スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

県道のバス通り沿いの畑の一角に、オクラの花が咲いています、
大型車の通行量が多い、片側一車線の県道上、車を止める場所が無く、一寸 躊躇しながら、慌てて数枚パチリ、
オクラの実を探しましたが、収穫した後なのか、小さな実は付いていますが、十分実った実は見当たらず、
躊躇しながらの撮影のため、早々に退散しました。

葵(あおい)科、トロロアオイ属、アフリカ原産の多年草、別名アメリカネリ、陸蓮根(オカレンコン)、
初夏から、綺麗な花を咲かせ、夏ばて対策に、人気のネバネバ系の野菜で、お馴染みのオクラの花です、
花は淡い黄色に、中心が暗紅色、花弁は5枚、
オクラは、もっぱら畑の花で、葵(あおい)科の花共通の、野菜の花にしては、結構見映えのする花です、
実は食用にされ、切り口が5角形、独特のネバネバが特徴で、
このネバネバが、コレステロール値や血圧を低下させる効果、骨粗しょう症に効能有り、
TVの健康増進テーマーの番組には、良く登場する野菜で、
良く似た花に、浜朴(ハマボウ)、黄蜀葵(トロロアオイ)が有り、共に良く知られた花です。

オクラ(115409 byte)

オクラ(46921 byte)

オクラ(32345 byte)

オクラ(56878 byte)

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

残暑見舞い申し上げます。
8月23日は処暑、暑さが峠を越え、この日を境に、夏の暑さが、次第に和らぐといわれていますが、
今年の残暑は厳しく、当地の猛暑日も漸く途切れたとは言え、まだまだ暑い夏は続きそうです、
皆様 体調崩さない様ご自愛願っています。


初雪草(はつゆきそう)

近所の、お婆ちゃんが栽培しているお花畑、お婆ちゃんは見掛けないけれど撮らせて戴きました。

初雪草(はつゆきそう)(61635 byte)

初雪草(はつゆきそう)(43352 byte)


風船葛(ふうせんかずら)

畳屋さんの横の駐車場の一角、昨年までは、お花畑だったところが、駐車場になっており、
時々撮影させていただいていましたが、すっかり様変わり、
お花畑としては、これでは余り期待できそうも無くなりました。

風船葛(ふうせんかずら)(62103 byte)

風船葛(ふうせんかずら)(44374 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ペチュニア寄せ植え

ペチュニア寄せ植え(82041 byte)


ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト(111248 byte)

お盆休暇で暫く留守していました、ネタ切れのため暫く週末投稿させていただきます。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

紅葉葵(もみじあおい)

紅葉葵(もみじあおい)(51674 byte)

紅葉葵(もみじあおい)(43012 byte)

紅葉葵(もみじあおい)(31001 byte)


芙蓉(ふよう)

芙蓉(ふよう)(78561 byte)

芙蓉(ふよう)(30151 byte)

芙蓉(ふよう)(40796 byte)

芙蓉(ふよう)(43262 byte)

ご挨拶

暫く留守しますので、お休みさせていただいています。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

デュランタ

デュランタ(91429 byte)

デュランタ(76681 byte)


向日葵(ひまわり)

向日葵(ひまわり)(74447 byte)

向日葵(ひまわり)(91005 byte)

ご挨拶

お盆休みで暫く留守しますので、お休みさせていただいています。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

栗(くり)

栗(くり)(102121 byte)

栗(くり)(83481 byte)


犬槇(いぬまき)の若い実

犬槇(いぬまき)の若い実(73852 byte)

犬槇(いぬまき)の若い実(35649 byte)

ご挨拶

お盆休みで暫く留守しますので、お休みさせていただきます。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

残暑お見舞い申し上げます、
早くも立秋を迎え、暦上では秋に突入ですが、まだまだ夏本番の真夏日の連続です、
節電ムードが、この暑さに拍車を掛けていますが、
体調に十分気を付けられ、公私とも活躍されますよう、期待いたします。

町内を散策すると、色鮮やかな百日紅(さるすべり)の花を、多く見かける様になりました、
百日紅(さるすべり)は、この時期、夾竹桃、木槿、芙蓉、カンナ等と共に、夏を代表する花木の一つ、
木の幹は、スベーッとした感触で、枝の先に紅白の花をたくさん付け、大変賑やかな佇まいで良く目にします、
品種も豊富で花色も、桃紫色系から紅紫色系、ピンク、白、など豊富です、
鮮やかな咲きっぷりの花は、一個の花が沢山集まり、大きな房を形成します。

百日紅(さるすべり)(85356 byte)

花は、良く見ると、6弁をベースにした花であり、爪部が数cmもある極端に長い構造、
フリルが発達した舷部 (げんぶ)を持つ花冠で、外部からは花の深部は見難い構造です。
花弁の爪部は細長く、花弁の先端部、舷部が広い構造は、豆科やナデシコ科の花に良く見られる構造です。

花の中央部の黄色い雄しべ群は、
昆虫をおびき寄せる為の、食用雄しべで、生殖能力は持たず、昆虫を誘き寄せ、昆虫に食されるだけの役目です、
食用雄しべの周辺の、6本のカールしたシベが、雄しべです、
又、雌しべは、中央部食用雄しべ群の中に、花柱先端が緑色のシベが1本存在します、これが雌しべです、

又、6枚の萼裂片を持ち、裂片の谷間の間から、花弁の長い爪部が6本派生しており、
これに対応して、食用雄しべの根っ子の部分より、6本の雄しべの花糸が伸びております。
複雑な百日紅の花の深部は、大変複雑で、珍しい造りです。

百日紅(さるすべり)(54871 byte)

百日紅(さるすべり)(42770 byte)

角度を変えて、疑似雄しべ、雄しべ、雌しべを見てみます、
中央部に目立つ黄色の食用雄しべ群、この食用雄しべ群の中から、突き出している雌しべ、
4時の方向に伸び、先端をくるりと湾曲させ、花柱の先端、柱頭部の色が緑色のシベが、雌しべです、
雄しべ、雌しべとも、この花の増殖は、虫媒花で成り立っていることを示しています。

百日紅(さるすべり)(49176 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  禊萩科
(みそはぎ)
 属   名  サルスベリ属
 原 産 地  インド北部
 中国南部
 植物分類  落葉小高木
 半耐寒性
 樹高・草丈  3m~10m
 開花時期  7月~9月
 花   色  桃紫色~紅紫色
 白等
 花径・花序  3cm~4cm
 花   型  車形変形花冠
 生育場所  公園樹
 街路樹
 民家
 花 言 葉  雄弁、愛敬
 撮影月日  2013.8.4
 撮影場所  宗像市 
  • 樹高 10m近くなり、樹皮は滑らかで薄く剥離する
  • 葉は倒卵状楕円形、対生もしくは互生が入り交じる
  • 花柄はほとんどない
  • 夏から秋にかけて枝先に円錐花序、花は両性花
  • 花は花序の基部から咲き始め、徐々に先端に咲き及ぶ
  • 花弁は6枚、縁は波打ちフリル状に縮れ、爪部は細長く、
    舷部は1.3cm程の円形
  • 花には黄色の多数の食用雄しべを持つ
  • 雄しべは内側と外側で長さが異なり、外側の6本は長く、葯は紫色、
    内側の雄しべは短く数は多い、葯は黄色
  • 雄しべ6本、葯が茶紫色で授精用
  • 内側の雄しべは数は多く、疑似雄しべ、昆虫誘引用の食用雄しべ群
  • 雌しべ1本、柱頭部の色が緑色
  • 花期が長い事から、百日紅
  • 果実は球形の朔果で径7mmほど、熟して6裂し、種は長さ4-5mm、
    種子には翼(よく)があり、風散布される
  • 庭園樹、庭木に人気
  • 材は硬質で農具の柄等に利用
  • 和名は、猿も滑り落ちるほど木肌が滑らか、に由来

 


紅白百日紅(さるすべり)

此方は、市道に面した民家の庭の紅白のキメラ咲き百日紅(さるすべり)、正式の名称は不明。

百日紅(紅白)(さるすべり)(97644 byte)

百日紅(紅白)(さるすべり)(54794 byte)

ご挨拶

明日から、お盆休みで暫く留守しますので、お休みさせていただきます。

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

近所のTさん宅の、合歓木に似た花が随分前から咲いています、
以前Tさんに聞いたことは、フラワーショップで鉢植えを買ってきたが、
大きくならないので、数年前に庭の路地に植え替えたが、それ以降も一向に大きくならないと言っていました。
合歓木と言っていましたが、実際はカリアンドラと言う種類です。

カリアンドラには種類は幾つか有り、
赤い合歓木に似て、ヒネム(緋合歓)と呼ばれるカリアンドラ・エリオフィラ種です。
一般に合歓木は、樹高5~10m、豆(まめ)科、ネムノキ属、
このカリアンドラ・エリオフィラは、樹高はせいぜい 1.5m、豆(まめ)科、カリアンドラ属に属します。
花に見えるのは、房状に多数ある雄しべ郡で、個別の花は小さくて目立ちません。

カリアンドラ(92367 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  豆(まめ)科
 属   名  カリアンドラ属
 原 産 地  テキサス
 カリフォルニア
 植物分類  常緑低木
 非耐寒性
 樹高・草丈  凡そ 1.5m
 開花時期  6月-8月
 花   色  朱、白
 花径・花序  2cm
 花序 約 7cm
 花   型  集合花
 生育場所  公園、民家
 花 言 葉  燃える恋心
 撮影月日  2013.8.3
 撮影場所  宗像市 
  • 葉は羽状複葉
  • 葉はネムノキに似て、夜間は閉じます
  • 花に見えるのは雄蕊の集合体
  • 花弁はなく赤い花に見えるのは雄しべ、長さは20mmほど
  • 別名 ヒネム(緋合歓)、ベニゴウカン(紅合歓)

 

カリアンドラ(57909 byte)

木の大きさ、葉の形状、付き方は、同じ豆科のお辞儀草に似た感じですが、
花付きは疎らで、樹幹一杯という咲き方は、この木に限り見たことはありません、
何時も疎らに何時までも咲いており、この花も一ケ月半くらい前から咲いており、開花期間が大変長い花です。

カリアンドラ(51159 byte)

カリアンドラ(54687 byte)

カリアンドラ(64361 byte)

カリアンドラも種類が色々あるようですが、木の大きさ、葉の形状、付き方から、
同じ豆科のお辞儀草に似ており、カリアンドラ・エリオフィラ種の様です。

カリアンドラの葉っぱ

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

夾竹桃(きょうちくとう)

釣川の中流部の、鍵橋~赤馬橋間2.6Kmに渡る桜づつみ公園、
JR赤間駅南口近くの堤防上に、夾竹桃(きょうちくとう)が固まって植樹されています、
猛暑が続く風が強い週末で、花びらが風でバタナタなびき、風によるブレとの戦いで、
一瞬のシャッターチャンスを逃さぬよう、悪戦苦闘でした。

夾竹桃(きょうちくとう)(79360 byte)

夾竹桃(きょうちくとう)(67436 byte)

夾竹桃(きょうちくとう)(32338 byte)

夾竹桃(きょうちくとう)(34653 byte)

夾竹桃(きょうちくとう)(94717 byte)


黒鉄黐(くろがねもち)の果実

上記、桜づつみ公園内の一角の児童公園の一角の、黒鉄黐(くろがねもち)の果実

黒鉄黐(くろがねもち)の果実(87632 byte)

黒鉄黐(くろがねもち)の果実(82254 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ピグマエア・ヘルボラ

登山口にある公園、谷川から流れる小川の小さな池に、ピグマエア・ヘルボラが数輪咲いています、
近所の人が、飼っている、メダカを沢山見られる小川ですが、結構水温が低く、
余り、数多く咲かせている様子は、見たことはありません。

ピグマエア・ヘルボラ(71780 byte)

ピグマエア・ヘルボラ(35048 byte)


向日葵(ひまわり)

上記公園の一角の、連日猛暑が続く当地、元気印の向日葵(ひまわり)の花も、一寸お疲れモ-ド。

向日葵(ひまわり)(79202 byte)

向日葵(ひまわり)(82320 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

山里から、登山道に掛けて、ヤマハギの花に似た可愛い花が垂れ下がって、花を咲かせています、
薄紅紫色の蝶形花を咲かせる駒繋ぎ(こまつなぎ)です。

駒繋ぎ(こまつなぎ)は、茎は細いですが根が良く張り、茎や根が丈夫で引っこ抜き難く、
駒(馬)の、手綱を繋ぎ止めても、切れないほど、丈夫だと言われます、一方、豆科の花だけに、
馬が、この駒繋ぎの葉や花を好むそうで、手綱を引っ張っても、引き離すのが大変とも言われ、
諸説、名前の由来が語られていますが、それ程、茎や根が丈夫な植物のようです。

駒繋ぎ(こまつなぎ)(106976 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  豆(マメ)科
 属   名  コマツナギ属
 原 産 地  日本全国
 植物分類  落葉小低木
 樹高・草丈  Max 2m
 開花時期  7月-9月
 花   色  薄紅紫
 花径・花序  10mm
 花   型  蝶形花
 生育場所  山野
 花 言 葉  希望をかなえる
 撮影月日  2013.7.28
 撮影場所  宗像市 
  • 葉は奇数羽状複葉、長楕円形の小葉
  • 茎先の葉腋から上向きに総状花序
  • 花序長、5cm-6cm、小さな薄紅紫色の蝶形花を咲かす
  • 藍の色素を持っており、 藍染の染料に利用されました
  • 暑い夏の時期、萩の花に見間違えるような、涼しげな花を咲かす
  • 花は夜になると閉じる
  • 一見、草に見えますが、落葉小低木の木本です
  • 別名 馬繋(ウマツナギ)、駒留萩(コマトメハギ)、
    金剛草(コンゴウソウ

 

茎先の葉腋から上向きに総状花序を伸ばし、花序長5cm-6cm、小さな薄紅紫色の蝶形花を穂状に咲かせます。

駒繋ぎ(こまつなぎ)(46425 byte)

駒繋ぎ(こまつなぎ)(42182 byte)

登山道脇の、林縁の藪の中を賑わしている駒繋ぎ(こまつなぎ)

駒繋ぎ(こまつなぎ)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

近くの児童公園の一角に、沢胡桃(さわぐるみ)の果穂が見られます、
毎年、花は5月頃に開花しますが撮り損ないました、秋には二枚の翼片を持った実が生ります。

沢胡桃の木は、樹高 20m以上になる大きな木ですが、ここは児童公園、強剪定の所為か、7~8m位、
クルミ科、サワグルミ属の落葉高木、北海道南部から本州、四国・九州に分布しています、
同じクルミ科とは言え、クルミの実とは随分違ったイメージの実です。

葉は狭長楕円形、奇数羽状複葉で互生、長楕円形の小葉が10~20対、鋸歯を持ちます、
木は雌雄同株、木材質は柔らかく、桶や下駄、経木などに利用されます。
サワグルミ属には、本種の他、中国原産のシナサワグルミがあり、街路樹や公園樹として植栽され、
シナサワグルミは、偶数羽状複葉で、葉軸に翼(よく)があることで区別されます。

沢胡桃(さわぐるみ)(79608 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  クルミ科
 属   名  サワグルミ属
 分 布 地  北海道-九州
 植物分類  落葉高木
 樹高・草丈  10m-20m
 開花時期  4月-6月
 7月-8月
 花   色  雌花 薄紅橙色
 雄花 薄黄緑色
 花径・花序  5mm-6mm
 花   型  穂状
 生育場所  山地の沢沿い
 花 言 葉  あなたに夢中
 至福のとき
 撮影月日  2013.8.3
 撮影場所  宗像市 
  • 樹皮は暗灰色で、やや深い裂け目が入り、古くなると剥がれる
  • 葉は、奇数羽状複葉、互生、長さ20-30cm、小葉は11枚-21枚、
    長さ5-12cmの長楕円形、縁は鋭く細かな鋸歯、先端は鋭く尖る
  • 葉軸と葉柄に軟毛が密生する
  • 雌雄同株、雌雄異花
  • 4月から6月ごろ、雌花序と雄花序をだし下垂す、
    雄花の開花の方が、少し早い
  • 新枝の先に雌花序が垂れ下がり、
    枝の葉腋に、黄緑色ので20cm程の雄花序が数個下垂する
  • 7-8月頃、10-30個の堅果が長さ30-40cmの果穂に付いて熟します
  • 実は約8mmの堅果、中に1個の種子を持ち、2枚の小苞が翼となり幅2cm
  • 材は柔らかく、桐に似て淡黄白色、軽いため、
    マッチの軸木、桶、経木、下駄 、家具の内張などに利用される
  • 樹冠は卵状球形となり、その樹形は端整で美しい

 

遠目の花、果穂は、藤の花に似た房状に、30~40cmほどに長く垂れ下がります、
時折この場所は通っていますが、意識していなかった所為もあり、今年の花の撮影は撮り損ないました、
たまたま通りかかり、果穂が下垂しているのに気が付き、急遽撮って来ました。
写真は、まだ未熟状態の果穂で、堅果に発達した翼(よく)が見られます。

沢胡桃(さわぐるみ)(39030 byte)

花は4月から6月頃、枝の基部から、雄花序を下垂させ、
新枝の先端に雌花序の花穂を下垂させます、
夏以降、小苞が発達した、長さが30~40㎝もある、二枚の翼片を持つ果穂は、秋には茶色に熟し育ちます、
堅果な実は、5~6mmほどで、クルミほどの大きな実でなく、実は食べられません。

沢胡桃(さわぐるみ)(35797 byte)

写真は、児童公園南端の丘陵地に7~8本見られます。

沢胡桃(さわぐるみ)(92211 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

花梨(かりん)の果実??

市道のガードフエンス下の木に果実が生っています、
市道上からは、木の上部が目の高さで、じつに見るには都合の良い高さです、
少し歪な形の果実が気になり撮ってみましたが、
果実の歪な形状、葉っぱの形+鋸歯の様子から、花梨(かりん)の果実に見えます。

果実は固くて、酸味が強く、生食には向きませんが、
芳香の果実は良く知られており、カリン酒や砂糖漬け、ジャムとして利用されるほか、
漢方としても利用されます。

花梨(かりん)の果実(47193 byte)

花梨(かりん)の果実(34335 byte)

花梨(かりん)の果実(118241 byte)

下は、2010/04/26投稿分引用、4月下旬に、こんな綺麗な花を咲かす、別の場所の花梨(かりん)の花です、

花梨(かりん)(40584 byte)

花梨(かりん)(40805 byte)


梨(なし)の果実

3月月末頃、花を咲かせていた、梨(なし)の実が大部実ってきています。
咲いていた花数は密集していましたが、実っている実は意外と少ないようです。

梨(なし)(58428 byte)

同じ木の、梨(なし)の花、今年3月末に撮影分の在庫蔵出しです。

梨(なし)(37411 byte)

梨(なし)(53248 byte)

梨(なし)(89219 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

連日の猛暑、週末と言えど、取材への意欲が削がれます、
久しぶりに全国白砂青松100選にも選ばれている松原、当地の、さつき松原海岸線を散策です、
樹齢200年以上の黒松の並木が7Kmに続く「さつき松原海岸」、
海水浴場の反対側の砂丘地帯奥に、こんもりした緑が見え、行ってみると、
青紫色の唇形花冠の、蔓荊(はまごう)の花が、沢山咲いています。
近づくと、ユーカリの葉に似た芳香の香りが、一面漂っています。

蔓荊(はまごう)(57815 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  熊葛科
(くまつづら)
 属   名  ハマゴウ属
 分 布 地  本州、四国
 九州、琉球
 植物分類  常緑小低木
 樹高・草丈  30cm-70cm
 開花時期  7月-9月
 花   色  青紫色
 花径・花序  10mm×15mm
 花   型  漏斗状
 花冠 唇形花
 生育場所  海岸の砂地
 花 言 葉  愛の喜び
 撮影月日  2013.7.28
 撮影場所  宗像市 
  • 海辺の砂地に群生する、海浜植物
  • 茎は砂上を縦横に這い回り、そこに根を出して繁茂する
  • 枝は4稜があり、直立または斜上す
  • 葉はふつう単葉、葉柄は長さ5-10mm、対生
  • 葉身は楕円形から広卵形、長さ3-6cm、幅2-4cm、縁は全縁、
    縁は波打っており、裏面は白い毛で被われる
  • 花期は7-9月
  • 枝先に円錐花序、芳香のある青紫色の花を付ける
  • 花冠は長さ10-15mmになる漏斗状で、5裂した唇形花
  • 花冠は上下2つの唇弁に分かれ、
    上唇弁は2つに裂け、
    下唇弁は3つに裂け、
    中央の唇弁は両側の唇弁の5倍近く、付け根に2つの白い斑が有る
  • 雄蕊は4本、花柱は1本で花冠を突き抜け、柱頭が2裂する
  • 萼は長さ3-4mmの鐘形で5歯が有る
  • 果実は球形の核果で、水に浮きやすいコルク質の果皮、
    海流に流され生育地を広げます
  • 全体にユーカリの葉に似た芳香があり、古くは香として用いられた
  • 実を乾燥させたものを、生薬で蔓荊子(まんけいし)と言い、
    鎮痛、鎮静、消炎作用あり、蔓荊子散などの漢方薬に配合される

 

花冠は長さ10~15mmになる漏斗状で、5裂した唇形花、花冠は上下の唇弁に分かれ、
上唇弁は2つに裂け、
下唇弁は3つに裂け、
下唇弁の中央の唇弁は、両側の唇弁の5倍近く先端に突きだし、花喉部に掛け2列の白い密標の斑を持ちます、
雄蕊は4本、花柱は1本で花冠から長く突き出し、柱頭が2裂しています。

蔓荊(はまごう)(42290 byte)

下唇弁の2列の密斑には、短毛がびっしりです、昆虫が好むクッション床面構造なのかも知れません。
また雄しべの葯の構造が、V形構造をしており、葯の構造は種々有りますが、割に珍しい形状です。

蔓荊(はまごう)(33513 byte)

花冠筒は漏斗状、萼は長さ3~4mmの5歯が有る鐘形、花冠筒全長は凡そ10mm。

蔓荊(はまごう)(33099 byte)

海岸線より少し離れた、斜面に群生している蔓荊(はまごう)
大きく見えますが、実際は砂山の斜面に生えていますので、背丈はそれ程大きくはありません。

蔓荊(はまごう)(95152 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ヒベリカムカリシナム

ヒベリカムカリシナム(57458 byte)

ヒベリカムカリシナム(54052 byte)

ヒベリカムカリシナム(61786 byte)


ストケシア

ストケシア(58490 byte)

ストケシア(45628 byte)


モナルダ

モナルダ(49251 byte)

モナルダ(80866 byte)

モナルダ(54089 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

市道沿いの耕作放棄畑?に、柳花笠(やなぎはながさ)が見られます、
夏に入ると、小さな淡い紫色の花を団子状に形作る、熊葛科(くまつづら)科、バーベナ属の多年草植物です、
草丈1m前後と大きく、意外に目に付く花です。

柳花笠(やなぎはながさ)(121368 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  熊葛科
(くまつづら)
 属   名  バーベナ属
 原 産 地  南アメリカ
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  0.9m-1m
 開花時期  7月-9月
 花   色  淡いピンク
 淡い紫色
 花径・花序  花径 2mm-3mm
 花序 5cm-8cm
 花   型  花弁端 5裂
 花冠筒 高坏形
 生育場所  山野
 花 言 葉  幸運に
 撮影月日  2013.7.15
 撮影場所  宗像市 
  • 茎の断面は四角形で稜があり、触れるとざらつく感じ
  • 茎の中は空洞、上部で多数に分枝する
  • 葉は「柳」の様に細い披針形、ロゼット状に生え、
    広線形で対生、葉の縁には鋸歯
  • 花は、薄紫色、花径 2mm~3mm、花弁端は5裂し平開、
    花冠筒が長い高坏形
  • 花冠筒部が荒地花笠に比べ長い
  • 枝先に薄紫色の花を咲かせ、ドーム状の花序を形成
  • 別名 三尺バーベナ

 

柳花笠(やなぎはながさ)(118062 byte)

長く細い茎が枝分かれし、茎先に小さな薄紫色の5弁花を団子状に集合させて咲かせます。
集合した花が花笠のように見え、葉が柳のように細いことが、花名の語源です。
この柳花笠と見間違えるほどそっくりの、荒地花笠が有りますが、
此方の柳花笠の方が、花の密集度が高く、また色が濃く、華やかな花姿で、こちらは観賞用として扱われます。

柳花笠(やなぎはながさ)(34239 byte)

下は別の場所、市道沿いのバス停近くの空き地で、バーベナの花の群生が見られます、
数が半端でなかったので、車を止めて撮ってみました、
空き地だと思っていた場所は、近くの方が管理されている、お花畑の一角でした、
花は、バーベナの仲間、柳花笠(やなぎはながさ)で、数が半端でなく群生しています。 撮影デジ一。

柳花笠(やなぎはながさ)(55170 byte)

柳花笠(やなぎはながさ)(38991 byte)

茎には4~6稜があり、好んで触るものではありませんが、
触れると、ざらざらしたべたつく感触、手に刺さりそうな硬めの短毛が密生しています。

柳花笠(やなぎはながさ)(28456 byte)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。