スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

山里の林縁の藪、下草に蔓を伸ばし、下草を覆い被さる様に繁茂する、痰切豆(たんきりまめ)が見られます、
わが国の本州、関東地方以西、四国・九州に分布し、豆科タンキリマメ属の蔓性多年草、
蔓性で、日当たりの良い草地や林縁に生え、
7月-9月に掛け、葉腋から総状花序をだし、黄色い蝶形花を咲かせ、
晩秋の頃には、扁平な豆果(果実)が実り、熟すと鮮やかな赤紅色となります、
熟した豆果は、鞘が弾けて裂開し、2個の黒い種子を見せてくれます。

痰切豆(たんきりまめ)の豆果(61098 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  豆(マメ)科
 属   名  タンキリマメ属
 原 産 地  日本、朝鮮半島
 中国
 植物分類  蔓性多年草
 樹高・草丈  蔓性
 開花時期  7月~9月
 花   色  薄黄色
 花径・花序  花8mm前後
 果実1.5cm
 種2個5-6mm黒色
 花   型  蝶形花
 生育場所  山地林縁
 陽当たり良い
 ~藪、草地
 花 言 葉  
 撮影月日  2012.11.18
 撮影場所  宗像市 
  • 関東以西~九州の草地や林縁など日当たりのよいところに生える。
  • 茎は左巻き、蔓はMax3m
  • 蔓には、下向きの毛が生えている
  • 葉は互生、3出複葉でやや部厚く、裏面は黄褐色の腺点と毛が生えている
  • 小葉は倒卵形で長さ3-5cm、幅2.5~4cm、鋸歯はない
  • 花は葉腋に花柄を出し蝶形の花を数個つける
  • 花は総状に付き、淡黄色で長さ約8mm、花径1~2cm
  • 萼は褐色の毛におおわれ、不ぞろいに5裂
  • 最下の萼片は萼筒より長い
  • 豆果は長さ約2cm、幅約1cm、熟すと赤くなり弾けて裂開する
  • 中に黒い種子が2個入っている
  • よく似たトキリマメは葉の下半部の幅が広い

- 民間薬 -
種子を煎(せん)じて痰を止めるという事で命名。

 

晩秋の頃には、扁平な豆果(果実)が実ります、
豆果(果実)は、長さ2cm程で中央が浅くくびれ、熟すと鮮やかな赤紅色となります、長さ約2cm、幅約1cm。

痰切豆(たんきりまめ)の豆果(72416 byte)

豆果(果実)は、熟すと赤い鞘が弾けて裂開します、中に黒い種子が2個入っており、
種子は6mm位の球形で黒色、両側に1個ずつ2個付くので、赤と黒のコントラストは案外の鮮やかさで美しく、
この豆果の紅く色づいた鞘を、紅皮とも呼ばれ、冬枯れの山野に、大変印象深いです。

痰切豆(たんきりまめ)の豆果(54421 byte)

山里の、林縁の藪の中、下草に蔓を伸ばして、赤と黒の豆果を沢山付けています、
茎はつる性で、Max3mくらい伸ばし、下木の枝先を覆ってしまうくらい繁茂しています。

痰切豆(たんきりまめ)の豆果(87221 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1347-2e55bf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。