スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:1| edit

フラサバ草は、オオイヌノフグリと同じクワガタソウ属の花で、
11月頃に芽吹き、発芽後に年を越してから開花する越年草で、畑や道ばたなどに生えています、
葉を含む全体に特徴的な、白い軟毛を持ち、特に萼片が顕著で、この毛深さは特徴です、
茎は根元で枝分かれし、地を這って四方に広がり、茎は基部で立ち上がって高さ10~20cmとなります、
葉は短い柄をもち茎の基部を除き互生し、長さ1cm程の広楕円形で3~5個の鋸歯を持ち、
上部の葉の脇から葉と同じくらいの長さの柄をだして、3mm程の淡青紫色の花を1個咲かせます。

クガイソウ属という似た属名がありますが、
このフラサバ草はクワガタソウ属で、果実が扁平形と言う違いがあり、多くは群生します。

フラサバ草(46568 byte)

 科   名  胡麻葉草
(ごまのはぐさ)科
  • 名前の由来は、この植物を紹介発表したフランスの植物学者、
    フランシエ氏と、サバチエ氏の名前を組み合わせたもの
  • 発芽後に年を越してから開花する越年草
  • 茎は根元から立ち上がり、花期まで1対の子葉が枯れないで残る
  • 茎は基部で枝分かれ草高さ10cm~15cm
  • 葉は互生し、浅く3~5つの浅い波形鋸歯を持ち、葉形は広楕円形
  • 全体に白色の軟毛を持ち、葉や萼片に特徴的な毛深さが見られる
  • 花色は薄青色で、花冠は2~3mmの合弁花
  • 葉腋に花を付ける
  • 果実は球形で4個の種子
  • 葉っぱばかりが目立つ花
  • 別名 ツタノハイヌノフグリ(蔦の葉殖栗)
 属   名  クワガタソウ属
 原 産 地  ヨーロッパ及びアフリカ
 植物分類  越年草
 樹高・草丈  10cm~15cm
 開花時期  2月~4月
 花   色  薄青色
 花径・花序  2mm~3mm
 花   型  合弁花・花冠五裂
 生育場所  山野・畑地
 花 言 葉  強面
 撮影月日  2012.3.10
 撮影場所  宗像市 

花色は薄青色で、3mm前後の小さな合弁花を咲かせ、
花は葉っぱの間に咲き、小さいので目立たず、花は大犬のフグリを1/2位にした小型の花です、
花後に茎の節間が伸び、花柄が伸び果実が付きます、
大犬のフグリに似ているフラサバ草ですが、全体に毛が目立ち特に顎片の毛は特徴的です。

フラサバ草(39496 byte)

一寸見は、小型の大犬のフグリに見えます、
大犬のフグリが、大きく見える程、目立たない小さな花で、目に留まらない程です。
大犬のフグリと比較写真を狙いたいと、付近を探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。

フラサバ草(55833 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
勉強の種多し
ijin | URL 03/18 17:35 | edit
説明を拝見しましたので、間違えることはないと思いますが、
花だけで見れば「オオイヌノフグリ」に似ていますね。

言われれば、心当たりがありますね。
「毛深いね」と感じたあの花でしょう。

勉強になりました。有難うございます。
ijin7wth2さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 03/18 19:38 | edit
ご無沙汰しています、
今朝ほど更新記事見せて戴きました、
その後も小康状態らしく、芳しくないのでしょうか?
お見舞申し上げます、
無理はしないで下さいね、

比較のために、オオイヌノフグリと一緒に撮りたかったのですが、
近くに見つからず諦めました、
あの小さなオオイヌノフグリですが、フラサバ草に比べ大柄に見え、
コントラストもはっきりしていますので、毛が無いだけに美人に見えてしまいます、
多分記憶に残っておられる花に、間違いないと思います、

大部暖かくなりました、暖かい方が体には楽なのでしょうか?
お大事にされて下さい。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1141-bdc78123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子供にも大人にも大人気のオオクワガタを飼育してみませんか?プロだけが知るオオクワガタ飼育法のマル秘情報を大公開しています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。