スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

鈴蘭(すずらん)

山地や比較的寒い地方や標高の高い草地に生える、百合(ゆり)科、スズラン属の多年草
北海道を代表する花として知られる鈴蘭(すずらん)の花、、草丈、凡そ20~40cm、
葉は分厚く、根生葉で互生、卵状楕円形で先端は尖り、表面は濃い緑色、裏面は粉白色を帯びます、
開花時期は4月~6月頃、花茎を伸ばし、「鈴」のような白花を、十数個下垂させ咲かせます、
花は、雄しべ6本、雌しべ1本、
花は、葉と同じ高さ、若しくは、葉に隠れるように低い位置で、花を咲かせ、
花には芳香があり、香水の原料にもなります、
果実は液果で球形、秋に赤く熟します。

尚一般に、花壇等で栽培されているのは、ヨーロッパ原産の「ドイツスズラン」種で、
葉が多く、葉色も濃く光沢が有り、芳香が強い特徴が有り、葉よりも上に花を付けます、
この可愛い花からは、とても想像できませんが、有毒植物で家畜は危険を察知し食べないそうです、
薬と毒は使い方次第、秋に根茎を掘り起こし、天日乾燥したものを、生薬名で鈴蘭根(すずらんこん)と言い、
強心、利尿薬として利用されましたが、一般には有毒として用いられていません。

GW中に撮った鈴蘭の花、当日は曇天で強風下、ことごとくブレブレで使い物に為らず、
何とか良しとした2枚です!

鈴蘭(すずらん)(117969 byte)

鈴蘭(すずらん)(41359 byte)

撮影 コンパクトデジカメ


碇草(いかりそう)

メギ科イカリソウ属の多年草の碇草(いかりそう)
草丈 20~40cm、葉は2回3出複葉、小葉の形はハート形、
開花時期は3~5月、花の色は、紫、白、黄、ピンクなど様々、
花弁は4枚で、花冠のつけ根が後ろに飛び出た距を伸ばし、
萼片は8枚、外側の4枚は早く落ち、内側の4枚が大きくなる。
花の形が船の錨に似た所から付けられた名前。

碇草(いかりそう)(36468 byte)


黄花碇草(きばないかりそう)

黄花碇草(きばないかりそう)(27477 byte)


イカリソウ・ルブラム

メギ科の多年草、ヨーロッパ産のエピメディウム・アルピナムとイカリソウとの交配で生まれた園芸種、
開花期は4~5月、紅色のガク片が特徴で、白色の花とのコントラストが綺麗です。

イカリソウ・ルブラムg(28843 byte)

イカリソウ・ルブラム(42881 byte)


梅花錨草(ばいかいかりそう)

山地の林の中や林縁などに生え、
メギ科、イカリソウ属の多年草、草丈10~20cm、葉は根生、長い葉柄の先に卵形の小葉を3枚付け、
4月~5月に掛け、白い花を俯きかげんに咲かせます、
錨草の仲間は船の錨に似た、錨状の萼片や花弁、距を突出していますが、この花には距は有りません。

梅花錨草(ばいかいかりそう)(30296 byte)

梅花錨草(ばいかいかりそう)(20931 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1185-79fc5c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。