スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

山里から山間に掛け、姥百合(うばゆり)の花が賑やかに咲き始めています、
百合(ゆり)科、ウバユリ属、日本固有種の多年草、
宮城県から九州にかけて分布し、低山の山地や、林の中、林縁に生えています。

草丈は50~1m、早春の頃から、百合(ゆり)科の花とは思えないような、根生葉を広げます、
葉は15~25cm、幅7~15cmの卵状楕円形で先は尖り、基部は心形、葉脈は網状、可成り大きな葉っぱです、
開花時期は7月~8月、茎頂部に長さ7~15cmくらいの緑白色の花を、横向きに数輪つけます、
花被片は内側に3枚、外側に3枚、雄しべ6本、雌しべ1本、
花被片の内面深部に、紫褐色の斑点があるものもあり、一般の百合の花ほど大きく平開しません。
種子繁殖の場合、開花までに6~8年かかる種類です。
花の後につく実は円柱形で、熟すると下部が裂け、種子が散布される朔果です。

姥百合(うばゆり)とは、少し異様な名前に感じますが、
花の咲く頃に、葉が落ち、葉(歯)が無い、ということが「姥」のイメージになったと、言われておりますが、
実際には、花が咲く頃も、葉は青々して残って居ますので、昔はそうだったのかも知れません。

姥百合(うばゆり)(48676 byte)

姥百合(うばゆり)の花は、左右相称、内部には褐色の斑点があり、奥にいくほど色濃く、
花被片は内側に3枚、外側に3枚、
雌しべは、最も長く1本、
雄しべは、雌しべの花柱に寄り添うように、それぞれの長さが違い6本、
百合の花の葯は、T字型に付いているのに対し、この姥百合は葯の末端に花糸が着く底着型、葯は淡褐色、
葉っぱの形も大型で、一般の百合の葉っぱとは、全然イメージの違う大きな葉っぱです。

姥百合(うばゆり)(51416 byte)

花は緑白色で、ツボミの頃は垂直に上を向いていますが、開花に伴い水平方向を向き、花は長さ7~15cm、
一般の百合の花は、筒状花でラッパ型に大きく開きますが、
姥百合(うばゆり)の花弁は、基部まで分かれており、筒状にはなっておらず、花も大きくは開きません。

姥百合(うばゆり)(92900 byte)

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

鹿の子百合(かのこゆり)

宗像市の市花 鹿の子百合が、満開時期に差し掛かりました。
宗像市の、シンボル 「鹿の子百合」です。
「鹿の子百合」は、ユリ科の、多年草で、花弁の、濃紅色の斑点が、「鹿の子紋」模様に、似ていることから、
「鹿の子百合」⇒「かのこゆり」と、名付けられております。
本市内では、市花でも有り人気の花故に、公共施設等では良く見られ、個人栽培家も多く良く見掛けますが、
厳密な自生地は数カ所に限定され、保護されている貴重な百合の花です。

花弁の、濃紅色の斑点と、透明性のある白色、
花弁の、反り返りが極端に強く反り返って、優雅に垂れ咲きます、
漏斗形花冠筒(ラッパ管)が、極端に短い、
背丈は、1.5m前後、Max1.8m、

鹿の子百合(かのこゆり)(61993 byte)

鹿の子百合(かのこゆり)(50034 byte)

花弁の濃紅色の斑点、乳頭状突起の鹿の子模様、中央部程、花弁面から5mm-8mm位ヒゲ状に浮き上がる。
6花被片からなり、外側3枚の外花被、内側3枚の内花被構造。

優雅な、白紅色地に、濃紅色のつぶつぶの斑点が散る、鹿の子絞り模様が特徴、まれに純白種も有ります。

鹿の子百合(かのこゆり)(52501 byte)

鹿の子百合

雄しべ6本、雌しべ1本、葯は濃赤褐色、葯隔の一点で花糸につながる丁字着構造、
雌しべは、単一雌しべで、複合雌しべみたいな柱頭の分裂はなく、百合科の花の共通構造です。

鹿の子百合(かのこゆり)(36982 byte)

稀に出現する鹿の子百合の純白種、鹿の子百合の園芸品種らしく、シラタマユリと呼ばれます、
たくさんの株の中からを探して、この一株のみが純白品種でした。
優雅に垂れ咲く純白種は、清々しい清涼感を醸し出しています。

シラタマユリ(52071 byte)

下は、別の公園の、白花鹿の子百合、名札板に白花鹿の子百合と書かれています。

鹿の子百合(かのこゆり)(46618 byte)


ゴールデンカサブランカ

ゴールデンカサブランカ(69669 byte)

ゴールデンカサブランカ(55432 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

近くの夏井が浜の、浜木綿(はまゆう)の群落がぼつぼつ最盛期に入りました、
浜木綿 (はまゆう)は、彼岸花科、浜万年青のことで、常緑の多年草本、7月~8月に掛けて開花します、
浜木綿(はまゆう)を、「浜木綿」と書くのは、花弁が白い木綿糸に例えられたようで、
その白い花びらは、清楚で気品があり、繊細さを感じさせます。

開花は、夕方頃から始まり、日没後に、甘~い、芳香の香りを漂わせます、
南方の原産で、種子が暖流に乗って、当地、夏井ヶ浜 砂丘地帯に漂着、増殖したものです、
現地案内掲示板では、自生群落地としては、日本海側沿岸では、数少ない自生地の一つとの事です。
見えている海は、玄界灘、浜木綿の群落の一角です、この砂丘地帯の下、右側に夏井ヶ浜が広がります。

浜木綿(はまゆう)(88645 byte)

浜木綿(はまゆう)(96849 byte)

浜木綿(はまゆう)(72510 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  彼岸花科
(ひがんばな)
 属   名  クリナム属
 生 育 地  関東から沖縄
 植物分類  半耐寒性宿根草
 樹高・草丈  50cm~1.5m
 開花時期  7月~9月
 花   色  白
 花径・花序  6cm~8cm
 花   型  筒状花
 生育場所  海辺、公園、花壇
 花 言 葉  あなたを信じます
 汚れがない
 撮影月日  2013.7.27
 撮影場所  福岡県 芦屋町
 夏井が浜 
  • 温暖な海浜で見られる海浜植物
  • 草丈 50cm~1.5m
  • 茎に見えるのは仮茎
  • 葉は厚く光沢、帯状の大きな葉
  • 花茎を伸ばして頭頂に散形花序
  • 花序は苞に包まれており開花時に垂れ下る
  • 短い花柄、白く細長い花被、先端部は強く反り返る
  • 長い花冠筒は筒状、花被片6深列
  • 雄しべは中央部より先端が紅紫色、6本、葯はT字型
  • 花序には10~20数個の白い花で構成
  • 開花は夕方頃から始まり、甘い芳香
  • 大型のスズメガ科の蛾が吸蜜し花粉を媒介する
  • 別名 浜万年青 (はまおもと)

 

花は、ハマオモトという、別名があるように、花を覗けば大型の「万年青(オモト)」の株に似ています、
花茎を伸ばして頭頂に、放射状に散形花序、花序には10~20数個の白い花で構成されます。

浜木綿(はまゆう)(88194 byte)

大型の宿根草で、草丈は、60cm~1.5m程になり、
茎頂の花茎の回りに、10~20数個の長い花冠筒を持った、花弁が細長い白色の花を、放射状に咲かせます。

浜木綿(はまゆう)(44953 byte)

花は、花冠筒が大変長く、花弁の一枚一枚が大変細く、外側に強く反り返り、大変優雅な造りです。

浜木綿(はまゆう)(58513 byte)

浜木綿(はまゆう)(29666 byte)

浜木綿(はまゆう)(22003 byte)

下は、既に果実が見られました。
果実は、熟すと裂開して、丸くコルク質の厚い種皮に覆われた種子に成長します、
この種子は海上を何ヶ月も漂流し、海流によって現在の分布域に広がったと言われ、
種子は水がなくても発芽が出来る、強い生命力の持ち主らしいです。

浜木綿(はまゆう)(60400 byte)

ここは白砂青松で代表される美しい松原、砂浜が続く海を舞台とした、数々の景勝に恵まれている、
玄海国定公園の一角で、福岡県指定 天然記念物です。
岬突端方向は岩場になっていますが、群生地の直ぐ下辺りから東方面(右側)は海水浴場です。
たまたま撮影中、カイトサーフィンが遠くに見えていました、海水浴客で賑わっている場所ですから、
あのスピードの危険きわまりないサーフィンですので、海水浴客には呉々も近づかないで欲しい思いでした。

浜木綿(カイトサーフィン)(58590 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

登山口に付設されている公園に、芭蕉(ばしょう)の実が見られます、
芭蕉(ばしょう)科、バショウ属の大型の多年草草本です、
公園駐車場から、登山口に向かう道中、この公園を通りますが、
一向に、この芭蕉の花には気が付かず、今回運良く開花状態に気が付きました、
植物園だとか、温室で見掛ける栽培バナナは良く知られていますが、同じバショウ属のバナナの近縁種です。
栽培バナナは、日本国内での気候下では露地栽培は難しく、温室の中でしか育たないと言われ、
この芭蕉(ばしょう)は、バショウ属の中でも、最も北に分布し、
日本の温暖地では、公園樹等として、観賞用に広く植栽されています。

バナナにそっくりな大きな葉、巨大な蕾のように見える雄花・雌花を包む花苞、
一枚ずつ苞がめくれ雄花・雌花が顔を出します、
花の終わった後、1m以上に成長する葉が、水芭蕉の葉に似ている点が、
芭蕉(ばしょう)の、名前の語源となっているようです。

芭蕉(ばしょう)(106473 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  芭蕉科
(ばしょう)
 属   名  バショウ属
 原 産 地  中国の南部
 植物分類  多年性草本
 樹高・草丈  3m-5m
 開花時期  8月-9月
 花   色  淡黄色
 花径・花序  測定出来ず
 花   型  筒状唇状
 生育場所  公園
 花 言 葉  燃える思い
 撮影月日  2013.7.21
 撮影場所  宗像市 
  • 芭蕉(バショウ)はバショウ科バショウ属の、バナナの近縁種
  • 根茎(こんけい)は、重なり合って偽茎を伸ばす
  • 地下の根茎から葉を出し基部は重なり合って、
    大型の葉鞘(ようしょう)となる
  • 単子葉植物で、茎は地下に有り、幹のように見える部分は、
    葉柄が重なり合った偽茎
  • 葉は、大型の楕円形で、中心の葉脈から垂れ下がる
  • 偽茎の頂部から、先端に大きな苞をつけた花茎をのばす
  • 夏から秋に葉腋から花茎を出し、淡黄色の大型の花穂を付け、
    花序を垂れ下げる
  • 雄雌同株で、雌雄異花、雌花は花序の下に、雄花は花序の先に付く
  • 花序の基部4~5節のみに雌花の房が付き、先端部は下垂して雄花が付く
  • 花冠は、筒状唇状、帯黄白色
  • 開花すると苞は直ぐに落ちる
  • 稀に結実して、雌花の付け根が膨らんで、
    長さ約6cm位のバナナ状の果実が付くが食用には向かない
  • 葉の繊維を採って芭蕉布を織り、その他製紙の原料などに使われる
  • 葉を乾燥させたものを生薬で芭蕉(ばしょう)といい、
    利尿や解熱の薬効がある

 

花茎は偽茎の中心部を貫いて伸び、花が2列の段状になって付き、
基部に雌花群、先端部に雄花群で、各花段は苞(ほう)に包まれ、開花すると苞は直ぐに落ちてしまいます。

芭蕉(ばしょう)の雄花、
花茎を伸ばし、先端部に雌花より先に雄花を付け、他株に花粉を供給します。
雄花は、雄花序の内部に2列に並んでいる小さな花で、外側の苞を剥がすと見ることができます。

芭蕉(ばしょう)の雌花、
花茎を垂下させた先端部の蕾のように見える花苞には、中に沢山の花が隠れており、
雄花の花粉終了を待って、外側の苞が1枚ずつ開き、内側の茎元の雌花の花が咲きます、
苞が1枚めくれあがる毎に、その1段毎の花が咲きます、
発育して果実となるのは、基部から中央付近に発生する雌花だけで、
花茎が、下へ下へと伸びながら外側の苞が開き、1週間で、2~3段の房の実に成長します、
花序は1本の果軸に、複数の果房がつき、各果房には10本から20本程度の果指が生り、
果指一つ一つが一本のバナナで、成長した果房が、バナナの房と成ります、
大きな花弁に見えるのは苞葉です。

芭蕉(ばしょう)(51754 byte)

蕾のように見える花苞は、一枚ずつ剥がれる毎に、内側の花が咲き、次に又花苞が剥がれ、花軸は伸び、
段状に果房を付けて成長します、写真はミニバナナ状態に生った若い果実です。

芭蕉(ばしょう)(54738 byte)

下が、カメラを引いた状態です、
花茎が基部より湾曲し、下方に垂れ下がっています、
花序の基部4~5節に果房が付き、先端部は下垂して花房がつき、何れも多数の黄色い苞で覆われます、
自家受粉を避けるため、雄花の花粉放出が終わった頃に、
外側の苞が次々に剥がれ、雌花の開花が始まり、一段毎に花茎を伸ばし果軸を伸ばしていきます、
受粉は、他の株の雄花から花粉を受粉しますが、当然の事ながら、雄花が咲いていないと不稔になります。

芭蕉(ばしょう)(71138 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

面高(おもだか)

市内K山の谷川から流れる水路に、面高(おもだか)が見られます、
花の時期と思いますが、全く見当たりません。
面高(おもだか)科、オモダカ属、中国原産の多年草、
我が国の各地をはじめ、朝鮮半島、中国、シベリアや東南アジアに分布しています、
水田や沼、湿地などに生え、仲間にヘラオモダカ、サジオモダカが有り、
草丈は20cm~60cm、
葉の下半分が2つに分かれ、矢じりのような形をし、長い柄が有ります、
開花時期は6月~7月、雌雄同株、花径2cmくらいの白い3弁の単性花を付けます、
茎の上部に付くのが雄花で、下部に付くのが雌花、
花は、3枚の花びらの真ん中に黄色い雄しべ、黄緑色の雌しべが付きます、
同花受粉を避けるため、下部の雌花の方が先に咲きます、
花後の果実は、扁平な痩果(そうか)で、広い翼が有ります、
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは軽度懸念(LC)に指定されている植物です、
一方、おせち料理に使う慈姑(クワイ)は面高(おもだか)の栽培変種です。

面高(おもだか)(97654 byte)

面高(おもだか)(93032 byte)


オニヤンマ

山里から登山道に掛けて、オニヤンマ??を点々と見掛けます、
どうしたことか、ぶら下がっている蔓に留まっていて、近づいても逃げる気配がありません、
蝶やトンボ、野鳥の色鮮やかさに魅せられては居ましたが、滅多に昆虫を撮ったことが無く、
どうせ逃げるに決まっていると、カメラを近づけましたが、どのトンボも逃げません、
幼虫から脱皮した直後なのか解りませんが、初めて、こんなに近くで撮らせてもらった気がします。
正面から撮らせてもらいたかったのですが、真上を向いて留まっているので、角度的に無理でした。

オニヤンマ(46468 byte)

オニヤンマ(48494 byte)

オニヤンマ(54376 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

風船の様な実をつける事で知られる、風船唐綿(ふうせんとうわた)の花が咲いています、
南アフリカ原産で、昭和初期に観賞用として渡来した、面白味一杯の花が風船唐綿です。
花には、その色合い、香り、その花の造り、佇まい等、花の持つ美しさの対象も、様々ですが、
風船唐綿(ふうせんとうわた)も、その花よりも果実の方が、知名度が高い花も有ります。

葉は、一見柳の葉に似て細く、
夏の後半の頃から初秋に掛け、星型の白い花を付けます、
その後、結実すると緑色のテニスボール大の、可成り大きな実を付けます、
その朔果の姿が、名前の由来にもなっているようです、
正月前後には、朔果は十分熟し、果実の表面が褐色となり、
パチンと弾けて、中から白い綿毛の種子を放出し、風に流され拡散します。

風船唐綿(ふうせんとうわた)(46057 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  蘿いも科
(ががいも)
 属   名  フウセントウワタ属
 原 産 地  南アフリカ
 植物分類  常緑小低木
 樹高・草丈  Max 3m
 開花時期  8月-9月
 花   色  淡緑白色
 花径・花序  約 10mm
 花   型  星型
 生育場所  公園、庭木
 花 言 葉  多忙
 かくされた能力
 撮影月日  2013.7.17
 撮影場所  宗像市 
  • 風船のように膨らむ植物として、唐綿、風船カズラと共に知られている
  • 花よりも、特徴の有る実の方が、知名度が高い
  • 高さはそれほど大きくなくMax 3m位
  • 葉は線状の披針形、互生
  • 葉の脇から散形花序を出し、小さな白い花を10輪くらい付ける
  • 花形は星型、花冠は白色で五裂、副花冠は淡い紫色で5片
  • 萼は緑色で5つに裂ける
  • 晩秋には風船状の朔果、果実表面にはやわらかい棘が生える
  • 名前の風船とは、朔果が風船のように膨らむ様子に因む
  • 果実は初冬に熟し弾けて白い綿毛の種子が飛び出す
  • タンポポの様に風に乗って飛んでいきます
  • 和名 ふうせんだまのき

 

風船唐綿の花には何時見ても、蟻が密を舐めに来ています。
臭いを嗅いでみますが、ほとんど臭いは感じません、蟻には、密の在処を知る何かを感じているのでしょう。

風船唐綿(ふうせんとうわた)(30681 byte)

風船唐綿の実、撮影2009.9.24投稿文流用、
お正月前後、実が茶色っぽく熟れる頃、朔果は大きく弾け、中から白い綿毛を持った黒い種が放出されます、
花よりも知名度は高く、風船の直径は7-8cm、表面に疎らに棘(トゲ)を持ちます、
棘は、刺さって痛い目に合うような、硬く鋭い棘と違い、案外柔らかい太めの毛のような物です。
茎に傷つけると、傷口から白い乳汁が分泌するのは唐綿と同じで、毒性が有り、触らない方が良いです。

風船唐綿の実

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

南天は、昔から、
「難転」あるいは「成天」に通じることから、縁起木、厄除けとして、知られております。
葉には、食品の防腐作用と併せ、葉を料理の飾りに、あしらわれたりします。
食あたりを防ぎ、長寿を願うと言うことで、箸にも利用されています。
また、「不浄を清める木」とされ、トイレの側にも植えられたりしています。
昔から、伝統的な、家紋の一つとして、デザイン的に受け継がれて来ており、
秋から冬にかけて紅葉し、「難を転じて福となす」ということで、おめでたいときに、好んで用いられ、
縁起物の木として、庭木としても好まれ、厄除け、正月などの祝事にも好んで使われます。
我が家の裏庭にも、勝手に増え続け、固まりで点在しておりますが、
写真は、近くの自動車整備工場の駐車場で撮らせていただきました。

南天(なんてん)(99879 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  目木(めぎ)科
 属   名  ナンテン属
 原 産 地  日本、中国
 植物分類  常緑低木
 耐寒性
 樹高・草丈  1m-2m
 開花時期  5月-7月
 花   色  白
 花径・花序  約 5mm
 果実径 6-7mm
 花   型  五弁花
 生育場所  庭木
 花 言 葉  機知に富む
 福をなす
 良い家庭
 撮影月日  2013.7.13
 撮影場所  宗像市 
  • 樹高さはMax 2mほどになり
  • 株元から多数の幹を直立させ叢生
  • 葉は長い葉柄、2-3回奇数羽状複葉で互生、小葉は披針形
  • 小葉柄の分岐ごとに節を持つ
  • 葉の質は堅く表面は光沢
  • 5月-7月ごろ枝先に円錐花序
  • 花は大変小さく米粒大の白色の花
  • 五弁花
  • 果実は球形の液果、晩秋に赤く熟す
  • 果実は、咳止めの薬や飴に利用される

 

花は大変小さく米粒大、花径は凡そ5mmの白色の五弁花。

南天(なんてん)(28391 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

宗像市 庄助ふるさと村園内 ショップ・オレンジ前花壇に、スペアミントの花が咲いています、
一般に良く見掛け、何気なく見ている花ですが、ミントの仲間は数が多く、皆良く似ており、判別は至難です、
花の付き方、葉っぱの形から、スペアミントとしていますが疑心暗鬼です、
別名 ミドリハッカオランダハッカ

スペアミントは、紫蘇(しそ)科、シソ属、地中海沿岸地方原産の、草丈30~50cmの多年草です、
茎先に淡い紅紫色をした唇形の花を沢山付け、ペパーミントに比べて花穂が長く、花の色が淡い様です、
葉は細長い卵形、対生、葉に柄は無く、葉のつけ根はハート形で茎を抱きます、
花後に、出来る実は、複数の子房からできた分果、
スペアミントの「スペア」は「槍」という意味で、葉の先端が尖っていることが名前の語源の様です。

スペアミント(ミドリハッカ、オランダハッカ)(79130 byte)

ミントは、古くから料理を始め、様々な香り付けに使われる清涼感ある香りの、ポピュラーなハーブです、
「ハーブ」と言えば、先ず「ミント」を指すほど、最も知られている代表的なハーブです、
ミントは原種、交配種を含めると、120種以上にも及びますが、使用されるのは、一般にその10種余りで、
使われ方も、各ミントにより異なり、
中でも、縁に細かい切れ込みが入った、細葉にマイルドな清涼感と、ほのかな甘みを含んだスペアミントは、
ペパーミントより穏やかな香りで、好まれています。
主成分は、スペアミントの甘みのある、スーッとした香りの元になる、カルボン(約60%)を含有し、
古くは、入浴剤や、口臭や歯を白くする歯磨きのケアーに使われ、お肌への効能もあり、
ペパーミントより古いハーブで、誰からも好まれる、ハーブとして使用されて来ています。

スペアミント(ミドリハッカ、オランダハッカ)(50902 byte)

花は紫蘇科の花に共通し、花径3mm位の唇形花弁、花穂は5~6cm×1cmφ位、淡い紫色の花です。

スペアミント(ミドリハッカ、オランダハッカ)(53990 byte)

スペアミント(ミドリハッカ、オランダハッカ)(53550 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

木斛(もっこく)は、山野で見られる花木、樹高5m位の常緑中高木、
椿(つばき)科、モッコク属、日本、中国、東南アジア に分布し、
葉は、厚みのある革質で長楕円状で倒卵形、全縁、互生、表面は光沢が有り、
6~7月に、セッコクの香りに似た、芳香の淡黄色の小さな5弁花を、葉腋に下向きに咲かせます、
雌雄異株ですが、雌株は雄しべと、雌しべを持つ両性花を付け、雄株は雄しべだけの雄花しか付けない花木です、
庭木でもお馴染みで、成長の遅い事が、景観を変化させたくない日本庭園などに好まれ、
古くから利用されています、
10月頃、1~2cmの球形、又は広楕円形の果実を付け、赤く熟します。
花言葉 人情家。

木斛(もっこく)(102588 byte)

木斛(もっこく)(52733 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

公園を流れる、谷川の水路の浅瀬、及び周辺の草地に、芹(せり)の花が沢山見られます、
早春の印象が強い芹の花ですが、初夏から夏の最中にかけて、小さな白い花をいっぱい咲かせます、
花の直径は、可成り小さく、凡そ2~3mm、うっかり見落としてしまいそうな花です。

別名、白根草(シロネグサ)、
芹(せり)科、セリ属、湿地や畦道、休耕田など土壌水分の多い場所や、水辺の浅瀬に生育する、湿地性植物です、
茎には稜があり、草丈は30cm程度、茎は泥の中や表面を横に這い、葉を伸ばします、
葉は互生し、1~2回3出羽状複葉、小葉は卵形で荒い鋸歯があり、全体的に柔らかく黄緑色、
花期は7~8月、直立する長い花茎の先に、小形の複散形花序をだし、白色の5弁の小さな花を咲かせます、
花は、独特の香りを持ち、春先の若い茎は、食用とされ、春の七草の一つです。
果実は長さ約3mmの楕円形、
花言葉 清廉・高潔。

芹(せり)の花(98964 byte)

芹(せり)の花(60899 byte)

芹(せり)の花は、白色の5弁花、自家受粉を防止する、雄蕊先熟花 (ゆうずいせんじゅくか)の花で、
撮影当時は、雄しべが目立つ雄性期の花でした、花粉を散布し終えると、雄しべは自然に落ち、
雌性期となり、柱頭が目立つ様になります。

芹(せり)の花(50395 byte)

芹(せり)の花(60389 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

梅雨が明ける前後から、目に眩しいくらいの、鮮黄色の花、黄槿(はまぼう)の花が、咲き始めました、
黄槿(はまぼう)は、関東以西、本州、四国、九州、奄美大島、朝鮮半島の、
海岸沿いや、河口付近の干潟の陸側や湿地帯に自生します、
しかし近年の干潟の減少や、海浜部の造成が増え、自生地は年々狭まっていると聞きます、
一方各地で、栽培を殖やす努力が重ねられているNewsも耳にし、喜ばしい思いもしています。

葵(あおい)科、フヨウ属の落葉樹、樹高1m~3m、7~8月に掛け、
花径6cm程度の、黄色の5弁花、花芯部が暗赤褐色の、爽やかな花を咲かせます、
花弁は付け根から、回旋して伸び、船のスクリューのようなイメージの花です、
花の形は、同属のハイビスカス、木槿(むくげ)、芙蓉(ふよう)、オクラの花に似ており、
花は、一日花、朝開いて夕方には萎みますが、蕾が次から次に育ち、長い期間花を咲かせてくれます、
葉は、先端部が小さく尖った、倒卵状円形で互生し、全体に丸いイメージを持ちます、
葉は分厚く、長さ7cmくらい、縁には緩やかな浅い鋸歯が有り、葉裏や全体に細毛を持ちます。

黄槿(はまぼう)(35913 byte)

花は、直径6㎝前後、花芯部が暗赤褐色、花弁はスクリューの様に捻れており、端正な花の形をしています。
シベの形は、フヨウ属の花に共通し、柱頭が五裂し、花柱壁面に雄しべが、びっしり付く姿は、共通しています。

黄槿(はまぼう)(35977 byte)

黄槿(はまぼう)(27645 byte)

樹高はMax3m、青空に浮かぶ黄色い黄槿(はまぼう)の花は、梅雨明け以降の快晴で、爽快な気分、
蕾が沢山付いており、次から次に開花が進み、暫く開花が楽しめそうです。

黄槿(はまぼう)(56146 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ハーブ園のフエンスに沿って10本ほどのスモモの木、ポツンポツンと残り実が見られます、
甘酸っぱくて、ジューシーなスモモは、初夏の頃から市場で見掛け、
貧血予防、高血圧予防、眼精疲労回復、便秘改善に効果が見られる果物で、
毛細血管を強化したり、
眼精疲労を回復するといわれているフラボノイド 「アントシアニン」が多く含まれている果物で、
貧血、高血圧予防にも効能が記されており、思った以上に健康促進が期待できる果物です。

李(すもも)の実(99723 byte)

下は、テニスボールくらいの大きさ、熟れている実は、これ一つ、熟すと紅くなります、
時期的に既に熟れているはずですが、既にもぎ取られた後らしく、
この実も、小鳥か、昆虫の餌になるかで、未だ完熟には早いかと思いましたが、
先を越されるのは惜しいと思い、ちゃっかり、もぎ取り食させていただきました、
果汁たっぷり、酸っぱさは僅かに感じますが、十分甘~く、一個では物足りない思いでした。

李(すもも)の実(63634 byte)

下は李(すもも)の花、薔薇(ばら)科、サクラ属の仲間だけに、梅の花に良く似ています。
2013/04/24(Wed) 投稿分引用。

李(すもも)の花(34354 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

バス通り沿いの民家、玄関口の大きな木に、凌霄花(のうぜんかずら)が蔓を伸ばし、花を咲かせています、
通りの歩道から撮影できますので、勝手に撮らせていただきました、
夏を伺わせる代表的な花、中国原産の、凌霄花(のうぜんかずら)の花。
幹から吸着根を出して、塀や壁他の木などによじ登り、6月から9月ごろ、紅橙色の花を次々と咲かせます、
一般には紅橙色の単色で、花径6cmほどの在来種の花をよく見かけますが、
北アメリカ原産の「アメリカノウゼンカズラ」には赤橙色や黄色などがあり、
両種の交配によって、園芸品種が、沢山作られ多彩です、
蔓に、ぶらさがったオレンジの花はまさに夏の花です。
7月始め頃から、花を見せ始めていましたが、まだまだ暫く花は見られ、開花期が随分長い花です。

凌霄花(のうぜんかずら)(72293 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  凌霄花科
 (のうぜんかずら)
 属   名  ノウゼンカズラ属
 原 産 地  中国
 植物分類  半耐寒性、つる性
 樹高・草丈  つる性木本
 開花時期  6月-11月
 花   色  橙色、他に、
 ピンク、黄色等
 花径・花序  約 5cm-6cm
 花   型  ラッパ型
 生育場所  庭木
 花 言 葉  名誉、栄光
 撮影月日  2013.7.15
 撮影場所  宗像市 
  • つるから、気根を出し固着し、塀や壁、他の木などによじ登る
  • 葉は奇数羽状複葉
  • 花冠はラッパ型、花冠開口部で5裂片
  • 赤橙色の花をつぎつぎと咲かす
  • 園芸品種多くピンクや黄色などの花色も見られる
  • 幹は藤の花のように太くなる
  • 花後のこぼれ種が自然発芽する

 

凌霄花(のうぜんかずら)(62607 byte)

凌霄花(のうぜんかずら)(63335 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit
 

挿し木で育てた、小紫の木が花を咲かせ始めました、下2枚、撮影コンパクトデジカメ。

小紫(こむらさき)(45217 byte)

小紫(こむらさき)(46637 byte)

 

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  熊葛科
(くまつづら)
 属   名  ムラサキシキブ属
 原 産 地  日本、
 朝鮮半島、中国
 植物分類  落葉低木
 樹高・草丈  Max 2m
 開花時期  6月-8月
 花   色  薄紫、白
 花径・花序  実測 3mm
 花   型  漏斗(ろうと)型
 生育場所  庭木
 花 言 葉  知性
 撮影月日  2013.7.13
 撮影場所  宗像市 
  • 葉は 倒卵状長楕円形、対生、先端が尖る、葉柄近くは緩く、
  • 先端程細かな浅い鋸歯
  • 葉腋のすこし上から 集散花序
  • 花は短い漏斗型、花冠四裂
  • 3mm前後の極小の花が4~6本で花序を形成、淡紅色~薄紫の小さな花
  • 雄しべ4本、雌しべ1本、葯の色黄褐色
  • 10月~11月頃、球形の光沢ある紫色に熟した果実が生る
  • 花よりも紫色の果実の方が知られている
  • 紫式部に比べて、全体に小型
  • 別名 小式部(コシキブ)

 

下2枚撮影デジ一。
5mm弱の花の、これ以上のズームアップは、風の影響+手ブレも加わりクリアーさが欠けます、
機動性に欠けますが、やはりマクロ撮影には三脚は欲しいところで、ズボラしてはいけないみたいです、
コンデジ撮影を含め、ほぼ近い設定での撮影ですが、被写界深度に大きな差が見られます。
色の違いは、撮影日が数日遅れで、撮っていますので、全く同じ条件ではありません。

小紫(こむらさき)(32674 byte)

花は極小です、実測 花径 3mm、シベ長 10mm、花序 2cm~3cm、秋には光沢有る紫色の実が生ります。

小紫(こむらさき)(34871 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

出しそびれの黄花鋸草アキレア)、
ハーブの一種、園芸店では、アキレアと表示されており、ノコギリソウの仲間では、一番大型の種類です、
草丈も1m近くまで大きくなり、花序径も20cmにも為り大きいです、
菊科、ノコギリソウ属、ロシアのコーカサス地方が原産の多年草です、
葉は、線状に互生し羽状に深く裂け、ノコギリの歯の様な形状で、羽状複葉、
6月~8月に掛け、茎頂に散房花序をつけ、小さな黄色い花を咲かせます、
西洋鋸草に似ていて、草丈は遥に大型、葉がノコギリのような形から、ノコギリソウの仲間として扱われます、
全草を薬用に使われ、若芽はサラダに、花はドライフラワーに利用されています。

黄花鋸草(アキレア)(98566 byte)

黄花鋸草(アキレア)(57448 byte)

花は極小、花径4-5mm。

黄花鋸草(アキレア)(39725 byte)

花序は、茎頂に散房花序、花序径20cmにも為ります。

黄花鋸草(アキレア)(100145 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

公園の、ハーブ園の一角に、棗(なつめ)の木が5本、花が咲いています、
黒梅擬(くろうめもどき)科、ナツメ属、中国原産の落葉小高木で、樹高は10m位にも為ります、
花期は6~7月頃開花させますが、案外目立たず、気づいてもらう事が、少ない花です、
果期は10~11月で、赤い楕円形の果実が生り、生食又はお菓子造りに、又薬用に利用されております、
別名、夏芽とも言い、初夏になって芽を出すことが語源のようです。

棗(なつめ)(92795 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  黒梅擬科
(くろうめもどき)
 属   名  ナツメ属
 原 産 地  中国
 植物分類  落葉小高木
 樹高・草丈  10m
 開花時期  花期6月-7月
 果期10月-11月
 花   色  淡い黄色
 花径・花序  5mm-6mm
 花   型  星型
 生育場所  庭木や街路樹
 花 言 葉  健康の果実
 撮影月日  2013.7.13
 撮影場所  宗像市 
  • 節に鋭い棘を持つ
  • 葉は卵形で互生(ごせい)、基部は円形で先端は鈍く尖る、
    3脈が目立ち、表面は光沢、葉縁は不揃いの鈍い鋸歯
  • 短枝には、細い小枝が束生
  • 花は、短枝に束生する小枝の、葉腋に数個ずつ付く
  • 花は淡い黄色の小さな星型の5弁花で目立たず、直径5~6mm
  • 花後の実は長楕円形の液果、赤く熟し長楕円形、
    果肉は白く、味は梨のように、さっぱりとした甘さで美味
  • 実は、生食、砂糖漬け、干して菓子の材料に利用され、
    利尿・強壮剤として漢方薬に配合して用いられたりする
  • 和名は、別名の夏芽が、初夏になってから新芽を出すことに由来

 

花は、星形の5弁花、花盤と子房が、平面的な特徴有る造りで、特別綺麗な花とは言えません。

棗(なつめ)(33072 byte)

棗(なつめ)(56688 byte)

下は、棗(なつめ)の実、2010年8月撮影分です。
まだ青い実ですが、この実を蒸して乾燥させたものを、大棗(タイソウ)と呼び、
他の漢方薬と一緒に、漢方薬の味を緩和するのにも用いられるそうです、
最近では、花粉症などのアレルギー症状を抑えることで、注目されているとも言われています、
実は赤く熟し、未だ口にした事はありませんが、果肉は白く味は梨の様に、さっぱりした甘さで美味らしいです。

棗(なつめ)(63047 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

食事処の中庭の花壇に、ポップブッシュ・プルプレアの果穂が見られます、
ムクロジ科、ドドナエア属、半耐寒性常緑低木、 樹高 2~4m、オーストラリア原産、
開花期 春 クリーム色の小花を付け、
初夏に翼状のサヤを付けた、花に見える赤みのあるユニークな果実を、花穂状につけます、
細長い葉が上向きにつき、秋~冬季には紫がかった銅葉が、とても美しいカラーリーフプランツです。

ホップブッシュ・プルプレア(110915 byte)

春 クリーム色の小花は、初夏の頃に、翼状のサヤを付けた、花のような実をつけます。
初秋には実は成熟し、かさかさした枯れ葉色になり、秋~冬季の銅葉も、捨て難いカラーリーフプランツです。

ホップブッシュ・プルプレア(82269 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ピラカンサスの果実

クリスマス頃以降に、濃橙色の果実を付けることで、良く知られているピラカンサスに、
早くも果実が見られ始めました。

ピラカンサス(97599 byte)

ピラカンサス(50774 byte)


アカンサス

小川の向こう岸の、農家の納屋らしき建家に沿って、アカンサスの花が咲いています。

アカンサス(94116 byte)

アカンサス(52010 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

近くの公園の合歓の木(ねむのき)、梅雨の豪雨の合間に撮影です、
雨の止み間に撮るしかないため、妥協して撮っていますが、長いシベが雨でくっつき合って、
合歓木の花の艶やかさが見られません。

合歓の木(ねむのき)(93132 byte)

合歓の木(ねむのき)(82952 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

当日は七夕、全く意識して無く訪問した子供広場、
前日の土曜日は、よさこいダンスフェスタが開催された模様、
訪問当日は七夕、七夕キャンドル+ダンスフェスタが予定されており、
この広場では、七夕キャンドル点灯式用の、キャンドルの設置準備が進められておりました、
梅雨明け宣言されたばかりですが、この後雨が予報されており、人ごとながら気がかりなお天気です。

七夕キャンドル(87647 byte)

取材時間の制約で、ネタ切れが続いています、
週末の撮影が出来ないのが響いて、暫く端折った状態が続きます、お許し下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。