スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:2 | TRACKBACK:0| edit

垣通し(カキドオシ)は、野原や、道端などに自生する多年草、
花は早春に、葉腋から薄紫色~紅紫で、下唇花弁辺に斑紋を持ち、小さな花をたくさん咲かせます。
茎は長く地を這い(つる性)、節々から根を出し、横枝は所々で立ち上がります。
名前の由来は、花の後、茎をどんどん伸ばし、垣根を通り抜けるほど伸びることに由来しています。

昔から、利尿、消炎薬、黄疸、胆道結石、腎臓結石、膀胱結石などに用いられ、
血糖降下作用、糖尿病治療等の、民間薬として利用されて来た、薬草の一つです。

垣通(かきどおし)(47435 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  紫蘇(しそ)科
 属   名  カキドオシ属
 原 産 地  アジア
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  匍匐つる性
 Max 20cm
 開花時期  4月-5月
 花   色  淡い紅紫
 花径・花序  8mm-10mm
 花   型  唇形花
 生育場所  野原
 花 言 葉  楽しみ、享楽
 撮影月日  2013.5.11
 撮影場所  宗像市 
  • わが国にはこの一種だけが自生
  • 茎は初めは真っ直ぐ、花後には地表に倒れ蔓状、節から根を下ろす
  • 葉は柔らかく、大きな葉脈、毛が生え、葉身を揉み潰すと芳香があります
  • 葉は長い柄、円形から狭い扇形、対生、縁に大きな鋸歯
  • 若葉は食用可
  • 花は葉腋から、薄い紫~紅紫の斑紋、唇形花冠
  • 全草を干して強壮薬に使われた
  • 胆石や肝臓、泌尿器病など古くから民間薬として利用
  • 垣根の下を通り抜けるほど伸びる繁殖力が、名前に因む
  • 別名 連銭草(れんせんそう)、疳取り草(かんとりそう)


--- 生薬・民間薬 ---
全草を4~5月の花の咲いている時期に刈り取り、良く水洗いし陰干し。
これを生薬で、連銭草(れんせんそう)と言う、
子供の、疳を取り除く薬として、疳取草(かんとりそう)の名もあります。

古くから、民間薬としての利用に歴史があり、現の証拠などと並ぶ貴重な薬草の一つです。
--- 主成分 ---
セスキテルペン類、フラボノイド類、揮発油、グレコミン苦味成分、サポニン、樹脂、タンニン類等含有し、
利尿、消炎薬として黄疸、胆道結石、腎臓結石、膀胱結石などに用い、
血糖降下作用はタラノキ皮よりも強く、糖尿病治療にも応用できることが期待されています。
民間薬は、多くは単一で用いるより、複数の民間薬と調合して用いる場合が多く、
有用な薬草だけに、専門家に指導受けられる必要有り。

梅酒の要領で作られる、薬用酒にも人気があるようです。

花は、10mm位の唇形花冠、シベと一体の上唇弁、下唇弁開口部には密標斑紋を持ち、
入り口に短毛が生え、生存競争に必要な造りなのでしょうが、不思議な構造の花冠です。

垣通(かきどおし)(39269 byte)

茎は地面を這い、花期には立ち上がりますが、花期が終わると又、
地上を匍匐し蔓を伸ばしますので、草丈はせいぜい20cmと大変低く撮影には苦労します、
近くに人が居ないのを見定め、膝を着き、肘を支えに、お尻を突き上げ、腹這いに近い格好で撮る事となり、
とても人には見せられない格好です。

垣通(かきどおし)(40617 byte)

垣通(かきどおし)(38609 byte)

茎には直径1~5cmのまる葉で、縁には大きな鋸歯が有り、
葉の形が、お金(銭)のようで、茎が連がっていますから、連銭草(れんせんそう)の名前も有り、
花には、若干大型のものと、小型のものがあり、これは株による個体差に寄るものと考えられます。

垣通(かきどおし)(77993 byte)

スポンサーサイト
涼風 | URL 05/30 20:42 | edit
こんばんは。毎々有用な興味深い知識を教えて頂いて、楽しませていただいています。カキドオシが薬草とは全く知りませんでした。どこにでもある植物ですが、傍によって観察するときれいですね。斑入りの西洋カキドオシは、私の所ではグラウンドカバーのように植えています。
涼風の庭さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/31 19:56 | edit
ご無沙汰しています、
昨晩は、夜飲み会があり、早めに出掛けましたので、
コメントいただきながら気が付きませんでした、レス遅れ済みません、
垣通の花は、本当に何処でも良く見掛けますね、
花の好きな人にしか、目にかけて貰えそうもない花で、
うっかりすると、踏んづけられるのが落ちの花も、
意外な効能を持った、古くからの薬草だったのですね、
前回も書いたかも知れませんが、涼風の庭さん家の庭には、
珍しい草花を、思っていた以上に栽培されていますね、
羨ましく、拝見させて戴いております、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1509-e4d42be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。