スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

宗像市 庄助ふるさと村園内 ショップ・オレンジ前花壇に、スペアミントの花が咲いています、
一般に良く見掛け、何気なく見ている花ですが、ミントの仲間は数が多く、皆良く似ており、判別は至難です、
花の付き方、葉っぱの形から、スペアミントとしていますが疑心暗鬼です、
別名 ミドリハッカオランダハッカ

スペアミントは、紫蘇(しそ)科、シソ属、地中海沿岸地方原産の、草丈30~50cmの多年草です、
茎先に淡い紅紫色をした唇形の花を沢山付け、ペパーミントに比べて花穂が長く、花の色が淡い様です、
葉は細長い卵形、対生、葉に柄は無く、葉のつけ根はハート形で茎を抱きます、
花後に、出来る実は、複数の子房からできた分果、
スペアミントの「スペア」は「槍」という意味で、葉の先端が尖っていることが名前の語源の様です。

スペアミント(ミドリハッカ、オランダハッカ)(79130 byte)

ミントは、古くから料理を始め、様々な香り付けに使われる清涼感ある香りの、ポピュラーなハーブです、
「ハーブ」と言えば、先ず「ミント」を指すほど、最も知られている代表的なハーブです、
ミントは原種、交配種を含めると、120種以上にも及びますが、使用されるのは、一般にその10種余りで、
使われ方も、各ミントにより異なり、
中でも、縁に細かい切れ込みが入った、細葉にマイルドな清涼感と、ほのかな甘みを含んだスペアミントは、
ペパーミントより穏やかな香りで、好まれています。
主成分は、スペアミントの甘みのある、スーッとした香りの元になる、カルボン(約60%)を含有し、
古くは、入浴剤や、口臭や歯を白くする歯磨きのケアーに使われ、お肌への効能もあり、
ペパーミントより古いハーブで、誰からも好まれる、ハーブとして使用されて来ています。

スペアミント(ミドリハッカ、オランダハッカ)(50902 byte)

花は紫蘇科の花に共通し、花径3mm位の唇形花弁、花穂は5~6cm×1cmφ位、淡い紫色の花です。

スペアミント(ミドリハッカ、オランダハッカ)(53990 byte)

スペアミント(ミドリハッカ、オランダハッカ)(53550 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1564-f5862849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。