スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

節電ムードが暑さに拍車を掛けていた今年の夏も、早くも9月に入り、立秋を前に、
朝晩の暑さも少しだけ、凌ぎやすくなってきている感じがする、今日この頃です、
秋本番も近づき、秋の催し物、イベントが目白押しですね、忙しくなりそうな気配で、楽しみです。

通勤途中に目にする花木で、
今、主流なのは、なんと言っても色鮮やかな百日紅(さるすべり)の花です、
百日紅(さるすべり)は、夾竹桃、木槿、芙蓉、カンナ等と共に、夏を代表する花木の一つ、
枝の先に紅白の花をたくさん付け、大変賑やかな佇まいで、賑やかに咲き誇っています、
品種も豊富で、花色も紅、ピンク、紫紅、白、など豊富です、
鮮やかな咲きっぷりの花は、一個の花が沢山集まり、大きな房を形成し、房で観た方が、綺麗に見える花です。

百日紅(さるすべり)(100301 byte)

百日紅(さるすべり)(73259 byte)

花は、良く見ると、6弁をベースにした花であり、爪部が数cmもある極端に長い構造、
フリルが発達した舷部 (げんぶ)を持つ花冠で、外部からは花の深部は見難い構造です。

花の中央部の黄色い雄しべ群は、
昆虫をおびき寄せる為の、食用雄しべで、生殖能力は持たず、昆虫を誘き寄せ、昆虫に食されるだけの役目です、
食用雄しべの周辺の、6本のカールしたシベが、雄しべです、
又、雌しべは、中央部食用雄しべ群の中に、花柱先端が緑色のシベが1本存在します、これが雌しべです、

又、6枚の萼裂片を持ち、裂片の谷間の間から、花弁の長い爪部が6本派生しており、
これに対応して、食用雄しべの根っ子の部分より、6本の雄しべの花糸が伸びております。
複雑な百日紅の花の深部は、大変複雑で、珍しい造りです。

百日紅(さるすべり)(49585 byte)

百日紅(さるすべり)(69623 byte)

百日紅(さるすべり)(48597 byte)

百日紅(さるすべり)(47841 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。