スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

黐の木(もちのき)

宗生寺参道に10m近い大きな黐の木(もちのき)が赤い実を付けています、
黐の木(もちのき)は、黐の木(もちのき)科、モチノキ属の常緑小高木樹、成長良く大きくなる木です、
葉は楕円形で互生(ごせい)、基部はくさび形、先端は鈍く尖り全縁、
幼木や徒長枝の葉には微細な鋸歯が稀に見られる様です、葉質は分厚く両面とも無毛、
雌雄別株の、花は4月頃、葉腋から花柄を伸ばし、淡緑色の4弁花を付けます、
果実は葉腋から果柄を伸ばして付き、1cmくらいの核果を付けます、
同じ仲間の、黒鉄黐(くろがねもち)に似ていますが、
葉腋から短枝を伸ばし花や果実を付け、果実は約1cmでやや淡い赤色の黐の木に対し、
黒鉄黐は、1本の柄から散形状に花や果実をつけ、果実の直径約6mmで赤色が濃い違いがあります。

黐の木(もちのき)の実(53132 byte)

黐の木(もちのき)の実(102306 byte)

お断り 名前は怪しいです。


フランネルフラワー

セリ科、アクティノツス属、オーストラリア原産、耐寒性多年草のフランネルフラワー
花や、葉に優しい短毛で覆われ、触るとフランネルの生地のような感触から、このような名前がついた花です、
花径8~9cm、白花の花は、花弁端が淡緑色になります。

フランネルフラワー(24611 byte)

フランネルフラワー(27876 byte)


ミニバラ

ミニバラ(22043 byte)


小菊 里山の畑の一角に、色濃く目立つ花を撮影、花の名前は不明です。

小菊(107954 byte)

小菊(40260 byte)

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

寒咲き菜

宗像市 庄助ふるさと村園内市民農園エリアは、小雪が舞う寒空ですが、春を先取り寒咲き花菜が満開。

寒咲き菜(124166 byte)

寒咲き菜(53337 byte)

寒咲き菜(35515 byte)

寒咲き菜(32688 byte)


ネリネ/ダイヤモンドリリー

里山に近い登山口に続く斜面に、彼岸花を小さくしたようなネリネが、点々と点在して咲いています、
彼岸花(ひがんばな)科、ネリネ属、南アフリカ原産、開花期12月前後、
茎頂に彼岸花を小型にした感じの、ピンク色の花弁端が波打った花弁が特徴の花を咲かせます、
種類も多様なネリネですが、写真の種類はネリネ・ウンデュラタ種?かと思います。

ネリネ・ウンデュラタ(120581 byte)

ネリネ・ウンデュラタ(42493 byte)

ネリネ・ウンデュラタ(41026 byte)

ネリネ・ウンデュラタ(40064 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

チェッカーベリー/姫柑子(ヒメコウジ)

冬季のこの寒い時期でも、真っ赤な実を付け一際目立つチェッカーベリー、
耐寒性の、常緑低木樹、細い茎を叢生し、カーペット状に育ち、革質で光沢のある暗緑色の葉を付けます、
寒さには比較的強いチェッカーベリーは、夏場の高湿度には弱く、半日陰のような涼しい場所を好み、
花は、7~8月頃、葉腋に白色から淡いピンク色の、ドウダンツツジに似た、壺形の白く可愛い花を咲かせます、
秋から翌年春先にかけて、球形の赤い果実が鮮やかに実り、葉っぱも色付き、一際美しく目を引きます。

チェッカーベリー(82367 byte)

 科   名  ツツジ科
  • 樹高Max20cmほどの小型
  • 細い茎が叢生して広がる
  • 葉は楕円形から楕円状倒卵形、光沢のある濃緑色
  • 夏、葉腋に白色から淡いピンク色のドウダンツツジに似た、壺形の白く可愛い花を咲かせます
  • 果実は、秋に径10mm前後の球形の実、実は赤く熟し、翌年の早春まで残る
  • 実は、観賞用で食用には向かない
  • 性質は強健で寒さに強いが反面、強い直射や夏の暑さを嫌う
  • 地植えの場合は、西陽が直接当たる心配がなく、風通しの良い涼しい場所等が良い
  • 繁殖は、種、株分け、挿し木など
  • ヤブコウジの仲間
  • 和名 姫柑子(ヒメコウジ)
 属   名  ゴーテリア属
 原 産 地  アメリカ東北部
 植物分類  常緑低木
 樹高・草丈  15cm~20cm
 開花時期  開花期 7月~8月
 結実期 9月~3月
 花   色  白
 花径・花序  5mm-6mm
 花   型  壺形
 生息場所  地植、鉢植え
 花 言 葉  明日の幸福
 好奇心
 不老長寿
 撮影月日  2012.01.15
 撮影場所  宗像市 
 MEMO     

チェッカーベリー(53219 byte)


黄実の千両

黄実の千両(114348 byte)


フォックスフェース

フォックスフェース(38365 byte)

フォックスフェース(32762 byte)


勿忘草(わすれなぐさ)

勿忘草(わすれなぐさ)(116189 byte)

勿忘草(わすれなぐさ)(40647 byte)

勿忘草(わすれなぐさ)(37359 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

獅子脅し

過日、山中に入ると、木々のこすれる音、ぶつかる音、不気味な音から、小鳥の鳴き声等、
賑やかな音が楽しめると書きましたが、
登山道を散策中、直ぐ側の谷あいから、定期的にカーンという大きな音がしているのに気づき、近寄ってみました、
音の発生源は、何と思いも掛けず、写真の獅子脅しでした、
農業などに被害を与える鳥獣を威嚇し、追い払うために設けられる装置の一つで、
最近は、音が風流がゆえに、日本庭園でも見られようですが、こんな山中で見られるとは思いませんでした。
イノシシを威嚇する為でしょうか、単に風流な志向から創作したのか、
良く見ると、造りは趣味の延長と言うと失礼でしょうか、
竹筒に一杯貯まるのに、40秒位で、見た目より甲高い大きな音を発しています。

獅子脅し(90452 byte)


十両/薮柑子(やぶこうじ)

6月頃に白い花を咲かせる十両、秋の頃より翌年に掛け赤い実を熟します、
ヤブコウジ科、ヤブコウジ属、常緑小低木、山地の林中に生え、
樹高はMax20cm、枝には棘があり、地下茎を伸ばして増えます。
葉は長楕円形で互生、葉の縁には細かい鋸歯が有り、葉の脇から散形花序を出します、
開花時期は7月-8月、花は花冠が5裂した合弁花、花径5mm-8mmの小さな白い花を下向きにつけます、
実は直径5mm-10mmの球形の核果で、11月-2月に掛け赤く熟します、
千両、万両に比べ、樹高が低く、万両のように葉っぱの下側に実がぶら下がります。

十両(107929 byte)

十両(48096 byte)

十両(30793 byte)


冬枯れの仙人草(せんにんそう)の種と、仙人のひげ

仙人草(せんにんそう)(80695 byte)

仙人草(せんにんそう)(77555 byte)

仙人草(せんにんそう)(61281 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ(52430 byte)

ドラゴンフルーツ(52430 byte)


寒木瓜(かんぼけ)

寒木瓜(かんぼけ)(86250 byte)

寒木瓜(かんぼけ)(27577 byte)


蝋梅(ろうばい)

蝋梅(ろうばい)(30533 byte)

蝋梅(ろうばい)(84263 byte)

蝋梅(ろうばい)(51266 byte)


山茱萸(さんしゅゆ)

山茱萸(さんしゅゆ)(105444 byte)

山茱萸(さんしゅゆ)(61249 byte)


苺の木(いちごのき)

苺の木(いちごのき)(52611 byte)


サザンクロス

サザンクロス(41928 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

黒蘭(コクラン)

林道脇の斜面に黒蘭(コクラン)の実が生っています、
近くに、蔓人参、采配蘭(サイハイラン)、黒蘭(コクラン)等が見られますが、
山芋堀の人に踏み荒らされて、無惨な格好です、
幸いこの場所は、山の芋の姿は見掛けず、無事に生き残っていますが疎らです。

黒蘭(コクラン)は、蘭科の多年草、円柱状の茎を持つ地上性の野生の東洋蘭、
山の谷筋・林道脇で、青木(あおき)や、隠蓑(カクレミノ)などが生えている林下に群れています、
毎年新芽を殖やし増殖し、花茎は草丈30cm、花は上向きに開花し暗紫色、
シダの葉が密生し、杉の落ち葉、枯れ枝、花茗荷の大きな葉っぱに覆い被され、ひっそりした佇まいです。

黒蘭(コクラン)(91953 byte)

 科   名  蘭(らん)科
  • 関東南部以西、四国、九州に分布
  • 常緑広葉樹林内に生える常緑の多年草
  • 葉は広楕円形で先端は尖る、短い葉柄は基部がさや状となり茎を抱く
  • 葉は、実測 長さ13cm、幅7cm、葉脈は葉縁に沿い縦に5本、縁は波打つ
  • 花茎の高さ実測35cm
  • 茎頂に暗紫色の花を5~10個の総状花序
    唇弁は真ん中が溝状に凹み、先端を下側に巻き込み、
    下側にハの字に開いているのが側花弁、
    カールして棒状に両横に開いているのが側萼片、
    後に尻尾状に伸びているのが背萼片で黒蘭には距はありません、
    鳥の頭のようなのが髄柱
    雄しべの葯帽は緑色
  • 萼片は披針形、側花弁は線形、共に長さ凡そ1cm、
    唇弁 長さ約1cm、倒卵形で半曲し先端は凹む
  • 果実は、秋に熟す
 属   名  クモキリソウ属
 原 産 地  本州(茨城県以南)、
 四国、九州
 植物分類  常緑、多年草
 樹高・草丈  35cm前後
 開花時期  6月-7月
 花   色  暗紫色
 花径・花序  10mm-15mm
 花   型  蘭形
 生息場所  常緑樹林内
 花 言 葉  ?
 撮影月日  2012.01.14
 撮影場所  宗像市 
     

初冬の頃から、この様な実を付けます、実が成熟した後は、枯れ葉色に色が抜けてきます。

黒蘭(コクラン)(74777 byte)

登山道脇に、1株から5株くらいが固まり、点々と点在しています。
此方の実は、十分成熟し枯れ葉色に完熟しています。

黒蘭(コクラン)(126699 byte)

此方は、登山道脇、崖っぷちの黒蘭(コクラン)、花茎は残っていますが、実は既に落下しています。
真っ赤な実が熟している青木の木陰、花茗荷の葉陰に隠れ気味に点在しています。

黒蘭(コクラン)(106383 byte)


御柳梅(ぎょりゅうばい)

御柳梅(ぎょりゅうばい)(117602 byte)

御柳梅(ぎょりゅうばい)(45131 byte)

御柳梅(ぎょりゅうばい)(74920 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

何時も出掛ける、当地の低山の林道脇には、
蛇の髭(じゃのひげ)竜の髭(りゅうのひげ)、これに似た、ヤブランが至るところで群生しています、
中でも、蛇の髭(じゃのひげ)竜の髭(りゅうのひげ)の、コバルトブルーの丸い実は、この時期見応えあり、
山地の林床や、山道脇など、日の当たる場所に自生し、地下茎が横に這い群生しています、
常緑で、日陰でも良く茂り、公園等でも見掛けることも多い植物です。

蛇の髭(じゃのひげ)は、草丈20cm前後、株は匍匐枝を伸ばして繁殖します、
花茎は草丈より随分短く10-15cm、葉っぱに隠れるような姿で、
夏に、小さな5mm前後の白色の花を総状に下向きにつけます、
秋から冬に掛け、宝石の様に美しいコバルトブルー(碧色・濃いブルー)の7mm前後の球状の実を結実させます。

コバルトブルー(碧色・濃いブルー)の実を見せる蛇の髭(じゃのひげ)、じつに綺麗な色です。

長葉の蛇の髭(52859 byte)

 科   名  スズラン科
 百合(ゆり)科
  • 地下茎が横に這い群生
  • 葉は根生し長さ30cm前後、幅は2~3mmの線形
  • 葉縁に微細な鋸歯があり、多数が根茎から叢生している
  • 夏に葉の間に短い花茎を出して、花茎の上部に総状花序を付ける
  • 花穂は葉より短く10cm-15cm
  • 花径は6mmほどの白~淡紫色の花、長さ約5mmの花を総状に下向きに付ける
  • 花被片は6枚、雄しべは6個
  • 子房は成熟前に破れて果皮は脱落し、直径約5mmの種子が露出したまま成熟する
  • 種子は葉の根元で成熟するので、葉の下に隠れており、掻き分けないと見え難い
  • 丸くて艶があり、晩秋頃までは緑色で、冬に入ると深い青色になる
  • 熟した種子は弾力性に富み、薄い種皮を取り除くと、半透明の玉が出てくる
  • これは硬いところに落とすと良く弾む
  • 短い根茎からは、沢山のヒゲ根が伸び、
    蛇が卵を飲み込んだように肥大した紡錘形の塊根が所々にある
  • 肥大した塊根を麦門冬(ばくもんどう)と称し、
    滋養強壮、鎮咳、利尿などに用いる漢方の生薬である
  • 写真は、匍匐枝が出ない種類の、長葉蛇の髭(ながばじゃのひげ)の様です
 属   名  ジャノヒゲ属
 原 産 地  日本、朝鮮半島、
 中国
 植物分類  多年草草本
 樹高・草丈  20cm-50cm
 開花時期  7月-8月
 花   色  白~淡紫色
 花径・花序  5mm-6mm
 果実 6mm-7mm
 花   型  高坏形
 花冠六深裂
 生育場所  半日陰の林の中
 山道の脇
 花 言 葉  変わらぬ想い
 撮影月日  2012.1.8
 撮影場所  宗像市 
     

写真の株は、実測、
草丈50cm、葉の長さ45-50cm、葉の幅 3mmと葉が長く、長葉の蛇の髭だと思えます、
杉林の林下のため、杉の枯れ葉、小枝が降り積もっており、見栄えが悪いので、取り除いて撮っています。

長葉の蛇の髭(123729 byte)

蛇の髭の実は、下の写真のように外見からは見つけにくく、
細く長い葉を掻き分けると、株元に隠れるようにコバルトブルーの丸い実を発見できます、
花茎は短く葉の根元に、6-7mmの美しいコバルトブルーの球形の実を下向きに、成熟させています。

長葉の蛇の髭(103026 byte)

長葉の蛇の髭(75016 byte)

蛇の髭の実は、鳥から食べられるのを嫌うのか、外見からは、ほとんど気が付かない、
株の根元近くに、長い葉っぱに隠れるような状態で実を付けています、
写真は、上部の葉っぱを掻き分けて上部から撮っています。

長葉の蛇の髭(84260 byte)

少し離れた場所の蛇の髭、これ位、疎らな葉数の株であれば、歩いていても実は見つけられます。

長葉の蛇の髭(85114 byte)

線形の葉っぱの幅は2~3mm、芯を感じる肌触りの葉は縦の脈が多数走り、アップして見るとこんな感じです。

長葉の蛇の髭の葉っぱ(41681 byte)


此方は、お馴染みの薮蘭(やぶらん)、蛇の髭と同様に無数に点在しています、
蛇の髭と違い、葉っぱは10mm位で幅広で、花茎が高く伸び、黒い実を穂状に付けていますので直ぐに判ります。

薮蘭(やぶらん)(103525 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | イベント、行事 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

新年明けましておめでとう御座います、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


大門松

成長著しい活気のある隣町、宮若市に今年も大門松が出現です。
恒例の日本一とのうたい文句で、本年も、宮若市 国道21号線沿い脇田温泉入り口に公開です、
ここは、トヨタ自動車九州工場が基幹産業で、関連産業が工場団地を形成し成長している宮若市、
市の西部、脇田温泉街入り口、吉川小学校前の市民広場が会場です、
本年もまたまた、恒例の日本一の大門松が姿を現しました、

真竹250本、
孟宗竹400本、
直径5m、
高さ11mの堂々とした大門松です。

日本一の大門松は各地で見受けられます、
近年県内でも、田川市の風治八幡神社の大門松、又、大任町の平成石炭門松と大きさを競っていますが、
それなりの、 日本一ですから、深く詮索する事もないでしょう、豪華な大門松には間違い有りません。

大門松(59227 byte)

大門松(56871 byte)

招き猫、追い出し猫
「ぎょろり」と、にらんだ猫は災いを追い出し、
「にっこり」満面で笑った猫は、2倍の幸運を招くと言われ、宮若市の珍しい猫の縁起物です、
皆様の今年一年が良い年であります様に!。

招き猫、追い出し猫(58622 byte)

撮影 コンパクトデジカメ


平成24年度 平成石炭門松。

福岡県田川郡大任町に巨大門松が出現!
ここ大任町に、日本一の面積で知られている、「さくら街道 道の駅」が、恒例の大門松で賑わっています。

門松の1段目直径 7m、
高さ 24段重ね 20.5m、(平成年度と同じ24段重ね、)
毎年一段ずつ高くなり、来年は25段と、大きさも更に大きくなります。

平成年数と同じ段数で、毎年一段ずつ高く、大きく成長する巨大門松です。
門松の中央に石炭を奉り、かっては、この地、田川を石炭で繁栄を支えてくれた恩を、
後生に伝えようと、田川の地に福来ることを願っての門松です。
平成14年から始まった門松は11年を経て、高さ、大きさ、重ね段数と日本一の大門松に成長しました、
門松を飾る文化は日本特有の行事で、日本一の門松=世界一の門松とも言えるのかも知れません。

平成石炭門松(44384 byte)

平成石炭門松(55656 byte)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。