スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

霧島海老根(きりしまえびね)

山中は海老根蘭の開花が進んでいますが、疎らに、霧島海老根(きりしまえびね)も確認できます、
海老根、黄エビネ程、頻繁に見掛けるわけではありませんが、
草丈は20~40cmくらいで、一回り小型の、海老根の仲間です、
霧島海老根は、蘭科、エビネ属の多年草、日本固有種で、開花時期は4~5月頃です、
本州の近畿地方から九州にかけて分布し、山地の林中に生育しています、
本種も、例に漏れず、乱獲により著しく数を減らしており、
環境省のレッドリスト(2007)でも、絶滅危惧IB類(EN)に登録されている種類です。

霧島海老根(きりしまえびね)(94861 byte)

花は海老根の花に極似で、構造的な違いはなく、花の色は白または微紅色を帯び、
花は全開はする傾向は少なく、距は萼片より長く、長さは15mmくらい有るようです。

霧島海老根(きりしまえびね)(29543 byte)

霧島海老根(きりしまえびね)(28136 byte)

霧島海老根(きりしまえびね)(28842 byte)

花茎は、20~40cm、海老根に比べ随分小振りで、茎には短毛が僅かに見られます、
葉は海老根(エビネ)よりも細く、長さが15~30cmくらいの長楕円形で、根際に2~3枚付きます、
葉の柄は比較的長く、葉の先は尖り、裏面には短毛が見られます、
茎頂に総状花序を付け、10~15輪くらいの、白または微紅色を帯びた花を、俯き加減に咲かせます、
花の後の果実は朔果です。

霧島海老根(きりしまえびね)(86505 byte)


山芍薬(やましゃくやく)

お馴染みの山芍薬の花、日本原産で大概が白色の花を咲かせます。

山芍薬(やましゃくやく)(34554 byte)

山芍薬(やましゃくやく)(42991 byte)

スポンサーサイト
北さん | URL 05/10 18:00 | edit
霧島エビネの自生、初めて見ました。
多くの人に知って欲しい気持ちがありますが
それは同時に絶滅(乱獲の)危機を意味しますから知られたくない・・・
複雑な気持ちですね。
北さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/10 20:48 | edit
ご指摘通りですね、
絶滅危惧種等、貴重な植物は、皆さんに見て欲しいですが、
目の前で、踏み荒らされたり、引き抜いて持って帰る人を見たり、
もっと許せないのは、それを生業にしている、不届き者がいると聞き、
憤り、やるせなく、心寂しい思いをさせられる事度々です、
同級生の公園管理課担当から、この辺の悩みを、度々聞かされており、
市民の一人としての、出来る姿勢はと、考えさせられます、
私レベルの情報程度で、云々言う様な事ではありませんが、
一市民として、出来る最低限の姿勢として、
ここ数年、私のBlogの撮影場所を、宗像市内としか明記していないのは、
この姿勢に協調して居るもので、小さな一歩ですが、
ご理解戴けますよう願っております。

粟島のGW、如何でしたでしょうか?
横須賀では得られない自然一杯の、タイムリーな情報期待しています、
有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1489-26ee1c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。