スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

里山の林縁には、紅花襤褸菊(紅花ボロギク)の姿を良く目にします、
菊科の花は意外と綺麗な花姿の花が多いですが、この紅花襤褸菊(紅花ボロギク)は花びらはなく、
お世辞にも綺麗な花とは言いにくいです、
菊科、ベニバナボロギク属、アフリカ原産の一年草で山地や空地に生えています、
茎は直立し、上部でよく分岐し、草丈30~80cm、紅橙色の花序が頭を垂れて咲くのが特徴です。

葉は長楕円形、互生、軟質で葉縁には鋸歯が見られます、
花は秋から初冬にかけ開花し、頭状花序には、花弁はなく花の花冠が紅橙色をしています、
花の開花時期は、花序全体が下に俯き、頭花は全て両性の細い筒状花からなり、花柱は2裂、
花冠の先端部は紅橙色、花芯に向かって白色、
頭花の周辺から中央部へ咲き進み、雄性期から雌性期へと変化します、
総苞は長さ約1cm、総苞内片はきれいに一列に並び、外片は小さいです、
花が咲き終わると、上向きに首を上げ、タンポポ状の冠毛を付けます、
ボロ菊とは、何とも変な名前ですが、
花が終わった後の冠毛の、ほころびた様子を、ボロ布に例えられ付いた名前の様です。

紅花ボロギク(44887 byte)

頭状花序には花弁はなく、開花時期は、花序全体が下に俯き、
頭花は全て両性の細い筒状花からなり、花びらはありません、花柱は2裂、花冠の先端部は紅橙色の花です。

紅花ボロギク(48954 byte)

果実と冠毛、綿毛の果実に種子は1つず持つ痩果(そう果)です。

紅花ボロギク(68161 byte)

紅花ボロギク(56224 byte)

紅花ボロギク(104432 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1645-5ffe2ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。