スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:7 | TRACKBACK:0| edit

長葉の蛇の髭

何時も出掛ける、当地の低山の林道脇には、
蛇の髭(じゃのひげ)/竜の髭(りゅうのひげ)、これに似た、ヤブランが至るところで群生しています、
中でも、蛇の髭(じゃのひげ)/竜の髭(りゅうのひげ)の、コバルトブルーの丸い実は、この時期見応えあり、
山地の林床や、山道脇など、日の当たる場所に自生し、地下茎が横に這い群生しています、
常緑で、日陰でも良く茂り、公園等でも見掛けることも多い植物です。

蛇の髭(じゃのひげ)は、草丈20cm前後、株は匍匐枝を伸ばして繁殖します、
花茎は草丈より随分短く10-15cm、葉っぱに隠れるような姿で、
夏に、小さな5mm前後の白色の花を総状に下向きにつけます、
秋から冬に掛け、宝石の様に美しいコバルトブルー(碧色・濃いブルー)の実を付け、じつに綺麗な色です、
コバルトブルーの実は、直径7mm前後の球状の実で、
撮った蛇の髭(じゃのひげ)は、株立ちで、葉幅3mm、葉っぱの長さが50cm近くあり、長葉の蛇の髭の様です。

長葉の蛇の髭(49795 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  スズラン科
 百合(ゆり)科
 属   名  ジャノヒゲ属
 原 産 地  日本、
 朝鮮半島、
 中国
 植物分類  多年草草本
 樹高・草丈  20cm-50cm
 開花時期  7月-8月
 花   色  白~淡紫色
 花径・花序  5mm-6mm
 果実 6mm-7mm
 花   型  高坏形
 生育場所  半日陰の林の中
 山道の脇
 花 言 葉  変わらぬ想い
 撮影月日  2014.1.11
 撮影場所  宗像市 
  • 地下茎が横に這い群生
  • 葉は根生し長さ30cm前後、幅は2~3mmの線形
  • 葉縁に微細な鋸歯があり、多数が根茎から叢生している
  • 夏に葉の間に短い花茎を出して、花茎の上部に総状花序を付ける
  • 花穂は葉より短く10cm-15cm
  • 花径は6mmほどの白~淡紫色の花、長さ約5mmの花を総状に下向きに付ける
  • 花被片は6枚、雄しべは6個
  • 子房は成熟前に破れて果皮は脱落し、直径約5mmの種子が露出したまま成熟する
  • 種子は葉の根元で成熟するので、葉の下に隠れており、掻き分けないと見え難い
  • 丸くて艶があり、晩秋頃までは緑色で、冬に入ると深い青色になる
  • 熟した種子は弾力性に富み、薄い種皮を取り除くと、半透明の玉が出てくる
  • これは硬いところに落とすと良く弾む
  • 短い根茎からは、沢山のヒゲ根が伸び、
  • 蛇が卵を飲み込んだように肥大した紡錘形の塊根が所々にある
  • 肥大した塊根を麦門冬(ばくもんどう)と称し、
  • 滋養強壮、鎮咳、利尿などに用いる漢方の生薬である
  • 写真は、匍匐枝が出ない種類の、長葉蛇の髭(ながばじゃのひげ)の様です

 

長葉の蛇の髭(50633 byte)

長葉の蛇の髭の実は、株を遠目で一寸視では、発見できません、
株は細い葉っぱが密集し、その株中に隠れるように実を付けるので、見つけにくく、
株を掻き分け、葉っぱの奥に隠れた実を撮る事になり、なかなか見つけにくいです。

長葉の蛇の髭(62226 byte)

長葉の蛇の髭(56175 byte)

下の株のように、株が未だ若く、葉っぱが密集してなければ、実は何とか見つけられ易いかも知れません。

長葉の蛇の髭(83291 byte)

株は大概この様に密集状態です、この姿では、ほとんど外部からは綺麗な実があるのさえ分からない状態です、
写真の株は、実測、草丈50cm、葉の長さ45-50cm、葉の幅 3mm、
杉林の林下のため、杉の枯れ葉、小枝が降り積もっており、見栄えが悪いので、取り除いて撮っています。

長葉の蛇の髭(120339 byte)


蛇の髭(じゃのひげ)

上記、長葉の蛇の髭の小型版、蛇の髭(じゃのひげ)、(姫蛇の髭(じゃのひげ)かも知れません)、
山頂の休憩所台地の周辺に無数に繁茂しています、
百合(ゆり)科、ジャノヒゲ属の耐陰性常緑多年草、
夏、濃緑色をした線形の葉に隠れて総状花序に淡紫色~白い小花を下向きに咲かせ、
初冬の頃から、コバルトブルー(碧色・濃いブルー)の実を見せます、
草丈が低く、常緑で踏まれ強く、株が密に増殖し、日影に強いのでグランドカバーにも使われています。

蛇の髭(じゃのひげ)(81670 byte)

ピントが奥ピンです。

蛇の髭(じゃのひげ)(60314 byte)

蛇の髭(じゃのひげ)(81267 byte)

蛇の髭(じゃのひげ)(106088 byte)

スポンサーサイト
花遊悠さん
チャピ | URL 01/15 20:03 | edit
こんにちは^^*

きれいな実の色ですね。
竜の髭がみますが、実がついたお始めてみました。

応援ポチ☆
今晩は。
Xin | URL 01/15 21:56 | edit
コバルトブルーの実はこんなにも美しいのに葉に隠れて見つけにくいですね。
私も先日ブログに載せましたが、年中庭を這いまわるようにして見ているのに剥き出しになっている実を見るまで意識にも上りませんでした。
実を見てからそういえば・・・と花を思い出す始末です。
来年は花を撮らなくてはと思い新たです^^。
(蛇の髭 学名 Ophiopogon japonicus)
らいとNGC7000 | URL 01/15 23:10 | edit
竜の髯の方が似合っているような、茂りようですね。^^
色も美しいです。
トルコ石ほど明るくはありませんが、さわやかですね!
花言葉のように、生きたい(行きたい)ものです♪
チャピさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/16 20:12 | edit
自然からの贈り物は様々ですが、このコバルトブルーの実は格別です、
花も、実も遠慮っぽく、葉っぱに隠れる、お淑やかさです、
自己防衛の何かがあるのかも知れませんが、
大概は気が付かず通り過ぎ、なかなか気が付きません、
有り難う御座いました。
Xinさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/16 20:16 | edit
庭で栽培しているのですか、それは羨ましいです、
花は、7月に入れば咲き始めます、
この実のように、株の中で、葉っぱに隠れる様に、花茎の短い花が咲きます、
白い小さな花ですので、この夏に撮って上げて下さい。
有り難う御座いました。
らいとNGC7000さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/16 20:19 | edit
コバルトブルーの爽やかな実は、
もっと自己主張すればと思いますが、遠慮っぽく隠れて付いています、
顔見知りの山中間に、場所を教えると、大概美しい実は持ち去られる位人気です、
どうも有り難う御座いました。
llamaさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/16 20:24 | edit
2年連続入選、おめでとう御座いました、
猫ちゃんに、ご褒美、雰囲気で分かってくれたでしょうかね、
我が家にも、長い毛の、そっくりな猫ちゃんが居ますので、
尚更、応援の気持ちになりました、
何時も良い写真撮られていますので、
この際、3年連続で狙ってください、応援しています、

宝石と見紛うほどの、コバルトブルーの美しさ、仰るとおりですね、
自然界ならではの爽やかな美を、堪能しています、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1692-5db77ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。