スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

登山道で最近良く見掛けるようになった、
白い花を付けた可愛い花、アカネ科、サツマイナモリ属の多年草、薩摩稲森(さつまいなもり)
草丈30cmにも満たない花ですが、群生していますので良く目立ちます。

山地の林床、及び傾斜地の湿気を持った土地を好む植物で、
半日陰地を好み、地面を這うように枝を拡げ拡散しています、
茎頂に集散花序の白花を、3個~10個程付けます、
三重県の稲森山に因んだ稲森草に似た、薩摩産の稲森草と言う事なのかは不明です。

薩摩稲森(さつまいなもり)(99953 byte)

 科   名  アカネ科
  • 関東地方南部~九州の林内に生え、半日陰の斜面を好む
  • 地面を這って広がる
  • 茎の一部は木化する
  • 葉は対生、卵形~長楕円状披針形、長さ2cm~5cm、幅1.5cm~3cm、先は短く尖り、基部は狭まって細い柄となる
  • 茎頂に集散花序、1mm程の柄の白花を3個~10個程付ける
  • 花冠は漏斗形、花冠端は5裂、長さ1cm~1.5cm、やや俯き加減に咲く
  • 雌しべの花柱が長く、雄しべの花糸が短い、「長花柱花」を付ける株
  • 花柱が短く、花糸が長い「短花柱花」を付ける株と、2種類があります
  • 雄しべ5本、花冠筒内より出ない
  • 花弁には細毛が密集
  • 果実は扁平、倒三角形、多数の小さい種子を作ります
  • 薩摩産のイナモリソウの意味?です
 属   名  サツマイナモリ属
 原 産 地  関東地方南部~九州
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  10cm~25cm
 開花時期  12月~4月
 花   色  白
 花径・花序  15mm前後
 花   型  漏斗型
 生育場所  山林の林床
 花 言 葉  ?
 撮影月日  2012.3.17
 撮影場所  宗像市 
 MEMO     

登山道脇の斜面に点在しています、花は漏斗型、白い花を茎頂に集散花序に付けています。

薩摩稲森(さつまいなもり)(51515 byte)

下2枚 長花柱花、
雌しべが、雄しべより長く花冠面近くまで伸び、成熟すると3裂した柱頭はハート形に見え、
ピンク色になり花冠面まで伸びます、花弁には繊毛がびっしり。

薩摩稲森(さつまいなもり)(25357 byte)

薩摩稲森(さつまいなもり)(36601 byte)

下2枚 短花柱花、
雌しべが、雄しべより短く、花冠筒内の5本の雄しべが見えます、但し花冠面迄は伸びてきません。

薩摩稲森(さつまいなもり)(42496 byte)

花冠は漏斗形で花冠端は5裂、長さ1cm~1.5cm。

薩摩稲森(さつまいなもり)(44286 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1142-72215e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。