スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

瘡の王(くさのおう)

市内に有る砂防ダム周辺の傾斜地には、黄金色に輝く瘡の王(くさのおう)が満開、
芥子(けし)科、クサノオウ属、東アジアに分布する一年性草本、鮮黄色の花は大変目立ちます、
痛み止めや、湿疹を治す薬草として知られ、登山MAP誌上にも良く掲載される花です。

瘡の王(くさのおう)(129685 byte)

 科   名  芥子(けし)科
  • わが国はじめ東アジアの温帯地域に広く分布
  • 山麓や平地の道端、草地の比較的陽当たりの良い道端に普通に生える
  • 全体がやわらかく粉白色を帯び、草丈30~80cm
  • ロゼット状の根出葉
  • 葉は互生し、1~2回羽状に深く切れ込む
  • 茎、葉の裏面、脈状に繊毛がある
  • 茎は中空
  • 萼片は2枚、花が咲くと落下する
  • 葉の脇から茎を伸ばし、枝先に散形花序、枝先に数個の花をつける
  • 花は、鮮黄色、約2cmの十字型4弁花、花弁は長卵形
  • 雄しべは沢山有り、雌しべは1本
  • 花柱はねじれている
  • 果実は細長い円柱形、熟すと下部が裂け、種子を散布する朔果
  • 茎や葉を傷つけると黄色い乳液を出し、汁液にはアルカロイドを含み、
    これを傷などにつけると痛み止めなどになるが、食べると有毒
  • 皮膚病の湿疹(くさ)を治す薬草に由来した名前から、瘡の王との説
  • 生薬名は白屈菜(はっくつさい)、煎じて患部を洗ったり塗布したりする
 属   名  クサノオウ属
 原 産 地  日本、東アジア
 植物分類  一年性草本
 樹高・草丈  30cm~80cm
 開花時期  5月~7月
 花   色  鮮黄色
 花径・花序  約2cm
 花   型  十字型、4弁花
 生育場所  山麓や平地の道端
 草地
 花 言 葉  思い出、
 私を見つけて
 撮影月日  2012.4.22
 撮影場所  宗像市 
      

瘡の王(くさのおう)の葉は、羽状に1~2回深く切れ込み、互生しています、
開花時期は5~7月、葉の脇から茎を伸ばし、枝先に散形花序、枝先に数個の花をつけます。
果実は細長い円柱形で、熟すと下部が裂け、種子が散布される朔果です。

瘡の王(くさのおう)(63629 byte)

この花の色は鮮やかな黄色、花弁は4枚で長卵形、花径 約2cm、
萼片は2枚ですが花が咲くと落下しますので、普通には見かける事はありません。

瘡の王(くさのおう)(35644 byte)

雄しべは多数、雌しべは1本、
この花の花柱の形は、珍しい形をしており、理由は判りませんが、柱頭の直ぐ下部で捻れています。

瘡の王(くさのおう)(39601 byte)

撮影 コンパクトデジカメ


山羊(やぎ)

週末に市内の低山へ行くのが、決まりになっていますが、山中で小動物に会う機会は全くなく、
鹿、猿だとか、イノシシ等に遭った友人の話が、本当に思えなかったが、
登山道の標高300mくらいの場所で、4~50m先に、白い物が動くのに気が付き、
肝を冷やしながら、恐るおそる、少し近づいてみると、どうも山羊らしい、しかも2頭いる、
歩き慣れている登山道で、まさかの山羊に遭遇、友人達の話に、話題に上がったことが無く、
家畜が逃げ出したのか、野生なのか判らず、
初めてのケースで、安全距離が、どれ位なのか判らず、20mくらい迄、近づくのが精一杯、
もし機嫌を損ね襲ってきたら、どうすれば良いのか不安が駆けめぐる、
もっと近づけたらの気持ちもある反面、早くあっちへ行ってくれっと、去ってくれるのを望む気持ちも強く、
この間数分、、、実は一分もなかったかも知れない、
今回は山羊でしたが、イノシシだとか猿だったらと思うと、ぞっとする出会いでした。

山羊(やぎ)(91611 byte)

山羊(やぎ)(92290 byte)

山羊はもっと小さく、可愛いものと思っていましたが、この角は威圧感がありました。

山羊(やぎ)(77003 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
こんばんは~
seabreeze | URL 04/23 20:49 | edit
鮮やかな黄色ですね。
黄色は元気が出る色、こういう場所で咲いているのがなんだか、もったいないです。
ヤギさん、本当に角、すごいですね~
ビックリしましたよ、メ~~メ~~ヤギさんとイメージ違いますね笑
seabreezeさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/23 22:13 | edit
お久しぶりです、
良い季節になりましたね、此方は初夏みたいな暑さです、
ホトトギス以来ですが、お邪魔する度にアットホームながら食卓の豊かさに、
お裾分け戴いている様な、豪勢な楽しさを味合わさせて戴いております、

運気が上がる、元気が出る鮮紅色の花、良いですね、
目で味わい、香りで楽しませて戴いております、
山羊君達、滅多に見る動物でないため、一瞬山羊と思いつきませんでした、
こんな登山道で遭遇するとは、びっくり、
襲って来る事はないと思いましたが、野生の動物ですから、
余り近づかない方が安全と思い、逃げ腰な自分に呆れていました。
コメントを差し上げていませんが、
何時も楽しみに拝見させて戴いております。
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/24 21:36 | edit
杉林で小熊に遭遇ですか?
小熊の近くには母熊が居るはずですので、最も危険ですね、
目に見えない恐怖は計り知れません、
九州のツキノワグマは絶滅したと言われていますが、熊は恐いですね、
先だっては、熊牧場で不幸な事故があったばかりですね、
私は、犬と猫は飼っていますが、山羊は動物園で見たくらいでほとんど知らず、
敵さんを知らないため、襲われはしないかと、不安感を抱き、
早くあっちへ行ってくれと願っていました、
びっくりした事と、ドキドキ感は久しぶりに味合うスリルでした、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1170-3b045784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。