スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

鈴蘭エリカ

鈴蘭エリカ(37035 byte)

エリカ

エリカ(31996 byte)

蛇の目エリカ

蛇の目エリカ(25144 byte)


スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

小葉の莢迷(こばのがまずみ)の赤い実が目に付きます、
吸葛(すいかずら)科、ガマズミ属の落葉低木(らくようていぼく)、樹高は4m程、
葉の長さ凡そ10cm、倒卵状楕円形-卵状楕円形、対生、葉には鋸歯があり先端は尖ります。

葉の表、裏両面に短毛が密生し、ビロードのような手触り、
葉柄(ようへい)は、2~5mm、基部に托葉(たくよう)を有し、
4月-5月頃、枝先に散房花序(さんぼうかじょ)を付け、白色の小花を多数付けます、
花冠は5裂平開、雄しべは5本、花冠より長く突き出し、雌しべは短く、
9月頃から赤い実を付け、果実は卵球形、直径5~7mm、赤色に熟します。

小葉の莢迷(こばのがまずみ)(102651 byte)

小葉の莢迷(こばのがまずみ)(60839 byte)

小葉の莢迷(こばのがまずみ)(33017 byte)


Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

この時期、山地に入ると目に付くのが、イノシシが掘り起こした無惨な山肌、
秋の実りの恵みを、十分得られたはずの動物にも、雪が残る山地では、思った程に餌に恵まれないのか、
林縁、斜面、草地の、あちら此方を、掘り起こしています、
一抱えもありそうな大きな石まで掘り起こし、登山道まで落としています。
ここ迄して餌探しをしている、姿を想像すると、少し可愛そうな気もします、

イノシシと、シカの狩猟期間が、11月15日~翌年の2月15日までと、定められていますが、
農作物被害を考慮すると、繁殖期以外の狩猟とは言え、止む得ないことなのでしょう、
下の写真は、山頂の広場周辺に植えられている、枝垂れ梅の、木の根元一面掘り返されている様子です。

イノシシ被害(132948 byte)

下は、イノシシ狩り中の猟師さんで、猟銃を肩にした勇ましい姿のスナップです。
写真の場所は、上と同じ山の山中で、竹林の谷の方で、猟犬を大きな声で操り、追い込みされている所でした、
携帯無線機で、谷の反対側にいる、仲間の猟師さんと、連携しながら追い込み中で、
写真だけは撮らせてくれましたが、忙しいからと、慌ただしく、そそくさに走り去っていきました。
2011/12/06(Tue) 投稿分引用。

イノシシ狩り猟師さん(101521 byte)




青木の実

青木の実(61386 byte)

青木の花芽も、新年と共に芽吹き始めました。

青木の花芽(32233 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

枇杷の木は樹高が高く、撮ったことがありませんでしたが、
市道の下から、伸びた枝が、市道のガードレールの高さまで伸びてきています、
上手い具合に、目の高さに花があり、これ幸いと撮らせていただきました。

枇杷(びわ)(90833 byte)

果実の形が、楽器の琵琶に似ていることに由来する琵琶は、
薔薇(ばら)科、ビワ属の、中国、日本が原産の常緑高木の果樹です。
樹高5m以上にも成り、大型の果樹で、
花は11月~翌年2月に掛け、枝先に長さ5~6cmの円錐花序を付け、五弁の白花を付けます、
花は、径10~15mm、雄しべを多数を持ち、お世辞にも綺麗な花とは言えませんが、芳香を漂わせています、
花軸からの花柄、萼片は、褐色の短い軟毛が密生しており、
果実は、翌年5~6月に掛け、4~5cmの球形から倒卵形の果実を実らせます、
果実は、全体が産毛に覆われ、甘酸っぱく、おやつとして、
また枇杷酒として、疲労回復や食欲増進にも利用されています、
種子は赤褐色で大きく3~5個入っております。

ビワの葉の乾燥したものを、生薬名で枇杷葉(びわよう)として扱われ、
種子を含め、民間薬、生薬として利用されているようです。

枇杷(びわ)(52017 byte)



文目(あやめ)

朝方の気温が5℃以下を続ける寒い時期、何を勘違いしたのかポツンと咲いている文目(あやめ)の花、
公民館の裏庭の花壇にひっそりと一輪、花を咲かせていました。

文目(あやめ)(46737 byte)
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit
ピラカンサス(ピラカンサ)の実が、曇天ではありますが、冬空に目立っています。
5月初旬に、5弁の白い花を咲かせるピラカンサスですが、
初冬になると真っ赤な実を付け、大変目立つ存在となります。
秋以降に沢山つける赤い実を楽しむ植物で、
花を楽しむより実の方が、知名度が高く良く知られております。

毎朝、鳥が餌を啄みに来ており、
ヒヨドリ、ツグミ、そのほか、名前の知らない鳥たちが入れ替わり見られます、
中でもヒヨドリの声は、うるさいくらいです、まだまだ暫くは良い餌場になりそうです。
我が家の庭にも、負けないくらいのピラカンサスが有りますが、
今回は珠に利用する、近くの お寿司屋さんの、店頭前のピラカンサスを、撮らせていただきました。

ピラカンサスの果実(83899 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  薔薇(ばら)科
 属   名  トキワサンザシ属
 原 産 地  中国
 ヨーロッパ
 植物分類  耐寒性常緑低木
 樹高・草丈  Max 3m
 開花時期  4月~5月
 花   色  白
 花径・花序  凡そ5mm
 花   型  5弁花
 生育場所  庭植え
 花 言 葉  燃ゆる想い
 快活
 傷つけないで
 慈悲
 撮影月日  2013.1.19
 撮影場所  宗像市 
  • 葉は、楕円形ないし細長い楕円形で、互生
  • 葉には毛は無く、艶があり葉縁には浅い鋸歯
  • 枝先に散房花序を付け、白い小さな花をびっしりとつける
  • 花弁は5枚
  • 実付きがとても良く、結実期の方が華やか
  • 初冬以降の、赤と黄色の実は、とても鮮やか
  • 赤く丸い果実は、偽果で枝一杯にびっしりとつける
  • 結実時期 10月~1月
  • 真っ赤な実の生るトキワサンザシが主役
  • 別名 トキワサンザシ

 


果実の色は、最初、緑色から→橙色→赤色と熟成するに伴い真っ赤に色づきます。
初冬の頃から、赤や黄色の小さな実を、枝一杯に付ける姿が、鮮やかで観賞用として人気です、
赤い果実は、鳥の好物なのでしょう、小鳥が集まって、賑やかしい穏やかな光景を、時折見掛せて呉れます。

ピラカンサスの果実(91251 byte)
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

里山から、登山道に掛けて、大小3つの貯水池が続きます、
最上流部の池の端っこの方に、夏場は、蒲(がま)が穂を伸ばしています、
この穂は、ソーセージに似た、円柱形の穂をつけ、大変印象深い穂です、
晩秋にかけ、このソーセージ部も肉付きが良くなり、熟成してきます、
初冬になると、この花穂の中から綿毛がブワーッと、出てきて飛散する光景が、見られます、
一本の花穂から出る綿毛は、約10万個の種があると言われ、
綿毛が風に乗ってフワフワ飛散して行きます。

蒲(がま)の綿毛(54307 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  蒲(がま)科
 属   名  ガマ属
 生 育 地  日本、北アジア
 南ヨーロッパ
 植物分類  抽水植物
 水草
 樹高・草丈  1.5m~2m
 開花時期  6月~8月
 花   色  赤褐色、橙褐色
 花穂長   ガマ10cm~20cm
 コガマ6cm~10cm
 花   型  穂状
 生育場所  湖沼
 花 言 葉  慌て者、従順
 素直
 撮影月日  2013.1.14
 撮影場所  宗像市 
  • 穂の先端に、モシャモシャの雄花群が穂状に付きます
  • 雄花には黄色い葯が一面
  • 雄花の直下に、ソーセージ状の、茶色の棒状の雌花群が付けます
  • 雄花も雌花も、花びらはなく、単純な構造の風媒花です
  • 晩秋に掛け、このソーセージ部が熟成します
  • 初冬の花穂には、綿毛を持つ種が、約10万個、成長してきます
  • この花穂から出る綿毛は、風に乗って飛散します

 


初冬の頃には、蒲(がま)の花穂は成熟し、無数の綿毛を持った種が、成長してきます、
現地は、沼地のため近寄れず、これで目一杯、見た目は綿の塊のように見えます、
この綿毛が、風で無数に飛び離れて行く様子を、見ながら撮っていますが、
被写体が小さい為か、被写体深度の所為でボケているのか、写真ではその雰囲気は撮れていません。

蒲(がま)の綿毛(51786 byte)

下が、上の綿毛の主、蒲(がま)の花穂です。 当site 2012/07/23(Mon) 投稿分引用。

蒲(がま)の花穂(81789 byte)
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

蝋梅 (ろうばい)は、花が蜜蝋の色感・質感を持ち、「蝋梅」と言われ、蝋細工のような光沢があります、
蝋梅には、満月蝋梅、素心蝋梅、和蝋梅、アメリカ蝋梅、唐蝋梅・・・等の種類があり、
一般に、花の中心部が暗紫色の、蝋梅 (ろうばい)、
赤紫色をした、アメリカ蝋梅、唐蝋梅、
花全体、花の中心部までが黄色で、一般に栽培されている種類の、素心蝋梅(ソシンロウバイ)が有ります。
今年も、気が付けば蝋梅の咲く季節、一早く春の兆しを教えてくれ、喜びを感じさせてくれる花木です。

蝋梅(ろうばい)(111261 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  蝋梅科
(ろうばい)
 属   名  ロウバイ属
 原 産 地  中国
 植物分類  落葉低木
 樹高・草丈  Max 3m
 開花時期  1月~2月
 花   色  濃黄色~淡黄色
 花径・花序  20mm~25mm
 花   型  車型
 生育場所  庭植え
 花 言 葉  慈愛、先導
 先見
 撮影月日  2012.1.13
 撮影場所  宗像市 
  • 幹は叢生(そうせい)して分岐し多くの枝を出して繁茂する
  • 葉は短い柄があり長楕円形、対生、葉質は薄くて堅く表面は荒く、
    長さ7~15cm、先は長く尖り、無毛
  • 葉の展開に先立って花を咲かす
  • 花は短い花梗(かこう)を持ち、直径1~2.5cm
  • 花は、やや下向きに付ける
  • 花被片(かひへん)は多数
  • 雄しべは5~6本、雌しべは壺型の花床中に多数付く
  • 蝋細工のような花は、水仙に似た芳香を漂わせる
  • 花の後にできる実は偽果
  • 花、根、茎は漢方で用いられるが、実は有毒で利用されない

 


----- 花の芳香成分 -----
シネオール、ボルネオール、リナロールほか。
----- 薬  効 -----
鎮咳(ちんがい)や、解熱、火傷(やけど)治療


蝋細工状の趣の花は、下向きか、横向きに、花を咲かせます。
特別、美しい花と言われる花ではありませんが、濃い黄色の花が目立ち、
とってもよい香りで、春の訪れを知らせてくれる、春の使者としての、うれしい花です。

蝋梅(ろうばい)(133808 byte)

蝋梅(ろうばい)(36856 byte)

蝋梅(ろうばい)(33460 byte)

蝋梅の実(種)
繊維質のスケスケの殻は、実測で直径15mm、長さ30mm、花の大きさの割に大きな実(種)です。
実(種)を割ってみると中には、黒い種が6個~7個、コーヒー豆の半分位の大きさの種です。

蝋梅の実(種)(33460 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

ダム湖周辺の林縁には、木々の先端から、1-2mのカズラが、何本も垂れ下がっているのが見えます、
近づいてみると、定家葛(ていかかずら)の袋果で、沢山ぶら下がっています、
袋果が成熟し、莢が自然に裂け、中に羽毛を持った種が見えています、
タンポポと同じように、この羽毛で、風に乗って種の拡散が行われています。

定家葛(ていかかずら)の種(47670 byte)

定家葛(ていかかずら)の種(63270 byte)

丁度、風に吹かれて流された種があり、浮遊している姿を撮ろうとしましたが、これが難しく、
風に流されて落ち、数m先の吹き溜まりに、幾つかの種が、留まっているのを見つけ、此方を撮ってみました、
風に揺られ、ピンボケばかり、消去の繰り返しで、かろうじて撮ったのが下の2枚です。

定家葛(ていかかずら)の種(67569 byte)

定家葛(ていかかずら)の種(52343 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:5 | TRACKBACK:0| edit

遅くなりましたが、明けましておめでとう御座います、
長い、正月休みに乗じて、ズル休みを決め込んでいました、
本日から現場復帰です、本年も宜しくお願いいたします。

お正月(48573 byte)


庄助ふるさと村園内、市民農園エリア周辺では、この寒い時期に、寒咲き花菜が咲き始めています。
雪がちらついた新年早々でしたが、黄色が眩しく感じる春色景色です、
4月初旬頃に花が咲く、菜の花に先駆けての、寒咲き菜(かんざきな・早咲きの菜の花)です。

寒咲き菜(65056 byte)

寒咲き菜(31575 byte)

寒咲き菜(35162 byte)

寒咲き菜(40334 byte)

寒咲き菜(33422 byte)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。