スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

秋の七草のひとつとして知られ、余りにも有名で、大変美しい花?・・・と、聞かれれば、
即座に返ってくる、花の名が、桔梗でしょう、
でも桔梗(ききょう)の花は、早ければ秋ではなく、梅雨の頃から初夏には見られるようになります、
万葉の昔から、愛されてきた花は、星形の花で、和風の庭にも、洋風の庭にも、よく似合います。
花色は濃青紫を基本色に、淡紫、白、淡桃紫などがあり、二重咲きもあり、綺麗で清々しい花です。

桔梗(ききょう)(37043 byte)

 科   名  桔梗(ききょう)
  • 日本、朝鮮半島、中国北部に分布
  • 秋の七草、観賞用・園芸用や薬用に広く栽培
  • 根は多肉で太く、黄白色
  • 葉は5cm位、先端は尖る、狭卵形、縁に鋭い鋸歯、互生、裏面はやや白色を帯びる
  • 茎頂、枝の先に4cm内外の青紫色の花、数個付ける
  • 花冠はやや浅い鐘形で先端は五裂、萼は緑色で浅く五裂
  • 雄しべ5本、雌しべ1本、柱頭の先端は五裂
  • 果実は熟すると先端が五つに裂ける
  • お屠蘇の材料や、生薬に利用される
  • 漢方では肥厚した根を煎服して、痰・肺炎・中耳炎薬などに利用
  • 茎を切ると白い乳液、この乳液は山で漆(うるし)にかぶれたときに塗布するといいらしい
  • 英名 バルーンフラワー、蕾が風船のような姿をしている所に因む

- 生薬名・有効成分 -
3~5年ものの根を、花後地上部が枯れる頃から掘り採り、細根を除去し水洗い後、
天日乾燥させたものを、生薬で桔梗根(ききょうこん)と言う。
根に泡が立つ、キキョウサポニン、他に、イヌリン、フイトステロール

- 効能 -
去痰(きょたん)、鎮咳(ちんがい)として利用、
他の生薬と組合わせたり、漢方薬として調合され、単独使用は少ないそうです。
サポニンは、過剰摂取すると吐気を催し、また溶血作用もあり、
素人療法は注意を要します、連用するときは専門家の指導を受けた方が良い。

 属   名  キキョウ属
 原 産 地  日本、中国北部、
 北朝鮮原産
 植物分類  宿根性多年草
 樹高・草丈  50cm~100cm
 開花時期  6月~9月
 花   色  白、紫、桃色など
 花径・花序  3cm~5cm
 花 言 葉  清楚、気品、
 変わらぬ愛
 撮影月日  2011.7.17
 撮影場所  宗像市 
 

 

 

 

 

桔梗(ききょう)(31135 byte)

桔梗(ききょう)(39212 byte)

桔梗の花を見ていると、花のシベの構造に違いが発見できます、
これは、自家受粉を避けるために、花の成長期に伴い、シベの形に違いが出てきます。

桔梗(ききょう)の花は、雄しべ5本、雌しべ1本です、
この花は、不都合な自家受粉を避けるため、シベの成長過程に微妙に工夫を持つ能力を持っています。
それは、雄しべと、雌しべの成長過程に、タイムラグを持たせる工夫です、
ホルモンの働きは、雄しべを先に成長させ、後から雌しべを成長させる事で、自家受粉を防止する、
桔梗科の花に、共通して持つ特徴です。
雄しべを先に成長させ、遅れて雌しべを成長させる、
この様なシベの成長に時間差を持たせる花を、雄蕊先熟花 (ゆうずいせんじゅくか)と呼びます。

大雑把ですが、花の開花直後は、雄しべは、雌しべの花柱に合着した構造です、
雄しべが成長し、葯から花粉が噴出ている期間は、雌しべは未成熟で、柱頭は閉じています、
雄しべは、雌しべの花柱部に、べったりと花粉を付け、自分の役目を果たすと枯れていきます、
昆虫、風媒により、花粉を他の花に供給し終わると、
ホルモンの働きは、雌しべを成熟させます、
遅れて成長する雌しべは成熟し、やがて柱頭を五裂平開させ、
他の花からの花粉を受粉出来る能力を持つ様になります、
自分以外の遺伝子を取り込もうする、長い間に身につけた、種の保存のひとつの方法がここに活かされています。

開花直後(雄しべ成長期)。 雄しべ活動期(雌しべは未成熟)。 雌しべ受粉期(雄しべ機能停止期)。
桔梗(ききょう)(14998 byte) 桔梗(ききょう)(15002 byte) 桔梗(ききょう)(14656 byte)

開花直後、
雄しべは雌しべの花柱に、
合着した姿をしています。

雄しべはぐんぐん成長し、
葯からの花粉を噴出させます。

雄しべが成長するに従い、
葯から噴出した花粉粒を、
花柱にべったりと付着させ、
他の花に、昆虫媒介させます、
雄しべは花粉の噴出が終わると、
花底に枯れて落開します。

この段階では、雌しべは、未成熟で、
柱頭は閉じ、受粉能力はありません。

花粉を他の花に媒介が終わると、
ホルモンは雌しべを成熟させ、
柱頭先端を五裂平開させ、
他の花からの受粉が可能になり、
自家受粉を避けます。

蕾がいくつか見えます、蕾が風船(バルーン)のような形から、英語では「バルーンフラワー」と呼ばれます。
何とも言えない可愛いさです。

桔梗(ききょう)(67919 byte)

スポンサーサイト
ゆうずいせんじゅくか
waka | URL 07/30 21:52 | edit
こんばんわ
雄しべと雌しべの成長の時期がズレている
なんて面白いのでしょう
初めて知り喜んでいたら、
早速私にも桔梗の写真をゆっくり撮る機会が与えられました

ブログに花遊悠さんのこのページをリンクさせていただきました。
ありがとうございます。
wakaさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 08/03 22:45 | edit
暑いですね、
出張で出掛けていました、レスが遅れ済みません、
雄蕊先熟花 (ゆうずいせんじゅくか)の事、私も興味津々です、
ご存知かも知れませんが、
同じ桔梗科のツリガネニンジン属の細葉沙参(サイヨウシャジン)の仲間は、
雌しべが成熟する頃には、花を閉じる花もあるようです、
雄しべが花粉を出している間は、桔梗の花と同じですが、
花粉を出し終わったら、自家受粉を避けるために花を閉じ、
閉じた花の花冠より先に突き出している未成熟の雌しべは、徐々に成熟して受粉可能に成ります、
同じ雄蕊先熟花の特徴を持つ花ですが、それぞれに違った工夫を持っているようです、
鋭い観察力の、wakaさん故に、
つい余計なことまで書いてしまいます、お許し下さい。
『桔梗のタイムラグ』で投稿されていますね、後で見せてください、
Link戴いたそうで、wakaさんに、恥を掻かせないようにしないといけませんね、
どうも有り難う御座いました。
レイ さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 07/05 22:22 | edit
初めまして、
拍手にコメント付けていただき感謝しています、
訪問者履歴に残っていませんので、お礼の訪問ができません、
これからもよろしくお願いいたします。
有り難うございました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1013-77001eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。