スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:5 | TRACKBACK:0| edit

朝一番に窓の外から、金木犀(きんもくせい)の花の香りが、香って来ていた10月も、
11月になると、香りの強烈さは影を潜め、穏やかにはなっていますが、まだまだ花は健在です、
散歩していても、どこからともなく、甘~い香りが漂って来ます、
金木犀の木が、民家の庭に、そこかしこと植わっています。
臭いに誘われて、近づくと、花は小さくも、樹冠一杯に花を咲かせています。
甘~い香りは、かなり遠くからでも、漂って来ます、
金木犀 (きんもくせい)の甘~い香りが、秋本番を気づかせてくれます。

金木犀(きんもくせい)(66639 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  木犀科
(もくせい)
 属   名  モクセイ属
 原 産 地  中国
 植物分類  常緑小高木
 耐寒性
 樹高・草丈  4m~5m
 開花時期  9月下旬~10月
 花   色  橙色
 花径・花序  約 5mm
 花   型  合弁花冠
 花冠四深裂
 生育場所  庭木、公園
 花 言 葉  謙遜、真実
 撮影月日  2013.10.20
 撮影場所  宗像市 
  • 花弁は花冠全体が、蝋細工の質感、
  • 分厚く、合弁花冠で花冠が四裂
  • 花の花心部が一般の花の構造とは違い
  • 多数の雄しべ群が有りません
  • 2本の雄しべ、花糸らしき物はなく葯だけに見える
  • 雌しべは不完全で退化しており、結実することは有りません
  • 雌雄異株、国内の木は全て雄株のため結実は有りません
  • 増殖は挿し木による

 

金木犀(きんもくせい)(38390 byte)

花は、小さく、オレンジ色の花を、穂状に無数に咲かせ、芳香を放ちます、
開花時期は、町内周辺に、いい香りを漂わせ、甘~い香りは酔いそうな感じがします。
花は、取り立てて、綺麗という花ではありませんが、香りでは有名です、

初春の沈丁花、
春のカロライナジャスミン、羽衣ジャスミン、匂番茉莉(においばんまつり)、
夏の梔子(クチナシ)、
秋の金木犀、
等、その香りは、香りの代表木と、称されるだけあってよく知られております。

かつてトイレ用の芳香剤に、キンモクセイの香りが主流の時代もありましたが、
現在では、各種色々販売されている事で、好みの芳香剤を探す事が出来ます。

金木犀(きんもくせい)(38979 byte)

金木犀の花の花弁は、花冠全体が、蝋細工の質感、分厚く、合弁花冠で花冠が四深裂、長い花柄が有ります、
一般的な花の花心部には、主役の一つである華やかな雄しべ群が有りますが、
金木犀には、それらの構造が退化して、葯におぼしき、2本の雄しべは確認できますが、
長い花糸等は見当たらず、存在が解らないくらいです、
また、雌しべは不完全で退化しており、存在が解らないくらいです、
又、株は雌雄異株で、我が国で栽培されている木は、全て雄株の為、結実はしません、
もっぱら繁殖は挿し木による為に、実が生ることは有りません。

金木犀(きんもくせい)

金木犀(キンモクセイ)

良い香りの花ですが、良い香りとは言え、鼻を近づけて嗅ぐものではありません、
開花直後の花は、香りが強く鼻が麻痺するくらい強烈でしたが、大部香りの強さは和らいで来ました、
我が家の裏庭には、金木犀に続いて、負けないくらい良い香りの、
柊(ひいらぎ)、柊木犀(ひいらぎもくせい)のツボミが一杯で、近々開花の見込みです。

金木犀(きんもくせい)(92862 byte)

出張で留守していましたが、漸く帰ってきました、
出張先の方が、贅沢させてもらえましたが、やはり我が家が一番、又宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
おかえりなさい(*^_^*)
アロマのみっちゃん | URL 11/03 10:32 | edit
出張お疲れさまでした。

おかえり後、最初の写真が「金木犀」
嬉しくて、早速コメント残しちゃいます(*^_^*)

台風の影響なく、満開の花の様子、良かった~
正直こんなにしっかりお花の形を見たのは初めてです。
近所に咲く金木犀はみんなよそのお宅の庭にあるので、
なかなか、そばで見る機会がないのです。

私の作った「金木犀のボール」も実はアバウトなものなのです。
花游悠さんの写真はまるで図鑑のようですね。
写真はもちろんですが、細かな説明、とっても勉強になります。

「蝋細工の質感」そうなんです!
バラ・ジャスミン・沈丁花・金木犀・ネロリ
これらの花弁はみんな同じ質感で、精油を含む油のうが少ないため
1滴の価値がとても高いのです。
けれど、心に働きかける力が大きいので、女性には強い味方になってくれます。私はバラはあまり好みではないのですが、ネロリ(ビターオレンジの花)
はいつもお守りのように身に纏っています。(*^_^*)
香りの話を始めたら尽きませんが、「ヒイラギ・ヒイラギ木犀」も私の知らない花なので、また楽しみに待っています。
アロマのみっちゃんさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 11/03 17:32 | edit
ご無沙汰しています、
何時も創作作品を指導され、作品を見せて戴き、素晴らしいです、
アロマコーディネーター・インストラクターでもある見識は、
色々教えられるところが多く勉強させられております、

植物の持つ、香りや、様々な効能を活用したアロマテラピー、
ビターオレンジ花油を、何時も身に纏っているそうで、
健康増進や美容に、さりげなく生活に取り入れられているのですね、
生徒さんからも憧れ、羨望の目で見つめられているのではと存じています、
又お邪魔させていただいた折りに、少しずつ教えて下さい、

金木犀と、柊、柊木犀は、共に木犀(もくせい)科、モクセイ属の近縁種だけに、
花も良く似た造りで、純白の花を咲かせ、同じ良い香りを発散してくれます、
花は、何れも、お世辞にも、綺麗な花を咲かせるとは言えませんが、
香りでは、共に代表の花に上げられる、良い香りの花だと言えそうです。

写真は、10年以上前の400万画素のコンパクトカメラを、
最新の高機能カメラ並に撮るにはと、自作のアダプターを色々作って、
デジ一並に撮ろうと、苦心すればするほど、
成果が気になり、楽しみも味わいながら、無駄な試行錯誤を続けています、
励まし頂き有り難う御座いました。
map*ccさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 11/03 17:39 | edit
ご無沙汰しています、
福岡には、観光で来福だったのでしょうか、
福岡は歴史的にも、見所が多いですからね、楽しんでいただけたのでしょうか、
今九州での、一番の贅沢な観光、クルーズトレイン「ななつ星in九州」による、
観光旅行だったのではと、羨ましく想像させていただいております、
天神地下街にも行かれたそうで、
夕暮れからの屋台知っていました?、
博多の名物で、観光のお客さんにも好評らしいですよ、

仙台は仕事で何度か行きました、素敵な良い街ですね、
ただ、仕事で出張ですから、時間的制約が有り仙台駅周辺しか解りません、
何時か、観光でゆっくり行ってみたいと思っています、
どうも有り難う御座いました。
チャピ | URL 11/03 20:29 | edit
こんにちは^^*

お帰りなさい。
コメントはなしにして応援ポチ☆にしていました。

いつもきれいなお花みせていただけて
うれしいですね。
ありがとうございます♪
チャピさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 11/03 21:40 | edit
ご無沙汰しています、
コメント無しにして、応援ポチいただいていたそうで、
お気遣い戴いた上に、暖かい励まし、いただき感謝しています、

蔓人参(つるにんじん)と仙人草(せんにんそう)にコメントいただきながら、
そのまま放置状態になってしまい、レスが遅れ済みません、
折角の連休だったのに、久しぶりに一日雨でしたね、
秋のイベントが、あちらこちらで開催されているようですが、
明日は回復してくれそうで、大丈夫そうですね、
タイムリーな情報期待しています、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1631-ec4c58ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。