スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

それぞれの地で受け継がれた、春を告げる、「ひな祭り」+「さげもん」、
九州各地の地域起こしの一環として、豪華絢爛さに感動する初春のイベントに彩りを添えております。

古くから、女の子が産まれたとき、「一生幸せでありますように」、との願いを込めて、
手造りの布細工の雛飾りと、鮮やかな七色の糸を巻いた、伝統のマリを、交互につり下げた物で、
さげもん」と言われる飾りで祝う習わしがあります。

現在でも、女の子の節句に、色とりどりの「さげもん」を飾る伝統が受け継がれており、
従来、家の奥で飾っていた習慣が、近年は道行く人にも目を留めてもらい、
一緒に祝ってもらえるように通りからも見える場所で、飾るようになって参りました。
これが現在の「さげもん」巡りに成長したと言われます。

下は、かんぽの宿 玄関ホール 雛飾りさげもんを撮影させていただきました。

雛飾り(94001 byte)

雛飾り(101792 byte)

初節句のお宅で、華やかな雛壇とさげもんを、鑑賞してお祝いする風習で、
多くの人に、祝ってもらった女の子は、多くの幸せを手にすると言われています。
この「さげもん」は、それぞれ手作りの作品です、何度見ても素晴らしい豪華な作品です、
今年も見られるのか不明ですが、
以前、観光協会2階の展示ブースで、さげもんの手作りの、実演をしておりました。

雛飾り(105302 byte)

撮影 コンパクトデジカメ。

スポンサーサイト
綺麗です。
シッタレ | URL 03/07 07:54 | edit
花遊悠さん おはようございます。

綺麗な飾りですね。
どこの地域の飾りでしょうか。
特に「さげもん」が素晴らしいです。
シッタレさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 03/07 20:40 | edit
お久しぶりです、
皇帝ダリア以来ですね、お元気だったでしょうか?
ご無沙汰しています、
写真は、かんぽの宿柳川の玄関ホールの、雛飾り+さげもんです。
当地でも、江戸時代からの旧家の屋敷で見られ、
先だって、創業280年の歴史の蔵元で、
酒蔵開きが有り、立派な雛飾り+さげもんを公開しておりました。

シッタレさんは、確か鹿児島でしたよね、
薩摩のひなまつりが、仙巌園を中心に4月20日過ぎ頃まで開催されていると思います、
正確なことは解りませんが、大名家に伝わる雅な催し物が見られるようですね、
島津家伝来の、ひな人形、将軍家姫君持参の豪華姫道具だとか、
会場では、曲水の宴、流しびな等々、風雅な初春の行事、
豪華絢爛たる時代絵巻が繰り広げられているらしいですよ、
文化財相当の品揃えみたいですので、此方より一層見応えが有りそうです、
私も一度は見てみたい思いです、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1134-847c8bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。