スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

山野に出掛けると、低木や藪に覆い被さるように、葛(くず)が繁茂しているのが目立つ時期です、
下は、大きな葉に、赤紫の花を付けた葛(くず)が、登山道にトンネルを造るように、生い茂っています、
山野、堤防、林の縁、公園のフェンス等に、絡み付き繁茂し、何処でも見られる蔓性植物です、
初秋から秋に掛け、紅紫の花を付けるお馴染みの有用植物、飼料にも利用されますが、
葛(くず)の根は肥大で長大、澱粉を蓄えて成長します、
この根から採れる澱粉の葛粉は、和菓子、洋菓子の材料に、料理の高級食材としての用途が広く、
京料理には欠かせず、高級品の吉野葛は、特産品で知られた産地も有名です、
一方、安定生産に難があり、現在はジャガイモ、サツマイモの澱粉類が、台頭してきていると聞きます。

葛(くず)(105871 byte)

繁殖力旺盛な葛(くず)は、近くの木々に覆い被さって、覆い被さられている木は、気の毒な様子、
この時期、山野では、多かれ少なかれ、樹幹一杯に覆い被さられている光景を、良く目にします、
車で走っていても、直ぐに発見でき、強い生命力を感じる反面、
繁殖力旺盛が故の、厄介者扱いされる向きもあるようです。

葛(くず)(77971 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  豆(まめ)科
 属   名  クズ属
 原 産 地  日本
 東南アジア
 植物分類  半低木性蔓性
 多年草
 樹高・草丈  蔓性
 開花時期  8月~9月
 花   色  紅紫、白色
 花径・花序  15mm前後
 花   型  蝶形花
 生育場所  山地林縁、藪
 に覆い被さる
 花 言 葉  芯の強さ
 撮影月日  2013.9.14
 撮影場所  宗像市 
  • 葛の蔓は、年数が経つほどに太く、木質化する傾向
  • この葛の蔓は強靭で、繊維部分は「葛布(くずふ)」の原料に使われ、
    蔓は乾燥させ、籠など民具に加工される材料等に利用されます
  • 葉は互生、3出複葉、小葉の柄は短く、2つの側葉の形は楕円形、
    真中の小葉は円形、全縁
  • 葉腋から、伸びた軸に紅紫の花を総状花序
  • 花は、豆科特有の蝶形花、花は可愛いく、甘い芳香を放つ
  • 花の形は蝶形花で、旗弁、翼弁、竜骨弁からなる
  • 葛の花穂は、下から上へと順次咲き上がる
  • 下部の花が咲いていても、上部はツボミ状態
  • 実は、枝豆に似ており、やや細い
  • 根は大変深く、大きく長芋状となり、葛澱粉(クズコ:葛粉)が採れる
  • 葛粉(くずこ)は、葛湯や、葛餅(くずもち)としても使用
  • この根は、葛根(カッコン)と呼ばれ、葛根(かっこん、解熱の漢方薬)を、
    葛根湯として薬用にも利用され、スーパーでも売られています
  • 秋の七草の一つ

 


- 葛根(かっこん) -

  • クズの根を掘り起こし、十分に水洗いする、
  • 外側の皮を取り除き、板状、もしくはサイコロ状に切ってから天日乾燥
  • これを生薬の、葛根(かっこん)と言います。

- 葛粉(くずこ) -

  • 掘り起こした根を水洗い、
  • 外皮を取り除いた根をすりおろす、
  • 綿布で濾過して繊維質を除く、
  • 時間をおいて、上澄み液は捨て、数回繰り返す、
  • 濾過して残り分を乾燥したものが、純粋な澱粉、
  • 病後や風邪を引いた時などに、薬用にする葛湯(くずゆ)は、葛粉(くずこ)と同様の効き目があります、
  • 葛根(かっこん)は主に漢方処方の葛根湯の主薬となり、葛粉から作る葛湯(くずゆ)は、風邪などの時に用いると効果大、寒気や熱をとり、喉の渇きや下痢を止める効果。
  • 漢方薬の葛根湯(かっこんとう)、桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)などに配合され、漢方薬に最も多く配合される薬草のひとつです。
  • 解熱、鎮徑(ちんけい)、脳冠状血管血流増加作用や血糖降下、女性ホルモン用作用があり、発汗解熱効果がすぐれています。

- 葛花(クズの花) -

  • 葛花(クズの花)を、9月の開花の始まる頃、穂状の総状花序ごと採取し、
  • 風通しのよい場所で速やかに乾燥させる、
  • 葛花を水で煎じ、沸騰させ冷まして飲用する、2日酔いに効能有り。

葛の花穂は、下から上へと順次咲き上がります、下部の花が咲いていても、上部はツボミ状態です。

葛(くず)(67014 byte)

花は、豆科特有の、紅紫色の蝶形花でよく目立ちます、
上部の大きく丸形の旗弁、
下部の両サイドにある翼弁が一対、
下部中央の2裂した竜骨弁で構成され、豆科の花に代表される構造です。
単独の花の撮影ができず、花が集中した状態で、見分け難いですが、ご容赦下さい。

葛(くず)(42266 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1595-8eaf4822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。