スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

昨日から断続的な雪は、今朝から吹雪模様、大きな牡丹雪に替わり、一面真っ白です、
雪は路面でも積雪しており、車の運転は恐くて出来ないので、写真撮影は断念です、
止む得なく、少し前の写真ですが、代用いたします。

磯菊(いそぎく)

磯菊は年末にUP致しました、
磯菊の頭状花序には、菊の花のような花びら(舌状花)は持たず、若干華やかさに欠けるきらいがありますが、
磯菊の花の特徴はなんと言っても、葉っぱの美しさでしょう、
先日はこの葉っぱの美しさに認識の甘さがありましたので、再認識して撮り直しました。

磯菊(いそぎく)(119658 byte)

菊科、イソギク属、耐寒性宿根草、開花時期 11月?12月、草丈は30cm前後、
茎先に散房状の花序をつけ、黄色い花をたくさんつけます、花は直径5mm?6mm、
筒状花のみの花で、他のキク科の花のように舌状花は持ちません。
葉は多肉質倒卵状、裏面には銀白色の毛が密生、裏面の毛は葉の縁まであり、
表から見ると銀色のフチ取りに見え、特徴的な葉っぱの構成で、我が国固有の野生菊の一種です、
花壇のグランドカバーに、またカラーリーフとしても良く見掛けます。

磯菊(いそぎく)(79059 byte)

磯菊の葉っぱには、上の写真のように周囲に白い縁取りマーカーがあるのが特徴です、
葉っぱの先端部に、紅い紅葉を思わせる紋様を見せる葉も、時に見掛けます、この紋様はじつに映えます。

磯菊(いそぎく)(51135 byte)

磯菊(いそぎく)(55396 byte)

磯菊の頭状花序は、花びらが無い為、華やかさに欠けるきらいがあります、
花は直径5mm?6mmで、菊科の花に共通した5弁の筒状花から為り、菊特有の微香を放ちます、
アゲラタムの花に似た小さな頭状花(頭花)を散房状に咲かせます、
この磯菊の花の回りに花びらが付くと、花磯菊と言う種類になります。

磯菊(いそぎく)(52577 byte)

参  考

=== 筒状花だけで出来ている キク科キク亜科の花 ===
磯菊(いそぎく)、薊(あざみ)、鵯花(ひよどりばな)、藤袴(ふじばかま)、母子草(ははこぐさ)その他、

=== 舌状花だけだけで出来ている キク科タンポポ亜科の花 ===
蒲公英(たんぽぽ)等


日本水仙

日本水仙100130-018p.jpg(40997 byte)

日本水仙100130-012p.jpg(89319 byte)

日本水仙(八重咲き)

日本水仙(八重咲き)100130-032p.jpg(39841 byte)

日本水仙(八重咲き)100130-021p.jpg(52546 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
Blog Community:季節の風景 - 写真 | イベント、行事 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

九州の春を告げる、それぞれの地で受け継がれた「ひな祭り」+「さげもん」の数々。
古き歴史があり、街並みがあり、そして豪華絢爛さに感動する初春の彩り、節分を前に公開が始まりました。

旧柳川藩時代に、女の子が産まれたとき、「一生幸せでありますように」、との願いを込めて、
手造りの布細工の雛飾りと、鮮やかな七色の糸を巻いた、伝統のマリを、交互につり下げた物で、
「さげもん」と言われる飾りで祝う習わしがあります。

現在でも、女の子の節句に、色とりどりの「さげもん」を飾る伝統が受け継がれており、
従来、家の奥で飾っていた習慣が、道行く人にも目を留めてもらい、
一緒に祝ってもらえるように通りからも見える場所で、飾るようになって参りました。
これが現在の「さげもん」巡りに成長したと言われます。

かんぽの宿 柳川玄関ホール さげもん(雛飾り)、
2月に入ってから、市内で始まる「柳川雛祭り・さげもんめぐり」に先駆け公開が始まりました、
玄関ホールは宿泊客、見学者で賑わっており、見学者の合間を縫って撮らせていただきました。

雛飾り(84083 byte)

さげもん(雛飾り)かざり、
「日本3大つるし飾り」に上げられるのは下記です。

  1. 静岡県東伊豆町稲取 「雛のつるし飾り」
  2. 山形県酒田市     「傘福」
  3. 福岡県柳川市     「柳川雛祭り・さげもんめぐり」

柳川市は、城下町として栄え、町中を縦横に、お堀が巡っている水郷の町です。
親から子へ、子から孫へ、伝承されてきた「さげもん」は、
女の子が産まれると、その子の幸せと、健やかな成長を願い、
初節句のお祝いに、親戚や祖母達が、一針一針に、心を込めて縫い上げ、雛壇の両脇に下げます。

雛飾り(83243 byte)

雛飾り(73156 byte)

雛飾り(99045 byte)

初節句のお宅の、華やかな雛壇とさげもんを、鑑賞してお祝いする風習で、
多くの人に、祝ってもらった女の子は、多くの幸せを手にすると言われています。
この「さげもん」は、それぞれ手作りの作品です、何度見ても素晴らしい豪華な作品です、
今年も見られるのか不明ですが、
以前、観光協会2階の展示ブースで、さげもんの手作りの、実演をしておりました。

雛飾り(87417 byte)

雛飾り(56710 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

桜の開花予報が、ウェザーマップ社から発表されましたが、
まだまだ寒さが続く、雪の残る梅園の、梅の花を確認してみました、

カメラをいじる手が、かじかんでしまう風の冷たさの中、梅の花がちらほらと開花し始めています、
例年、一番早く開花する、八重寒紅梅種のエリアが、遠目でも僅かに色づいてきたのが分かります、
同じ種類の樹でも、エリアの場所により開花の様子が違います、
園内の他の種類の梅のエリアを確認しましたが、今のところ全く開花の兆しはありません、
やはり今年の寒さの厳しさから少し遅れ気味のようです。

八重寒紅梅は、野梅系の園芸品種で、花は八重咲き、色は濃い紅色、花弁は波打ち、萼は濃い焦げ茶色、
ここの梅園の中でも、早咲きの品種で、開花は疎らながら、
つぼみも膨らみ、遠くからでもこの花のエリアが、少し紅く色づいているのが判ります。
八重寒紅梅が開花したことで、当地でも梅の季節に突入で、春近しの感が致します。

八重寒紅梅(30965 byte)

品種名  八重寒紅梅(ヤエカンコウバイ) 分 類  花梅 開 花  12月下旬?2月上旬
花 色  濃紅(濃い紅色)
 開花後花弁の先が白く色あせてくる
花 径  中輪(2cm?2.5cm) 花 型  八重咲き
花系統  野梅系 その他  花弁がカーネーションみたいに波打ち、
 蕊は淡紅色、萼は濃こげ茶色
撮影月日  2011.1.22 撮影場所  宗像市内

八重寒紅梅(32970 byte)

当地の、気象台の庭の標準木の梅の花の、開花は未だのようですが、
標準木以外の梅の木の花が、数輪開花したと、天気予報の合間に話していました、

また太宰府天満宮の飛び梅を、北海道に春の使者として、毎年50鉢を送っていますが、
この寒波で開花が遅れ気味の所、温室で開花を調整して間に合わせたという逸話もあり、
思わぬ所に影響を及ぼしている、今年の寒波です。

八重寒紅梅(30678 byte)

少し引いてみます、
近場に、梅の木 1500本程の巨大な梅のスポットとか、有名な太宰府天満宮の梅園等有りますが、
当地の梅園は、12品種、本数は不明ですが200本程?で小規模です、
この一角は八重寒紅梅のエリア、この種で4?50本植わっており、ほとんどが蕾、
年末寒波から、寒い日が続いていましたが、寒波の一休みで開花した模様、月末に掛け開花が進みそうです。

八重寒紅梅(63220 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

エリカの花は種類も多く、可愛いく、今の時期に良く見かけるのが、鈴蘭エリカ、蛇の目エリカでしょう、
例年3月頃の方が、一番見栄えもしますが、 寒い雪の残る公園で、健気に咲いていますので撮ってきました。

蛇の目エリカは、
小さな釣り鐘型のピンクの花、黒い雄しべの葯、特異に長い雌しべが特徴で、大変目に付く花です。
黒い雄シベと、丸い花弁が、「蛇」の「目」に見えると言うことから、
蛇の目エリカの、名前の由来になっていますが、
早春から花を咲かせ、ピンクの小さな花は愛らしく、
「蛇」の「目」に例えられる、名前には似つかない、可愛い花を咲かせます。

蛇の目エリカ(147452 byte)

 科   名  躑躅(つつじ)科
  • 樹形はエリカの中では、比較的大型
  • 良く分岐し小枝の先端に3個ずつ、長い花柄の花
  • 樹幹一杯の花
  • エリカの花の中でも小型の釣り鐘型の花
  • 花芯深部から、特異に長く突き出した雌しべ
  • 雌しべを支えるように黒い葯(花粉が入っている袋)
  • この黒い葯を、「蛇」の「目」に見立てたと言う
  • 開花期間が大変長い
  • 別名 黒シベエリカ
 属   名  エリカ属
 原 産 地  南アフリカ
 植物分類  常緑低木
 樹高・草丈  Max 2m位
 開花時期  12月?4月
 花   色  ピンク?薄紫
 葯が黒
 花径・花序  4mm?6mm
 花 言 葉  孤独
 撮影月日  2011.1.15
 撮影場所  宗像市 

エリカの花の大きさは、エリカの種類の中でも小型に属しますが、花の付き方は大変旺盛で、
3月頃に掛け花の密度も上がり、ピンク?薄紫の花を樹冠一杯に付ける事から、
遠くからでも、花の存在が直ぐに分かる、大変賑やかな花です。

蛇の目エリカ(76930 byte)

花弁が傘に、黒い葯が雌しべを支えている構造で、長い雌しべが傘の柄に見えます、
花姿から、「蛇の目傘」にも、見えなくもない素敵な花です。
別名 黒シベエリカと呼ばれますが、「蛇の目傘」に例えられた、蛇の目エリカの方が、
私的にイメージがぴったりに感じます。

蛇の目エリカ(67768 byte)

インフルエンザが急増し始めたそうです、
外出先より帰ってきたら、手洗い、うがいの励行、睡眠を十分取り、栄養をしっかり捕って、
インフルエンザに掛からないようお気を付け下さい。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

蝋梅の花、今が盛りですね、春告げ花として慕われています、
冬枯れの中、他の木にさきがけて、いちはやく花を咲かせる貴重な花木です。
あたりに漂う、やさしい香りに癒され、楽しませてくれる蝋梅の花、
正月明けには決まって楽しませてくれる花達に感謝です。

蝋梅 (ろうばい)の花は、中国原産の落葉樹で、真冬に満開の花を咲かせる、数少ない花木の一つです。
花びらは分厚く、ロウのような質感があり、非常によい芳香を放ちます、
蜜蝋の色感・質感から、「蝋梅」と書き、蝋細工のような光沢があります。

蝋梅には、満月蝋梅、素心蝋梅、和蝋梅、アメリカ蝋梅、唐蝋梅・・・等の種類があり、
一般に、花の中心部が暗紫色の、蝋梅 (ろうばい)、
赤紫色をした、アメリカ蝋梅、唐蝋梅、
花全体、花の中心部までが黄色で、一般に栽培されている種類の、素心蝋梅(ソシンロウバイ)が有ります。

下 素心蝋梅(そしんろうばい)

蝋梅(ろうばい)(100344 byte)

 科   名  蝋梅(ろうばい)
  • 多くの枝を出して繁茂する
  • 葉は卵形から長楕円形 先端は尖る、対生、葉質は薄く堅く表面は荒い
  • 葉の展開に先立って花を咲かす
  • 蝋細工のような花は芳香が売り
  • 花、根、茎は漢方で用いられる、薬効 咳・痰
  • 実は有毒で利用されない
 属   名  ロウバイ属
 原 産 地  中国
 植物分類  落葉低木
 樹高・草丈  Max 3m
 開花時期  1月?2月
 花   色  濃黄色?淡黄色
 花径・花序  20mm?25mm
 花 言 葉  慈愛、先導、先見
 撮影月日  2011.1.15
 撮影場所  宗像市 

蝋細工状の趣の花は、下向きか、横向きに、花を咲かせます。
特別、美しい花と言われる花ではありませんが、濃い黄色の花が目立ち、
とってもよい香りで、春の訪れを知らせてくれる、春の使者としての、うれしい花です。

素心蝋梅(47333 byte)

ここは、ご近所さん宅、庭にお邪魔させていただきました。
蝋梅の実(種)は、たいてい数個は残っているのですが、撮り忘れました、
繊維質のスケスケの殻は、実測で直径15mm、長さ30mm、花の大きさの割に大きな実(種)です。
実(種)を割ってみると中には、黒い種が6個?7個、コーヒー豆の半分位の大きさの種が入っています。

蝋梅(ろうばい)(128976 byte)

下 満月蝋梅 撮影 庄助ふるさと村園内、
満月蝋梅は、花の中心に紫褐色の輪が入り、満月蝋梅の名前の由来とのことです、
12月末頃から開花、花弁が丸弁で大きく平開し、花色が濃く、香りが良いです、
又、褐色の輪がなく、丸弁で色の濃い満月蝋梅種もあり、写真はこの種類です。

満月蝋梅(64537 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

平成13年に開設したサボテンハウス、ここには100種類以上、凡そ1000点のサボテンが存在します。
暖房施設はなく、天窓、換気扇の自動運転で温度自動調節されています。
現在は花の季節でなく、ごく少数の花が確認できるくらいで花は咲いていません。

サボテンハウス(51916 byte)

六球一体型金鯱 この株の根っこは一つで、金鯱の群生型としては極めて珍しい種類です、
元は六球型でしたが、移設時に一球が根っこからもげてしまい現在は五球になっています。
中央のロープで縛っている分。

六球一体型金鯱(92536 byte)

金鳳龍(きんぽうりゅう) 基部より分岐し5mくらいになり、古くなると、頂部近くに白毛が房状になります。

金鳳龍(きんぽうりゅう)(150380 byte)

金鯱(きんしゃち) 大型サボテンの代表的な種類です、直径20?30cmくらいになるまで花を付けません。

金鯱(きんしゃち)(88321 byte)

土星柱(どせいちゅう) 南米産の大型柱サボテンの種類、超大型の燭台みたいな形になります。

土星柱(どせいちゅう)(91167 byte)

英冠玉(えいかんぎょく)南米産のサボテン、元々群生する種類ですが、ここ迄群生するのも特筆されるようです。

英冠玉(えいかんぎょく)(79451 byte)

数が多いためランダムに幾つかを並べてみます。

黄彩玉(こうさいぎょく) 幻楽(げんらく) 御鏡(みかがみ)(うちわさぼてん)
黄彩玉(こうさいぎょく)(10513 byte) 幻楽(げんらく)(11936 byte) 御鏡(みかがみ)(12159 byte)
紅キリン 笹の雪 真珠
紅キリン(12769 byte) 笹の雪(13891 byte) 真珠(フェロカクタス)(10746 byte)
神仙玉(しんせんぎょく) 仁王丸綴化(におうまるてっか) 滝の白糸(アガグェ)
神仙玉(しんせんぎょく)(11880 byte) 仁王丸綴化(におうまるてっか)(11997 byte) 滝の白糸(アガグェ)(11158 byte)
短刺金鯱(たんしきんしゃち) 烈刺玉(れっしぎょく) 金鯱(きんしゃち)
短刺金鯱(たんしきんしゃち)(11615 byte) 烈刺玉(れっしぎょく)(9557 byte) 金鯱(きんしゃち)(9145 byte)

私もサボテンの鉢を持っていますが、数年で枯らしては買ってくることを繰り返しています、
枯らす原因を、係りの人に尋ねてみました、

=== 基 本 ===

  • 良質の保水力があって排水性のいい土、普通の観葉植物の土などが推奨、
  • 肥料はあまり与えないで、良質の土の中の養分で育てるような心構え、
  • 肥料はあまり与えない、サボテンは濃い肥料を嫌う、
  • 液体肥料を与える場合も、草花用の濃度を更に10倍位に薄めたものを使う、

=== 買ってきたサボテンの場合、 ===

  • 枯らす原因の大多数は潅水のし過ぎ、
  • 寒い時期の休眠期は、水遣り不要、春になってからでよい、
  • 梅雨時期、秋の長雨時期は半断水で良い、
  • 霜、雪が直接掛からないようにする、成長点に掛かるとまず駄目になる、
  • 寒冷期は保温に努める、
  • 民家の栽培では、基本的に温室があればベスト、
  • 一般的には窓際の明るい窓辺が最適、
  • 梅雨明け時の日照や、秋の西日による日焼け対策には半日陰が良い、
  • それ以外の季節は充分日光に当ててやることが花をたくさん付けるこつ、

サボテンの原産地では、砂漠地帯であったり、少雨で乾燥した大地で、
種類によっては、山間部であったり、傾斜地であったり、環境は結構過酷なところが多く、
昼間は温度が上がり、夜間は0℃近くまで下がるのも珍しくなく、結構強い植物らしいです。

サボテンは、一般の草花ほど手が掛からず、透明感のある綺麗な花を咲かせることから、
近年栽培愛好家が増えて来ているとのことで、
是非サボテンの特性を知って、フアンになって欲しいとのアドバイスを戴きました。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:8 | TRACKBACK:0| edit

レインボーの滝

年末からの寒波で、落ちる滝の水が凍って、ツララが出来ている事を聞き撮りに行ってみました、
正月明け頃は、随分ツララも長く大きく、滝も凍っていたそうですが、
寒波も和らいで来たとは言え、内陸部の当地、朝晩は氷点下、日中温度5℃前後の日が続くお陰で、
好天気の本日でも、雪も少し残っており面影を少し残して呉れていました。

レインボーの滝(93627 byte)

ここは、大任町 総合運動公園近くの遺跡公園のレインボーの滝
100mのローラーすべり台があり、お子さんには人気のスポットです。

レインボーの滝(94438 byte)

滝と言っても、山里離れた山奥の壮大な滝ではなく、
大任町 町役場側の、総合運動公園近くの遺跡公園の、高さ7?8mくらいの人工の滝です、
期待させてしまいましたが、福岡県の内陸部の大任町の中心部の公園です、
正月前後の光景は逃して残念でしたが、名残は残っていました。

レインボーの滝(97113 byte)


ウインタークローバー

年末の寒い時期ではありますが、暖かみのある淡いピンク色のウインタークローバーが咲いています。
真冬の寒空の中でも咲き続けてくれる冬場の花で、寒空の中でも咲き続けてくれる貴重な花です、
ウインタークローバーは、秋から春まで咲き続け、冬の寒さに負けずに花を咲かせます、
地中海沿岸産のマルコルミアの仲間を、サントリーが改良した品種です。

ウインタークローバー(79243 byte)

 科   名  油菜(あぶらな)科
  • マルコルミアの園芸品種
  • マルコルミアは春の開花ですが、ウインタークローバーの開花時期は11月?4月
  • 寒い時期に開花、多湿を嫌う傾向
  • 4弁の柔らかい白が基調の真珠色が優しいピンクの花
 属   名  マルコルミア属
 (マルコミア属)
 原 産 地  サントリーの登録品種
 植物分類  一年
 樹高・草丈  20cm?40cm
 開花時期  11月?4月
 花   色  白、ピンク
 花径・花序  約 2cm
 花 言 葉  
 撮影月日  2010.12.23
 撮影場所  宗像市 

この雪の降る寒い季節に、春の陽光を勘違いさせるような佇まいで、この時期には貴重な花です

ウインタークローバー(40368 byte)

ウインタークローバー(35510 byte)


プリムラ・ポリアンサ

桜草(さくらそう)科のプリムラの花、
寒さに強く明るい色彩が素晴らしく、花期が非常に長い言うことなしの、寒い時期によく似合う花です。

プリムラ・ポリアンサ(74693 byte)


ペンタス

新しい花を見つけたと喜んで撮りましたが、モニターで見ると終盤のペンタスのようでガッカリ。

ペンタス(48235 byte)

ペンタス(44033 byte)

Blog Community:風景写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

大部ご無沙汰させていただきました、
本日カムバックです、どうぞ宜しくお願いいたします。

本日も当地は雪化粧で真っ白です、大きな牡丹雪がシンシンと降っており、まだまだ積もりそうです、
高速九州縦貫道、都市高速、主要な峠は通行止め、その他タイヤチエーン規制が出ています、
車運転は恐い一日になりそうなので、お出掛けは止めにしました。


平成石炭門松

福岡県田川郡大任町に巨大門松が出現!
田川市内、JR伊田駅前の風治八幡神社の境内に設置されていた巨大門松が、
ここ大任町に、日本一の面積を持つ、「さくら街道 道の駅」が完成したのを機に、
設置場所を移転、世界一の巨大門松に成長した門松がお披露目です。

平成23年度巨大門松、

  • 大きさ 直径7m、
  • 高さ 23段重ね 20m、
  • 平成年度と同じ23段重ね、
  • 毎年一段ずつ高くなり、来年は24段、大きさも更に大きくなります。

この門松は平成石炭門松と言われ、

  • 平成年数と同じ段数で、毎年一段ずつ高く、大きく成長する巨大門松です。
  • 門松の中央に石炭を奉り、かってはこの地、田川を石炭で繁栄を支えてくれた恩を、
    後生に伝えようとの思いで、田川の地に福来ることを願っての門松です。
  • 平成14年から始まった門松は10年を経て、高さ、大きさ、重ね段数と日本一の大門松に成長しました、
  • 門松を飾る文化は日本特有の行事で、日本一の門松=世界一の門松とも言えるのかも知れません。

年末年始に続いた雪が未だに残っている、「さくら街道 道の駅」の巨大門松です。

平成石炭門松110102k-0001g.jpg(46618 byte)

これくらいの大きさになると、クレーン車などの重機の導入なしでは無理で、
資材の、孟宗竹、南天、注連縄、紅白天幕、ピケ足場、パイプ資材、倉庫、
重機の、クレーン車、ユニック、トラック、
葉ボタン、絵馬作成、
全て地元 田川市郡内の小学校、保育園、地元企業様の強力・資金援助・ボランティアの皆さんの惜しまぬ協力、
田川を愛する多くの方々の総意の力の結集の力作です、
これだけの大きさ、ただただ唖然とするばかりで、地元振興に一役買っているのは間違い有りません。

平成石炭門松110102k-0008g.jpg(66761 byte)

左下に見える叔父さんの大きさから、門松の巨大さが伺えます、側によると流石に大きいです。
中央部に大きな石炭の固まりを、ご神体のように奉っているらしいのですが、うっかり確認し忘れました。

平成石炭門松110102k-0019g.jpg(86039 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:28 | TRACKBACK:0| edit

新春のお喜びを申し上げます。

昨年はお世話になり、有り難う御座いましたした。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

平成 23 年 元旦


大門松

成長著しい活気のある隣町、宮若市に今年も大門松が出現です。
恒例の日本一とのうたい文句で、本年も、宮若市 国道21号線沿い脇田温泉入り口に公開されております。
ここは、トヨタ自動車九州工場が基幹産業で、関連産業が工場団地を形成し成長している宮若市、
宮若市の西部、脇田温泉街入り口、吉川小学校前の市民広場が会場です、
本年もまたまた、恒例の日本一の大門松が姿を現しました、

真竹250本、
孟宗竹400本、
直径5m、
高さ11mの堂々とした大門松です。

日本一の大門松は各地で見受けられます、
近年県内でも、田川市の風治八幡神社の、大門松をテレビで見た記憶がありますが、
それなりの、 日本一ですから、深く詮索する事もないでしょう、豪華な大門松には間違い有りません。

大門松(55727 byte)

側で見ると流石に大きい。

大門松101218k-005p.jpg(52800 byte)

これは子供さんの記念写真撮影用です。
後に見えている紅白の天幕の絵馬は、近くの、宮田東小学校3年生の児童の皆さんの作品、
第一回から十三回までの大きな絵馬が掲示出品されております。

大門松(79748 byte)

追い出し猫

「ぎょろり」と、にらんだ猫は災いを追い出し、
「にっこり」満面で笑った猫は、2倍の幸運を招くと言われ、宮若市の珍しい猫の縁起物です、
皆様の今年一年が良い年であります様に!。

左下の小さな猫ちゃんは、記念撮影用顔出し猫ちゃんです。

追い出し猫(57500 byte)

上記撮影 2010.12.18

又、ここの脇田温泉は、
奈良時代からの温泉として歴史を持つ温泉で、遠賀川の上流、犬鳴き峠の麓に位置する温泉郷です。
脇田温泉 主な泉質 アルカリ性単純泉 、
主な効能 神経痛・リュウマチ・疲労回復など、
福岡市から 60分/北九州市から90分/九州自動車道 福岡インターから20分、
若宮インターから10分 交通の便は大変良い温泉です。

脇田温泉は、埴輪の里でも、知られています。
又、俳句の街としての行事も盛んで、
温泉街に流れる、犬鳴き川の、座主瀬橋から、下流の、脇田橋の間、560mを、
「楽水之径」 として遊歩道を整備され、全国俳句大会の、グランプリ大賞作品を含め、
優秀作品、133本を、句碑に書いて、顕彰されております、
今は季節的に寒いですが、ホタルの里でもあり、5月末頃からのホタルの乱舞いも一見物です、
温泉浴衣でぶらり散歩もおつなものです。

埴輪園061206-002p.jpg(22453 byte) 俳句の道070104-004p.jpg(25592 byte)
埴輪の里案内の埴輪、埴輪の里は、
ここから1Km、脇田温泉 湯の禅の里の前です。
座主瀬橋から脇田橋の間の句碑、
河川敷の遊歩道には133本の句碑が見られます。

新年早々ですが、明日から親戚訪問+αで暫くお休みさせていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。