スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

姫岩垂草(ひめいわだれそう)

庄助ふるさと村園内、体験農場周辺の農道には、姫岩垂草(ひめいわだれそう)が、群生しています、
週内に下草狩りの案内を聞いたばかりなので、撮っておきました、
クマツヅラ科 イワダレソウ属、東南アジアから南米にかけての亜熱帯に分布の常緑多年草です、
草丈5~10cm、開花期5~9月、ランタナに似た小さな花を咲かせます。

同じクマツヅラ科ランタナ属のランタナに、そっくりな姫岩垂草(ひめいわだれそう)は、
茎は地面を這って、枝分かれして広がり、茎の葉腋から花茎が直立し、草丈は精々5cm程度です、
枝先に淡い紅紫色または白色の小さな花を多数つけます、
この花は、種子は結実せず種子をつけません、
繁殖は、茎の節から分枝し発根して繁茂する性質を持ちます。
園芸名リッピア。

姫岩垂草(ひめいわだれそう)(106098 byte)

姫岩垂草(ひめいわだれそう)(54160 byte)

集合花の直径は約1cm、小花の花冠は長さ約5mm弱の筒形、花冠は唇形花、
苞は長卵形、先が尖り短毛が多く、上唇弁は浅く2裂、下唇弁は3裂し、花芯部に黄色の斑紋を持ちます。
葉は対生し有柄、長さ約3cmの倒卵状楕円形で鋸歯があり短毛が生えています。

姫岩垂草(ひめいわだれそう)(29260 byte)

撮影 コンパクトデジカメ


酔仙翁(すいせんのう)

南ヨーロッパ原産のナデシコ科、センノウ属、多年草の、酔仙翁(すいせんのう)が満開です、
草丈50cmから70cmくらい、6~7月頃、茎頂に直径3cmほどの鮮やかな紅紫色~白色の5弁花を付けます、
茎や葉っぱが、白い細かな綿毛に覆われ、触るとビロードの様な手触り、
この手触り感が、フランネルの風合いに似ている所から、フランネル草とも呼ばれています、
根生葉は長楕円形で柄があり、茎葉は無柄、共に全縁で対生します、
花の後にできる実は、そう果を付けます、
名前は、同じナデシコ科の、似た花に仙翁花(センノウゲ)があり、この花が京都嵯峨の仙翁寺で見られたと言い、
花色から「お酒に酔って赤くなった」に準えて、酔を宛われ酔仙翁と名付けられたと言う説があります。

酔仙翁(すいせんのう)(21080 byte)

酔仙翁(すいせんのう)(52342 byte)

スポンサーサイト
はじめまして☆
夢ナビゲーター 光容 | URL 06/13 14:43 | edit
素敵なブログですね、今後の更新も期待しておりますm(_ _)m
夢ナビゲーター 光容さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 06/13 21:18 | edit
初めまして、
励まし戴き有り難う存じます、
花に偏った面白くないBlogだと存じますが、
又宜しくお願いいたします。
有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1221-0f376f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。