スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0| edit

公園の小川に沿った堤防の縁に、蘿摩(ががいも)の花が、疎らに点在しています、
蘿いも(ががいも)科、ガガイモ属、北海道~九州の野原や河原などに、蔓を伸ばして繁殖する多年草です、
変な名前であり、漢字では読み書きが、とても出来ない文字ですが、
種がゴマに似ている所から、ゴマミが転じた節、
根茎がイモ状なのでガガミイモ、縮まってガガイモとなったと言う説等、
諸説有るようですが、どちらにしろ、もっと簡単な名前で居て欲しかった思いがします。

蘿いも(ががいも)(42864 byte)

葉は対生し長卵状心形、2-3cmの葉柄を持ち、長さ5-10cm、全縁で裏面は帯白緑色、
葉腋から総状花序を出し、花期は8-9月、淡紫色の花をつけ、
花径は約10mm、花びらの内側には短毛が密生し、花冠は5裂、裂片の先端は反り返ります、
花粉はガガイモ科の特徴で、固まった花粉塊となります、
また、茎には細い軟毛があり、切ると白い乳液が滲み出てきます。

蘿いも(ががいも)(45201 byte)

蘿いも(ががいも)(38576 byte)

蘿いも(ががいも)(26214 byte)

国内各地、東アジアの温・暖帯地域に広く分布している蘿いも(ががいも)、
野原や河原などに蔓を伸ばし、横に這う地下茎で広がり繁殖します、
花後は「にがうり」のような、舟状の楕円形をした、ブツブツが有る袋果をつけ、
熟れると、二つに割れて、多数の長い毛が付いた種子は、風に乗って飛散していきます、
一方、若い芽や果実は食用になり、また葉は強壮剤として使われたりします。

蘿いも(ががいも)(75009 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。