スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

暖かくなるにつれ、早春の花が、勢いを増し見られるようになってきました、
うっかりすると見逃しそうな佇まい、セリの葉に似た、芹葉黄蓮(せりばおうれん)が見られます、
生薬としても、健胃剤、洗眼薬として利用され、他に染料にも利用されて来た薬草です。

芹葉黄蓮(せりばおうれん)(36651 byte)

 科   名  金鳳花科
(きんぽうげ)
  • 本州、四国の山地に生える日本固有種
  • 根生葉は2回3出複葉で根生し、「セリ」の葉のように切れ込み、
    小葉は更に2~3裂し、葉質は厚い
  • 花茎を伸ばし、茎先に長い花柄のある2~3個の白い小さな花を咲かす
  • 花は、径1cmほどの白色の花
  • 雌雄異株、雄花と両性花、稀に雌花がある
  • 花弁は8枚~10枚で、線状で萼片より短い
  • 萼片は5枚~7枚で披針形
  • 落ち葉の中から芽を出し、葉が開ききらないうちに花を咲かす
  • 果実は袋果、放射状に付く
  • 根茎は黄色くて太く、珠が連なった様になっている
  • 根茎を干した物が、生薬の黄蓮(おうれん)で、
    健胃剤、洗眼薬として利用、他に染料にも利用される
  • 名は、葉がセリの葉に似て、根茎が黄色く珠が連なった様な蓮根から
  • 根茎が太くなる黄蓮は
    葉の形状から、菊葉黄蓮、芹葉黄蓮、小芹葉黄蓮と区別します
 属   名  オウレン属
 原 産 地  日本
 植物分類  常緑多年草
 樹高・草丈  20cm~40cm
 開花時期  3月~4月
 花   色  白
 花径・花序  10mm前後
 花   型  輪形(車形)
 輪生配列
 生育場所  山地の林内
 花 言 葉  揺れる心
 撮影月日  2012.3.30
 撮影場所  宗像市 
 MEMO     

写真は両性花、既にもう果実が膨らみ、生長し掛かっています。

芹葉黄蓮(せりばおうれん)(31265 byte)

芹葉黄蓮(せりばおうれん)(48832 byte)

スポンサーサイト
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/04 21:28 | edit
昨日は台風みたいな、暴風が吹き荒れた一日でした、
急に暖かくなって参りましたので、山野草の芽吹きに、間に合わないくらいです、
暫く、週末に更新を続けて参りましたが、
沢山の写真を撮っていますので、暫く間、予約投稿をしておける様です、
何時も拍手にコメント戴き有り難う御座います、感謝しております、
有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1151-81cd6f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。