スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

葉っぱに虫コブ

公園の近くの、畑の生け垣から伸びている、枝の葉っぱに、実が沢山着いているのを発見、
花筏(はないかだ)でないかと喜んだ物の、これは異様な実だと気付き撮っておきました、
私の知っている、花筏(はないかだ)は、葉の表面の主脈の中央に淡緑色の 4 弁の花をつけ、
花の後、球形で黒色の果実を熟しますが、
実の形状、数も違い、実の付き方がランダムで、不規則に付いています。

私は初めて見る症状ですが、多分、
植物の内部に、昆虫が卵を産み付けることによって、昆虫の幼虫が寄生している物と思えます、
寄生された植物の側が、防御反応で、組織が異常な発達を起こして出来る、コブ状の突起ではないかと思えます、
コブに寄生した昆虫にとっては、隠れ家と、餌の両方が得られ一挙両得、
狙いが外れていなければ、この実に見えるコブの中には、昆虫の幼虫が入っているはずです、
コブをカッターで割って確認すれば、貴重な体験になりますが、
何となく気持ちが悪く、気が小さく勇気はからっきしな為、結局割って見ることは避けてしまいました。

又こういう症状は、葉に起こる場合の他、樹木の茎や、細枝、果実などにも見られる様です、
また、植物の病気による場合とか、菌類による病変で発生する場合もあり、経験不足で判断付きません、
もし知っている方は、教えていただければ幸いです。

葉っぱの虫コブ(70323 byte)

コブの発生数、場所は全くの不規則、左側中程には、コブが葉っぱから落ちた後らしき痕跡も残っています。

葉っぱの虫コブ(78251 byte)

この葉っぱには、コブが出来掛かっている場所の付近の組織が、防衛反応か、異常反応を見せています。

葉っぱの虫コブ(58380 byte)


キノコ?二題 標高400m位の山中で、倒木に生えている、キノコと思しき二題、名前不明です。

キノコ???(79112 byte)

キノコ???(85662 byte)

本日の題材は、余り雰囲気の良い物ではなく、悪しからずお許し下さい。

スポンサーサイト
hanakaji | URL 06/14 08:08 | edit
おはようございます。
え~、これ実じゃなくて、こぶなんですか?
不思議!
今まで見た事のある葉っぱのこぶは、もっと小さくて
いかにも虫が入っているような感じでしたが、
これは面白い形をしていますね
花筏という植物も見てみたいな~
花筏というと
桜の花びらが水面に散って流れて行く様を想像しますが
植物で、葉っぱに花が咲いて実になる物があるとは・・・
知りませんでした。
こんにちは
ももちゃん7 | URL 06/14 11:23 | edit
初めて見る葉っぱのコブ(?)実(?)です。
葉っぱは、柿の葉に似ている気もしますが・・・

この葉の実がどうなっていくのか?
とても気になります(^^ゞ

もし、同じ場所に行く機会がありましたら、成長したこの実を見てみたい! ですから
写真を撮って見せてくださいね。


hanakaji さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 06/14 21:07 | edit
驚きますよね、
「桜の花びらが水面・・・流れて行く様を想像」正にこれ花筏(はないかだ)ですね、

今回の記事の花筏(はないかだ)の実は、
葉っぱの中央部に、花が咲き、1cm位の球形の黒い実が付きます、
葉っぱと、葉っぱの中央部に乗った、花の姿を、
水面に浮かんだ、イカダの容姿に見立てたようです、
何とも素敵な名前ですね、ポエムの世界だと思います、

参考までに、花筏(はないかだ)の記事にLink張っておきます、
<a href="http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/blog-entry-657.html" target="_blank" title="花筏(はないかだ)">- 2010/05/03(Mon) -花筏(はないかだ)+梛筏(なぎいかだ)</a>
もし、Linkが、掛かってなければ、下記URLを検索覧にコピーして、
Link先をご覧になって戴ければと存じます、
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/blog-entry-657.html

写真の虫コブは、植物の世界では珍しいことではないらしく、
植物の拒否反応、防御反応が、こういうコブとして現れるのでしょうね、
コブの形、大きさは、昆虫の種類、植物の種類により、様々みたいですよ、
植物と、昆虫には共存共栄の間柄の物もありますが、こればかりは、
体内に、寄生されて、宿られた植物にしては、迷惑なことでしょうね、
どうも有り難う御座いました。
ももちゃん7さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 06/14 21:14 | edit
このコブの行く末は気になりますね、リクエストいただきました、
直ぐに忘れてしまう呑気者ですが、忘れない様、気に留めておきたいと思います、
確かにコブが、その後どうなるのか、
生体の排除機能が働いて、組織から排除、除去してしまうのか、
幼虫が成長し、中から出てきてそのまま、コブは残るのか?
人間の、アレルギー反応、異物進入の場合の排除反応なんかを考えると、
生体は激しく除去反応を、起こすのではないですかね、
少し様子見てみましょう、変化が起こっているか楽しみですね、
週末天気が崩れなければ撮ってこれると思います、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1222-30256aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。