スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

土佐水木(とさみずき)

土佐水木(とさみずき)の花が咲き始めました、
満作(まんさく)科、樹高 1.5m~3mの落葉低木、名前のとおり、高知県辺りが原産の花木です、
3月~4月、葉に先駆けて子枝に、香りの良い淡黄緑色の花穂をいくつも下垂させ、7~8個の小花を咲かせます、
この花は桜と同じように、葉が芽吹く前に花を咲かせますので、葉が無い分、大変目立ちます。

土佐水木は、早春の代表的な花木、梅の花が咲く頃、相前後して開花します、
水木と名前が付いていますが、マンサク科の落葉広葉樹、
淡黄緑色の穂状の花を、樹冠全体に付ける花数の多い花木です。

同じ仲間の、日向ミズキは、一房の花の房が短く花が小型、
一方、この土佐ミズキは、花の大きさも大きく、一房の花の数も多く、
雄しべの濃い小豆色が特徴で、雌しべも長く先端に突き出しているイメージですから、
見分けは容易です。

土佐水木(とさみずき)(26395 byte)

 科   名  満作(まんさく)科
  • 樹高は1.5m~3m
  • 株立ち状で、自然のまま卵形に樹形がまとまる
  • 枝はジグザクに屈曲
  • 葉が芽吹く前に花を咲かせます
  • 3月~4月、葉に先駆けて、子枝に香りの良い淡黄緑色の花を下垂
  • 7~8個の小花を咲かせる
  • 花房長 4cm~5cm、花冠開口部 凡そ 10mm
  • 花弁 5枚、萼片 5枚
  • 雄しべ 花弁と同じくらいか、長く、
    裂開する前の、葯(花粉を入れる袋)は、濃い暗紅茶色、この花の特徴
  • 雌しべは 2本 花弁面より長く突き出している、蕾のときにも花の外に出ている
 属   名  トサミズキ属
 原 産 地  高知県
 植物分類  落葉低木
 樹高・草丈  1.5m~3m
 開花時期  3月~4月初旬
 花   色  淡黄緑色
 花径・花序  花房長 4cm~5cm
 花冠 凡そ10mm
 花   型  穂状花序
 生育場所  山野
 花 言 葉  清楚
 撮影月日  2012.4.7
 撮影場所  宗像市 
      

花柄の無い花が、花茎に均等に付く穂状花序、
花色 淡黄緑色の若草色で花を房状に下垂させます、
花弁 5枚、萼片 5枚、
雄しべは花弁面位か、少し長く、裂開する前の葯(花粉を入れている袋)は、濃い小豆色(暗紅茶色)、
花弁面より先に突き出している、2本の白い角みたいなのが雌しべ。

土佐水木(とさみずき)(24768 byte)

土佐水木(とさみずき)(54199 byte)


日向水木(ひゅうがみずき)

日向水木が花を咲かせ始めました、
日向水木は、満作科、トサミズキ属、穂状花序を持ち、3月に入ると可愛い淡黄緑色の花を下向きに咲かせます。
細い枝は良く分岐して、ブッシュ状、
同属の「土佐水木」「支那水木」よりも、小型で半球状の姿に整い易く、公園の植樹として多く見掛けます。

日向水木は、近畿北部から石川県の山地に分布する花木で、
名前のヒュウガ(日向)の由来は、ヒメミズキがなまったとも言われ、
一方、自生する丹波地方を所領とした、明智日向守に因むとも言われ、定かではありません、
日向の国(宮崎県)とは直接的な因果関係はないとされています。

日向水木は、同属の土佐水木より花序の長さが短く、淡黄緑色の花の数も1個~数個と少なく、
分枝する小枝は、全体にスマートで小振りな印象です、
開花は3月~4月、いずれも春を飾る花木の一つです。

日向水木(ひゅうがみずき)(103844 byte)

 科   名  マンサク科
  • 近畿北部から石川県の山地に分布
  • 全体に小振りで、よく分枝して広がった細い枝も、きゃしゃな枝振り
  • 葉の展開に先立って淡黄緑色の花穂を1個~数個下垂して咲かせる
  • 花房長2cm~3cm 花冠開口部 6mm~8mm
  • 雄しべの、葯(花粉を入れる袋)の部分は黄色
  • 葉は互生し長さ2cm~3cm、裏面は有毛
  • 花期 3月~4月
  • 別名 姫ミズキ
 属   名  トサミズキ属
 原 産 地  近畿北部、福井
 石川、岐阜
 植物分類  落葉低木
 樹高・草丈  0.6m~2m
 開花時期  3月~4月
 花   色  淡黄緑色
 花径・花序  6mm~8mm
 長さ 15mm
 花   型  穂状花序
 生育場所  山野
 花 言 葉  思いやり
 撮影月日  2012.4.7
 撮影場所  宗像市 
      

同属の土佐水木とは、花の特徴は大変似ています、見分ける際のポイントは、
土佐水木の、雄しべの濃い小豆色に対し、日向水木の雄しべは、黄色の違いがあり、
先端に突き出した雌しべも目立たず全体に小柄なイメージです。

日向水木(ひゅうがみずき)(25778 byte)

この株の樹高は凡そ1m位、小型の割に花数は意外と多く付いています。

日向水木(ひゅうがみずき)(126841 byte)

スポンサーサイト
アルママ | URL 04/09 15:11 | edit
どちらの花も綺麗ですね。
私も、ヒュウガミズキを撮って来ました。
ちょうど満開になっていました。
こちらでは、トサミズキはすっかり花が終わっています。

ここ数日、良い天気が続いていますので、お花見日和です。
涼風の庭さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/09 21:20 | edit
お久しぶりです、
急に季節外れの暖かさが続いています、
チューリップ展会場のチュ-リップの開花が3分咲き、
我が家のハナモモが漸く咲き始めました、
桜が満開近しで、花見日和です、、、と今年は例年に比べ開花が大部遅いです、
お役に立っていますか?そう言って戴けると嬉しいです、
有り難う御座いました。
アルママさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/09 21:24 | edit
ご無沙汰しております、お元気そうで何寄りです、
今年は、花の開花も、例年と随分ズレていますね、
我が家の、裏庭のハナモモは、漸く開花が始まりました、
ここ数日、暖かい日が続いていますので、桜の花も満開近しです、
金曜日に職場のグループで行って来ましたが、
土曜・日曜の桜のスポットでは、最後のお花見日和と賑わっていました、
良い季候になって参りました、活躍願っています。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1155-ef66f4cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。