スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

梅雨が明ける前後から、目に眩しいくらいの、鮮黄色の花、黄槿(はまぼう)の花が、咲き始めました、
黄槿(はまぼう)は、関東以西、本州、四国、九州、奄美大島、朝鮮半島の、
海岸沿いや、河口付近の干潟の陸側や湿地帯に自生します、
しかし近年の干潟の減少や、海浜部の造成が増え、自生地は年々狭まっていると聞きます、
一方各地で、栽培を殖やす努力が重ねられているNewsも耳にし、喜ばしい思いもしています。

葵(あおい)科、フヨウ属の落葉樹、樹高1m~3m、7~8月に掛け、
花径6cm程度の、黄色の5弁花、花芯部が暗赤褐色の、爽やかな花を咲かせます、
花弁は付け根から、回旋して伸び、船のスクリューのようなイメージの花です、
花の形は、同属のハイビスカス、木槿(むくげ)、芙蓉(ふよう)、オクラの花に似ており、
花は、一日花、朝開いて夕方には萎みますが、蕾が次から次に育ち、長い期間花を咲かせてくれます、
葉は、先端部が小さく尖った、倒卵状円形で互生し、全体に丸いイメージを持ちます、
葉は分厚く、長さ7cmくらい、縁には緩やかな浅い鋸歯が有り、葉裏や全体に細毛を持ちます。

黄槿(はまぼう)(35913 byte)

花は、直径6㎝前後、花芯部が暗赤褐色、花弁はスクリューの様に捻れており、端正な花の形をしています。
シベの形は、フヨウ属の花に共通し、柱頭が五裂し、花柱壁面に雄しべが、びっしり付く姿は、共通しています。

黄槿(はまぼう)(35977 byte)

黄槿(はまぼう)(27645 byte)

樹高はMax3m、青空に浮かぶ黄色い黄槿(はまぼう)の花は、梅雨明け以降の快晴で、爽快な気分、
蕾が沢山付いており、次から次に開花が進み、暫く開花が楽しめそうです。

黄槿(はまぼう)(56146 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1561-f6aef432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。