スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

登山口に付設されている公園に、芭蕉(ばしょう)の実が見られます、
芭蕉(ばしょう)科、バショウ属の大型の多年草草本です、
公園駐車場から、登山口に向かう道中、この公園を通りますが、
一向に、この芭蕉の花には気が付かず、今回運良く開花状態に気が付きました、
植物園だとか、温室で見掛ける栽培バナナは良く知られていますが、同じバショウ属のバナナの近縁種です。
栽培バナナは、日本国内での気候下では露地栽培は難しく、温室の中でしか育たないと言われ、
この芭蕉(ばしょう)は、バショウ属の中でも、最も北に分布し、
日本の温暖地では、公園樹等として、観賞用に広く植栽されています。

バナナにそっくりな大きな葉、巨大な蕾のように見える雄花・雌花を包む花苞、
一枚ずつ苞がめくれ雄花・雌花が顔を出します、
花の終わった後、1m以上に成長する葉が、水芭蕉の葉に似ている点が、
芭蕉(ばしょう)の、名前の語源となっているようです。

芭蕉(ばしょう)(106473 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  芭蕉科
(ばしょう)
 属   名  バショウ属
 原 産 地  中国の南部
 植物分類  多年性草本
 樹高・草丈  3m-5m
 開花時期  8月-9月
 花   色  淡黄色
 花径・花序  測定出来ず
 花   型  筒状唇状
 生育場所  公園
 花 言 葉  燃える思い
 撮影月日  2013.7.21
 撮影場所  宗像市 
  • 芭蕉(バショウ)はバショウ科バショウ属の、バナナの近縁種
  • 根茎(こんけい)は、重なり合って偽茎を伸ばす
  • 地下の根茎から葉を出し基部は重なり合って、
    大型の葉鞘(ようしょう)となる
  • 単子葉植物で、茎は地下に有り、幹のように見える部分は、
    葉柄が重なり合った偽茎
  • 葉は、大型の楕円形で、中心の葉脈から垂れ下がる
  • 偽茎の頂部から、先端に大きな苞をつけた花茎をのばす
  • 夏から秋に葉腋から花茎を出し、淡黄色の大型の花穂を付け、
    花序を垂れ下げる
  • 雄雌同株で、雌雄異花、雌花は花序の下に、雄花は花序の先に付く
  • 花序の基部4~5節のみに雌花の房が付き、先端部は下垂して雄花が付く
  • 花冠は、筒状唇状、帯黄白色
  • 開花すると苞は直ぐに落ちる
  • 稀に結実して、雌花の付け根が膨らんで、
    長さ約6cm位のバナナ状の果実が付くが食用には向かない
  • 葉の繊維を採って芭蕉布を織り、その他製紙の原料などに使われる
  • 葉を乾燥させたものを生薬で芭蕉(ばしょう)といい、
    利尿や解熱の薬効がある

 

花茎は偽茎の中心部を貫いて伸び、花が2列の段状になって付き、
基部に雌花群、先端部に雄花群で、各花段は苞(ほう)に包まれ、開花すると苞は直ぐに落ちてしまいます。

芭蕉(ばしょう)の雄花、
花茎を伸ばし、先端部に雌花より先に雄花を付け、他株に花粉を供給します。
雄花は、雄花序の内部に2列に並んでいる小さな花で、外側の苞を剥がすと見ることができます。

芭蕉(ばしょう)の雌花、
花茎を垂下させた先端部の蕾のように見える花苞には、中に沢山の花が隠れており、
雄花の花粉終了を待って、外側の苞が1枚ずつ開き、内側の茎元の雌花の花が咲きます、
苞が1枚めくれあがる毎に、その1段毎の花が咲きます、
発育して果実となるのは、基部から中央付近に発生する雌花だけで、
花茎が、下へ下へと伸びながら外側の苞が開き、1週間で、2~3段の房の実に成長します、
花序は1本の果軸に、複数の果房がつき、各果房には10本から20本程度の果指が生り、
果指一つ一つが一本のバナナで、成長した果房が、バナナの房と成ります、
大きな花弁に見えるのは苞葉です。

芭蕉(ばしょう)(51754 byte)

蕾のように見える花苞は、一枚ずつ剥がれる毎に、内側の花が咲き、次に又花苞が剥がれ、花軸は伸び、
段状に果房を付けて成長します、写真はミニバナナ状態に生った若い果実です。

芭蕉(ばしょう)(54738 byte)

下が、カメラを引いた状態です、
花茎が基部より湾曲し、下方に垂れ下がっています、
花序の基部4~5節に果房が付き、先端部は下垂して花房がつき、何れも多数の黄色い苞で覆われます、
自家受粉を避けるため、雄花の花粉放出が終わった頃に、
外側の苞が次々に剥がれ、雌花の開花が始まり、一段毎に花茎を伸ばし果軸を伸ばしていきます、
受粉は、他の株の雄花から花粉を受粉しますが、当然の事ながら、雄花が咲いていないと不稔になります。

芭蕉(ばしょう)(71138 byte)

スポンサーサイト
hatukagawaさん、お早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 07/28 09:26 | edit
此方こそ、コメント有り難う御座います、
昨日は、植物に掛ける愛情が、その生長を促進させる話、感動でした、
植物への、対応の方法を変えながら、実験を進めるのは、
物言わぬ相手では、ご苦労なことですが、経過を期待していますので、是非投稿お願いいたします、
家畜を、クラッシック音楽を聴かせながら、飼育する手法は有名ですね、相通ずるのを感じます、
いえいえ此方こそ、楽しませて戴き、教えられています、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1568-5288176e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。