傘が開き、胞子を飛散させます。

土筆(つくし)(52231 byte)

ハニカム部分をUPし、モニターで良く見るとミニチュアのキノコみたいです、
胞子茎から胞子傘が、キノコのように小さな茎で、立ち上がっているのが見えます、
キノコ状の胞子の傘は、普段は小さく認識していませんが、この傘の内側で成熟した沢山の胞子を放散させます。

土筆(つくし)(51749 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。