スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

高原の林縁に、春告げ花の一つ、雪割草がひっそりと咲いています、
雪解けの季節を待って花を咲かせる花で、金鳳花(きんぽうげ)科、ミスミソウ属の多年草、
雪が未だ残っている、早春の雪解けの季節に、花を咲かせる事から、雪割草という名前もイメージ通りです。

草丈10cm-15cm、花径1cm-1.5cm、一重咲が一般的ですが八重咲きから千重咲まで様々、
花色も白、淡桃色、ピンク、赤、淡紫、紫と多彩です。
葉が三つに裂けて三角形状に尖っており、花弁に見えるのは萼で、萼片に見えるのは葉っぱです。

三角草(みすみそう)/雪割草(ゆきわりそう)(29555 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  金鳳花科
(きんぽうげ)
 属   名  ミスミソウ属
 原 産 地  日本
 植物分類  耐寒性、多年草
 山野草
 樹高・草丈  10cm-15cm
 開花時期  2月-5月
 花   色  白、ピンク
 青、紅紫色
 花径・花序  1cm-1.5cm
 花   型  6弁花
 花冠平開
 放射相称車形
 生育場所  山地、
 落葉樹林内
 花 言 葉  信頼
 自信
 優雅
 撮影月日  2013.3.16
 撮影場所  福岡県 
  • 落葉樹林内から亜高山帯の岩場や草地などに生育
  • 草丈、10cm-15cm
  • 根生葉は、長い柄を持ち、長さ2-3cmの扁三角形で3中裂し、やや革質
  • 葉は倒卵状、楕円形
  • 花茎の先端に散形花序
  • 白、ピンク、青、紅紫色の花
  • 花被片(花びら)は6枚、長さ約10mm、稀に花弁6-10枚も有ります
  • 葉が三裂している、
    葉っぱの先端が丸っぽいのが州浜草(スハマソウ)、
    三角状に尖った形状の葉は、三角草に分類されます。

 

雪解けが始まる頃に茎を出し、白色、紅色、紅紫色、青色等の花を咲かす、
日本海側に咲く三角草は、色の変化が多いため、色が濃い物、八重咲き種などは、
盗掘が絶えず、自生地が激減していると言います。


艶やかな葉っぱは、クローバーの葉に似た形状の葉で、葉が三つに分かれますが、
その先端が丸っぽいのが州浜草(スハマソウ)、
三角状に尖った形状の葉の種を、三角草と呼びます、
葉の形状から、この写真の花は三角草に見えますが、
通常、これらを総称して雪割草として扱っています。

この花は、花弁を持たず、花びらの様に見えるのは「萼片」です、
花びらが萼で構成される花は、花の寿命が長い傾向があり、この花も花期の長いのが特徴です。
又「萼片」のように見えるのが葉っぱです。

三角草(みすみそう)/雪割草(37956 byte)

雪融けを待って咲く花、と言われる雪割草(ゆきわりそう)は、
一般に高地に分布する傾向で、湿った場所を好み、雪をかき分けて咲き出すイメージの花と言うことでしょう、
芽吹きも沢山見られ、これから暫くの間、早春の花を楽しめます。

三角草(みすみそう)/雪割草(23705 byte)

雪割草の花は、大変小型の花で、落ち葉の陰に隠れたり、見落としそうな存在ですが、
これから沢山芽吹いて来そうな雰囲気です、その健気さに応援したくなる花です。

三角草(みすみそう)/雪割草(60810 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1438-4978b8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。