スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

雲南合歓木(うんなんねむのき)

ドライブスルーのクリーニング屋さんの駐車場の、雲南合歓木(うんなんねむのき)/常磐合歓木(ときわねむのき)、
例年9月~10月頃が最盛期の感じでしたが、この時期でも、残り花なのか結構花を付けています。

お馴染みの、7月頃に咲く合歓木は、樹高6~10mと大きくなりますが、
この雲南合歓木(うんなんねむのき)は、精々2mくらいと小柄ながら、多花性で花付きは良い様です。

雲南合歓木(うんなんねむのき)(105748 byte)

雲南合歓木(うんなんねむのき)(62724 byte)

雲南合歓木(うんなんねむのき)(65265 byte)

雲南合歓木(うんなんねむのき)(83537 byte)


プレクトランサス・モナ ラベンダー

プレクトランサス・モナ ラベンダー(90875 byte)

プレクトランサス・モナ ラベンダー(50970 byte)

プレクトランサス・モナ ラベンダー(45581 byte)

スポンサーサイト
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

ジンジャー

大きな民家の塀沿いに、よく成長したジンジャーの株が有り、撮らせていただきました。

ジンジャー(115535 byte)

ジンジャー(76966 byte)

ジンジャー(53107 byte)


オキザリス・プルプレア

オキザリス・プルプレア(99134 byte)


晩白柚(ばんぺいゆ)
本場の晩白柚(ばんぺいゆ)の実は、バスケットボールほどに大きくなるようですが、
当地では、それほどの実は見掛けず、写真の実で目測25cmほどで、この後色付いて来ます。
捨てる部分がないと言われる晩白柚(ばんぺいゆ)の実、
特に大きめの実には、ネットを被せて吊しているようです。

晩白柚(ばんぺいゆ)(79630 byte)

晩白柚(ばんぺいゆ)(58321 byte)


花梨(かりん)の実? 川向かいの、向こう岸の民家の庭の果実、名前は怪しいです。

花梨(かりん)の実(119778 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)の実

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)の実(129174 byte)

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)の実(114368 byte)


武蔵鐙(むさしあぶみ)の実

武蔵鐙(むさしあぶみ)の実(99586 byte)

武蔵鐙(むさしあぶみ)の実(82531 byte)


大葈耳(おおおなもみ)の実

大葈耳(おおおなもみ)の実(128993 byte)

大葈耳(おおおなもみ)の実(93740 byte)

大葈耳(おおおなもみ)の実(71575 byte)


姥百合(うばゆり)の実

姥百合(うばゆり)の実(82910 byte)


椚(くぬぎ)の実

椚(くぬぎ)の実(60445 byte)

椚(くぬぎ)の実(53368 byte)


黒鉄黐(くろがねもち)の実

黒鉄黐(くろがねもち)の実(60023 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

白だも

白だも(139166 byte)

白だも(125571 byte)

白だも(71454 byte)


白嫁菜(しろよめな)

白嫁菜(しろよめな)(129305 byte)

白嫁菜(しろよめな)(59383 byte)

白嫁菜(しろよめな)(75641 byte)

白嫁菜(しろよめな)(67005 byte)

白嫁菜(しろよめな)(140021 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

野いちごの実

野いちご(114637 byte)

野いちご(72884 byte)


油桐(あぶらぎり)の実

油桐(あぶらぎり)(104030 byte)

油桐(あぶらぎり)(80206 byte)


扉(とべら)の実

扉(とべら)(120052 byte)

扉(とべら)(58203 byte)


山独活(やまうど)の実

山独活(やまうど)(148892 byte)

山独活(やまうど)(108858 byte)

山独活(やまうど)(79711 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

琉球朝顔?

里山の林の上部に、種類は解りませんが朝顔が見られます、
下の方には見られず、あんな高いところに繁茂しなくてもと思いますが、余程好みの環境なのかも知れません。

琉球朝顔(131730 byte)

琉球朝顔(95918 byte)

琉球朝顔(132897 byte)


筑紫薊(つくしあざみ)

筑紫薊(つくしあざみ)(119594 byte)

筑紫薊(つくしあざみ)(64915 byte)


有害鳥獣被防止用の電気柵

山里の田圃で、有害鳥獣被害防止用の電気柵の装置を見せていただきました、
稲刈り寸前の田圃の周りに設置している電気柵で、
有害動物対策用で、最近は山間部の田圃では、良く設置されているのを見掛けます。

この電気柵は、野生動物が電気柵のワイヤー・ケーブルに触れた瞬間に、
高電圧の強烈な電撃ショックを与えて、追っ払う装置、
ワイヤー・ケーブルに触った動物が、強力な電撃ショックで、電気柵に近寄ることの恐怖を学習し、
心理的に恐怖を与える装置だそうです。

私が見ている、この電気柵のワイヤー・ケーブルが、意外と低い位置に張ってあり、
動物は、簡単に飛び越えるのではないかと、聞いてみましたが、
動物の習性から、ワイヤー・ケーブルの位置も決められているそうです。

動物は、目の前の物を見つけた時、まず鼻で、触って、何かを、確かめる習性があり、
動物の、目線の高さに合わせて、ワイヤー・ケーブルを張る事が、大事だとのことです。

イノシシ、シカは、地上20cm~50cm、
タヌキなど小型動物は、地上10cm位、
ワイヤー・ケーブルの色も、動物に認識させる色が、採用されているとのこと、

大切な作物を守るシステムで、農家さんの死活問題に関わる装置で、
補助も受けられ、導入が進んでいるのだと、説明を戴きました。

アニマルキラー(97552 byte)

アニマルキラー(80547 byte)

アニマルキラー(56813 byte)

アニマルキラー(157511 byte)

イノシシ対策用電気柵(142010 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

スエーデンアイビー(プレクトランサス・ウェルティキラツス)

スエーデンアイビー(プレクトランサス・ウェルティキラツス)(54378 byte)

スエーデンアイビー(プレクトランサス・ウェルティキラツス)(46918 byte)

スエーデンアイビー(プレクトランサス・ウェルティキラツス)(41246 byte)

スエーデンアイビー(プレクトランサス・ウェルティキラツス)(99617 byte)


クレマチス

クレマチス(84498 byte)

クレマチス(34724 byte)

クレマチス(42345 byte)


コリウス

コリウス(94045 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

細葉沙参(さいようしゃじん)

山里の丘陵地帯の斜面に、細葉沙参(さいようしゃじん)がポツンポツンと点在しています、
風が強く吹きつけている斜面のため、細い花茎の撮影は苦戦します、
マクロ撮影は、大半が手ブレ+被写体ブレで、使い物にならずボツでした。

細葉沙参(さいようしゃじん)(131177 byte)

花は釣鐘型花冠で、花冠先端部が絞られた壷形、花冠は5裂、
花冠径 実測 約7~8mm、長さ 約15mm、
花冠面先端より突出した花柱の長さは15mm、全長 30mmと大変長く目立ちます、

細葉沙参(さいようしゃじん)(117039 byte)

花は、花の成熟度に従い、雄しべ、雌しべの、それぞれの成長に、タイムラグを持たせ、
自家受粉を防止する、桔梗科の花に共通の特徴を持っています、
雄しべを先に成熟させ、雌しべの成熟を遅らせる、
雄蕊先熟花(ゆうずいせんじゅくか)と呼ばれる花に部類します。

細葉沙参(さいようしゃじん)(32981 byte)

細葉沙参(さいようしゃじん)(29525 byte)

細葉沙参(さいようしゃじん)(141106 byte)


風船葛(ふうせんかずら)

風船葛(ふうせんかずら)(58824 byte)

残り花

風船葛(ふうせんかずら)(27868 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

藪豆(やぶまめ)

藪豆(やぶまめ)(90553 byte)

藪豆(やぶまめ)(34409 byte)

藪豆(やぶまめ)(95455 byte)


野大角豆(のささげ)

野大角豆(のささげ)(63784 byte)

野大角豆(のささげ)(39998 byte)

野大角豆(のささげ)の実。

野大角豆(のささげ)(65221 byte)


藪蔓小豆(やぶつるあずき)の実

藪蔓小豆(やぶつるあずき)(118914 byte)

藪蔓小豆(やぶつるあずき)(71834 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

小蜜柑草(こみかんそう)

小蜜柑草(こみかんそう)(154531 byte)

小蜜柑草(こみかんそう)(150517 byte)

小蜜柑草(こみかんそう)(132781 byte)

小蜜柑草(こみかんそう)(63804 byte)

小蜜柑草(こみかんそう)(73983 byte)

里山も別の場所、此方の小蜜柑草(こみかんそう)は、未だ青々しています。

小蜜柑草(こみかんそう)(141051 byte)


大錦草(おおにしきそう)

大錦草(おおにしきそう)(76512 byte)

大錦草(おおにしきそう)(99809 byte)

大錦草(おおにしきそう)(62566 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

紐鶏頭(ひもげいとう)

民家の庭に紐鶏頭(ひもげいとう)の花が、見事に咲いているのが見えます、
ちょうど自転車で、お出かけの準備をされている、ご主人がおられ、了解いただき撮影させていただきました、

紐鶏頭(ひもげいとう)に近づこうと見ると、木の傍に、ワンちゃんが陣取っています、
ご主人の話だと、ご主人にも噛みつくほど、手に負えないワンちゃんだそうで、
あまり近づかない方が良いと心配をされ、出かけるのを待っておられました、

出かけるのを控え見守ってるほどの、心配なワンちゃんみたいでしたが、幸い唸り声をあげられることもなく、
心配かけてもいけないので、数枚撮って早々に失礼することにしました。

紐鶏頭(ひもげいとう)(102803 byte)

紐鶏頭(ひもげいとう)(146791 byte)


藤袴(ふじばかま)

神社の石崖の下の斜面に、群生している藤袴(ふじばかま)、石垣の上からの逆光撮影です、
陽の光の影響でキラキラしており、EV差が大きく、なんとも撮り難い撮影になりました。

藤袴(ふじばかま)(143799 byte)

藤袴(ふじばかま)(68468 byte)

藤袴(ふじばかま)(69219 byte)

藤袴(ふじばかま)(81710 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

丸葉萩(まるばはぎ)

里山の山道では、丸葉萩(マルバハギ)の花を良く目にします、
豆科、ハギ属の落葉低木で、本州から九州にかけて分布し、
樹高は1m~2m、葉は楕円形をした3出複葉、互生し、葉の先は丸っこい形をしています、
葉腋に短い総状花序を付け、紅紫色の小さな蝶形花を、固まって咲かせます、
開花時期は8月~10月、花の後の実は豆果を付けます。

丸葉萩(まるばはぎ)(108690 byte)

丸葉萩(まるばはぎ)(47899 byte)

丸葉萩(まるばはぎ)(34202 byte)


紅花襤褸菊(べにばなぼろぎく)

紅花襤褸菊(べにばなぼろぎく)(124103 byte)

紅花襤褸菊(べにばなぼろぎく)(41906 byte)

紅花襤褸菊(べにばなぼろぎく)(40328 byte)

綿帽子も風に吹かれ、種が吹き流される寸前です。

紅花襤褸菊(べにばなぼろぎく)(83145 byte)


大葉子(おおばこ)

大葉子(おおばこ)(136674 byte)

大葉子(おおばこ)(65066 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

神郡宗像に、菊の季節が到来、毎年、宗像大社境内で開催されている西日本菊花大会、
全国の、菊花愛好家が、 丹精こめて作り上げた、銘花、約3000鉢が、境内、所狭しと展示されます。

別名 「菊作り九州ナンバーワン決戦大会」 と呼ばれ、名誉の受賞を目指し、丹精込めた作品が多数出品されております。
期間中は、同時開催中の、七五三詣での、家族連れなどで、賑わい、華やぎます!!

西日本菊花大会(78698 byte)

西日本菊花大会、

  • 会場 宗像大社 境内 手水舎、御祓い舎周辺
  • 住所 福岡県宗像市大字田島2331
  • TEL 0940-62-1311
  • 駐車場 1200台大駐車場、その他第2駐車場、第3駐車場有り
  • 最寄り駅 JR鹿児島本線、東郷駅 より、西鉄バス、20分
  • 日時 11月2日(月)~11月22日(日) 昼夜終日
  • 入場料 無料
  • 問い合わせ先 宗像大社社務所 0940-62-1311
また菊苗・菊鉢・一般植木の販売は、参道及び会場販売ブースで植木屋さんが出店されています。
宗像市観光協会の運営する豪華景品が当たる、「菊みくじ」、「茶屋」なども、開催されます。

西日本菊花大会(98413 byte)

西日本菊花大会(91908 byte)

西日本菊花展(17479 byte) 西日本菊花展(21695 byte) 西日本菊花展(19385 byte)

西日本菊花大会(71358 byte)

西日本菊花展(16423 byte) 西日本菊花展(16901 byte) 西日本菊花展(20003 byte)

西日本菊花大会(74680 byte)

西日本菊花展(18522 byte) 西日本菊花展(17330 byte) 西日本菊花展(19029 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

秋桜(コスモス)

空き地に何方が管理されているのか、コスモスの花が無造作に生えています、
近場には、大型のコスモス鑑賞スポットが数か所有りますが、空き地のコスモスも捨てたものでもないようです。

秋晴れが、とっても似合う、コスモスの花、自然にとけ込み、親しまれている、秋の代表的な花、
花期が長く、鉢植え、花壇にも似合い、素晴らしい見応えのある景観を、見せてくれます、
昔から日本人に好まれ、極めて身近な花のひとつです。

秋桜(コスモス)(68944 byte)

秋桜(コスモス)(35610 byte)

秋桜(コスモス)(55800 byte)

秋桜(コスモス)(42122 byte)


小葉のランタナ

ランタナの仲間の、小葉のランタナは、ツル性のランタナ、
花はランタナの淡紅紫色版、やや小ぶりですが、石垣等に這わすと旺盛に伸びてくれます。

小さな淡紅紫色の花は、ドーム状集合花、初夏の頃から咲いていた花は、夏場は小休止、
初秋に入り、今の時期、又沢山の花を、茎頂に散房状に、綺麗な花を咲かせ始めています、

ランタナに比べ、花の色は変わらず、淡紅紫色、若しくは白色、軽い香りも発し、愛らしい花です、
葉の大きさが、ランタナより小さいことから、小葉と命名されています。

小葉のランタナ(129053 byte)

小葉のランタナ(105697 byte)

小葉のランタナ(81080 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

ケストルム・ニューエリー

バス通りに面した大きな民家の庭、ケストルム・ニューエリーが、花を咲かせています、
花は、壺形花冠で、花冠の先端が壺状にくびれ、小さな五裂片が開出し、濃紅紫色で艶々した花を咲かせます、
長さ25mm前後の、壺形花冠の花が、総状に花を付け、下垂しています、
アセビの花を少し大型にした感じの愛らしい花です。

ケストルム・ニューエリー(64372 byte)

ケストルム・ニューエリー(53512 byte)

樹高 1~2m、枝は垂れ下がり、枝先に総状花序、
葉は披針形 長さ10~15cm互生、幅 2~4cmで先が尖り細かい綿毛が生えています、
花はドウダンツツジ、馬酔木の花に似た、長さ3~4cm前後の筒状、花冠径 7~8mm、花冠先端五浅裂、濃紅紫色の花、
花期は春と秋、地域によっては周年花を付ける様です、
花後に球状の赤い果実を付けます。
夜香花の仲間で、深紅色の花が咲く事から、紅花夜香花とも呼ばれます。

ケストルム・ニューエリー(78833 byte)


丸葉縷紅草(まるばるこうそう)

縷紅草(るこうそう)の、鮮やかな朱赤色の花が見られるようになりました、
艶やかな朱赤色の縷紅草は、大まかに分けると、

(1)縷紅草(ルコウソウ)
(2)丸葉縷紅草(マルバルコウソウ)
(3)もみじ葉縷紅草(モミジバルコウソウ) 等に分けられ、

写真は、葉っぱが丸形(ハート形)、花冠が朝顔型 五角形の漏斗形花冠を持つ丸葉縷紅草です。
小さな花を、次から次へと咲かせ、花期も大変長く、
花冠は、花冠筒が細長く先端を大きく開出した高杯形花冠、花冠は極く浅く五裂した5角形合弁花、
長いラッパ管 凡そ5cm、花冠長 凡そ20mm、花冠面より突き出した雄しべ、白い葯が良く目立ちます、
つる性の花だけに、近くにある木々、フエンス、石垣等に蔓を絡ませ良く伸びて行きます。

丸葉縷紅草(まるばるこうそう)(88034 byte)

丸葉縷紅草(まるばるこうそう)(34484 byte)

丸葉縷紅草(まるばるこうそう)(41443 byte)

丸葉縷紅草(まるばるこうそう)(36438 byte)

丸葉縷紅草(まるばるこうそう)(72703 byte)


下は、縷紅草(るこうそう)。

縷紅草(るこうそう)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

山黄櫨(やまはぜ)

黄櫨(はぜ)の木の仲間、山黄櫨(やまはぜ)の木に沢山の果実が実っています、
漆(うるし)科、ウルシ属の落葉小高木で、雌雄異株の木です、

丘陵の林縁などに生え、高さは5~6mになり、
葉は奇数羽状複葉で、卵形の小葉が6~12枚付きます、

花は、ピーンと突きだした雄しべ5本が目立ち、線香花火が弾けているように見え、
5~6月頃、枝の先の葉腋から円錐花序、黄緑色の小さな花を多数つけます。

7月に入る頃から、扁球形の緑色の果実が見られ、古くは、木蝋(もくろう)採取の主役だった様です、
心材は鮮黄色で美しいため、寄木細工や器具材として利用され、
この心材で染めたものを黄櫨染といいます。

山黄櫨(やまはぜ)(110056 byte)

果実は、扁球形の核果、若い実は緑色で無毛、平滑で光沢が有り、成熟すると黄褐色になります、
古くは、この山黄櫨(やまはぜ)の木が、木蝋(もくろう)を採取する主役だった様ですが、
櫨の木(はぜのき)が日本に移入されてからは、櫨の木(はぜのき)が、主役に変わっています。
この実は食用にはなりません。

山黄櫨(やまはぜ)(112266 byte)


石蕗(つわぶき)

登山道斜面に、開花直後と思われる、ツワブキの花に、アサギマダラが3~4羽吸密しています、
斜面上部、2~3m離れてますが、気配を感じているのか、少し動くとパッと逃げだし、
慌てて撮っていますが、思ったより動きが早く、思ったように撮らせてもらえません。

石蕗(つわぶき)アサギマダラ(83577 byte)

石蕗(つわぶき)アサギマダラ(61160 byte)

石蕗(つわぶき)

下は別の場所の神社境内の石蕗(つわぶき)。

石蕗(つわぶき)(101379 byte)


黒アゲハ

黒アゲハ(62032 byte)


アオスジアゲハ

アオスジアゲハ(77132 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

杜鵑草(ほととぎす)

当地も朝晩の気温差が大きくなり、杜鵑草(ほととぎす)の花が見られ始めました、
山間部や公園の半日陰の環境を好む花で、山路のホトトギスに少し遅れた頃より見られる様になります、
園芸用としても多く見られ、園芸用として栽培されているのは、
自生のホトトギスと、台湾ホトトギスの交雑種が多いと言われており、茎頂部の花茎から、複数の花を咲かせます。

杜鵑草(ほととぎす)(105883 byte)

杜鵑草(ほととぎす)(97101 byte)

杜鵑草(ほととぎす)(114045 byte)

花は、幅が広い外花被片の基部には瘤状の距を持っています、
花被片内側に、紅紫色の斑点と、黄色の斑紋を持ち、昆虫を誘引する、蜜標の役目を果たします、
花被片は幅の狭い内花被片3枚と、幅が広い外花被片3枚の計6枚。

杜鵑草(ほととぎす)(87562 byte)


台湾杜鵑草(たいわんほととぎす)

台湾杜鵑草(たいわんほととぎす)(63438 byte)

台湾杜鵑草(たいわんほととぎす)(67674 byte)

台湾ホトトギス(69329 byte)


数日前から実が生り始め、花弁の落ちたばかりの花から、前後の実の姿が見られます。

台湾ホトトギス(59351 byte)

台湾ホトトギス(65682 byte)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。