スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

薮蘭 (やぶらん)は、常緑性の宿根草、花壇の縁取りなどに利用されてます。
花は、小さいながらも、なかなかの人気で、よく栽培されております。
国内には、「ヤブラン」、「ヒメヤブラン」、「コヤブラン」の三種があり、
夏から中秋にかけて、細い花茎を、立ち上げて、紫色の小さな花をたくさん付けます。
花は、派手な雰囲気ではありませんので、一本だけでは寂しい感じで、群生させると、結構見映えがします。
花の名前は、葉の形が蘭(らん)に似て、薮に生えることに、由来しているようです。

薮蘭(やぶらん)は、林内の日陰に生え、常緑多年草、根の一部に膨らみがあるが、匍匐枝は出さず、
葉は根生、線形で濃緑色の光沢、30cm-50cm長、葉先は鈍頭、
花茎の先端に10cm前後、総状花序をつけ、花径5mm-6mm、淡紫色~紫色、花被片 6枚、
花後の果実は痩果(そうか)、果皮は薄くすぐ脱落し、5mm-6mmの黒紫色の光沢のある種子を多数付けます。

薮蘭(やぶらん)(111632 byte)

薮蘭(やぶらん)(116455 byte)

薮蘭(やぶらん)(112151 byte)

花茎の先端に10cm前後の総状花序をつけ、花径5mm-6mm、淡紫色~紫色、花被片 6枚。

薮蘭(やぶらん)(34696 byte)

花後の果実は痩果(そうか)、果皮は薄くすぐに脱落し、5mm-6mmの黒紫色の光沢のある種子を多数付けます。

薮蘭(やぶらん)の実(46970 byte)

スポンサーサイト
静 | URL 10/12 11:11 | edit
こんにちは。

ヤブランも可愛いですよね♪
前に見たときは、まだお花が開いてなくて、丸い蕾だけでした…。
黒い宝石のような実も素敵ですね~。

私は仕事はしていないのですが、孫が生まれてから、茨城県つくば市に住む息子のところにお手伝いに行っています。
年の半分とはいいませんが、わりと長くいることが多いので、筑波実験植物園にはよく行きます。
昨日からまた つくばに来ています…。
静 さん、お早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 10/13 08:47 | edit
レス遅れ済みません、出掛けてました、
静さん、余計な事まで、お尋ねしたみたいで恐縮です、
道理で、筑波市近郊の記事が投稿されているのですね、
てっきり、県の試験場の職員の方で、出張されているのだと思っていました、
お孫さんの関係で、筑波までお出でになっているのだそうで、
お孫さんの面倒見は大変でしょうけれど、楽しみもありますね、
不躾な質問で、大変ご無礼があったかも知れず、お許し下さい、
有り難う御座いました。
花遊悠さん
チャピ | URL 10/13 22:45 | edit
こんにちは^^*

まぁかわいい紫のおはなですね。

見たことあるよな・・・こんなにかわいんですね。

みせていただきありがとうございました。
チャピさん、こんにちわ、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 10/14 15:36 | edit
このヤブランの花、愛らしいでしょう、
花壇の縁取りなど、公園等でも良く見掛けます、写真は当地の山の中の写真です、
スズラン科、ヤブラン属の花で、常緑性の多年草です、
冬でも、葉が枯れず、青々としている植物の為、観賞用に育てている方も居ますよ、
薄紫の花が、派手でもなく、大きすぎず、主張しすぎずに、清々しく咲いています、
この時期、山野草の花としては、一番ポピュラーな花かも知れません、
夜が涼しくなると、待ちかねたように花を咲かはじめる、秋の花なんです、
どうも、有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1609-6db0724a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。