スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

鵯上戸(ひよどりじょうご)の果実

登山道林縁で見つけた、鵯上戸(ひよどりじょうご)の果実
茄子(なす)科、ナス属の、茎、葉ともに微毛が密生し、
7月~9月頃に掛け、葉の反対側に花軸を出して、1cmほどの白色または淡紫色の花を多数つけます、
花は筒状で花弁端が5深裂し、裂片は最初は平開し、後に反り返り、裂片の基部に、2個の緑色の線体があり、
雄しべは5本、紫色の花糸は太くて短く、葯は黄色、
細く白い雌しべを筒状に取り囲み、ナス科特有の小さな花を付けます、
葉柄で、他の木などにからみつき、全国の山野に分布する、蔓性の多年草です。

花後の果実は、初冬に掛け、最初は緑色の球形の液果を付け、後に真っ赤に熟して来ます、
果実は直径7~8mm位、多数の種子を持ち、 種子は小さく、凡そ2mm位、
果実には解熱、利尿など、さまざまな薬効が有るも、神経毒のソラニンを含み、素人が口にするのは危険です。

鵯上戸(ひよどりじょうご)(36986 byte)


裸酸漿(はだかほおずき)???

同じく、裸酸漿(はだかほおずき)?の実も見られます、
山地の林縁などに生える多年草、草茎は高さ60~90cm、
葉は卵状長楕円形~長楕円形、長さ8~18cm、先は尖り、下部は狭まって短い柄となり無毛、
花期は8~9月、葉腋から2~4個の長い花柄を付けた淡黄色の合弁花、
花弁端は5裂、裂片は反り返り下向きに花をつけます、雄しべ5本、雌しべ1本、
初冬の果実は、鮮やかな赤色に熟します。

裸酸漿(はだかほおずき)の果実(64164 byte)

果実と、果柄の付け根の、萼に相当する、膨らみが少し違うように見えます、
間違っていたら悪しからず!、教えていただけると有難いです。

裸酸漿(はだかほおずき)の果実(28085 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1391-cba457cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。