スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:5 | TRACKBACK:0| edit

市内の、ダム湖堰堤下の草地の藪の中は、白花桜蓼(しろばなさくらたで)の花が沢山咲いています、
純白種と、僅かにピンク掛かった穂状の花が、初秋の爽やかな風に揺らいでいます。
蓼(たで)科、イヌタデ属の多年草、
蓼科の花にしては、穂先が垂れる花穂の上面に、並び咲く花は上品で、思いの外綺麗な花です。
小さな花の、白色から淡紅色を帯びる花のイメージを、サクラの花に例えたようです。

白花桜蓼(しろばなさくらたで)(121599 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  蓼(たで)科
 属   名  イヌタデ属
 原 産 地  日本、朝鮮半島
 中国
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  30cm~1m
 開花時期  8月~10月
 花   色  白色
 花径・花序  直径約 5mm
 花被長 4mm
 花穂長 7-8cm
 花   型  5深裂
 生育場所  山野
 陽当たり良い
 温地や水辺
 花 言 葉  優雅な清楚さ
 愛くるしい
 撮影月日  2013.10.6
 撮影場所  宗像市 
  • 北海道~沖縄、朝鮮半島や中国に掛け分布
  • 山地、平地の湿地や草地などに生える
  • 根茎は地中で長く伸び、枝を分けて増える
  • 茎は直立し、高さはMax 1m、紅色を帯びる節がある
  • 葉は長さ7-15cm程度、被針型、互生、
    短い葉柄を持ち、基部は楔形、葉質は僅かな分厚気味で短毛が生える
  • 茎頂に穂状花序を付け、白色の5弁の花を沢山付ける
  • 花は、花穂枝の上面に、並び咲
  • 花被は5深裂、白色で腺点があり、長さ3~4mm
  • 花径約5mm、雄しべ8本、雌しべ1本、花柱は2~3分岐する
  • 花には長花柱花、短花柱花の2通りが有る
  • 花は、お椀状半開きで、平開する事はありません
  • 5枚の花弁に見えるのは萼片
  • 雌雄異株
  • 近縁種の桜蓼(サクラタデ)は全体に大きく、長さ5~6mmと大き目、
    本種は大きさが僅かに小柄、花色が白く、花穂の穂先が垂れる相違有り
  • 痩果(そうか)は3稜形、又はレンズ状で黒色で光沢がある
  • 花名の由来は、花の色が桜(サクラ)に似て美しいところに由来

 

白花桜蓼(しろばなさくらたで)は、山地の湿り気のある土地や、水辺に自生する野草、
茎は直立し草丈は1mくらい、良く分岐しています、
葉は長さ15cm程の被針型、短い葉柄が有り基部は楔形、葉質は僅かな分厚気味で短毛が見られます、
近縁の桜蓼に比べ、白花、花の大きさが僅かに小柄、花穂の穂先が下垂する等の、相違があります

白花桜蓼(しろばなさくらたで)(41633 byte)

花には、花柱の長さが短いタイプ、及び長いタイプの2種類が存在します、
花冠面より、花糸が長く突き出し、花糸より花柱が短い、短花柱花の花、一方、
花柱が、雄しべより長い、長花柱花の花があります。
茎頂の穂状花序は、白色の5弁花を穂状に沢山付けます。

白花桜蓼(しろばなさくらたで)(50145 byte)

この花は、雄しべが長く、雌しべの花柱が短い、短花柱花の花です、
花柱は、先端で2分岐(稀に3分岐)し、花は直径約5mm、花被長約4mmくらい、
幸い、蟻が密を舐めに来ています、花冠面の大きさの比較になります。

穂先が垂れる花穂からは、名前のサクラには結びつきませんが、
花穂を構成する小さな花の、白色から淡紅色を帯びる花のイメージを、サクラの花に例えたようです。

白花桜蓼(しろばなさくらたで)(32424 byte)

ぐっとズームアップ。

白花桜蓼(しろばなさくらたで)(50694 byte)

山中は、気温21℃、爽やかな日曜日です、
ダム湖堰堤下の草地の、藪の中は、秋の草花が所狭しと、生息領域を競い繁茂しています。
中央部の白い花が全て白花桜蓼(しろばなさくらたで)です、
花の密集している藪の中へ踏み込みたいのは山々なれど、この時期、蛇も恐いし、その勇気はありません、
折角の良いスポットですが、登山道は写真の手前、泣く泣く登山道沿いの、疎らに咲く花で我慢と言う撮影です。

白花桜蓼(しろばなさくらたで)(123629 byte)

スポンサーサイト
ありがとうございます(*^_^*)
アロマのみっちゃん | URL 10/08 22:10 | edit
コメントありがとうございました。
長野から出たことがない私ですが、遠い福岡でも、
金木犀の香りがしていると思うと今日は1日、ワクワク
幸せな気持ちで過ごせました。(*^_^*)

蓼の花‥「蓼食う虫も好き好き」の蓼なのかしら?
とっても可愛い花ですね。こんなに小さく咲いていて
見過ごされてしまっている可憐さ‥

花遊悠さんが見せてくれる、花達が精一杯咲き誇る様に
「命」の輝きを感じます。
元気がでますね。頑張れる力もらえます。

また、癒されにお写真拝見させていただきます。(*^_^*)
素敵な写真楽しみにしています。



ノンタン | URL 10/08 22:45 | edit
こんばんは~
山中に咲いているんですね。
サクラタデの群生を見てみたいです。
昨年、山野草店で初めて見て連れてきた
我が家のサクラタデも咲きましたよ。
昨年は、白色とピンク色だったのですが
今年は、まだ、白色1本だけです。



アロマのみっちゃんさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 10/09 20:18 | edit
福岡も金木犀の良い香りがちらほらと漂って来始めした、
甘~い香りに誘われ、金木犀の季節到来です、
初春の沈丁花、
春の羽衣ジャスミン、匂バンマツリ、
夏のクチナシ、
秋の金木犀、
各季節の代表的な香り、自然からのプレゼントですね、
アロマコーディネーターの、
アロマのみっちゃんさんならではの、自然を愛する心情が、ひしひしと伝わって参ります、
仰られるように、この白花桜蓼の花は、蓼科、イヌタデ属の仲間の花ですね、
他に、溝蕎麦の様に良く知られた、綺麗な花も仲間の花です、
拙いBlogですが、季節の移り変わり、自然の生き吹きを、お伝えできる、
お手伝いが出来れば、この上ない喜びです、
何時も励ましいただき感謝申し上げます、
有り難う御座いました。
ノンタンさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 10/09 20:25 | edit
一昨日は、コメントの投稿ミスで、ご迷惑お掛けしました、
白花桜蓼を庭で育てているそうで、貴重ですね、
当地のダム湖近くの草地では、サービス過剰なほど群生しており、
丁度、溝蕎麦の花が、競って咲いており、可愛い事この上なく、至福タイムを味わっています、
台風24号の、進路が大部逸れてくれて助かりましたね、
大部勢力が、落ちてきていたとは言え、沿岸部に割と近い我が家、
建家に移動できなかった鉢が幾つか、ひっくり返っていました、
台風が発生する度に憂鬱に立たされますが、大過御座いませんでしたでしょうか?、
どうも有り難う御座いました。
涼風の庭さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 10/10 19:39 | edit
お久しぶりです、
お邪魔させていただく度に、多彩な草花の紹介、楽しませて戴いています、
お庭のサクラタデが盛んに咲いているそうで、
根茎が地下で長く伸び、枝を分けて殖える性質上、何か対策が必要だったのですね、
根の周囲に囲いを設置したそうで、苦心の作ですね、参考になりました、
それでもこの花は、蓼科の中でも、
花が一番大きく、一番美しいと言われている花ですので、大事にして上げて下さい、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1605-f98dff27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。