スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

冬の花蕨(ふゆのはなわらび)

里山の草地に、冬の花蕨(ふゆのはなわらび)を、ポツンポツンと見掛けます、
花蕨(はなわらび)科、ハナワラビ属、別名 冬蕨(ふゆわらび)、
日当たりのよい草地に生え、秋に胞子葉を出し、枯れずに冬を過ごし、春に枯れる花蕨の中の一種のシダ植物です、
夏に胞子葉を出す、夏の花蕨と言う種類も有り、名前の語源にもなっています。

冬の花蕨(ふゆのはなわらび)(114202 byte)

初冬に、茎基に長い柄の栄養葉を伸ばし、
栄養葉は葉軸が三岐し、小羽片は広卵形で鈍頭、辺縁は鈍鋸歯、葉柄や羽軸は無毛、
茎頂につぶつぶ状の胞子葉の花穂を付けます、
胞子葉は栄養葉より長く、上部に付く胞子嚢穂は2回~3回羽状に分岐し、
円錐状に丸い胞子嚢をつけ、秋に熟した後、冬を越し春に枯れます。

胞子葉、花のように見える胞子葉で、胞子を包んだ袋を付けた穂は、成熟すると破れて胞子を散布します、
シダ植物・コケ植物に見られ、胞子を内部に生じる、袋状の生殖器官を持ちます。

冬の花蕨(ふゆのはなわらび)(46227 byte)

冬の花蕨(ふゆのはなわらび)(81325 byte)

下は、年末の頃の、つぶつぶ状の胞子葉の花穂が、熟した頃の状態です、当Site- 2011/12/18(Sun) -投稿分引用。

冬の花蕨(ふゆのはなわらび)(70001 byte)


海桐(とべら)/扉(とべら)の実

公園の、見晴らしの丘展望台周辺の海桐(とべら)の木に実が沢山生っています、
- 2012/05/25(Fri) -投稿した公園の場所に、10数本が点在している海桐(とべら)の木ですが、
数本に実が見られます、11月中旬以降には、下の写真のような紅褐色の目立つ種が見られるように生ります。

扉(とべら)の実(36382 byte)

扉(とべら)の実(38406 byte)


大葈耳(おおおなもみ)

今シーズン2回目の登場の、大葈耳(おおおなもみ)です、
二度も登場させるほどの野草ではありませんが、こんな群生を見たことがありませんでしたので再登場です。
左端の奥の、黒っぽく見える林の側まで続く薄緑のエリアが、全て大葈耳(おおおなもみ)でした、
湖畔の一角を、こんなに繁茂する大葈耳(おおおなもみ)の姿は、一寸驚異です。

大葈耳(おおおなもみ)(89512 byte)

大葈耳(おおおなもみ)(50693 byte)

スポンサーサイト
hanakaji | URL 11/06 00:04 | edit
おなもみは、子どもの頃投げあって遊んでいました。
洋服に簡単にくっつくのが面白くて遊んでいましたが、
毛糸のセーターにつくと、からまって取れなくなって
母に叱られたのを思い出します。
Digital_Photo 花遊悠さんへ | URL 11/06 19:37 | edit
冬の花蕨ですか
やっぱりシダっぽいですね
大葈耳(おおおなもみ)名前が知らない物ばかり見せていただきありがとう
hanakaji さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 11/06 20:36 | edit
子供の頃の思い出は、皆同じですね、
夕飯の時間も忘れ、親が呼びに来るまで、遊び回っていたのが懐かしいです、
秋は、野草の実りの時期で、
写真を撮るのに夢中になり、ズボンに野草の種が無数にくっついて、
取り除くのに、嫌な思いをさせられることが、しばしばです、
無頓着に、雑草の中に踏み込む癖は、未だに直らないようです。
どうも思い出話、有り難う御座いました。
名無し さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 11/06 20:41 | edit
初めまして、
NNと、タイトルの欄を間違った様ですね、
名無しのため、レスしようがありませんが、多分始めてだろうと思います、
私も良くこんな手違いしたりします、
これをご縁に宜しくお願いいたします。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1327-d9dbe513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。