スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

里山から山間に掛かる草地には、色鮮やかな菊科の花を見掛けます、
ヒマワリにも匹敵する、草丈が1.5m~3mも有り、菊芋(きくいも)?、名前は怪しいです、
花は疎らですが、涼しくなるに連れ、花数も増えてきそうです、
菊(きく)科、ヒマワリ属、北アメリカ原産の多年草、
一時期は、糖尿病と、その合併症から救った植物として、
盛んに栽培された時代があったらしいですが、
生命力が強すぎが災いしてか、現在は栽培を好まれないようで、野生化が進んでいる様です。

花は、9月から10月に掛けて、菊の花に似た大きな花を咲かせますが、
名前から来る印象より、はるかに黄色い花は綺麗です、
11月頃に、ショウガに似た、芋が地中に出来、食用、健康食品、お茶に製品化されている様です、
一方、雑草以上に生命力が強く、周辺の栄養分を吸収してしまい、既存植物を駆逐してしまう勢いがあり、
その他の植物などに与える影響は大きく、栽培を敬遠される傾向があるそうです、
花は綺麗なのですが、外来生物法によって、要注意外来生物に指定されている花だそうです。

菊芋(きくいも)(122105 byte)

菊芋(きくいも)(80613 byte)

菊芋(きくいも)(45729 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1613-34520293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。