スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit
采配蘭(さいはいらん)

采配欄(さいはいらん)の点在を見掛けます、
近くには、山芋堀の、掘り起こした穴だとか、踏み荒らした後が、無惨にも荒々しく残されており、酷い物です。

采配蘭(さいはいらん)は、
葉は長楕円形、長さ20~35cm、一枚の葉(稀に2枚)を根生し、葉先は尖り、深緑色、
稀に淡黄色の斑点の株も見掛けます、
葉は開花すると夏には枯れ、その後、初秋に新葉が出て来ます。

花の開花は5~6月、花茎は高さ30~50cm、一方向に10~20輪の花を総状に付けます、
花は細長く、淡緑褐色で紅紫色を帯び、初めは真横に花を突き出しますが、次第に下向きに垂れ下がります、
この一方向に垂れ下がる花の格好が、戦国武将が使った采配に似ている事に、花の名は由来します。
蘭科(らん)、サイハイラン属、日本、朝鮮半島~中国に分布する東洋蘭、林下の木陰などに生育する多年草です。

采配蘭(さいはいらん)(120225 byte)

采配蘭(さいはいらん)(112450 byte)

采配蘭(さいはいらん)(72042 byte)

采配蘭(さいはいらん)(44108 byte)


山の芋(やまのいも)

晩秋の頃からムカゴ採り、その後の山芋(自然薯(じねんじょ))として人気の山の芋(やまのいも)の朔果です、
掘り起こされるのを免れたようで、藪に繁茂している姿や、この様な姿を見掛けます。

山の芋(やまのいも)(110894 byte)

秋には、雌株に軍配状の3枚翼果が出来、朔果の翼は扁平状円形、長さ15mm、幅25mmくらい。
良く似た朔果にオニドコロが有りますが、朔果の翼は扁平状長楕円型で、全体に長い違いがあります。
地下に、長大な円柱状多肉質の根を伸ばす、トロロイモとして珍重される、山の芋です、
栽培されている「ながいも」と区別するため、自然の物を自然薯(じねんじょ)と呼び区別され、
晩秋の、ムカゴ、山芋を楽しみにされているフアンも多い、自然からの贈り物の山の芋(やまのいも)です。

山の芋(やまのいも)(64460 byte)

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)/青蝮草

近くの山へトレッキングです、山中では、蝮草(まむしぐさ)の仲間が、点在しているのが、見られます、
山頂近くの古城跡、石垣の周辺の、陽当たりの良い林下には、
細い、タケノコに見間違える、蝮草(まむしぐさ)の花茎が、無数に見られます。
蝮草(まむしぐさ)は、里芋(さといも)科、テンナンショウ属の多年草です、

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)/青蝮草(162011 byte)

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)/青蝮草(133905 byte)

仏炎包が緑色をした、関東蝮草(かんとうまむしぐさ)/青蝮草(あおまむしぐさ)です、
肉穂花序は仏炎苞という苞によって包まれているため、肉穂花序の棍棒体は、外からは見え難く隠されています、
雌雄異株で、肉穂花序の下部に萼も花冠も持たない雄しべ・雌しべだけからなる花です、
仏炎苞は、淡緑色で白い条が縦に走り、先端は水平に前に伸び、次第に先細りに為り、花序を蓋をする様な構造で、
筒状部は長さは凡そ10cm、肉穂花序の内部の、付属体は棍棒状で、径は凡そ10mm。

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)/青蝮草(134226 byte)

下は、蝮草の共通した花茎の模様です、
この茎の縞模様が、蛇のマムシの模様に似ていると言うことが名前の由来でもあり、
名前だけで、不気味に感じる、山ガールも居るようで、蛇のマムシとは全く関係なく、

仏炎包の形から、お察しのように、お馴染みの水芭蕉、観賞用のカラーも同じ仲間で、
食卓でも、お馴染みの、里芋だとか、コンニャクも、同じ里芋(さといも)科の植物です。

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)/青蝮草(77908 byte)


紫蝮草(むらさきまむしぐさ)

仏炎包の色の違いで、紫蝮草(むらさきまむしぐさ)に分けられまが、
紫色の仏炎包の物を、紫蝮草(むらさきまむしぐさ)と呼び、
緑色の仏炎包の物を、関東蝮草(かんとうまむしぐさ)/青蝮草(あおまむしぐさ)と呼びます。

仏炎包の中には棍棒状の肉穂花序があり、肉穂花序は多数のシベから出来ており雌雄別株です、
雄花は雄蕊だけ、雌花は雌蕊だけから形成され、何れも花弁は有りません。

紫蝮草(むらさきまむしぐさ)(158383 byte)

紫蝮草(むらさきまむしぐさ)(149947 byte)

紫蝮草(むらさきまむしぐさ)(78626 byte)


武蔵鐙(むさしあぶみ)

下は、蝮草(まむしぐさ)の仲間、武蔵鐙(むさしあぶみ)、
里山に近い、ミカン園が点在している、この場所には、武蔵鐙(むさしあぶみ)が集中しており、
数株から10株くらいがまとまり、点々と点在しています。
厳しい冬の自然環境の中、訪れた春を待ちわびて、健気に咲く花達、
仏炎包の形から、お察しのように、この花も、お馴染みの水芭蕉、観賞用のカラーと同じ仲間で、
食卓でも、お馴染みの、里芋だとか、コンニャクも、同じ里芋(さといも)科の仲間です。
園芸店で売られている、色彩鮮やかな花とは、イメージが異質な花です、

里芋(さといも)科の、武蔵鐙(むさしあぶみ)は、
草丈50~60cm、テンナンショウ属に特有の仏炎苞をもつ、雌雄異株の花です、
雌雄の決定が、栄養状態や、その年の季候状態で、左右される傾向があり、これは、この仲間に共通の特徴です、
小型の株は大抵は雄株で、大きく育った株は、雌株と見当付けても大きな外れは無いと言う、記事を目にします。

武蔵鐙(むさしあぶみ)の葉は、一枚の葉が3つの小さな葉に分かれた3出複葉の複葉で、
小葉は、3枚の卵形、小葉とは言え30cm近くの大きな葉は光沢があり、鋸歯はなく全縁、先端は鋭く尖ります、
林下に広げた光沢の葉っぱは、薄暗い林中でも良く目立ち、離れた林道からでも直ぐに見つけられます。

武蔵鐙(むさしあぶみ)(146999 byte)

武蔵鐙(むさしあぶみ)(133525 byte)

武蔵鐙(むさしあぶみ)の花の肉穂花序、花序を被う大形の苞が特徴で、花を包む仏炎苞です、
仏炎苞は、暗い紫色か緑白色、上部蓋の舷部は袋状に巻き込み、先端は前に突き出す格好です、
仏炎苞の上部の脇の口辺部は、長さ4~7cm、口辺部は暗黒色の広い耳状に張り出し、付属体は太く白い棒状です。

武蔵鐙(むさしあぶみ)(109503 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

黄海老根(きえびね)

黄海老根(きえびね)(129039 byte)

黄海老根(きえびね)(123896 byte)


一人静(ひとりしずか)

一人静(ひとりしずか)(100419 byte)


一輪草(いちりんそう)

一輪草(いちりんそう)(64780 byte)


浦島草(うらしまそう)

浦島草(うらしまそう)(90860 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

花蘇芳(はなずおう)

此方は登山口の民家の庭、山腹斜面を上手く利用した花木が沢山植わっています、
ここの奥さんは、いつも大変愛嬌が良く、
いつも訪ねていくと、快く庭に招き入れ、綺麗にとって上げて下さいねと言ってくれたり、
一週間ほど前だったらこんな花も綺麗に咲いていたのに、今年は遅かったですねとか、
心遣い戴いたり、恐縮しながら撮らせていただいております。

花蘇芳(はなずおう)(55686 byte)

花蘇芳(はなずおう)(122078 byte)


上記民家の庭の姫林檎の花。

姫林檎(ひめりんご)(86973 byte)

姫林檎(ひめりんご)(51681 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

出し遅れましたが、中央郵便局前の花水木(はなみずき)の花。

花水木(はなみずき)(107341 byte)

花水木(はなみずき)(74408 byte)

花水木(はなみずき)(46545 byte)

花水木(はなみずき)(101698 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit
雪笹(ゆきざさ)

雪笹(ゆきざさ)(55643 byte)

雪笹(ゆきざさ)(31748 byte)


銀竜草(ぎんりょうそう)
足を踏ん張っても滑り落ちそうな急斜面に、銀竜草(ぎんりょうそう)が、ポツンポツンと見られ始めました。

銀竜草(ぎんりょうそう)(103294 byte)

銀竜草(ぎんりょうそう)(78362 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

灯台躑躅(どうだんつつじ)

灯台躑躅(どうだんつつじ)(127362 byte)

近くの高速下の花壇。

雪柳(ゆきやなぎ)(96377 byte)

花海棠(はなかいどう)(62830 byte)

河川の堤防は自然一杯。

虎杖 (いたどり)(113957 byte)

ムスカリー(125820 byte)

ローズマリー(78802 byte)

菜の花(なのはな)(81125 byte)

花韮(はなにら)(47407 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

今年の桜の撮影は機会が無く、ここに来て、遅咲きの八重桜をいくつか撮影です、
最終版の撮影で、最盛期の花の華やかさには欠けます。

右近(うこん)

右近(うこん)(150130 byte)

右近(うこん)(88732 byte)


関山

関山(124383 byte)

関山(66878 byte)


紅南殿

紅南殿(51024 byte)


松月(しょうげつ)

松月(しょうげつ)(143130 byte)

松月(しょうげつ)(41924 byte)


八重桜(やえざくら)

八重桜(やえざくら)(72639 byte)


普賢像

普賢像(77277 byte)

Blog Community:野鳥の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

名古屋市内、庄内川河畔散策です。

ヒドリガモ(28338 byte)

ヒドリガモ(45347 byte)

真鴨(マガモ)(29210 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

私用で、数日、名古屋市の親戚に来ています、
新幹線途中、改装為った姫路城を思い出し、姫路駅通過時に狙っては見た物の、
新幹線車窓からの姫路城は、ビルとビルの合間のホンの一瞬の短いタイミングで見えるだけ、
モニターを見ながらのシャッターチャンスは、シャッターを切ることさえ逃してしまいます、
花中心の呑気な撮影のように行かず、連写か、バシャバシャと、ためらい無くシャッターを切る必要が有り、
ズーム操作等、もたもたしている間に、通過してしまい見事に撮り損ないました。

姫路城遠景(56503 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

躑躅(つつじ)

躑躅(つつじ)(138576 byte)

躑躅(つつじ)(73189 byte)


此方は、参道斜面のツツジの群落。

躑躅(つつじ)(120353 byte)

躑躅(つつじ)(126697 byte)


蜆花(しじみばな)

蜆花(しじみばな)(151438 byte)

蜆花(しじみばな)(97884 byte)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。