スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

当地のハーブ園は、沢山のハーブの種類が植わっており、
その中でも、ローズマリーは、春から初冬まで、絶え間なく何時も咲いています。
夏の暑い時期は、勢いは落ちますが、開花期の長い花です。

ローズマリーはハーブの仲間で、良く知られており、立性と、ほふく性があり、樹高、50cm-1.5mほど、
花の色は、淡青-淡紫色のものが、主流ですが、白やピンクも有る様です、
葉は、写真のように細長く、松葉牡丹と良く似ており、全体に強い香りが特徴です。

生葉、もしくは乾燥葉は、消臭効果や殺菌作用があり、肉の鮮度を、長持ちさせることから、
肉料理にしばしば使われ、香辛料、スパイスとしても利用されます。

また生薬にも用いられ、ポリフェノールの含量が非常に高く、優れた活性酸素消去、抗酸化力を発揮し、
炎症抑制効果があり、医薬としても使用される他に、入浴剤、お茶、染料等にも、幅広く利用されているようです。

  • 科  名 シソ科
  • 属  名 マンネンロウ属
  • 原  産 地中海沿岸
  • 性  状 常緑小低木、非耐寒性-種類により耐寒性
  • 樹  高 草丈 50cm-1.5m
  • 開花時期 4月-6月 9月-11月
  • 花  色 淡紫色、白
  • 花  径 Max 1cm
  • 花言葉  記憶、思い出

ローズマリー(53005 byte)

大変小さな花は、花径Max 1cmくらい、花色はブルー系が主ですが、白色もあり、
春の花期には、穂状に沢山の花を咲かせます。
撮影時は、風の強い日にも関わらず、ハーブの香りを漂わせていました。

葉は輪生、または対生し、線形で長さ 2cm-3cmくらい、
花は、葉腋に淡紫色の筒状唇形花を数個密集させて咲かせます、
紫蘇科の花特有の、よく似た花形で、
雄しべ雌しべを、上部に突き上げ、カールさせ下唇片に対向させる格好の、特徴的な花です。

ローズマリー(48736 byte)

又、ローズマリーは、若返りのハーブといわれ、肌を整え、毛髪の成長を促して呉れるらしく、
強肝、健胃、頭脳を明晰にする効果などが、記述されます。
民家でも多く栽培され、何気なく気にも掛けていない花ですが、生薬始め人間生活には、貴重な花だったようです。

ローズマリー(37230 byte)

ローズマリー(108052 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。