スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

山中の林縁に、小さな花を咲かせ、群生している蠅毒草(はえどくそう)が、見られ始めました。
我が国の各地、朝鮮半島や中国、ヒマラヤ、それに北アメリカ東部に分布しています。

林床、林縁などの半日陰に生え、草丈70cm前後、各節の間隔は上、下部ともほぼ同じ間隔で、
葉は荒い鋸歯のある広卵形~楕円形、基部は切形~心形で対生、葉の裏の細脈が、かなりはっきりしています。

7月から8月頃、長い花茎を伸ばし、枝先に穂状花序をだし、淡いピンク色の花を疎らに咲かせます。
花後の果実は朔果です。

最近は見る機会はありませんが、昔は、この根を摺り潰して、煮立てた粘着性の液を、蠅取り紙に染みこませ、
褐色の粘着液を塗ったハエ取り紙が、店先にぶら下がっているのを、見た記憶の方も多いと思います、
この粘着液が、この蠅毒草(はえどくそう)の、根から作られていました、
物騒な名前と思いましたが、人間社会に役立っていた野草なんだと、妙に納得です。
熊葛(くまつづら)科、ハエドクソウ属の多年草、一属一種の植物です。

蠅毒草(はえどくそう)(60605 byte)

花は大変小さく、花径5~6mm、花の長さ10mmくらいの唇型花、
白色~淡紅色を帯び、長さ約10mm位、上唇の両側の側弁部分が広い、唇形花を下から順に咲かせます、
萼には3本の角状の刺があります。

蠅毒草(はえどくそう)(27138 byte)

蠅毒草(はえどくそう)(23325 byte)

山中の林縁では、この時期背丈が高く、群生していますので大変目に付きます。
細い花茎は、少しの風でもゆらゆら揺れ、撮りにくい花です。

蠅毒草(はえどくそう)(117383 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。