スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

公園の周回道路の道端に、現の証拠の紅花種、紅花現の証拠の花が咲いています、
茎は地を這い分枝し、葉は掌状に3-5裂、葉の表面には暗紫色の斑点がある種類も見られ、
8-10月頃に5弁の花を咲かせます、花色は白色、淡紅色、紅紫色と様々、
西日本ではピンク系、東日本では白系が多いと聞きます、
花期は未だ続いていますが、実も成長、種も出来始めていました。

山野に自生する薬用植物の、身近な代表として、知られている、現の証拠(げんのしょうこ)の花、
近所の公園に行くたびに、種の生長を観察していました。
葉は掌状に、3-5裂、花柄が長く、茎は斜上して、凡そ40cm程、
葉腋から出た花柄の先に、白、又は紅紫色の、小さな5弁花を二個咲かせます。

現の証拠(げんのしょうこ)(40149 byte)

 科   名  風露草科
 (ふうろそう)
  • 葉は対生、上部では3裂、下部では5裂
  • 葉腋から、2本の花柄、花柄の先に5弁花、2個咲かせる
  • 花弁、葉っぱ以外全身に、短い産毛をたくさん持っている
  • 萼片は、花弁の切れ目に位置し、萼片の先端に数mmの突起棒を持つ
  • 花の大きさに比べ、大きな萼
  • 花は、5数性で、萼片、花弁、心皮は5個、雄しべは10個
  • 白色の花を、現の証拠、
    紅紫色の花を、紅花現の証拠と呼ばれます
  • 別名 神輿草(みこしぐさ)、
    種の形が祭りの御神輿の屋根の装飾用金具に似ている事から
 属   名  フウロソウ属
 原 産 地  日本
 植物分類  多年草、耐寒性
 樹高・草丈  30cm-50cm
 開花時期  7月-10月
 花   色  ピンク、白
 花径・花序  1cm-1.5cm
 花   型  5弁花
 生育場所  山野の道端、草地
 花 言 葉  憂いを忘れて
 心の強さ
 撮影月日  2011.9.25
 撮影場所  宗像市 
 

日本古来からの、民間薬の代表として、知られており、
乾燥させた葉を、煎じて飲むと、下痢止め・健胃薬として、20-30分位の短い時間で、
直ぐ効き目が現れることから、
「現に良く効く証」と言う意味合いで、名付けられました。

現の証拠(げんのしょうこ)(41464 byte)

長い花柄の先に2個の花を咲かせます、雄しべが10本、花柱1本が有りますが、
写真の右端のように、雄しべが無い花は、受粉が済んで役目を終え、抜け落ちた花です。
この後子房、花柱は成長します。

紅花現の証拠(41222 byte)

花は、花弁、葉っぱ以外全身に、短い産毛を、たくさん持っています。
萼片は、花弁の切れ目に位置し、萼片の先端に数mmの突起棒を持ち、花の大きさに比べ、大きな萼です。
花は、5数性で、萼片、花弁、心皮は、それぞれ5個、雄しべは10本です。

紅花現の証拠(38359 byte)

果実の、子房、花柱が成長し熟成して来ます、熟成が進むと、子房部の5ヶの黒い種も生長し、
花柱部が熟すと、下から4-5裂して、種を抱き込みカールして巻き上げます。
カールしたゼンマイ状のバネは、子供の頃遊んだ、ゼンマイ仕掛けの玩具のゼンマイにそっくりです。

現の証拠(げんのしょうこ)(40724 byte)

上記の果実が成熟すると、下記のような質感の金属のバネみたいな種に成長いたします、
この種の能力は必見です、
種が熟す過程は、花柱が裂け、子房の種子は、花柱が裂けるにつれ、
花床部の台座から種を写真の様に巻き上げます、この巻き上げられた構造はバネそのもの、
熟成する繊維が成長する過程で、細胞内の圧力差が、生理的エネルギーとして、このバネに蓄えられ、
バネの反発力が蓄積されます。

何かの拍子で、種に仔細な振動が加わると、高反発力を持った、このバネの反動で、
種を遠くへ跳ね飛ばし、種の拡散を計り、子孫繁栄を図る、思いもよらぬ能力の持ち主なのです。
同じ、風露草科、フウロソウ属の、アメリカ風露も同じ種の反発構造をしています。
ちなみにボールペンの先で、つんつんと、つついて見ましたが、当日は反発は起こりませんでした。
時期が早すぎたのか、つつく場所が悪かったのか、加える力が弱かったのかは定かではありません。

この種子のバネみたいな形が、御神輿の屋根の装飾用に用いられている装飾金具に似ている事から、
別名 神輿草(みこしぐさ)の名前の由来になっております。

撮影当日はこの種は出来ていません、2009年度撮影分流用します。

現の証拠(げんのしょうこ)(37382 byte)

訂正 上記写真はアメリカフウロの種の写真でした、
現の証拠(げんのしょうこ)の写真を下記に追加訂正させていただきます。

現の証拠(げんのしょうこ)(31613 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
お早うございます♪
コスモス | URL 10/08 08:26 | edit
ゲンノショウコは野草の中で、大好きです!
こちらでは、白いお花が多い様です。

種…面白い形と言うより、美しくも感じます!
初めて見ました。
花だけでなく、その後も観察すると楽しくなりますね!(-_☆)
コスモスさんお早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 10/08 09:27 | edit
快晴の、良い週末ですね、
現の証拠の花が、小群生しているのを頻繁に見掛けますね、
此方では、ほとんどが紅花で、白花は余り見掛けません、
バネ仕掛けの種の跳ね飛ばしを、見てみたいと思っていますが、
そんなに簡単には見せては呉れないですね、

少し遅れていました、コスモス、向日葵が大部咲きそろって来て、
各種イベントが目白押しです、良い週末をお楽しみ下さい、
どうも有り難う御座いました。
waka | URL 10/08 16:51 | edit
こんにちわ
花遊悠さんのブログからいつも教えられています。
ゲンノショウコを始めてみたのは、今年の5月でした。
種の様子をブログに載せたらコメントでその名前を教えていただいたのです。
今度は花を見たくて同じ場所に行ってみたのですが、
残念ながら草が刈られているからでしょうか、見えませんでした。
花は8月から10月と書かれていますから、まだ可能性はあるでしょうか?

花遊悠さんのブログの写真と同じ花を私のブログにアップして、リンクさせていただきましたが、お許しいただけるでしょうか?

そして、勝手に先輩と呼ばせていただいてもおります。すみません。
ゲンノショウコ
ijin | URL 10/08 18:14 | edit
ゲンノショウコは私の行く処、何処にもいます。
北海道での夏、3年続けて過ごした時、この花を見ました。
毎年8月を過ごす長野の八千穂高原にもいます。

関西は赤。関東は白と言いますが、私が見ていた花は皆白です。

詳細な説明は何時もと変わりませんが、種のばねは初めて知りました。
説明はこの花の生涯のドラマを描いているように思えます。
wakaさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 10/08 23:20 | edit
快晴の週末ですね、
今日は、サークルの仲間と、近くの低山へ写真撮りに行っていました、
帰りの温泉で盛り上がって遅くなりました、

現の証拠の花は、開花期間が長く、今日も沢山見掛けて来ました、
現在では、花も実も、運が良ければ、種も見られる時期です、
5月頃に種の様子を撮られたと仰っていますが、現の証拠の種は秋になりますので、
私の勘違いでなければ、それは、アメリカフウロの種の疑いもあります、
アメリカフウロの花、実、種は、
同じ風露草科フウロソウ属の仲間だけに、現の証拠とそっくりです、
葉っぱの切れ込みが深いのはアメリカフウロですので、
写真を見比べられて、種の確定をされて見られても良いかも知れません、
今の時期は下草刈り、剪定の作業をされていますので、地団駄踏まされる事しばしばです、

藪豆も今の時期、藪の木々に蔓を伸ばし一杯見られますよ、
ヒヨドリ花は、今真っ盛りで山野では沢山見られます、
同じ属の藤袴も一緒に見られますが、花を見たくらいではなかなか区別が難しく、
これも葉っぱで区別できますので、見落とさないよう注意されたら良いと思います、

Link張られたそうで、お役に立てますでしょうか?私の方は一向に構いません、
年は判りませんが、このカテゴリーに関しては、私の方が少し経験が長いかなーくらいで、
素人の物好きレベルで、ニューカマーのレベルはwakaさんと大して変わりません、
wakaさんには、何時も乗せられそうになります、余り乗せないでください、
私は気が小さいくせに、単純ですから、直ぐにその気になります、
良い週末・連休をお楽しみ下さい。
ijin7wth2さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 10/08 23:25 | edit
快晴の週末です、
朝晩寒くなりました、すっかり秋モードです、

北海道、長野へのセカンドハウスでの避暑生活、なんとも羨ましい話です、
紅花・白花の住み分けは、はっきりした線引きは無理な事ではないでしょうか、
当地でも、白花が皆無かと言えばそんなことはなく、
高山植物と言われている植物が、平地でも立派に増殖していることから、
同じ様な事が言えるのかも知れません、
生体の不思議、古からの自然の摂理の歴史から、
身に付いた、思いもつかないドラマなのでしょうね、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1065-28a2ff26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。