スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:12 | TRACKBACK:0| edit

紫蝮草(むらさきまむしぐさ)

季節が、初夏の気温になったり、寒の戻りで一月ほど戻ったり、不安定な気温の繰り返しですが、
当地のK山では、蝮草(まむしぐさ)類の成長が見られ始めました、
山頂近くの古城跡、石垣の周辺の、陽当たりの良い林下には、
細いタケノコに、見間違えるような花茎が、無数に見られます。

蝮草(まむしぐさ)は、里芋(さといも)科、テンナンショウ属の多年草です、
仲間に、
紫蝮草(むらさきまむしぐさ)、
青蝮草(あおまむしぐさ)、
武蔵鐙(むさしあぶみ)、
浦島草(うらしまそう)、
南国浦島草(なんごくうらしまそう)等がありますが、
今回の登山道中では、低標高地帯で、武蔵鐙(むさしあぶみ)が、
全山で、紫蝮草(むらさきまむしぐさ)、青蝮草(あおまむしぐさ)が確認できました。

下は、紫蝮草(むらさきまむしぐさ)、

紫蝮草(むらさきまむしぐさ)(96885 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  里芋科
 (さといも)
 属   名  テンナンショウ属
 原 産 地  アジア、アフリカ
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  30cm~1m
 開花時期  4月~6月
 花   色  紫色、緑色
 花径・花序  仏炎苞の筒状部
 約10cm
 花   型  仏炎包
 肉穂花序
 生育場所  山野の林下
 花 言 葉  
 撮影月日  2013.4.20
 撮影場所  宗像市 
  • 平地から山地の林内や林縁に生える
  • 高さは30cm~1m
  • 偽茎の先端に鳥足状に分裂する2枚の葉
  • 4月~6月ごろ、紫色または緑紫色に縦の白い線の仏炎苞に包まれた花
  • 仏炎包の中には肉穂花序、肉穂花序は多数のシベから出来ている
  • 雌雄別株なので、雄花は雄蕊だけ、雌花は雌蕊だけ、どちらにも花弁はありません
  • 秋になると真っ赤な果実が熟す(短いトウモロコシみたいな格好の実)
  • 名前は偽茎の模様が「マムシ」の縞模様に似ている事に由来
  • 地下の球茎は有毒
  • 民間療法では、地下の球茎を漢方で天南星として漢方薬として利用される

 

下は、山頂近くの古城跡、石垣の周辺の、割と陽当たりの良い、林下に多く見られます、
林道、登山道、尾根、探さなくても目に入り、うっかりすると、細いタケノコの群生に見えます、
写真は、ここ数日で、ぐんぐん茎を伸ばし始め、この場所だけでも数十本群生しています。

蝮草(まむしぐさ)(114388 byte)

下は、仏炎包の中の肉穂花序を、ズームアップ。
仏炎包の色の違いで、紫蝮草(むらさきまむしぐさ)又は、青蝮草(あおまむしぐさ)に分けられます、
紫色の仏炎包の物を、紫蝮草(むらさきまむしぐさ)と呼び、
緑色の仏炎包の物を、青蝮草(あおまむしぐさ)/関東蝮草(かんとうまむしぐさ)と呼ばれます。

仏炎包の中には肉穂花序があり、肉穂花序は多数のシベから出来ており雌雄別株です、
雄花は雄蕊だけ、雌花は雌蕊だけから形成され、何れも花弁は有りません、
秋に赤橙色の、トーモロコシ状の粒々の実を付けます。

紫蝮草(むらさきまむしぐさ)(64292 byte)

下は、蝮草の共通した花茎の模様です、
この茎の縞模様が、蛇のマムシの模様に似ていると言うことなのでしょうか、
名前だけで、不気味に感じる、女性登山者も居るようで、蛇のマムシとは全く関係なく、
仏炎包の形から、お察しのように、お馴染みの水芭蕉、観賞用のカラーと同じ仲間で、
食卓でも、お馴染みの、里芋だとか、コンニャクも、同じ仲間です。

紫蝮草(むらさきまむしぐさ)(77908 byte)


青蝮草(あおまむしぐさ)/関東蝮草(かんとうまむしぐさ)

此方は、同じ仲間の青蝮草(あおまむしぐさ)、全山で見られ、この場所にも沢山点在しています。

青蝮草(あおまむしぐさ)/関東蝮草(かんとうまむしぐさ)(111022 byte)

下は肉穂花序の棍棒体、肉穂花序は仏炎苞という苞によって包まれているため、外からは見えません、
雌雄異株で、肉穂花序の下部に萼も花冠も持たない雄しべ・雌しべだけからなる花が沢山有ります、
仏炎苞は、淡緑色で白い条が縦に走り、先端は水平に前に伸び、次第に先細りに為っています、
仏炎苞の筒状部は長さは凡そ10cm、
肉穂花序の先端から伸びた付属体は棍棒状で径は凡そ10mm。

青蝮草(あおまむしぐさ)/関東蝮草(かんとうまむしぐさ)(51535 byte)

青蝮草(あおまむしぐさ)/関東蝮草(かんとうまむしぐさ)(110165 byte)

スポンサーサイト
蝮草
桜の親父 | URL 04/27 07:57 | edit
お早うございます。
武蔵鐙と浦島草は確認出来ましたが、
蝮草(紫、青とも)も有ったのかも知れませんね!
蝮草そのもの初耳でした。(テヘ)
又一つ勉強になりました。
Walkman | URL 04/27 08:13 | edit
おはようございます
コメントありがとうございました
花遊悠さんは植物学を専攻されたとか
生業にしているのでしょうか?
かなり精通しておられるようですので…
分からない事があったら聞いてもよろしいですか?
では失礼します
桜の親父さん、お早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/27 09:34 | edit
武蔵鐙と浦島草は見ておられたそうで、今が最盛期みたいですね、
蝮草の仲間の、花姿はユーモラスでも有りますが、
珍しい花だと聞かれるから教えて上げると、珍しいと言っていた舌も乾かぬ先に、
名前を聞いただけで、蛇のマムシと関連づけるのでしょうね、
不気味がられる、ご婦人達も居ますから、
何とも気の毒な花達だと同情するときもあります、
GW突入ですね、タイムリーな情報、期待しております、
有り難う御座います。
walkmanさん、お早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/27 09:39 | edit
walkmanさん、折角お気を使い戴きましたが、
私には過ぎたコメントをいただき、恐縮いたしております、

残念ながら、私の専攻は、植物には全くほど遠く、コンピューターエンジニアです、
このBlogは、仕事から開放される為の、息抜きの一つであり、
好きな草花に目を向けているときが、最大のリラックスタイムになるからで、
花が好きなだけの、下手の横好き、自分の勉強用にトライしているだけで、
walkmanさんと、似たり寄ったりの知識しか有りません、
畑違いの素人が故の、お気楽投稿ですので、的外れも結構あるかと思います、
間違いの箇所がありましたら、
教えていただければ幸いです、

GWに突入ですね、私は通しの連休になりますので、ウキウキしています、
walkmanさんの、タイムリーな情報期待しております、
有り難う御座いました。
ゴスロリニャット | URL 04/27 13:33 | edit
去年、金剛山ってとこにドライブ行った時に、まるで作り物みたいな グミ菓子のパッケージに描かれてるブドウみたいな、綺麗で毒々しい実のなる植物を見つけ、調べたら このマムシグサでしたぁ( ̄▽ ̄)

実物は、なかなか迫力ありましたぁ( ̄▽ ̄)
kazebyu | URL 04/27 19:06 | edit
九州は初夏ですね。

まだこちらは朝夕肌寒い感じです。
マムシグサのオンパレードですね。
初めて見た時はギョッとしたものです。

継続してアップしておられますね。
私はあいかわらずハードディスクの餌です。
natutubaki | URL 04/27 19:28 | edit
浦島草、まむし草は野山でよく見かけましたね
この頃見かけなくなりました
毛玉さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/27 21:06 | edit
毛玉さんが見られたのは、
多分、紅橙色に色づいた、トウモロコシの短い感じの実ではありませんでしょうか、
ツブツブの実が全面に付いた、毒々しい実が生りますので、これの事でしょう、
実物は、迫力があったそうで、レポート有り難う御座いました、

蝮草は、毒草ですが、毒と薬は紙一重、
秋に根茎を掘り起こし、水洗いし、輪切りにして乾燥させ、生薬として使われます、
去痰鎮徑薬として、また、
摩り下ろしてから、はれもの、肩こり、胸痛などに、
子宮頸がん治療等々にも使われ、見かけとは随分違いますね、
どうぞ、良いGWをお過ごし下さい、
有り難う御座いました。
kazebyuさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/27 21:11 | edit
ご無沙汰しています、
忙しいのではありませんか?
当方も相変わらずで、変わり映えいたしません、

ギョッとしましたか?、
アバタもエクボの諺通り、私には、エクボに見えていたのですよ、
懲りもせず、明日も、武蔵鐙、浦島草で水を濁しております、
良いGWを、お過ごし下さい、
どうも有り難う御座いました。
natutubakiさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 04/27 21:17 | edit
浦島草、まむし草は、この頃見かけなくなったそうで、
此方は、今が盛りと咲いています、
蝮草(青、紫)は全山何処でも見られますが、
明日予約投稿済みの、武蔵鐙、浦島草は、分布に偏りがあるようですね、
宝鐸草、鳴子百合等々、百合科の花の開花も進んでいるようです、
エビネも漸く開花確認しました、
藤の花は、未だ早く、GW後半になりそうです、
GWのタイムリーな情報、期待しております。
毛玉 | URL 05/04 12:14 | edit
そぉです‼ まさにそれでありました‼ 真っ赤な艶艶のミニトウモロコシみたいな実でした(´Д` ) パクッとかぶりつきたい反面、あまりの毒々しさにヒキました(^◇^;)
毛玉さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/04 23:00 | edit
毛玉さん、やはりそうでしたか、アッタリーでしたね、
でもあの色合いは、ヒキますよね!
「ミニトウモロコシみたいな実」、これ良い表現ですね、パクらして下さい、
私の「トウモロコシの短い感じの実」よりは、スマートな表現です、
皆さんからのコメントに、思いも付かなかった表現を、時々戴き、
為るほどっと、感心させられる事が度々なのです、
私の乏しい表現力に、色を付けるのに協力お願いしております、
毛玉さん、気遣いの無い、ストレートなコメント期待しております、
GWも残り少なくなりました、どうぞお楽しみ下さい、
有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1475-a0cb287c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。