スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

良く知られた、仙人草(せんにんそう)の痩果(そう果)を撮ってきました、
日本全土に分布し、山野の日当たりのよい場所、道ばたなどによく見られます、
金鳳花(きんぽうげ)科、センニンソウ属の、蔓性、多年草、
花は、8~9月頃、真っ白な綺麗な4弁花を咲かせ、とてもいい香りの花を咲かせます、
十字型に咲く綺麗な花は、直径2cm~3cmほど、4枚の花弁にみえる花弁は、顎片です、
雄しべの花糸の部分は長さ7~9ミリ、先端の葯の部分は長さ3ミリほど、
雌しべは数本、細長い花柱を持ち、
雌しべの子房が成長し、花柱部が伸び、先端から羽毛状の銀白色の毛を、長く風になびかせます、
種は種子状で平たく倒卵形、
熟すと種の先端に羽毛状の白い繊毛、この白い毛を仙人の髭に例えて命名されました。

仙人草(せんにんそう)(101330 byte)

花柱は花後には3cmくらいまで伸び、
この部分は果実の時期にも残っていて、伸びた花柱には白くて長い毛がたくさん生えて羽毛状になり、
果実は、痩果(そう果)で、平べったい卵形、長さは7mm程、風によって拡散します、
写真は、朝早く露に濡れ未だ乾燥できてない状態で、繊毛が開いていません、
下2枚 撮影 コンパクトデジカメ

仙人草(せんにんそう)(48091 byte)

こちらの方が、羽毛の濡れが少ないようで、成長が進むに連れ、羽毛も密度を増します。

仙人草(せんにんそう)(74329 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1103-34b4d129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。