スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

ユーパトリウム

台風12号の去った午後、近くの公園に出向きました、
公園の低山ながら、久しぶりに山歩きしてみました、遊歩道の脇では、秋の草花が見られます、
途中、菊の香りが、ほのかに香るエリアに立ち入ります、そこは毎年見られるユーパトリウムの群落でした。

ユーパトリウムは、アゲラタムによく似たキク科の多年草、藤袴(フジバカマ)の仲間です。
清楚でかわいい薄青紫色の花は、良い香りを放ち涼しげなイメージです。
花姿は一見して「アゲラタム」の花茎が高い花です、
ふわふわとした柔らかいソフトな感じは、一年草のアゲラタムに良く似ていますが、

アゲラタムは、菊科 カッコウアザミ属、草丈 20cm~Max50cmまで、
このユーパトリウムは、菊科 ヒヨドリバナ属、草丈 1m前後 、
頭頂部の花、葉っぱだけを見ていると、うっかり間違えそうですが、花姿全体を見れば別の花です。
鉢植え、地植え、和風、洋風の庭にも似合いそうです、
コノクリニウム・コエレスティウム/ユーパトリウムの名でも流通している花です。

ユーパトリウム(53629 byte)

 科   名  菊(きく)科
  • 地下茎を伸ばして増える
  • 葉は大きく、楕円形、対生、葉の縁に鋸歯
  • よく枝分かれをする
  • 開花時期 7~10月
  • 茎先にアゲラタムに似た薄青紫色の頭花、散房花序
  • 花序の上部がほぼ平らな花姿
  • 別名 西洋フジバカマ、青色フジバカマ、ミストフラワー
 属   名  ヒヨドリバナ属
 原 産 地  南北アメリカ
 植物分類  耐寒性宿根草
 樹高・草丈  50cm~1m
 開花時期  7月~10月
 花   色  薄青紫色、白色
 花径・花序  10mm前後
 頭花 7cm~8cm
 花 言 葉  思いやり
 撮影月日  2011.9.4
 撮影場所  宗像市 
     

茎先に青紫色の頭花を散房花序に付ける、
花は、花茎の下部の花程、花柄が長く、花序面が、ほぼ平らになる散房状頭花を形成するのが特徴です。

ユーパトリウム(32238 byte)

ユーパトリウム(35005 byte)

ここは、公園山地の遊歩道に面した傾斜地に群生するユーパトリウム、細い草茎がゆらゆら優雅に揺れます、
菊科の花だけに、ここ迄群生した群落に入ると、菊の香りが強く香ります。
斜面の下から撮ると、もっと群生の様子が見られますが、小心者の私は、蛇が恐くて中に入れませんでした。
近くには、鵯花の仲間、ミント、萩(はぎ)、栗(くり)等・・・秋の草花を沢山見掛けます。

ユーパトリウム(110035 byte)


銅葉ユーパトリウム/ユーパトリウム・チョコラータ

秋の七草、藤袴(ふじばかま)の仲間で、葉がブロンズ色の銅葉品種、
菊(きく)科、フジバカマ属、耐寒性多年草、花期 9月から11月。

銅葉ユーパトリウム(57995 byte)

銅葉ユーパトリウム(102346 byte)


破れ傘(やぶれがさ)

破れ傘(やぶれがさ)(70313 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1042-c67697d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。