スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

谷川に沿った登山道脇に、虎杖(いたどり)の果実が沢山生っています、
虎杖(イタドリ)はタデ科、イタドリ属の多年草、雌雄異株、草丈1.5m、
全国に分布し、朝鮮半島、台湾、中国にも分布します。

写真は、虎杖(いたどり)の実
三枚の翼を持ち、風に乗って生殖地域を拡大していきます、
夏には、小さな白い花を沢山咲かせます、
春には、酸味のある竹の子状の若芽は、茎の皮を剥き、生で食べることが出来、
別名に「スカンボ」の名前が付いています、
シャキシャキとした酸味の味は、漬け物にも利用されるようです。
また、根茎は生薬で虎杖根(こじょうこん)といい、利尿、通経剤として用いられます。

虎杖(いたどり)の実(63505 byte)

果実は3枚のハート形で翼片があり、柄を含めて凡そ12~3mm、中心部に2mm位の3稜の種を抱いており、
葉は互生、卵形~広卵形で長さ6~15cm、先端部は尖り、
托葉鞘は長さ4~6mmで早く落ち、葉腋から枝をだし、その先に小さな花を多数つけます、
花期は7~10月頃、花は白色~紅色で花被片は5裂、外花被3枚は大きく背面に稜があり、
雄花は漏斗形で先が5つに裂け、雄しべ8本、
雌花の花弁は5裂、花柱は3本、柱頭は細裂しています、
花のあと、雌花の外側の花被片3枚は、翼状に張り出し、3つの稜があるハート形の痩果を付けます、
種は2~3mmの3稜形で、光沢のある黒褐色をしています。

虎杖(いたどり)の実(44664 byte)

ここは、里山の谷川に沿った急斜面地、林道から谷川を見下ろす格好で撮っています、
足場が悪いため、この角度でしか撮影できない場所でした。

虎杖(いたどり)の実(118706 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1641-fd24964a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。