スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

当地の海岸にほど近い里山、2mを越すかと思える大きな浜独活(はまうど)が、目に入ります、
暖かい海岸線近くの草地に生え、高さMax2.5mにもなる大きな物もあり、鬼独活(おにうど)とも呼ばれます。
茎は太くて直立し、上部で枝分かれし、枝先から複散形花序を出し、白色の小さな花を密につけます。
芹(せり)科、シシウド属の常緑多年草、本州、関東地方以西の海岸線近くに分布し、
別名 鬼独活(おにうど)と呼ばれ、食用にはなりません。

浜独活(はまうど)(138862 byte)

開花期は4~6月、花は直径約3mm位で大変小さい、
下の写真の、花を良く見ると、中央部の白いドーム状の、雄しべばかりが目立つ花、
写真の右下部分の、雌しべの花柱だけしか持っていない花と、2種類の花があります、

これは、雄しべと、雌しべの成長に、タイムラグを持たせ、自家受粉を防止する、花が持った知恵で、
雄しべだけの花は、雄性期の花で、雄しべが5本、この段階では、他の花に対して、花粉を放出するだけ、
花粉を放出し終わると、役目は終わり、雄しべは落下いたします、
雄しべが落下し終わると、花柱が伸びて来て、受粉可能な状態となり、写真右下の花が、その雌性期に入った花です。
花柱は2本、長さ約2mm、上方に伸びます。

この様な、雄しべを先に成熟させ、雌しべの成熟を遅らせ、時間差を持たせる花を、
雄蕊先熟花(ゆうずいせんじゅくか)と呼ばれ、こういう能力を身につけた花は、
桔梗科の花に代表され、多くの種類に見られます。

浜独活(はまうど)の雄花(中央部)、雌花(左下部分)(90450 byte)

下の花は、開花直後の花で、雄しべだけが見られます、この段階では受粉能力はありません、
雄しべは花粉を放出し終わると、自然に抜け落ち、花柱が成長して受粉能力を持つようになります。

浜独活(はまうど)雄花の雄しべ(72909 byte)

高さ2mほど、上部で枝分かれし、枝先に複散形花序、白色の小さな花をドーム状に密につけます。

浜独活(はまうど)高さ2mほど、大きなヒマワリ程。(143054 byte)

茎は太く暗紫色を帯び、縦の筋が目立ち無毛、
葉は厚くて光沢を持ち、大型の1~2回3出羽状複葉、葉柄の基部は袋状に膨らみ鞘状、小葉は卵状楕円形、
縁は切れ込み細かい鋸歯が有ります。

浜独活(はまうど)の株元の茎。(119607 byte)

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

メキシコ万年草

林道林縁の草地には、草丈の低い野草、万年草が繁茂しています、
万年草には、蔓万年草、丸葉万年草、雌の万年草、メキシコ万年草等がありますが、
葉っぱが松葉状のメキシコ万年草の様です、
未だ花がほとんど開花しておらず、疎らの状態です。

陽当たりの良い草地に生え、
茎はMax20cmまで、葉は鮮緑色で光沢が有り、長さ2cm位の線状楕円形、花茎に互生、
花は黄色で直径1cm位、花期は3~6月、本州以西に見られる、
弁慶草(べんけいそう)科、マンネングサ属の多年草です。

メキシコ万年草(154595 byte)

メキシコ万年草(100706 byte)

メキシコ万年草(95713 byte)


立浪草(たつなみそう)

立浪草(たつなみそう)(103882 byte)

立浪草(たつなみそう)(41153 byte)


雪ノ下(ゆきのした)

雪ノ下(ゆきのした)(71872 byte)

雪ノ下(ゆきのした)(35218 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

ヒペリカム・アンドロサエマム

ヒペリカム・アンドロサエマム(113876 byte)

ヒペリカム・アンドロサエマム(61476 byte)

ヒペリカム・アンドロサエマム(71842 byte)

ヒペリカム・アンドロサエマム(70261 byte)


金糸梅(きんしばい)

金糸梅(きんしばい)(89589 byte)

金糸梅(きんしばい)(68274 byte)

金糸梅(きんしばい)(153476 byte)


未央柳(びょうやなぎ)

未央柳(びょうやなぎ)(91610 byte)

未央柳(びょうやなぎ)(48158 byte)

未央柳(びょうやなぎ)(50681 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

山中の、この大木、水木(みずき)の木は、樹高も大きく、花を付けた時期の樹形は印象的です、
この時期、大きな樹幹に、階段状に白い花を咲かせている木は、大概この水木の木で、良く見掛けます、
水木(みずき)科、ミズキ属の花で、
同じ仲間の、花水木が終わり、山ボウシ、次に、この水木と次々と初夏の花に移行しています。

大木の木に似合わず花は小さく、密集するので、遠目にはスイカズラ科ガマズミ属の、ガマズミやゴマギに似ています、
水木の花は、枝を水平気味に張り出し、枝を扇状に四方に広げ、階段状の特徴ある花姿の樹形となります、
葉の側脈は平行に走り、ミズキ科の特徴を持ち、互生します。

5月~6月頃、枝先に散房花序を出し、直径7~8mm程の小さな白い花を、15cm位のドーム状、
純白の花は合弁花、花弁 4枚、雄シベ 4本、葯の色 薄茶色、
枝一杯に咲く純白の花は、葯の薄茶色が目立ち、僅かに色づいた薄い黄色に見えます、
樹液が多い木で、春に枝を切ると、樹液が水のように滴り落ちる様子から、名前の由来になっています。

水木(みずき)(108039 byte)

枝一杯に咲く純白の花は、葯の薄茶色が目立ち、遠目では僅かに色づいた薄い黄色に見えます。
小さな花は、ドーム状に密集し15cm位の花序を形成し、ほんのり甘い匂いが感じます。

水木(みずき)(114720 byte)

水木(みずき)(99527 byte)

水木(みずき)(79628 byte)

純白の花は、花冠筒の短い合弁花、花弁 4枚、雄シベ 4本、雌しべ 一本、葯の色 薄茶色、
それ程強い匂いではありませんが、ほのかな甘みの香りに誘われてか、昆虫、アリが沢山集まっています。

水木(みずき)(75229 byte)

水木(みずき)(62330 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

苦参(くらら)

山地に入り、林道の切れ目の草地には、豆科の植物が競いながら繁茂しているのが、目に入ります、
この場所の、草地の中で、一際背丈が大きな植物は、苦参(くらら)です、
陽当たりの良い山地の草地、河原などに見られ、
1.5mの草丈を直立に伸ばし、花の時期は、茎先に総状花序を付け、大きくしなりますので目立ちます、
豆科、クララ属の多年草で、本州~九州に掛けて分布します。

苦参(くらら)(148543 byte)

苦参(くらら)(93944 byte)

草丈は大きく、茎は円柱形で毛が生えて、Max 1.5m位、
茎先に、長さ10cm~20cm位の総状花序、淡い黄緑色の、長さ15~20mm位の蝶形花を多数付けます、
葉は奇数羽状複葉、互生、小葉の数は15~35枚位、小葉は狭卵形~長楕円形、鋸歯は持ちません、
開花時期は5月~7月。
梅雨の中休みの快晴の休日、のんびりトレッキングです。

苦参(くらら)(88498 byte)


深山黄華鬘(みやまきけまん)

山地の草原地帯は、、山野草で一杯、
この一帯には、深山黄華鬘(みやまきけまん)が、群生しています、
山野(深山)に生える黄華鬘の仲間で、花は可愛いくても、ケマンの仲間は有毒植物なので要注意です、
草丈Max50cm、茎の上部に黄色い花を総状花序に付けます、
華鬘(ケマン)と言うのは、仏殿に飾られる造花状の花の飾りのことで、この飾りに花の形が似ている所から、
山野(深山)に咲く黄色のケマンと言うのが、和名の由来の様です、
芥子(けし)科、キケマン属の越年草、花期は4~6月、
花言葉 祈りある生活。

深山黄華鬘(みやまきけまん)(152932 byte)

草丈は50cm前後、根元から良く分枝し、葉は、3出複葉で羽状に2~3裂けます、
茎上に、長さ4~10cmの総状に花序を付け、
花は、長さ20mm前後、筒状の花弁端が唇状に裂けた、やや長い黄緑色の花を穂状に多数付けます。

深山黄華鬘(みやまきけまん)(61207 byte)

キケマンは、種子が2列に並びますが、1列の並びの様子から深山黄華鬘(みやまきけまん)と見られます。

深山黄華鬘(みやまきけまん)(89901 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

この時期、山地に入ると、意外に良く目にするのが、吸葛(すいかずら)の花、
この吸葛(すいかずら)は、藪の中、蔓を伸ばし花を咲かせています、
咲き始めは白い花で、次第に黄色の色に変化し、あたかも2色の花が咲いている様に見える山野草です、
花は唇状に大きく2裂し、上唇弁は上側に反り返り先が4裂、下唇弁は下側に反り返る、2唇弁の独特の花形です、
近くを通りかかると、軽いジャスミン系の香りに気が付く、お決まりの花です。

花には芳香が有り、長いシベが花冠前面に付きだし、軽やかな花姿です。
金銀花(キンギンカ)と言う別名を持ち、
花が開花直後は白色で、徐々に黄色くなる過程を、金色と銀色の花に例えた事に語源がある様です、
花は2個ずつ並んで咲き、同じ仲間にハニーサックルやツキヌキニンドウがあります。

吸葛(すいかずら)は、耐寒性、半落葉蔓性低木、開花時期5月~6月、
花径凡そ3cm、花色白、黄色、筒状唇形花冠、
花言葉 「愛の絆、献身的な愛、友愛」
山野で見られる、吸葛(スイカズラ)科、スイカズラ属の花で、北海道の南部~九州にかけて分布しています。

吸葛(すいかずら)(121861 byte)

枝先の葉腋に2個ずつ花を咲かし、甘い芳香を放ちます、
花弁は細長い筒状唇形花で上下に2深裂の長い花筒を持ちます、
花冠の、上唇弁は先が浅く四裂し上側に反り立ち、下唇弁の1枚は下側に曲がり込みます、
雄しべ5本、雌しべ1本、花柱先端の柱頭は太いです。

吸葛(すいかずら)(44758 byte)

香りの強度は、登山道を歩いていても、近ずくにつれ、香りが漂っていますので、花の存在は直ぐに判ります、
離れた場所で臭う感じは、上品なジャスミン系に感じます、
花に、鼻を近づけて嗅いでみると、軽いジャスミンと、軽いレモンみたいな柑橘系の香りが混在し、爽快さが鼻に残ります、
ジャスミンの花程、香りは強く無く、軽い柑橘系が混じる所為か、爽快なイメージが新しい発見です。

吸葛(すいかずら)(66487 byte)

吸葛(すいかずら)(75414 byte)

花は、開花直後は純白、時間の経過により、下の写真のような、純白から、黄橙色に変化して行きます。

吸葛(すいかずら)(57860 byte)

吸葛(すいかずら)(38471 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

牡丹(ぼたん)

牡丹(ぼたん)(73911 byte)

牡丹(ぼたん)(67137 byte)

牡丹(ぼたん)(97510 byte)

牡丹(ぼたん)(134865 byte)

牡丹(ぼたん)(159151 byte)

牡丹(ぼたん)(94740 byte)


アリウム・トリケトラム

アリウム・トリケトラム(84699 byte)

アリウム・トリケトラム(102650 byte)

アリウム・トリケトラム(108731 byte)


紫蘭(しらん)

紫蘭(しらん)(128746 byte)

紫蘭(しらん)(65785 byte)


ピラカンサス

ピラカンサス(62566 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

今年も睡蓮の咲く季節を迎えました、ここの睡蓮池には、四種類の睡蓮が見られます、
ここでは、顔なじみの写真マニアの仲間と良く顔を合わせますが、行った時間が遅く皆帰った後のようです、
皆さん朝早くに出掛けられるようで、執念が違うようです。

ピグマエア・ヘルボラ

ピグマエア・ヘルボラ(102766 byte)

ピグマエア・ヘルボラ(45277 byte)


巨椋河骨(おぐらこおぼね)

巨椋河骨(おぐらこおぼね)(42485 byte)

巨椋河骨(おぐらこおぼね)(59974 byte)


睡蓮(すいれん)

睡蓮(すいれん)(124976 byte)

睡蓮(すいれん)(126359 byte)

睡蓮(すいれん)(45086 byte)


未草(ひつじぐさ)

未草(ひつじぐさ)(115944 byte)

未草(ひつじぐさ)(60894 byte)

未草(ひつじぐさ)(40979 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

登山道には、この時期、駒繋ぎ(こまつなぎ)の花が繁茂し大変良く見られます、
駒繋ぎ(こまつなぎ)は、豆科、コマツナギ属の落葉小低木で、
本州から四国・九州に分布し、日当たりの良い山野で、ごく普通に良く目にする花です。

駒繋ぎ(こまつなぎ)は、樹高Max1.5m迄、それ以上は大きくしなり3mくらい迄、枝を伸ばします、
葉は奇数羽状複葉、長楕円形の小葉を7~13枚持ち、夜になると閉じます、
6月から9月に掛け、葉腋から円錐花序を茎より上向きに出し、小さな淡い紅紫色の蝶形花を房状に咲かせます、
花房長さは5~6cm、色は淡い紫系ピンク色の愛らしい花、

名前の語源は、
根が地中に深く、引っこ抜き難く、茎が丈夫で、駒(馬)を繋げられるほど丈夫だと言う、また、
山萩に似た、この葉や花を、馬が好んで食べ、この場から引き離そうとしても、
なかなかこの場から離れないので、この名前がついたと言われ、
名前の由来も面白く、語源も色々です、
花言葉 希望を叶える。

駒繋ぎ(こまつなぎ)(126494 byte)

駒繋ぎ(こまつなぎ)(73047 byte)

同じ豆科の萩の花に似た、茎より上向きに花穂を伸ばし、小さな薄紅紫色の蝶形花を穂状に付けます。

駒繋ぎ(こまつなぎ)(32223 byte)

駒繋ぎ(こまつなぎ)(132128 byte)


靫草(うつぼぐさ)

当地の里山、土手沿いの傾斜地は、靫草(うつぼぐさ)が沢山見られる場所ですが今年は少し違っていました、
例年この傾斜地には一面の靫草(うつぼぐさ)が見られますが、当日気が付いたことは、
数週間前に、どうも下草刈りを行った形跡があり、例年の1/10にも満たない疎らな姿しか確認できません、
それでも生き残ったり、刈り取られた草の下には、傷ついた花が疎らですが見られます、
こればかりは、何ともし難い思いが過ぎります。

靫草(うつぼぐさ)(151817 byte)

靫草(うつぼぐさ)(72076 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

里山の登山道の林下には、随分長い区間で、白い花が落下しているのに気づきます、
この時期、先入観で空木の花だと思っていましたが、
木は大きく、葉っぱも葉端が3裂し、切れ込みのない葉もあり、日本油桐(にっぽんあぶらぎり)の様です、
林下の日本油桐(にっぽんあぶらぎり)は、樹高が15mにも為る大きな木で、手頃な高さの位置の花を、見つけられません、
諦めて歩を進めていると、案外見つかる物で、崖の途中から伸びている木が、手を伸ばせば届く位置の枝があり、
これ幸い労せず撮らせて戴きました。

灯台草(とうだいぐさ)科、アブラギリ属の落葉高木、別名 オオアブラギリ、
昔は種子から油(桐油)を採るために栽培されていた様です、
桐油は、和紙に染み込ませた後、油紙として傘や提灯、雨合羽などに使われたそうで、
実は毒性があるために食用にはならず、材は床板、下駄材などに使われて来たそうで、
古くは、西日本で広く栽培されたそうですが、現在は栽培熱は下がり、見られるのは自生の木に限られるようです、
15mにも為る大きな木で、我が国の本州、中部地方以西から四国・九州に分布しています。

葉は卵形から広卵形で浅く3裂、縁には鋭い鋸歯が有り、
5月から6月に掛け、枝先に円錐花序を付け、直径2cm程の白い花を咲かせます。
果実は扁球形の堅果で、種子からは桐油が採られます。

日本油桐(にっぽんあぶらぎり)(131598 byte)

日本油桐(にっぽんあぶらぎり)(97782 byte)

日本油桐(にっぽんあぶらぎり)(108408 byte)

日本油桐(にっぽんあぶらぎり)(56738 byte)

日本油桐(にっぽんあぶらぎり)(51824 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

登山道で、黄色の花が、点々と疎らに咲いているを見られます、
花は、羽衣素馨(はごろもじゃすみん)に似ており、カロライナジャスミン程の華やかさはありません、
黄色のジャスミン、黄素馨(きそけい)みたいです、
花の時期に早いのか、花数は少なく、ジャスミンほどの強い香りは感じません。

木犀(もくせい)科、ソケイ(ジャスミン)属、樹高1.5mの耐寒性常緑低木、
葉っぱは、奇数羽状複葉で互生、小葉は卵状長楕円形で3~7枚、枝先に良く分岐します、
花期 5~7月、枝先に散形花序を出し、花径2~2.5㎝程の、黄色い漏斗形の花を多数つけ、枝に良く分岐し下垂します、
花が黄色い、素馨(そけい)を指し、素馨(そけい)とはジャスミンの事で、
別名 イエロージャスミン
花言葉 優美、恩恵と優美、優雅。

黄素馨(きそけい)(49519 byte)

黄素馨(きそけい)(50505 byte)

黄素馨(きそけい)(114324 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

宝鐸草(ほうちゃくそう)

登山道沿いに、宝鐸草(ほうちゃくそう)の群落が続いています、
寺院の軒先に掛かっている大型の風鈴{宝鐸}に似ている所が、名前の由来と言われ、
釣り鐘状に垂れ下がる可憐な花は、
長さ25~30mm、花の色は白く、花冠端が淡い緑色、
枝先に1~3個の花を付け、花冠は全開することはありません、
百合(ゆり)科、チゴユリ属、花期 5月、山地に生息する多年草です。

宝鐸草(ほうちゃくそう)(146051 byte)

宝鐸草(ほうちゃくそう)(127654 byte)

宝鐸草(ほうちゃくそう)(81201 byte)


鳴子百合(なるこゆり)

山中では、上記、宝鐸草(ほうちゃくそう)に並び鳴子百合(なるこゆり)も多く見掛けられます、
宝鐸草(ほうちゃくそう)よりも茎が高く、50~90cmになり、茎は円柱形で花が付くと、弓状に大きく弧を描き、しなります、
葉は披針形で長さ10~15cm、茎上に2列に互生し、
葉腋から1本の花柄を出し、花柄の先が枝分かれし、その先に緑白色で長さ2cmほどの花を数個下垂させます、
花披は合着した筒状花、花冠は先の方が色が濃く、緑色を帯び、全開することはありません、
花床部と花柄の接点に膨らみがあり、甘野老(あまどころ)には、この膨らみは無く、つるんとしています、
花期は5~6月、花後の果実は、暗緑色の球形の液果を熟します。
名前は、田畑を荒らす鳥や獣を追い払う、小さな板を並べて、ぶら下げた「鳴子」に見立てたのが語源です。
概して山地の林下に自生が見られ、百合(ゆり)科、ナルコユリ属の多年草、本州~九州の山地の林下に分布しています。

鳴子百合(なるこゆり)(38606 byte)

鳴子百合(なるこゆり)(37361 byte)

鳴子百合(なるこゆり)(83782 byte)

鳴子百合(なるこゆり)(70736 byte)

鳴子百合(なるこゆり)(96192 byte)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。